ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事80〜シアタールームを造りたい

P3262357.jpg兵庫県伊丹市のシアタールームが完成致しました。3Dプロジェクターに120イン電動スクリーン。天井埋込スピーカー CAV HT-62を主体とした5.1chシステムです。お部屋の用途としてはシアター専用と言うより、娯楽ルーム的にもっと幅広く利用されている感じです。部屋寸が約5,000x5,000mmと広いので120インチも小さく見えますね。内装の雰囲気が一般的なリビングとは違いダークな色合いになっているところが良いですね。写真では伝わりにくいかもしれませんが、ここに居ると映画を観る前から気分が高揚する感じがします。お部屋の造りや演出によって何倍もいい映像に、いい音に見えたり聞こえたりするもんです。単に良い機械を揃えてもこの感動、味わいは得られませ〜ん。

P3262373.jpgプロジェクターはエプソン EH-TW8000。安価なプロジェクターの部類に入りますがそのパフォーマンスは絶大。シアター入門機としては十分すぎる位の映像美がありますね。もちろん、3D対応。3Dについて映像の細かい部分よりも飛び出してくる感覚、今までのテレビやプロジェクターでは味わえなかった面白さを楽しむべきであると思います。全てのソフトが3Dになる事はないと思いますけど、ここぞ!っと言う時に手放しで楽しみましょう!!プロジェクターで3Dを見られたら誰しも『おおお〜っっ、飛び出してくる〜!!』って、おっしゃいます。


P3262381.jpg操作はもちろん ワンタッチリモコンです。日本語表示で簡単操作です。ホームシアター工房では、雑誌などでもおなじみ、
・iPadコントロール
・マランツ RC9001
・キャビア(これ→)
など 用途に合わせてご提案できます。これらのホームシアター関連のコントローラーの導入実績数は、多分、、、、日本一だと思います。(たぶんです・・・違ったらご指摘下さい、、、)数が多いと言う事はそれだけノウハウも多いと言う事ですね。

ホームシアター工房 
大阪 田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事79〜三井ホーム様 新築 吹き抜けシアター

P4082541.jpg大阪市の吹き抜けシアター。三井ホーム様 新築のお家にホームシアターを導入しました。吹き抜けのある開放的なデザインがとっても魅力。しかし、ホームシアター導入においてはその吹き抜け部分が非常に悩ましくシアター設計に関わってきます。。。(一昨年の)お家の設計段階から色々と検討してきました。出来るだけ大きなサイズのスクリーンをお家のデザインを変えないで導入したい、1F、2Fの両方から見たい等々。もちろんメンテナンスの事も検討し、結果 この場所が一番活用ができるとの事で決まりました。有効的なスペースの活用が出来ていると思います。



P4082548.jpgフルハイビジョン100インチシアター、もちろん3D対応です。スピーカーは全て天井埋込で、サブウーファーはカウンターの下に据置。。。良い音鳴っています。吹き抜けのおかげかスピーカー設置部分が横幅2600mmしかないとは思えない響きがあります。見た目もスッキリ、施主様の理想に近いものが出来たのではないでしょうか。



P4082555.jpg■プロジェクター
エプソン TW8000

■スクリーン
OS Pセレクション 100インチ

■AVアンプ
デノン AVR-3312

■スピーカー
CAV HT-62(天井埋込タイプ)

■サブウーファー
ONKYO SL-A250

■テレビ&ブルーレイ
シャープ アクオス



P4082559.jpgカウンターの下にサブウーファーを置いています。ブルーレイとAVアンプは1Fのテレビボードの中に収納しています。もちろんこのままでは2Fから操作が出来ないのですが、サブウーファーの上に集中受光部を設置してそこから1Fまで配線。2Fのウーファーに向けてリモコンを操作すれば問題無く動作できるようにしました。


P4082577.jpg1Fの吹き抜け下から見上げるとスクリーンが見えます。BGV的に音楽LIVEやハイビジョンの自然ものなどを流してbarの様な雰囲気にされたいとの事。1FのTVにも同時に映りますのでホームパーティにも色々と活用できますね。*今、映っているのは 漁の風景ですが、、桜鯛かなにかですが・・笑

ホームシアターは機種の選択も大事ですが、それよりもシアターをどう活用するかの方を優先しすれば より楽しく長いシアター生活が待っています。


ホームシアター工房 大阪 
田中雅史



工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事78〜タマホーム様 新築 シアタールーム

P4012474.jpg新築戸建てのお家の一室をシアター専用ルームにしました。7.8畳のスペースの壁面いっぱいにスクリーン設置。大画面シアターを思う存分、楽しめる環境となっています。スクリーンはパネル型の100インチ。映画館の様なスタイルはカッコイイです。天井、壁面、床面とダークな色合いにしていますので、暗闇の中にフルハイビジョンの映像が浮かびあがってきます。良く見ると壁クロスの色をスクリーン裏と側壁で変えています。横方向を明るくする事で立体的に見えワイド側に解放感が出来て広く感じます。同色だと距離感がでないので逆に狭く見えがちになります。天井面を明るくすると天井が高く感じられるようになります。この辺りはライティングコーディーネーターの知識ですね。

P4012478.jpgまた、目立っていませんが部屋のコンセントはルートロンを使っています。スクエアでお洒落ですよ。

■3Dプロジェクター
エプソン EH-TW8000
■スクリーン
グランビュー パネル 100インチ
■フロントセンタースピーカー
&ウーファー
ONKYO D-108シリーズ
■AVアンプ 
デノン AVR-1912(AirPlay対応) 



P4012497.jpgオーナー様がiPhone4Sユーザーでしたのでもちろん、AirPlayを実践しました。びっくりするほどすばやく、快適にBGMが操作できるので御満悦。メインシアター共に喜んで頂けました。
フルハイビジョンプロジェクターに100インチスクリーンと7.1chサラウンド。機器の選択によっては割と低予算でも実現できますので是非、ホームシアター工房までご相談下さい。

ps:ドルビー、dtsの
新しいデモディスク
いいですねぇ!!


ホームシアター工房大阪 田中雅史



工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事77〜シアターラックを造りました

P3252325.jpg神戸市の大建S防音のシアタールームです。シアタールームの前に前室を設け機材ルームとしています。防音室としてもドアが二重になりその間のスペースがある事で遮音効果としてプラスなります。限られたスペースであり、収納する物も多く、床に段差(防音室室の天井を高く取る為に床を限界まで落としています)もあるので既製品では上手くハマらないのでフルオーダーで計画しました。段差の所の目隠しはマグネットで取り外しができる様になっており、そのスペースをコンセントやケーブル溜りとして使っています。棚が余っていますが、後々802Diamondを鳴らす為のパワーアンプを導入予定です。ブルーレイなどの再生専用の良いのが出たらそれらも入れたいですね。



P3252328.jpg開き扉の所にクレストロンを設置しました。メンテナンスと見た目のところから扉を付け目隠ししています。クレストロン本体、拡張キット以外にシアター機器以外に空調など25台の機械を制御するケーブル等が張り巡らされています。一番上にはモニター用のTVを設置しました。写真ではわかりませんが、フルモーション金具なので前方へせり出してきます。





P3252330.jpg機材置きだけだとスペースが余るので左サイドにソフト入れを造りました。これは設計計画中に施主様から出たナイスアイデア。いい感じに使い勝手のあるシアターラックになりました。

ホームシアター工房 大阪 田中雅史



工房BLOG | - | -
<< 1 2


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集