ホームシアター工房は年間施工数150件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構え る、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

工房BLOG

工房BLOG

<< ホームシアターインストーラーの仕事96〜iPadで音楽も映画も楽しむ マンションシアター | ホームシアターインストーラーの仕事98〜大建オトピタ設置して来ました >>

ホームシアターインストーラーの仕事97〜音響改善!音響演出!吸音パネル 大建オトピタ

P8213645.jpg音の大建工業さんから後付け音響調整パネル オトピタの新製品 オトピタ02、オトピタ03が発売されました。

オトピタ02は中低域吸音タイプ、
オトピタ03はコーナー吸音タイプです。

カラーはそれぞれ<ベージュ>と<ブラック>があり、
お部屋のコーディネートに合わせる事ができます。
*写真は<ブラック>




P8213649.jpgスピーカーをお部屋のコーナーに置くと音が背面、側面の壁にて反射を繰り返し、音が溜り、こもって聴こえます。映画や音楽を聴く場合、純粋なスピーカーからの音だけでなくそのこもった音(部屋の音、響き)も含めて聴く事になるんですね。良いスピーカーのハズなのに、音の抜けが悪い、音が前に出てこない、音のバランスが悪いと感じる原因はコーナーの音のこもりが悪さをしている可能性があります。



P8213644.jpgそんな場合はコーナーに吸音できるものを置く事で改善する事があります。クッションや柔らかい枕を置いてみると効果が解るでしょう。
そこでオトピタ03。評判の良いオトピタのコーナー設置タイプがオススメです。スピーカー裏の設置なのでそれほど目立たないですし、カラーも<ベージュ>を選択すればリビングでも違和感なく、音質グレードアップできます。専用室であれば迷わず導入したい所ですね。



P8213659.jpgコーナーにピッタリ設置します。スピーカー、環境などの条件によって設置する高さや枚数など調整できます。縦に2枚づつ、部屋の4角にも設置できます。まずはスピーカー裏への設置が効果的です。施工が必要ですが壁の音でマスキングされないスピーカー本来の音が聴こえてきます。ペアで33,075円と言う価格も魅力ですね。シアターのグレードアップにピッタリですよ。



P8213651.jpgちなみに他にもこんな製品もあります。
アコースティックツリー
置き型なので簡単に移動もできます。
ただしh1,430mmあるので専用室向きですね。
こちらもカラーは<ベージュ>と<ブラック>です。
*写真は<べージュ>



P8213672.jpgオトピタの設置例です。上から1、3枚目がオトピタ01、4枚目がオトピタ02です。オトピタ2方が少し厚みがあります。穴空きボードを組み込んでる分厚みが出るんですね。
オトピタ2は中低域吸音タイプ。
カーテンやオトテンなどでは吸音しにくい125〜250ヘルツ辺りの音に効果が高い製品です。
オトピタ01で中高域とフラッターエコーを、
オトピタ02で中低域を
オトピタ03でコーナーのこもりを
調整すればお部屋の音響は
かなり改善される事でしょう。




以前のオトピタ01を使った施工です。



ホームシアター工房 大阪 田中雅史
    

    工房BLOG | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Post

Trackbacks



ホームシアター工房 パートナー様募集 会社概要 お問い合わせ