ホームシアター工房は年間施工数150件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアター工房 9月休館日のお知らせ

ホームシアター工房9月休館日のお知らせ

東京・名古屋・大阪ショールーム
5日(水)
12日(水)
19日(水)
26日(水)

毎週水曜日が休館日となります。

ご来館される際はご注意ください。

ニュース | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事100〜大阪ショールーム模様替え シネスコスクリーン導入

P9013860.jpg6月頃から2Fシアタールームの模様替えを行っておりようやく完成に近づいて来ました。2Fのシアタールームはシアター専用ルームでこれまではワイド120インチをメインスクリーンとしてきましたが、今回は最近色々と問合せの多いシネスコスクリーンを入れました。シアタールームの横幅は3,540mm。それでMAXサイズを入れたかったので今回はキクチ スタイリスト140インチシネスコ パネルスクリーンを導入させて頂きました。



P9013885.jpgプロジェクター側もすっきりしました。今回、アナモフィックレンズは使用せずにプロジェクターのレンズメモリー機能を使ってシネスコとワイドサイズの切り替えを行っています。付属リモコンだと幾つかボタンを押して選択が必要ですが、DLA-X70を232C制御、iPadコントロールなら、ワンボタンで変更できますので手間要らずです。


P9013878.jpgシネスコスクリーンの良さはシネスコサイズの映画を見る際に威力を発揮します。今まで当たり前と思っていた 上下の黒帯が無くなるだけでこんなにも違うものかと皆さん驚愕されます。ブルーレイソフトであれば字幕もシネスコの中に入るので問題ないです。ワウワウやテレビ番組、ビスタサイズの映画等の場合は上記したレンズメモリを使って、小さくして見る事になります。140インチシネスコのHが1,392mmなので、110ワイド位の大きさになります。映画好きでブルーレイソフトで見るのがメインであればシネスコスクリーンはお薦めです。



P9013881.jpg是非、ショールームにて
体感してみて下さい。
お待ちしております。

ホームシアター工房 大阪 
田中雅史



工房BLOG | - | -
1


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集