ホームシアター工房は年間施工数150件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

恒例のビジネスパートナー様向けイベント

恒例の
『ビジネスパートナー様向けホームシアター(ホームオートメーション)体験会』
を開催致します。

近年の爆発的な薄型テレビの人気に比例して、
次世代DVDやサラウンドシステムを核とした
<ホームシアター市場>が拡大しております。
それに伴い建築やインテリア関連に近い業種の方であれば
顧客様からの声や要望も増えている事と思います。
しかしながらその需要を転換させて
ビジネスへと繋げておられる企業様は
まだ、僅かのようです。
そんな、企業様向けにイベントを開催したいと思います。
顧客様の満足度を上げる為の施策として取り上げて頂ければと思います。

・設計事務所様
・インテリアショップ様
・ハウスメーカー様
・家具の製作、販売業様など

その他、ご興味のある方の
ご参加お待ちしております。

内容:
・ホームシアターの体感&説明(リビングシアター/専用ルームシアター)
・音楽配信システムの体感&説明(各部屋への配信例)
・ビジネスパートナー提携についての説明

期間:11/23(金)〜12/9(日)10:00〜19:00
*約1時間程度でご体感、ご説明をさせて頂きます。
*事前のご予約が必要です。
・WEBから予約 こちら
・TELから予約 06-6535-0770 担当:田中、村田、観月 

場所:大阪府大阪市西区西本町1-7-2ウエストスクエアビル1F

イベント情報 | - | -

ホームシアター施工例写真

DSC09173.jpg今日は約一年半前にホームシアターを施工させて頂きましたあるお宅へ訪問してきました。今回はHDMIスイッチャーの導入設置に伺いました。写真を見てお分かりになると思いますが、スクリーンが150インチ!と大きいです。最近はリビングシアターでも120インチが増えてきていますが、30インチ違うと凄い迫力倍増です。<ホームシアター工房 大阪>ショールームのスクリーンも120インチなのでこちらに訪れるたびに「大きいな〜」と思うのでした。

DSC09170.jpg正直に言うと設計時にスクリーンの大きさを150インチにするか120インチかで悩みました。スクリーンサイズを落としてスピーカーをユッタリと置くか、ギッチリと最大のスクリーンにするか・・・・。結局、施主様の意向もあって150インチにしましたが、結果、よかった!!と思います。スクリーンは大きい方が良いです!機器などの詳細は施工例として正式にアップしたいと思います。それまでお楽しみに。

ホームシアター工房 大阪 田中雅史

ps:只今!『ホームシアター相談会』を開催中!!   
  ・新築やリフォームで<ホームシアター>の計画を考えている方!
  ・<ホームシアター>ってどんなもの??と思っている方!
  ・とにかく<ホームシアター>を見てみたい方!
  ・ワンボタンで操作ができるオートメーション機能を体験したい方!
  ・<どこでもBGMシステム>を体験したい方!
  ・防音、調音工事について相談したい方!
  ・HDオーディオを体験したい方!
  ・ブルーレイやAMPの買い替えを考えている方!

  どうぞ、ご参加下さい〜。。。
  <来店予約>

工房BLOG | - | -

FAB-ACE(ファブエース)ホームシアターの吸音に

DSC09149.jpg前回のブログの続きです。
さて、FAB-ACE(ファブエース)。吸音以外の性能について。
FAB-ACE(ファブエース)はカワシマセルコン製のファブリックを使用して製作されますので様々なデザインや質感のものがあります。どうしてもビニールクロスだとデザインも乏しくまた見た目も平面的になるのですが、モルトンをファブリックで覆うようにしているので自然なふくらみが柔らかい印象を与えます。インテリアデザインを考える上でもコーディネートの自由度が高いので重宝すると思います。例えば壁面のFAB-ACE(ファブエース)とカーテン、ソファ、クッションなどを同じファブリックで製作することもできます。
*一部使用できないファブリックもあるようです。

DSC09151.jpgその他に接着剤を使用しない施工方法を採用していますので、ホルムアルデヒドの問題や従来の施工で気になる接着剤の不快な匂いもありません。また、ファブリックの着脱が簡単なので、張り替え時は生地のみの施工交換でOKです。気軽にインテリアのイメージを変えることができます。
施工は壁面、天井面と可能ですが、全ての壁や天井面にFAB-ACE(ファブエース)を施工する必要はありません。それは心地よい空間を作るには吸音と反射とのバランスが大事だからです。過剰な響きはノイズにしかなりませんが、適度な響きは必要になります。
さて、施工する場所としてはオーディオルームやホームシアタールーム、リビングシアターはもちろん、寝室、会議室にもオススメです。

DSC09152.jpgFAB-ACE(ファブエース)についての
ご相談は<ホームシアター工房 大阪>ショールームまで
(担当:村田)

「ホームシアター工房 大阪」
大阪市西区西本町1-7-2ウエストスクエアビル1F
TEL:06-6535-0770
<無料相談フォーム>はこちら

*近いうちにショールームへFAB-ACE(ファブエース)を導入したいと考えております。お楽しみに!!

ホームシアター工房 大阪 田中雅史

工房BLOG | - | -

FAB-ACE(ファブエース)ホームシアターの吸音に

DSC06426.jpg前回のブログのつづきです。
さて、FAB-ACE(ファブエース)の吸音効果についてですが、まず、通常のビニールクロスの場合は<クロス〜接着剤〜下地>となり、音が入ってきてもほぼそのまま返す形になります。FAB-ACE(ファブエース)の場合は<ファブリック〜モルトン〜下地>なのでファブリック→モルトン→ファブリックと通過する間に反射する音を弱めています。基本柔らかいものほど吸音率が高く、硬いものほど吸音率が低い(反射率が高い)と言われています。ビニールクロスだとクロス自体の厚みもなく下地に直接貼るのでその硬さが影響としてでます。逆にFAB-ACE(ファブエース)ならモルトンとファブリックの厚み、材質の違い、空気層が吸音の効果を高めているようです。

DSC06425.jpgここでひとつ確認が必要です。吸音と遮音は別モノということです。遮音というのは<壁の裏側に音が出にくくする能力>のことを言います。防音をするとはこのことを言います。吸音とは<音波を吸い取って反射させない能力>です。音を小さくする効果ではありません。例えば新築のマンションでお引越し前のところに入ると、自分の声がすごく響くのが分かると思います。これは自分の声が壁や床や天井などに何回も跳ね返り重なった音を聞いているからです。音を吸収するものがないと音が止まらないのでこのような現象がおきます。なのでお引越しされ、インテリアなどが入った後では酷くはあまり感じないと思います。ただしこれでもオーディオやホームシアターをする場合の計算された音響ではないので必要のない響きが残る場合があります。

FAB-ACE(ファブエース)における吸音性能表をみると中域から高域にかけての吸音率が非常に高いです。したがって耳障りな響きがかなり低減してセリフや細かな音が聞き取りやすくなります。
*低域の吸音をするにはFAB-ACE(ファブエース)では効果がありません。別途対策が必要です。

つづく

ホームシアター工房 大阪 田中雅史

工房BLOG | - | -

FAB-ACE(ファブエース)ホームシアターの吸音に

DSC09016.jpg吸音性、デザイン性に優れた
次世代ファブリック壁装システム
カワシマセルコンのFAB-ACE(ファブエース)の
取扱いを始めました。

シアタールームやオーディオルームの専用ルームを作る場合は事前に設計段階から吸音を計算に入れて壁材、天井材、床材、などを計算する場合が多いと思いますが、リビングシアターの場合はそこまでされないケースが多いです。それは従来の吸音材は価格的にお手軽ではなく、また、デザイン的にも選択肢が広くないのが要因でした。それをこのFAB-ACE(ファブエース)は解決してくれそうです。

このFAB-ACE(ファブース)実は商品化されたのは何年か前のことでホテルや音楽ホール、ラウンジ、会議室、裁判所の法廷、県議会会場、迎賓館などで実績があります。いいとことのホテルなんか行きますと吸音処理が適度に施され広くて天井が高くても話し声が聞き取り易く思いますもんね。
声が聞き取りやすいと言うことは相手の感情や思いがよりダイレクトに伝わるということです。そう、シアターやオーディオの吸音用途だけでなく普段の生活の快適さにも非常に重要なんですね。
(写真はカワシマセルコンさんのショールームです)

つづく

ホームシアター工房 田中雅史

工房BLOG | - | -

THX認証 シャープ「LV-52TH1」

DSC09059.jpg気がつけばもう今年も終わりに近づいてきております。朝晩と少し肌寒く、そろそろコートが欲しい感じです。今年の冬、ホームシアターの業界としては次世代DVDの関連で話題の商品も多いのでみなさんもボーナスを何に使おうかとチェックに余念がないのではないでしょうか。
さて、みなさん御存じかと思いますがシャープから、凄い商品が出てきました。液晶テレビとして、世界初!!のTHX認定モデル。映画のための大画面、アクオス Tシリーズです。ひとことで言うとホームシアターに最適!!なのです。特に少し照明を落として見ればその効果は絶大です。だからと言って映画専用というわけではなくて、リビングでの普通のテレビ放送も奇麗に見ることも可能です。サイズは65インチ(LV-65TH1)と52インチ(LV-52TH1)のふたつ。これ以下のサイズがないのも大画面で映画を楽しむことを前提として企画されていることの表れでしょう。


DSC09061.jpg例えば従来のRシリーズと何が違うのかと言うと。Rシリーズはテレビ放送視聴向け、Tシリーズはホームシアター視聴向けとなりますか。暗室0ルクスでのコントラストはRで3000:1、Tで2500:1と少し数値上は負けてそうですがこのおかげで白飛び現象などを抑えているようです。近頃のディスプレイの性能比較ではコントラスト数値が高いと画質が奇麗と思われる風潮があるようでこぞってメーカーさんはコントラストの数値を上げてきています。もちろん、コントラストの数値が高いことが悪いわけではありませんが、それによっての副作用なりが出てきているのが現状です。特に量販店さんのように照明が蛍光灯の場合、明るく、派手な映像でないと他の機種に見劣りしてしまいます。その為にメーカーはコントラストを上げて明るめで派手な映像に設定しています。そうするとテレビ放送を見るには良くても、やはり映画を中心としてのホームシアターの視聴するなら、いまいち・・・となります。

DSC09064.jpgその点、Tシリーズは映画の視聴を前提に作られており、本当の画質の追及を行っております。その結果がTHX認証になるのではないかと思います。THX認証ということは映画を視聴する画質において高い基準値をクリアしているという事です。これによって映画本来の画質を液晶テレビでも楽しむことができるようになりました。
噂ではTシリーズのパネルは厳選をしているらしいとの事。基本同じパネルでも良いものがTシリーズに使われるとRシリーズと差がでて当然ですよね。

そんな、Tシリーズの52インチサイズ
(LV-52TH1)をホームシアター工房 大阪の
ショールームに展示しました。
是非ともご来店の上、ご視聴下さい。

ホームシアター工房 大阪 田中雅史

工房BLOG | - | -

待望のニューモデル マランツ「RC9001」がやってきた!!

みなさんシアターライフ楽しんでますか?
最近、皆さんに紹介したいことがたくさんあって
よくブログに登場するようになったホームシアター工房大阪の和田です。

この年末に向けて、ホームシアター業界では
カスタムインストールに最適な商品がどんどん発売されて
これからのお客様への提案が非常に楽しみになってきました。

量販店とは違って、うちみたいなホームシアター専門店では
(かといっても、ホームシアターだけじゃないですよ。ホームシアター工房ではお客様のシアターライフを快適なものにするため、それにまつわる事ならばなんでもやっております。)
いくつもある商品の中から、お客様に満足してもらえる最適なシアターを
プランニングして、実現するために毎日一生懸命がんばっております。

RC9001
そんなホームシアター工房が提案するカスタムインストールシアターにオススメの最新コントローラーがついにこの冬に満を持して発売されます。
その名も「RC9001」以前より弊社でも多数の導入実績を誇るカスタムコントローラー「RC9500」の上位機種になります。

その「RC9001」が先日ホームシアター工房大阪にやってまいりました。
続きを読む>>

工房BLOG | - | -

流行のマルチルーム・ゾーンを楽しむ方法は?

みなさんこんにちは!こんばんは!
シアターライフ楽しんでますか?
ホームシアター工房大阪でカスタムインストールを
もっぱら担当してる和田です。
シアターファイルVol.44
さて、ホームシアター好きの皆さん。
先日発売された「ホームシアターファイルVOL.44」ご覧いただけましたでしょうか?
(まだ読んでない!!ってあなたは、すぐに本屋へレッツゴー!)

弊社「ホームシアター工房」もいろんなコーナーで
掲載されている最新号ですが、今回はその巻中にある
別冊付録「マルチルーム・マルチゾーンハンドブック」を
是非見ていただきたく思います。

特別付録で特集を組まれることからもわかるように
今、ホームシアターを導入されるお客様に
「マルチルーム・マルチゾーン」が非常に人気になっています。

ホームシアター工房大阪でも、このたび
マルチルーム・マルチゾーン構築にオススメの最新システムを
導入いたしました!!
続きを読む>>

工房BLOG | - | -

パイオニア プレミアフェスタ’07

みなさんこんにちは。
11月25日(日) 10:00〜18:00
当店近くの金山にて
パイオニアのイベントがありますので案内させて頂きます。
P1010329.JPG
当日はパイオニアプラズマテレビ「KURO」を中心に
ホームシアターシステムの体験ができます。

もちろん入場は無料ですので
今年大注目の「KURO」を見て頂きたいと思います。

また、当店にもPDP-5010HDの展示を
行っておりますので、見に行く前、見に行った後に
お立ち寄り頂ければ幸いです。
P1010264.JPG

当店にてご案内状をお渡し致しますので
興味のある方、是非ご来店下さい。







〜Pioneer  PREMIER FESTA '07 in NAGOYA〜
日時:平成19年11月25日(日)10:00〜18:00
会場:全日空ホテルズ ホテルグランコート名古屋5Fローズルーム
   名古屋市中区金山町1-1-1
TEL :052-683-4111



ホームシアター工房名古屋

イベント情報 | - | -

ホームシアターの照明分野に期待のニューフェイス

みなさん、ホームシアター楽しんでいますか?
ホームシアター工房大阪のカスタムインストール(コントローラーなど)の
専任(他にもいろんな仕事はやっていますが)の和田です。

先日、東京のルートロンアスカさんの本社へ
研修に行ってまいりました。

そこでは、HOMEWORKS(ホームワークス)のような
中〜大規模な住宅や施設に対応できるシステムを制御する為の
いろいろと調光についての研修を受けたのですが、
そこで、例の新商品を実際に触ることが出来ました。

Grafik Eye QS
それは何かといいますと。
すでに雑誌などでは紹介されているので
ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが。
LUTRONが満を持して送り出す期待のニューフェイス「GRAFIK Eye QS」です。



この「グラフィックアイQS」ですが
いままでの「GRAFIK Eye」シリーズと何が違うかといいますと・・・。
続きを読む>>

工房BLOG | - | -
1 2 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集