ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構え る、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

工房BLOG

工房BLOG

<< ホームシアターインストーラーの仕事242~高層マンションでのリビングシアター |

ホームシアターインストーラーの仕事243〜奈良/旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)様ご新築

DSC_0843.jpg奈良県は旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)さんのご新築にてホームシアターインストールしてきました。2Fにある、専用ルームです。お部屋の広さは3.6x4.4m、天井高2.4m。室内の雰囲気は落ち着いたトーンでまとめられています。ホームシアターのシステムは4K120インチ、5.1.2chシステムとなります。音も映像も大迫力の空間となりました。スクリーンはオーエスプラスeのパネルタイプの120インチ!!歪みの無い、平面性の高いスクリーンが、4K画像の映像美を余す事無く映し出してくれます。

DSC_0857.jpg短辺になる前後の壁面はブラック、長辺となるサイドの壁面はブラウン。天井面はより濃いめのブラウン、床はグレー系。ソファー類をブラック、テーブルをブラウンとお洒落にまとめられています。前後のブラックの壁紙も真っ黒の中にキラキラが光るデザインでお洒落です。プロジェクターはエプソンの大ヒットモデル 4K対応のEH-TW8300を天吊りしております。天井にはサラウンドスピーカー、トップミドルスピーカーとして、LINN UNIKを設置。ユニークなフォルムとサイズ以上の音質でサラウンド(トップ)スピーカーとして重宝しております。

DSC_0482.jpgフロントスピーカーはLINN MAJIK140。黒バックにウォールナットは映えます!!LINNのスピーカーは立ち姿がイイんです。モダンなリビングでも、日本風のお部屋でも、凛とした姿は風景に溶け込んで収まります。音質の良さはもう語りつくされておりますね。音の躍動感をそのまま伝えるそんなスピーカーです。センタースピーカーも同じシリーズのMAJIK112。サブウーファーはKEF Q400bです。パネルスクリーン裏をブラックにする事で映像だけが目に飛び込んでくるような感覚になります。TVシアターでは実現できない領域です。

DSC_0502.jpgエプソン 4K対応プロジェクター EH-TW8300です。このモデルはリビングシアターでも活躍できる光量を持ちながら、色合いもフォーカスもしっかり出せる優れものです。プロジェクター選定に迷ったなら、これでOKです。また、金具はエプソン純正の薄型金具。天井に吸い付く様に設置ができます。

DSC_0512.jpgソファー横に据え付けの機材棚を造ってもらいました。ブルーレイレコーダーはウルトラブルーレイも再生できる、パナソニックDMR-UBX4030。AVアンプはインテグラ DRX-3.1です。LINN MAJIKクラスを鳴らすのであれば、もっと高額なAVアンプをセットする場合もありますが、それらと遜色のないパワーと音質が魅力のドルビーアトモス/DTS:X対応の7chアンプです。
また、これらのシアターシステム&照明のコントロールをipadで操作できるシステムを導入しています。手軽に簡単なシアター操作が可能です。

ホームシアター工房ではご新築、改築、既存のお家に限らず
ホームシアター導入の相談をお受けしております。
まずは気軽にお問合せ下さいませ。
●ショールーム案内はこちら
●来店予約はこちら
●ホームシアター無料相談はこちら

ホームシアター工房 大阪 田中雅史


    

    工房BLOG | - | -


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集