ホームシアター工房は年間施工数150件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

挑戦者(?)DOLBY PLZ/Audyssey DSX VS 初代王者(?)ヤマハプレゼンス 最終ラウンド

前回、前々回とご覧いただきましてありがとうございます。
ついにファイナルラウンドです!
やっと挑戦者の入場です!!


2009年
満を持して
DOLBY社とAudyssey社からフロントハイ/フロントワイドの
DOLBY PLzとDSXが発表になり、
サラウンドのフォーマットとして各社のAVアンプが搭載してきました。

YAMAHAプレゼンスへの新たな挑戦者です。


早速お店でお客様に効果を体験いただくために展示してみました。
DSC03889.jpg

前側に左右センターchプラス、上もしくは横に2ch
合計何と5chのスピーカーが前だけにある!

こんなにいっぱいスピーカーいるのかな...

正直最初は半信半疑。


聴いてみました。



これは... 凄い!!

まず音の高さと横の拡がりの表現が向上します。
50インチが100インチになったかの如く前方の音場が巨大化します。

スクリーンシアターと実に相性がいいです。

それと音の移動感が向上します。
サラウンドバックスピーカーを導入できない環境でも、それに近い音の包囲感があります。
(フロントに配置なのに不思議ですが、これについては後述)

何よりも驚いたのがこれほどの劇的な効果にも関わらず、
とにかく音が自然!!

ソフトの響きに合わせてくれているのでしょうか?
技術資料にサラウンドバック成分に含まれる逆相成分
(残響などの響き成分)
を抽出して再生と書いてあります。
これで響きの量を判断しているようです。

サラウンドバック成分なので、
前方向からの音でも包囲感も向上するのでしょう。
効果のON/OFFを聴かない限り、
フロントハイ/ワイドスピーカーから鳴っている感ではなく、
前の音場がすべて拡がる感じです。

ハイグレードのスピーカーが、
スピーカーユニットそのものから音が聞こえず、
実に自然に音の拡がりや包囲感を再現するように、
DOLBY PLzやAudysseyDSXはスピーカーのグレードを1ランク、
いえ2ランクも上げてくれるようです。

映像を見なくてもその場の情景が浮かぶようでした。

ただしDOLBY PLzやAudysseyDSXにも注意点もあります。

響きの量の調整は基本的には「低・中・高」の3段階のみです。
ただし元々音の響きの少ないソースは、
ロジックの関係で設定が「高」でも効果も少なめになる場合もあります。

この辺が自在に響きを調整できるDSPサラウンドとの違いでしょうか

ちなみにDOLBYのコンセプトは「何も足さず、何も引かない」という、
まるでウイスキーの宣伝に出そうな表現です。

どちらが良いかは永遠の戦いになりそうですが、
なんにしてもリスナーの方々は
より身近に高音質なシアターサウンドを楽しめる選択使が増えたわけですから、
この機会にぜひお店で体験いただき導入をご検討いただければと思います。

ホームシアター工房 加藤


より詳しくDOLBY ProrogicZを知りたい方はこちら↓
http://www.dolby.co.jp/consumer/technology/dolby_pro_logic_iiz.html

工房BLOG | - | -

蘇る三菱DLP〜LVP-HC3800〜試聴会

三菱プロジェクターファンの皆さま
お待たせいたしました!!

滑らかな黒の再現と深い色表現で、
DVDをフィルムライクに再生する能力では三管式を彷彿とさせ、
液晶プロジェクターでは飽き足らなかった映画ファンを魅了したDLP...
DSC03079.jpg

しかしやがて時代はハイビジョン時代、
色の再現や黒の表現より解像度が重視された時代、

技術的にフルハイビジョンパネルを製造するのが、
液晶に比べてコストのかかるDLPは、
ライバル液晶に対して価格的に厳しくなり、
大きく差を広げられる結果になりました。

DLPの三菱、三菱と言えばDLPとまで言われた三菱ですが、
ここ数年ハイエンドのシアターモデルは液晶オンリーでした。
三菱のDLPファンはやきもきしていたでしょう。

しかし!!
ついにこの時がやってまいりました。

DLP方式のプロジェクターの復活です。

LVP-HC3800
main.jpg

既に三菱のDLPをお持ちの方も、
欲しくても買えなかったあなたも...

と言う事で試聴会を行います。

期間は
12/26(土)午後1時以降から
1/5(火)午後4時までとなります。
(12/29から1/4は定休日となります)
*日程変更しております。

是非この機会にご体感ください。

液晶とは違う独特の表現力に心を奪われるかもしれません。

じっくりとご覧いただけるこの貴重な時間をお見逃しなく!!

三菱ユーザーの私も楽しみです。

ホームシアター工房 加藤

*大阪ショールームは12/29〜1/4までお休みを頂いております。

工房BLOG | - | -

挑戦者(?)DOLBY PLZ/Audyssey DSX VS 初代王者(?)ヤマハプレゼンス 第二ラウンド

2000年ごろ
メディアの主役がDVDに代わってからソフトの種類に大きな変化が有りました。

それは...

音楽ライブソフトの台頭です!!

DSC07954.jpg

いまでは売上ランキング上位の常連です。

VHS/LD時代には考えられなかったのですが、
会場さながらのマルチチャンネル収録で
ライブソフトの高音質化が急速に普及しました。

映画の効果音と違い、なじみのある音の為、
響き方や音の定位などが聞き分けしやすくなっています。

音楽ライブソフトで分かりやすいですが、
DSPサラウンドは実は諸刃の剣でして、
音の響きの少ないソースに対しては劇的な効果を発揮します、が
もともと響きの多いソースはさらに追加されますので、
場合によっては過多の状態になります。
(風呂場で歌うと響きすぎで声が聞こえにくくなるのと似ています)
上級者向けになりますが最上の再生方法は、
ソフトによってDSPの響きの量を変えることです。

私も昔はその都度調整していましたが、
だんだん億劫になっていきました。
家庭ではやはり楽したかったですから。

でもDSPプレゼンスも捨てがたくで、
効果のON/OFF程度はやっておりました。

またまた時は流れ2009年...
初代王者(?)の地位を揺るがす新挑戦者(?)が登場します。


次回ファイナルラウンド!

ホームシアター工房 加藤

工房BLOG | - | -

12月の東京・名古屋・大阪 各ショールーム休館日のお知らせ

ホームシアター工房 各ショールームの
12月度休館日のご案内です。

≪ホームシアター工房 東京/名古屋/大阪≫
2日(水)
9日(水)
16日(水)

≪ホームシアター工房 東京≫
23日(祝)

年末年始の休館日
≪東京≫
12月29日〜1月5日
≪名古屋≫
12月29日〜1月6日
≪大阪≫
12月29日〜1月4日*変更しました。

まで

来館ご希望の方は事前にご予約いただけますよう
よろしくお願いいたします。

※年末年始の休みは各ショールームごとに違いますので、ご注意ください。

ニュース | - | -

挑戦者(?)DOLBY PLZ/Audyssey DSX VS 初代王者(?)ヤマハプレゼンス 第一ラウンド

タイトルがこの間の内藤大助VS亀田興毅戦みたいですが...

いつごろだったでしょうかフロントエフェクトの初代、
ヤマハのDSPプレゼンスサラウンドが出たのは..

記憶では1990年にAVX-2000DSPが最初かなと(間違っていたらすいません)
80年後半〜90年当時、ソフトと言えばアナログVHSが当たり前、
LDなどデジタル音声メディアが一部マニア層のみ持っていたぐらいで
それでも音声は元々が2ch….

ドルビーサラウンドで擬似的ながらシアターサウンドにするにしても、
こりゃ映画館とはだいぶ差がついているなあと思いつつ、
やはり自宅でくつろぎながら楽しむホームシアターはやはり快適で、
音には多少目をつぶって(この場合多少耳を塞いでですが)
楽しんでいたものです。

ところがこのDOLBY Prorogic搭載ヤマハのDSPのプレゼンスの音ときたら…

映画館の音の拡がりのイメージじゃないですか!!
もちろん早速買いましたよ。

とにかくVHSやLDの音声が劇場と全く違うレベルの再生音だった所に
この音の拡がりは衝撃的でした。


正直だいぶお世話になりました。


時は流れLDやVHSに代り、
DVDが家庭での再生メディアの主役になる前夜の1996年

また買いました!
ヤマハの世界初
DOLBY AC3/DOLBY DIGITAL対応AVアンプ DSP-A3090。dspa3090[1].jpg


当然DSPでVHS/LDも音がよく、最新のDOLBY DIGITALも対応で
鬼に金棒と言った感じでした...


また十分に楽しませていただきました。


しかし数年後に僕のDSPサラウンドに対する心境の変化が起きる出来事が、
それは...


第二ラウンドに続く


ホームシアター工房 加藤

工房BLOG | - | -

「ホームシアター工房 東京」ショールーム移転のご案内

東京ショールーム今月発売の「ホームシアターファイル」の

弊社広告でもご案内しているように

2010年1月に「ホームシアター工房 東京」ショールームが

晴海から新宿に移転となります。

移転先や日にちなどの詳細は、こちらのブログにてご案内いたします。

2010年もホームシアター工房 各店よろしくお願いいたします。

ニュース | - | -

既存マンションのホームシアター施工について

ホームシアターは新築一戸建てに導入するイメージがありますが、
実はマンションでも意外にスマートに導入できます。

もちろん色々な制約や仕上がりのレベルはあります。

すべて隠蔽できる構造だった場合は
まるで建築時に計画していたような仕上がりも可能です。

すべては隠蔽できなくとしても、目立たないように配線や施工も
当社ならお任せいただけます。

以下の写真は当社でのマンション既存施工例の一部です。DSC00882.jpg
DSC00837.jpg
DSC00843.jpg
天井裏にスペースはありませんでしたが、このシステムの配線は横の壁の空間を利用して隠蔽しております。




次はスピーカーも埋め込みができたパターンです。配線は天井の空間に通っています。DSC02587.jpgDSC02599.jpgDSC02603.jpg













最後に隙間がなくモール配線のシステムです。
DSC08324.jpgDSC08402.jpg
このようにモール配線でも作業次第では目立たせなくできます。

ご覧いただいたようにマンションでも十分にホームシアターを楽しむことができます。

まずは一度、マンションの施工件数ホームシアター工房NO.1の加藤までご相談ください。

お待ちしております。

ホームシアター工房 加藤

工房BLOG | - | -

遅ればせながら大阪ショールームにもWiiがやってきました!!

ついに大阪ショールームにもWii(クロ)がやってきました。DSC03937.jpg


えらく遅いなと思う方も多いと思います。

じつは2年ほど前に2日ほど展示していた時期がありました。
本当ならそのまま展示してもよかったのですが...
続きを読む>>

工房BLOG | - | -

120インチの大画面とKEFのサラウンドシアターを体感してみませんか

ただ今ホームシアター工房では
KEFのiQ90とXQ40が同時に試聴できます。

KEFのXQとiQシリーズと言えば今巷で大評判のスピーカーです。

ホームシアター工房では常設のXQ40はもちろん、
期間限定でiQ90の同時視聴が可能です。

防音室のシアター専用ルームでゆったりと視聴いただけます。
期間は12/4から12/13日までの10日間。
(12月9日は定休日となります)

ホームシアターをお考えの方、
この機会をお見逃しなく!

是非ご来店お待ちしております。

ホームシアター工房 加藤DSC03866.jpgDSC03862.jpg

工房BLOG | - | -

ホームシアターを組み込めるシステム家具「L.Form」

12/1〜12/4のイベント情報

飛騨家具で人気の柏木工直営ショールーム(J-ホームスタイル大阪)にて
< J-ホームスタイル大阪の情報はこちら>

ホームシアターを組み込めるシステム家具「L.Form」の

展示をおこなっております。

3.jpg



木のあたたかな質感と リビングになじむデザイン、そして

ホームシアター機器をすっきり収納できる素敵な家具を

ご覧になってみませんか?


ホームシアターもご体感いただけますので、

お気軽にお問い合わせください。TEL0120-86-4649



「L.Form」については、こちらでもご紹介しております。
< 工房ブログ〜名古屋編 シアター機材をきれいに収納〜L.Form>


ホームシアター工房 枦川

イベント情報 | - | -
1 2 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集