ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

パイオニア NEWプラズマ「KRP-500M」展示しました!

DSC00274.jpg話題のNEW KUROを展示しました。
プラズマや液晶は画面は大きいけど画質は・・・
と思っている方は是非見てください!
薄型テレビの課題である黒浮きを根本から解消した、
まさに驚きの映像<美>です。

黒の再現と高コンストラストが織りなす
画質は間違いなく業界トップであると思います。

映画をジックリと楽しむのも◎
ライブ映像をノリノリで楽しむのも◎
環境ものでゆったりリラクゼーションするもの◎

単にキレイとかではない
価値のある画質。
これさえあればあなたのテレビライフ、シアターライフが充実しますよ!
ホームシアター工房オススメです。

KUROにマッチした造作シアター家具(照明付き)も
提案しますよ!!

ホームシアター工房 大阪 田中雅史

工房BLOG | - | -

12/6(土)〜7(日)■ビクターDLA-HD750(THX認証)視聴体験会

19295a.jpgタイトル:ビクターDLA-HD750(THX認証)視聴体験会
日時:12/6(土)〜7(日)10:00〜19:00
会場:ホームシアター工房 大阪ショールーム(西本町)
*無料です。気軽に見て頂けます。

噂のTHX認証プロジェクターの登場です。
ビクターの技術でしか成し得ないリアルな映像美。
ついにここまできました。
そんなド級のプロジェクターを弊社シアター専用ルームにて気軽に見て頂けます。

これからホームシアターをお考えの方、
プロジェクターの買い替えをお考えの方、
必見です。

奮ってご来場の上、ご参加ください。

*12/6(土)の14:00〜15:00は
ビクター説明員さんが来られての技術解説が聞けます。

お問い合わせ:0120-86-4649
WEBお問い合わせ:http://www.ht-kobo.jp/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=ht_mailform

ホームシアター工房 大阪 田中雅史


イベント情報 | - | -

プロジェクター昇降機(昇降装置)

リビングシアターを設計する段階でお客様よりご要望が多いのが『機器をできるだけ隠したい』ということ。オーディオの醍醐味としてはスピーカーなどをどんと鎮座させてそのフォルムも音とともに楽しむというのがありますが、ホームシアターの場合、特にリビングシアターにおいてはその空間とシアターの機器をいかに共存させるかがポイントになります。
そこででてくるのが先ほどの『〜隠したい』となります。

img398_PJUP.jpgプロジェクターの設置方法としては
・天吊
・据え置き
が一般的ですがどちらにしても『見えて』しまいます。
そこでオススメなのがプロジェクター昇降機を使う方法です。
プロジェクター昇降機であれば普段は天井裏に上げておいて使用するときだけ降ろしてきます。基本リモコン操作ですし、マルチリモコンを使用すればワンボタンで昇降機もプロジェクターもスクリーンも動かすことができます。
天井裏の空間が多少必要ですが、新築などの場合設計段階から考慮しておけば問題ないと思います。



gfd.jpg弊社がオススメする昇降機がHT-30です。
現在、いくつかのメーカーから昇降機が販売されておりますが、その中でも設置性からみて色々と有利な点が多い商品です。通常は上の写真のように底板を付けて天井部分との色目の差を小さくして目立ちにくくしますが右の写真のように底板を外して設置することもできます。プロジェクターの設置面と天井面を揃えた位置で設置するとなんと、天井裏の奥行きが約130mm前後で済んでしまいます。(*現場の状況にもよります。ご相談下さい。)約130mmであればメーカーオプションの金具と変わらない高さになりますね。プロジェクターの下端まで入れても(*日立のプロジェクターの場合)約300mm位なので天井裏を300mm前後掘り込むことができれれば設置可能ですね。(*下板を外した設置の場合です)

hgfds.jpgまた、写真のよう設置面から約700mmのところまで降りてきますので天井高の高いお部屋や梁がある場合、また商業施設などで配管や空調などの設備機器が邪魔するような物件でもこの昇降機なら回避できることでしょう。工夫をすれば様々な案件で使用できると思います。
※ストロークの最大距離は500mmまでとなります。

こちらの写真は<ホームシアター工房 大阪>のショールームになりますので興味のある方は実際に見てみて下さい。

ホームシアター工房 大阪 田中雅史


■ホームシアター工房 ショールーム


■ご相談はこちら

2009年12月より新型モデルHT-70が発売されました。
商品詳細はこちらこちらよりご覧ください。

工房BLOG | - | -

明るいリビングにマッチするスタイリッシュシアター〜大阪府豊中市

《ホームシアター工房 大阪》

  • 大阪府豊中市
  • 導入年月 2006年10月

続きを読む>>

施工例 | - | -

DAVONE(ダヴォン)RITHM 木製のラックにピッタリ

DSC07451.jpgメーカーさんから、面白いスピーカーをお借り致しました。
DAVONE(ダヴォン)RITHM
インテリア性、デザイン性の高いスピーカーというのは色々ありますが、ここまで木製ラックにフィットするスピーカーは今までなかったんじゃないでしょうか。横からみるとまるでブーメランような曲線が美しく、見ているだけで音楽が聞こえてきそうな躍動感があります。
音の方はここ最近では珍しい、とっても温かみのある音。とっても良い意味で古い音、心地よい音が特徴で今時の音域のスペックで聴かせるようなスピーカーではないと思います。
正直この形ですから最初はそればっかりが頭にあったのですが、音を聴けば聴くほどに『もっと聴きたい、あれもこれも聴いてみたいゾ』と。
この音、このスタイルならコストパフォーマンスもまずまずじゃないでしょうかね。
続きを読む>>

工房BLOG | - | -

ホームシアター空間に『香りインテリア』その

3.jpg先日、ご紹介しました空間を楽しむアイテム
『香りインテリア』その△任后 <,呂海舛蕁
大阪ショールーム2Fのコーナーへ
実際にアロマランプ(電球タイプ)を展示しました。

ルートロンQS調光器を使用して他の照明器具と共に、
調光のレベルを好みに合わせて細かく設定できるので、
香りと明かりを楽しめる展示スペースとなっています。

例えば、TVを視聴するシーンでは
「間接照明と連動して、アロマの香りと明かりが空間を包みこむ」
といった設定が可能です。
5.jpg手軽にお部屋の雰囲気を変えることができますので、
季節によって香りを替えたり、これから明かりを
追加したい場合にもおススメです。

★ホームシアター工房では、ホームシアター空間を
楽しく美しく演出するアイテムの中から、
選りすぐりの商品を ご紹介していきます。
どうぞお見逃しなく。。

ホームシアター工房 枦川

工房BLOG | - | -

ホームシアターのある人生は、楽しい

DSC00267.jpgI'm homeという雑誌をご存じですか?
ハイエンドなデザインとライフスタイルを紹介する隔月刊誌です。
毎号素敵なフォトが表紙を飾り、大きく、分厚く、とても存在感のある雑誌なので
本屋さんでも目にしたことがある方は多いかと思います。
そこに今回、広告を出させて頂きました。
普段、某専門誌に出している広告とは一味違いますので是非一度見て下さい。
<ホームシアター工房>のコンセプトが良く反映されているとても良い広告です。
毎号、違うコンセプトで掲載されますので次号もその次もお楽しみです!


<ホームシアター工房>は
お客様のライフスタイルをより充実したものにする為のお手伝いを致します。
音と映像とあかりを楽しむ、
そんな提案を致します。

アイムホーム掲載広告一覧はこちらから

ホームシアター工房 大阪 田中雅史
続きを読む>>

工房BLOG | - | -

くつろぎスペースに導入した本格的ホームシアター〜愛知県弥富市

《ホームシアター工房 名古屋》

  • 愛知県弥富市
  • 導入年月 2008年9月
  • インストーラー:安藤 貴志

続きを読む>>

施工例 | - | -
1 2 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集