ホームシアター工房は年間施工数150件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構え る、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

工房BLOG

工房BLOG

<< ホームシアターインストーラーの仕事185〜ドルビーアトモス 9.1.6ch | ホームシアターインストーラーの仕事187〜大阪ショールーム造り >>

ホームシアターインストーラーの仕事186〜寝室で大画面ホームシアター

PA161529.jpg滋賀県高島市のご新築のお家にてホームシアターインストールしてまいりました。今回は主寝室での大画面シアターです。プロジェクター&スクリーンの大画面シアターを設置するお部屋は専用ルームかリビングが多いのですが寝室ももちろん可能です。専用ルームに適したお部屋が無い、リビングは吹き抜けで設置しずらい場合等、寝室は?と検討してみてはいかがでしょうか?実は、寝室は大画面シアターを構築するのに向いているんですよ。まずは遮光。リビングに比べて遮光カーテンを導入されているケースが多いと思います。リビングに遮光カーテンは少し重々しいく感じますが、寝室ならOKですよね。シアター鑑賞に遮光は大事です!


PA161551.jpgそれにそのカーテンを含め、ベッドや布団など音を吸収する柔らかい素材のものが多いですよね。自然と部屋の余計な響きを押えてくれてるので映画館のような吸音が効いたお部屋になっているはずです。また、照明はシーリングライトではなくダウンライトや間接照明になっていませんか?それに、調光できるようになっていませんか?これもシアターにとっては嬉しい環境。映像によって見やすい明るさがありますのでこまめに調整が出来るのがベストです。




PA161565.jpgシアター環境は98インチフルハイビジョン/5.1chシアター。投射距離からスクリーンのサイズをオーダー。天井埋込スピーカーを5本にサブウーファーの5.1ch。AVアンプはソニーSTR-DN1060を選定。このアンプには「インシーリング スピーカーモード」という機能があり、スピーカーが天井配置の場合でもDSP処理で音像を映像の位置まで下げる事が出来ます。より自然な音場になりますので天井配置の場合、今、一番オススメなAVアンプです。

紺色の天井が映える寝室シアター。
これからシアターを構築される方は
是非、ご参考下さい。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史

    

    工房BLOG | - | -


ホームシアター工房 パートナー様募集 会社概要 お問い合わせ