ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事41〜大改造!!劇的シアターリフォーム2

1..jpg枚方市のリフォームシアターの案件です。前回のブログでも書きましたが、部屋の内寸がw2,490xd5,270xh2,355mmとなっています。シアタールームを造る場合、スクリーンの大きさと視聴距離、プロジェクターの投射距離を考えて機器の配置をプランします。ご主人は100インチのスクリーンにフロントトールボーイをメインにした9.1chサラウンド、お手持ちの50インチのテレビも併用できる環境を希望されています。お部屋の奥行は十分あるので投射距離、視聴距離は取れそうですが、、100インチの場合投射面のwが2,214mmとなり、スクリーンサイドにスピーカーは設置出来そうにないので、今回はスピーカーの音を通すサウンドスクリーンを選択し、TVは壁掛けにして2wayタイプに・・・。この基本案を元にプラン設計をしました。ご主人にとっては生活の主となる場所になるので手持ちの家具などの配置も盛り込みます。

松村様邸2..jpg設置予定機器や配置イメージが決定したら、必要な電気工事を決定します。今回は分電盤を追加して必要な回路を確保して振り分けを行いました。図面にはその他にも細かい指示が記入されています。これを元に電気工事スタッフと打ち合わせします。照明はルートロンを入れて調光します。LEDが注目されてきておりますが、あかりの演色性や調光の綺麗さを言うとまだまだ白熱灯の方が有利な部分が多いのが現状です。ランプの寿命や電気代についても100%フル点灯ではなく調光をかけて使用すれば寿命も長く、電気代も安くなるんですね。プランを考えるのは基本事務所で行いますが、機器の配置などはやはり現場を見てイメージを確かめてました。スピーカーの配置やプロジェクターと空調機器との関係、天井に設置する機器とオトテンのボーダーの位置など・・

PA120276.jpgイメージ通りのシアタールームが出来ますよーに、、、、、
楽しみです。

ホームシアター工房 大阪 田中雅史

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事40〜大改造!!劇的シアターリフォーム1

P9200078.jpg大阪郊外は枚方市の住宅地にあるお家の2F。こちらのご主人は大のシアター好き。これまでもご自身で50インチTVシアターを組んで楽しんで来られました。もっと大きな画面でシアターをしたいと言う思いはありましたが、お部屋の構造上、中々難しいのが現実でした。それで、今回は長年の夢であるスクリーンシアターを実現する為に、内装リフォームを行い専用シアタールームを造る計画となりました。


PA120268.jpgリフォーム工事前日の様子。お部屋のお荷物を全て撤収したのでガラガラです。築30数年の年季を感じさせる内装模様となっております。2部屋を合わせた内寸はw2,490xd5,270xh2,355mmとシアタールームを造るには少々ワイドが狭い・・・ワイドが狭いとスクリーンサイズに直結するのでMAX何インチのスクリーンを設置出来るかがキーポント。事前のお打ち合わせでご主人からは『出来るだけ大きなサイズを入れたい、100インチを・・』う〜ん(汗)



PA120267.jpgお部屋を見てみると一見して、開口部の多さが目立ちますが何より2部屋の間仕切りとタレカベが大きく立ちはだかります。プロジェクターシアターをする際の大きなネックとなっておりました。今回はこれらを取り払い一つのシアタールームにしてしまいます。工事内容としては天井を落として天井、壁紙、フローリングの張り替えを行います。その際に必要の無い開口部を減らして遮光に有利にします。もちろん最終的にシアタールームにしますのでその為の電気工事も行います。シアター用に新たに分電盤を追加して容量も増やしました。

リフォームの工期は約10日。まずは部屋を造ってそのあとにシアター工事です。

ホームシアター工房 大阪 田中雅史

工房BLOG | - | -

CEATEC JAPAN 2011 に行ってきました

みなさんこんにちは。

10月7日(金)に
CEATEC JAPAN 2011に行ってきました。P1060819.JPG

テレビでもやっていた
日産のブース。

リーフを使った電源供給モデルで
電気を効率よく使ったシステムです。

残念ながら中には入る事はできませんでした。。。




ソニーのブースでは
来月発売予定のヘッドマウントディスプレイ
HMZ-T1に長蛇の列が出来ていました。P1060810.JPG

頑張って1時間並び、体験しましたが
非常にすばらしい物でした。

感覚的には、
映画館の少し後ろで見ているような感じで
3Dもしっかりと出ていました。

コンテンツはスパイダーマンでしたが、
動きもスムーズできれいな映像でした。



シャープのブースでは
8K/4Kディスプレイを展示。P1060809.JPG

ここは、中では撮影禁止になっていましたので
写真は撮れませんでしたが、
非常にきれいな映像でしたよ。
8Kコンテンツはいつ出るのか・・・?






その他、TOSHIBAの
55型裸眼3Dレグザの展示もありました。P1060798.JPG









ソニーの新型プロジェクター
VPL-VW1000もありました。

筐体が大きい・・・。

発売が待ち遠しいですね。P1060816.JPG











今回は主に通信と省エネ、3D(4K)が
メインとなった展示会でした。


AV系ではやはり3Dと8K/4Kがメインで
スーパーハイビジョンのコンテンツを流しているブースが目立っていました。



ホームシアター業界にも
これから冬に向けて新しいモデルが続々と発売されますので
楽しみになってきました。



新商品の情報などはまたブログなどにアップしていきますね。。。







ホームシアター工房名古屋  安藤貴志

イベント情報 | - | -
<< 1 2 3


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集