ホームシアター工房は年間施工数150件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構え る、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

工房BLOG

工房BLOG

<< ホームシアターインストーラーの仕事30〜南大阪の地下シアター施工中 | 防音工事がわかる15〜現在進行案件の紹介(和室→シアタールーム)8 >>

防音工事がわかる14〜京都の現場 11.1chに

P5148369.jpg京都の現場です。防音工事は完了致しまして、
現在はシアターの設置に入っています。
天井はオトテン アコースティックブロック。
色はソフトブラック。大建 大阪ショールームも
この色の天井を使用していますね。
短辺の壁はオトカベ。オトカベは空気層とL80で、
吸音壁をつくっており、オトテンでは吸収しにくい、
500Hz以下の吸音効果を求めています。
L80の仕上げはオフブラック。
真っ黒ではありませんから少しソフトな感じ。
壁紙では無く木の質感が心地よく感じられますねぇ、
いい色しています。ドアはSクラスの防音ドアを2枚。
ドアを空気層で挟む事で、防音効果を上げます。
もちろん空気層は広い方が良いのですが、スペースが
必要になるんでんすね。また、逆に狭くすると
様々な問題も出てきますの注意が必要。ルートロンの
着せ替えパネルは入荷待ち海外での受注生産なので
時間がかかります。でも交換すると見栄えの楽しさが
グンと上がりますよ。
ビクターX9が出番はまだかと待ちわびています。


P5148330.jpg今日はサラウンドスピーカーの設置を行いました。
結線はまだですのでケーブルが垂れ下がっていますが・・・
サラウンドSPX2、サラウンドバックSPX2、
フロントハイトSPX2、フロントワイドSPX2
11.1ch仕様になる予定です。スピーカーが多くても、
専用ルームで小型のスピーカーを選択すればそれほど大がかりに見えないようですね。いいですねぇ。

写真の後ろ(フロントSP裏)には、
オトカベ L90が見えます。
フロントSP、センターSP、サブウーファーの
導入は後日になります。


P5148323.jpgフトントハイトSPの収まりもいいですね。
どんな音を響かせてくれるのでしょうか?
楽しみです。

ホームシアター工房 大阪 田中雅史



    

    工房BLOG | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Post

Trackbacks



ホームシアター工房 パートナー様募集 会社概要 お問い合わせ