ホームシアター工房は年間施工数150件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構え る、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

工房BLOG

工房BLOG

<< ホームシアターインストーラーの仕事107〜ホームシアター完成 住友不動産 御新築 | ホームシアターインストーラーの仕事109〜リビング昇降機シアター .瀬ぅ錺魯Ε晃羶恵 >>

ホームシアターインストーラーの仕事108〜HDMIロック

PA145644.jpgホームシアターのスタンダードケーブルのHDMI。出はじめの頃はトラブルも多くコンポーネントケーブルでの接続の方が良いって事で敬遠されていたショップも多々ありましたがもうそんな事を言われてる所ないかと思います。4Kや3DやARCやリンクなどHDMIでしか実現できない仕様もありますし、何よりブルーレイの高画質、高音質をそのまま伝えるのが魅力です。しかし〜狭いラックの中で複雑なワイヤリングを行うとどうしても緩みやすく、抜けやすいのいが欠点です。きっちり、接続しても 機器を押しこんで行くと 奥の方ではヘンなテンションが掛って 外れかけしまう事もあるでしょう。HDMIのトラブルの多くがこの緩みによる接触不良が多く、それが元で端子が壊れてしまう事もあります。そうなると交換するしか無く、泣く泣くプロジェクター用のロングケーブルを買い替える事にもなりかねません。そこで、インストーラー達はこんな部品を使用しています。

PC224351.jpgアンプのHDMI端子の上にネジが付いています。




PC224350.jpgネジ 緩めます。




PC224349.jpgHDMIロックを付けます。





PC224352.jpgHDMIを接続します。




PC224353.jpg結束バンドで固定します。
HDMIロックの完成です。
緩みなどのトラブルが激減します。
D端子にも同じようにネジがあれば使えます。


ホームシアター工房 大阪 
田中雅史


    

    工房BLOG | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Post

Trackbacks



ホームシアター工房 パートナー様募集 会社概要 お問い合わせ