ホームシアター工房は年間施工数150件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構え る、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

工房BLOG

工房BLOG

<< まどまど〜防音窓 | Blu-rayソフト追加しました。〜名古屋〜 >>

魅惑のブルーレイレコーダーBDZ-V9

みなさんこんにちは。
ホームシアター工房名古屋の安藤です。

名古屋ショールームの
商談テーブルのところにある
SONYシステムについて
ちょっとお話させていただきます。P1000598.JPG
ショールームを入っていただくと
すぐに目に付くと思いますが
SONY BRAVIA KDL-40X2500と
SONY BDZ-V9(ブルーレイレコーダー)が
TAOCのラックに展示されています。


イメージとしては、
メインシアターではなく、
気軽に楽しめるセカンドシアターセットと言ったところでしょうか(笑)

セカンドシアターとは言っても、
やはりハイビジョン映像を楽しむために
フルハイビジョンテレビとブルーレイは
欲しい物ですね。


今回、SONYを選んだ第一の理由として
デザインの良さがあります。
テレビもそうですが
このBDZ-V9は一目惚れしてしまいました・・・P1000594.JPG
何と言ってもこの前面の
ブルーパネルの鮮やかさ!
しかもOPEN/CLOSEは自動なんですよ。
メカメカしくなくて、先進的なイメージです。
そして、操作性も抜群!
番組表や、録画リストなどは
リモコンのボタン一つで
パッと出せます。P1000605.JPG
番組編集も番組分割、部分消去、
チャプター編集、プレイリスト編集が可能。
映画など長いソースでは一定感覚で
チャプター分割されてる方が便利ですよね。
(他メーカーでは出来ない機種や後でバージョンアップ
 の必要なものがあります。)

ちょっとマニアックなことをお話しすると
BDZ-V9は・・・
オーディオ専用の独立基盤を装備させ、
映像回路からのノイズの混入を抑えています。
さらに、基盤の銅箔厚を通常の2倍まで厚くして
回路の低インピーダンス化を図っています。
更に更に、デジタルとアナログを別々に独立した
トランスを用意するなど・・・
とにかく高級オーディオを思わせる仕上がりとなっています。

では実際の映像や音声はいかがなものか・・・
私は評論家でも何でもありませんが
「あっスゴイ!」
「リアル!」
(抽象的でごめんなさい)
何と言いますか、まさに映画の世界に
のめり込んでいく感じだと思います。

現在はアンプや外付けスピーカーをつけず
あえてテレビのスピーカーでデモを行っていますが
今後はもうちょっといい音にしたいなぁと思っています。P1000603.JPG

皆さん、ホームシアター工房名古屋に
お越しの際は、
防音された視聴室で迫力のあるシアターを
体験するのもいいですが、
寝室などちょっとした所に持って来いの
セカンドシアターの体験も面白いですよ。




腹筋プログラム続行中の
ホームシアター工房名古屋の安藤でした。
    

    工房BLOG | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Post

Trackbacks



ホームシアター工房 パートナー様募集 会社概要 お問い合わせ