ホームシアター工房は年間施工数150件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構え る、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

工房BLOG

工房BLOG

<< 待望のニューモデル マランツ「RC9001」がやってきた!! | FAB-ACE(ファブエース)ホームシアターの吸音に >>

THX認証 シャープ「LV-52TH1」

DSC09059.jpg気がつけばもう今年も終わりに近づいてきております。朝晩と少し肌寒く、そろそろコートが欲しい感じです。今年の冬、ホームシアターの業界としては次世代DVDの関連で話題の商品も多いのでみなさんもボーナスを何に使おうかとチェックに余念がないのではないでしょうか。
さて、みなさん御存じかと思いますがシャープから、凄い商品が出てきました。液晶テレビとして、世界初!!のTHX認定モデル。映画のための大画面、アクオス Tシリーズです。ひとことで言うとホームシアターに最適!!なのです。特に少し照明を落として見ればその効果は絶大です。だからと言って映画専用というわけではなくて、リビングでの普通のテレビ放送も奇麗に見ることも可能です。サイズは65インチ(LV-65TH1)と52インチ(LV-52TH1)のふたつ。これ以下のサイズがないのも大画面で映画を楽しむことを前提として企画されていることの表れでしょう。


DSC09061.jpg例えば従来のRシリーズと何が違うのかと言うと。Rシリーズはテレビ放送視聴向け、Tシリーズはホームシアター視聴向けとなりますか。暗室0ルクスでのコントラストはRで3000:1、Tで2500:1と少し数値上は負けてそうですがこのおかげで白飛び現象などを抑えているようです。近頃のディスプレイの性能比較ではコントラスト数値が高いと画質が奇麗と思われる風潮があるようでこぞってメーカーさんはコントラストの数値を上げてきています。もちろん、コントラストの数値が高いことが悪いわけではありませんが、それによっての副作用なりが出てきているのが現状です。特に量販店さんのように照明が蛍光灯の場合、明るく、派手な映像でないと他の機種に見劣りしてしまいます。その為にメーカーはコントラストを上げて明るめで派手な映像に設定しています。そうするとテレビ放送を見るには良くても、やはり映画を中心としてのホームシアターの視聴するなら、いまいち・・・となります。

DSC09064.jpgその点、Tシリーズは映画の視聴を前提に作られており、本当の画質の追及を行っております。その結果がTHX認証になるのではないかと思います。THX認証ということは映画を視聴する画質において高い基準値をクリアしているという事です。これによって映画本来の画質を液晶テレビでも楽しむことができるようになりました。
噂ではTシリーズのパネルは厳選をしているらしいとの事。基本同じパネルでも良いものがTシリーズに使われるとRシリーズと差がでて当然ですよね。

そんな、Tシリーズの52インチサイズ
(LV-52TH1)をホームシアター工房 大阪の
ショールームに展示しました。
是非ともご来店の上、ご視聴下さい。

ホームシアター工房 大阪 田中雅史
    

    工房BLOG | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Post

Trackbacks



ホームシアター工房 パートナー様募集 会社概要 お問い合わせ