ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京・名古屋・大阪の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

これぞプロジェクターの醍醐味!150インチスクリーンの大迫力シアター 〜名古屋市守山区

《ホームシアター工房 名古屋》

  • 名古屋市守山区
  • 導入年月2011年5月
  • インストーラー:安藤 貴志

続きを読む>>

施工例 | - | -

リビングでも本格派!大画面ホームシアター 〜神奈川県相模原市

《ホームシアター工房 東京》

  • 神奈川県相模原市
  • 導入年月2011年7月

続きを読む>>

施工例 | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事61〜神戸市の防音ルーム3

P1101417.jpg神戸市の防音現場です。防音工事はほぼ終わりとなりました。照明関連、プレート交換、クロス貼り、防音インナーサッシの搬入設置を残すのみです。それらが終わればいよいよシアター工事にかかります。防音インナーサッシは従来のものより防音性能がアップしたと言われる新製品を導入する予定です。防音性能は開口部(窓、ドア、換気扇など)がその他の部分よりも弱くなりますのでケアによって音漏れの度合いも変わってきます。また今回窓枠が約2800x1400と大きい為非常に重要なポイントになります。新製品の性能に期待です。その他今日はキッチンやその他のお部屋のBGM用システムのスピーカー&ボリュームスイッチの設置工事を行いました。デノンN7でairplayを活用したシステムになります。気軽に手軽に快適に音楽を楽しめる時代がやってきましたね。


P1101438.jpg天井は大建のオトテン アコーステックブロックです。スピーカーや照明等の干渉を考えてボーダー(凹凸のないパネル)との割り付けを行いますがこれが結構重要。それぞれ残響率が違うんですよねぇ。




P1101433.jpgオト壁 L90&L80&ボーダーと並んでいます。この壁を作る為に 防音層(S防音なので2重構造)からさらに約50mm吸音空気層を作ってその上から表面材を貼っています。L80(丸穴空き壁)は学校の音楽室や音楽スタジオで良く使用されていますね。L90(ランダムな凸凹壁)はフロントスピーカー裏に溜る音を拡散させてくれます。写真では赤みが強く見えますが、実際にはほぼ黒のオフブラック。シアタールームにオススメの色です。



P1101468.jpgシアタールームの外に前室を設けました。ドアを二重にする事で防音ケアにもなりますし、シアター用機材をこちらに置く事でシアタールームをより広く使用する事ができます。シアタールーム内での操作はipadコントロールが主となるので問題もないですね。
機材用AVラックは造作します。ほぼ案もまとまっております。少し凝り過ぎて高くなりましたが、、、


ホームシアター工房 大阪 田中雅史


工房BLOG | - | -

柏木工の壁面収納家具L.Formを導入したリビングシアター 〜東京都文京区

《ホームシアター工房 東京》

  • 東京都文京区
  • 導入年月2011年6月

続きを読む>>

施工例 | - | -
<< 1 2 3 4 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集