ホームシアター工房は年間施工数150件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構え る、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

工房BLOG

工房BLOG

<< FAB-ACE(ファブエース)ホームシアターの吸音に | FAB-ACE(ファブエース)ホームシアターの吸音に >>

FAB-ACE(ファブエース)ホームシアターの吸音に

DSC06426.jpg前回のブログのつづきです。
さて、FAB-ACE(ファブエース)の吸音効果についてですが、まず、通常のビニールクロスの場合は<クロス〜接着剤〜下地>となり、音が入ってきてもほぼそのまま返す形になります。FAB-ACE(ファブエース)の場合は<ファブリック〜モルトン〜下地>なのでファブリック→モルトン→ファブリックと通過する間に反射する音を弱めています。基本柔らかいものほど吸音率が高く、硬いものほど吸音率が低い(反射率が高い)と言われています。ビニールクロスだとクロス自体の厚みもなく下地に直接貼るのでその硬さが影響としてでます。逆にFAB-ACE(ファブエース)ならモルトンとファブリックの厚み、材質の違い、空気層が吸音の効果を高めているようです。

DSC06425.jpgここでひとつ確認が必要です。吸音と遮音は別モノということです。遮音というのは<壁の裏側に音が出にくくする能力>のことを言います。防音をするとはこのことを言います。吸音とは<音波を吸い取って反射させない能力>です。音を小さくする効果ではありません。例えば新築のマンションでお引越し前のところに入ると、自分の声がすごく響くのが分かると思います。これは自分の声が壁や床や天井などに何回も跳ね返り重なった音を聞いているからです。音を吸収するものがないと音が止まらないのでこのような現象がおきます。なのでお引越しされ、インテリアなどが入った後では酷くはあまり感じないと思います。ただしこれでもオーディオやホームシアターをする場合の計算された音響ではないので必要のない響きが残る場合があります。

FAB-ACE(ファブエース)における吸音性能表をみると中域から高域にかけての吸音率が非常に高いです。したがって耳障りな響きがかなり低減してセリフや細かな音が聞き取りやすくなります。
*低域の吸音をするにはFAB-ACE(ファブエース)では効果がありません。別途対策が必要です。

つづく

ホームシアター工房 大阪 田中雅史
    

    工房BLOG | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Post

Trackbacks



ホームシアター工房 パートナー様募集 会社概要 お問い合わせ