ホームシアター工房は年間施工数150件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構え る、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

工房BLOG

工房BLOG

<< ホームシアターインストーラーの仕事31〜シアタールーム | iPad/iPhoneでホームオートメーション3〜iPad2ってど〜なの? >>

ホームシアターインストーラーの仕事32〜KEF リファレンス

P5288854.jpg京都の防音の現場です。

スピーカーの搬入が終わりました。

KEFのリファレンスシリーズです。

独特のフォルムがカッコイイ。

他のスピーカーにはない、

未知なる音を奏でる事でしょう。

一生かけて付き合いたい

そんなスピーカーです。

メインスピーカーは、

KEF Model 207/2。

センタースピーカーは、

KEF Model 204/2c。

圧倒的な存在感です。


P5288857.jpgサブウーファーは

KEF Model 209

450mmコーン、1000wアンプ内蔵

現行品で最強のサブウーファーです。

フロントスピーカーの裏の

デコボコパネルは

大建のオトカベ、拡散タイプです。

P5288901.jpgサラウンド、サラウンドバック、

フロントハイト、フロントワイドの計8本は

KEF HTS3001SEBを使用。

小型で低価格、結構イイ音するんですよ。

サラウンド用にはもちろん、

メインスピーカーとしての使用にも

お薦めです。


P5288900.jpg8本分をアンプ側はバナナプラグで端末処理。

フルテックのロジウムメッキのものを使用しました。

多チャンネル化によりアンプ裏の端子の隙間が少なく

結線が難しく、また甘くなりがち。バナナプラグは

接点の酸化やショートを防ぎ確実な接続が出来ます。

ケーブルはモンスターケーブルの4芯のオレンジ。

ノイズ等が多い壁内配線に強いケーブルです。


P5288887.jpgスクリーンを降ろした所。

この写真ではスピーカーがわからないですね。

サウンドスクリーン110インチを降ろして

プロジェクター(DLA-X9)の投射をすると

ブラックのスピーカーは背景にすっと溶け込みます。

映像から飛び出してくる一体感は

サウンドスクリーンならではです。


P5288880.jpgKEF リファレンスを中心とした

11.1chのスピーカーに

110インチのサウンドスクリーン、

プロジェクターはビクターDLA-X9、

大建Sクラスの防音室仕様と

*建築工事はパナホームさん。
シアタールームの防音/内装工事はホームシアター工房

専用ルームならこれ以上ない仕様の

シアターとなりました。


ホームシアター工房 大阪 田中雅史
    

    工房BLOG | - | -


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集