ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構え る、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

工房BLOG

工房BLOG

ホームシアターインストーラーの仕事170〜高天井のリビングシアター 大阪市

PA148951.jpg大阪市は浪速区、通天閣と阿倍野ハルカスが屋上から並んで見える場所にあるご新築のお家。3Fのリビングにてシアターインストールをさせて頂きました。開放感のある高天井と柔らかい色調が特徴的なお部屋です。リビングのスペースとしては約3.6x4.5m、天井は3.7mあります。高天井の場合、スクリーン、プロジェクター、スピーカーをどう配置、設置するかがポイントになります。結果、シアターのクオリティを落とす事なく完成する事ができました。プラン初期は、ブックシェルフスピーカーをローボードに収納するパタンも検討しましたが、前方を出来るだけスッキリさせたいとのご要望からスピーカーは全て壁掛け設置で再検討しました。

PA148968.jpgそんなプランのタイミングに代理店から発売となったのがフランスのキャバススピーカー。サイズが手ごろで何より音がいい。とても広がりがあって解像度の高い音。シアターとのマッチングもイイし、120インチを超える大画面でも対応できそう。雑誌で評論家の先生方が絶賛してるのもうなずける。何よりこの価格。真ん中サイズのEOLE3で一本40,000円。お値段以上のパフォーマンスとはこの事か。。。スクリーンBOXを造作し、そこにEOLE3をフロント&センター用に、サラウンドはワンサイズ小さい、ALCYONE2を2本設置しました。スピーカーシステムは5.1chです。


PA148994.jpgプロジェクターは壁面に設置しました。(⇒)写真だけ見るとどう設置してるか?わからないかもしれませんね。今まででしたら天井から長いポールの伸ばしてプロジェクターを吊っていましたが、このように壁面に設置する方法もあります。高天井の場合はオススメです。
天井面の仕上げは吸音仕様となっております。高天井や吹き抜けの場合、通常より音が良く響きます。適度に吸音を施すとシアター視聴の場合のみならず、TVの音や、普段の会話が聞き取り易くなりますよ。




PA148982.jpgプロジェクターはエプソン EH-TW8200。高輝度なのでリビングシアターには最適ですね。明るく、元気な絵作りは映画、スポーツ問わず見やすくて評判です。スクリーンは電動の120インチを設置。スクリーンサイズの選定は悩むところではありますが、設置可能であれば出来るだけ大きなスクリーンの導入をオススメ致します。





PA149011.jpg出来るだけ正面をスッキリさせたいとの事でしたので、機材はローボードではなく、縦型ボードをサイドに寄せて設置しました。最下段には密閉型のサブウーファー、KEF Q400bを収納しております。AVアンプはインテグラDTR-30.6、キャバスとの相性もバッチリです。放熱経路も確保してありますので、熱暴走などのトラブルも発生しにくい造りになっております。




PA149013.jpgスクリーンの裏にはテレビが壁掛けされ、2WAYシアターとなっております。写真にはありませんが、その他、寝室に32インチテレビの壁掛け、キッチンにはスマホの音楽を飛ばせるブルートゥーススピーカーも設置しました。音に映像にエンターテイメント満載のお家となりましたね。
ホームシアター工房ではご新築、リフォーム、既存部屋問わず、ホームシアターの導入相談をお受けしております。まずは、東京、横浜、名古屋、大阪の各ショールームまでお問い合わせ下さい。お待ちしております。
ホームシアター工房 大阪
田中雅史

    

    工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事169〜ピアノ&シアタールームでの施工 和歌山県

P9288818.jpg和歌山県和歌山市 紀ノ川駅近くの住宅地。ご新築のお家にてホームシアターインストールをしてきました。こちらは元々はピアノ&クラリネットの練習室としてご計画。せっかくならばと大好きな音楽や映画が楽しめるホームシアターも一緒に導入しようという事になったそうです。
お部屋の広さは w3.32xh3.46m、天井高は2.4mです。屋根の形状から一部天井が下がっています。縦方向で3.46mなのでTV無であれば、100インチスクリーンも可能でしたが、今回は2wayがご希望との事で90インチを選択しました。音響システムは7.1chで映画も音楽も楽しめるシステムとしました。



P9288827.jpgプロジェクターはエプソン EH-TW8200。迷光の多いお部屋でも持ち前の明るさで綺麗な映像を映し出します。純正の薄型金具を使うと天井面にピッタリ吸い付くように設置出来ます。スクリーンはOS/ホームシアタープラスeの90インチ。フロント/センターSPはフランスのキャバス EOLE3。価格以上のクオリティは音場の空気感までも再現します。サラウンド、サラウンドバックスピーカーは同じくキャバスのALCYONE2。小型でありますが、十分なサラウンド音場を造り出します。それぞれインストール設置にて天吊りしております。





P9288839.jpgAVラックを背面に設置。ブルーレイレコーダーやAVアンプを収納しております。AVアンプはインストーラー御用達のインテグラ DTR-30.6。後、パソコンも接続されるとの事で専用ケーブルを用意しました。サブウーファーはONKYO SL-A251B。低価格で高性能、オススメです。正面をスッキリとさせたかったのでピアノの横に設置しました。視聴位置からは右横になります。






P9288850.jpgスクリーン裏にはパナソニックの50インチテレビを設置。TV下にラックを置かない事で正面がをスッキリさせました。
ご新築でピアノなどの楽器練習室を造られる方、是非ともホームシアターも一緒に導入してみませんか?配置などを考えれば、共有する事も可能です。ホームシアター工房までご相談下さい。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史


    

    工房BLOG | - | -

防音工事がわかる34〜ホームシアターリフォーム&防音工事 堺市マンション┘咼侫ー/アフター

P5278019.jpg
堺市のご新築マンションにて防音&シアターリフォーム工事の現場その┐任后L技、全工程完了致しました。新築のマンションでの防音&シアター工事。映画や音楽鑑賞を思う存分楽しめる特別な空間が完成しました。

■リフォーム工事前:
元々は約3.0x3.7mmの約6.9畳、天井高は2.45mの洋室。大きなクローゼットがありました。ドアも引き戸でどうしても音は漏れてしまいます。

DSC_1425.jpg■リフォーム工事後:
クローゼットを解体して防音工事、シアター設備を施工。クローゼット分奥行きが広く、ドアも防音ドアを設置しました。内装の雰囲気もシアター&音楽鑑賞に適したものにしました。また、防音工事後の寸法は約2.76x4.06mm、天井高2.26mmです。



P5278023 ps.jpg■リフォーム工事前:
共用の廊下に面したサッシ。外部の音漏れ対策では一番ネックになるところです。また、マンション特有の梁ガタがちこちに目立ちます。



DSC_1435.jpg■リフォーム工事後:
梁ガタを無くしスッキリさせました。カーテンで隠れていますが、サッシは二重サッシにて遮音効果をあげてます。部屋内に調音パネルを設置して残響やフラッターエコーを調整。エアコン位置も大きく移動しました。

ホームシアター工房では
リフォーム工事、防音工事、調音工事をお受けしております。
まずはショールームにてご相談下さい。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史



以前のブログ
●ホームシアターリフォーム
&防音工事 堺市マンション
その〇斗誉澤
その現場調査
その2鯊隆偉
そのて眩決定
そのゼ弉惨偉
そのζ眩完成
そのД轡▲拭軸粟
その┘咼侫ー/アフター
    

    工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事168〜ドルビーーアトモス!アトモス!アトモス!

1919629_597186660402849_5527767145322419452_n.jpg短期間の間にアトモス関連の情報がドドっと出てきました。各メーカー探り探りのなかアトモスのクオリティと独自機能を詰めてきているようです。さて、雑誌の情報などでもご存じかと思いますが、アトモスの肝は背景音と移動音をシステムに合わせてレタリングして再生する事。最初からチャンネル毎に音が割り当てられているのではなく、リアルタイムで『ここは7.1.2システムか、音の位置がこうだからこの位置の音をだすには・・・』と発音するスピーカーを決めるという感じでしょう。今まではマッピングをして、チャンネル振り分けをしてソフトに収録されたものを再生していましたが、アトモス収録の場合はマッピングと音データの状態でソフトに収録し、アンプ側のアトモスデコーダー(?)で振り分けをするという感じになります。今後、より自然なサラウンド、リアルなサラウンドが求められ、対応していくのであればこの方式の方が絶対的にメリットがありそうですね。家庭用アトモスは規格上、最大でフロアに24ch、トップに10ch、計:34chまで設置ができるようです。という事はソフトは同じでも将来アンプで対応するものが出てくれば34chの再生もできるという事になりますね。夢が広がります。

1907776_597186673736181_7335628951333722905_n.jpg先日のONKYOマリンシアターにてアトモス視聴の続きですが、雑誌などの情報から見ると視聴したアンプは TX-NR3030で間違いないかと思います。この秋発売予定のラインナップの中で唯一の11chアンプ内蔵。現段階で価格は未定ですが、大注目間違いなしだと思います。11chアンプという事はMAX11本SPが設置出来るのですが、アトモスの場合組み合わせが色々とあります。基本は今までの5.1ch、7.1chにアトモスSP(天井SP)を2本もしくは4本設置します。この辺りは設置するお部屋の状況によってどのシステムが適正で、望ましいかを検討してプランしていく形になりますね。



10580214_597186617069520_3627648712865999034_n.jpg写真はそのスピーカーセッティングの画面です。ハイトスピーカーは1と2でそれぞれ選択が出来るようです。例えば、1がトップフロント、2がトップリアなど。トップスピーカーは5組の中から選択します。(中には選択出来ない組み合わせもあります)また、トップスピーカーを設置出来ない場合はイネーブルドSPと言って例えばフロントSPやサラウンドSPの天板に乗せて天井に向けて音を出し反射でトップSPの効果を出すものも出てきます。既存のシステムにプラスαでアトモスをするには有効な方法ですね。
まだまだ、全貌解明とは行かないですが、ホームシアターが大きく変わる時が近づいているのは実感しています。

ホームシアター工房 大阪
田中 雅史
    

    工房BLOG | - | -


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集