ホームシアター工房は年間施工数150件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構え る、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

工房BLOG

工房BLOG

<< ホームシアターインストーラーの仕事166〜ドルビーーアトモス!アトモス!アトモス! | 防音工事がわかる32〜ホームシアターリフォーム&防音工事 堺市マンションД轡▲拭軸粟 >>

ホームシアターインストーラーの仕事167〜ドルビーーアトモス!アトモス!アトモス!

10557332_588264784628370_518276427856113356_n.jpgオンキヨーさんより、『アトモスの視聴、体感ができますが・・』と連絡がありましたので、オンキヨーマリンシアターに行ってきました。そのマリンシアターが入っているビルに、オンキョー、ギブソン、ティアックのショールームが先日オープンしました。ギブソンで演奏して、ティアックで録って、オンキョーで聴く事が体感できるショールームとの事です。さて、その地下にあるマリンシアター。今までも幾度となくこちらで新製品の視聴をしてきたので見慣れた感もありましたが、『あっ、天井にスピーカーが増えてる』、そうアトモス用のトップスピーカーが新たに設置されていました。視聴のシステムはONKYO D-509Eをメインに509Cをセンター、サラウンドには309Eを2本、サブウーファーはSL-D501。と5.1chで定価だと約32万ほど、家庭用シアターとしてはびっくりするほど高価なものではないシステム。それにトップスピーカーとしてスピーカークラフトのプロファイルAIM 7FIVEが3セット/6本がセットされています。3セットとは視聴位置の真上をトップミドル、少し前方をトップフロント、少し後ろをトップリアと呼びそれぞれ2本一組で(ステレオで?)設置されています。この位置関係も定義があり、推奨位置が決まっています。アトモスの効果を最大限に得るならこの推奨位置に出来るだけ合わす事が前提になりそうです。

10488013_597186643736184_3391586317550731473_n.jpgAVアンプはミドルクラスのテスト機、hiviに載ってたNR3030になるのかな?。それでドルビーアトモスのデモディスクを視聴させて頂きました。空から雨粒が降り注ぐシーン、落ち葉が風に揺られてヒラヒラと舞い落ちるシーンなどアトモスの効果が分かり易いソフト。今までも頭上とは言わないが、耳より高い位置にスピーカーを設置する事はありました。フロントハイトしかり、THX推奨のサラウンドの位置であったり、天井埋込スピーカーを設置した場合であったり。それでも移動感や音が上方向から包囲するような効果は十分に感じられました。でもアトモスはそれとは次元が違う。アトモスは音がシームレスに生き物のようにムーブするんです。


10485839_597186597069522_7705013148275095449_n.jpgスピーカーの位置や本数を感じさせずに床面の除いた上半球の空間の中で、立体的に移動しているように感じます。例えばセミが鳴きながら目の前まで飛んでくると音は目の前まで来ますよね。そこまで明確ではないですがそれに近いような事が出来るフォーマットなんだなと思います。ここに<アトモス=トップスピーカー>だけではない部分がありまして、この効果を造りだしているのはトップスピーカーを付けたからだけではなく、音声の造り方、収録の仕方、再生の仕方が今までとは大きく違う事によります。どうしてるのか?っとこの辺りの詳しいところはhiviやAVレビュー、メーカーのwebサイトなどで確認して下さい〜。
ではでは
次回・・・

ホームシアター工房 大阪 田中雅史
    

    工房BLOG | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Post

Trackbacks



ホームシアター工房 パートナー様募集 会社概要 お問い合わせ