ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアター工房 4月休館日のお知らせ

ホームシアター工房
各ショールーム休館日のお知らせです。

東京・名古屋・大阪ショールーム

3日(水)
10日(水)
17日(水)
24日(水)

毎週水曜日が休館日となります。

上記定休日に加え
4月4日(木)
大阪ショールームのみ臨時休館となります。

ご来館予定のお客様ご注意ください。

ニュース | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事116〜オススメのブログ DENON Official Blog

521752_330533313734853_68779481_n.jpg職業柄、日頃から様々なブログやホームページをチェックしてます。同業者様はもちろん、ハウスメーカーさんや家具屋さん、オーディオメーカーさん、その他色々と毎日朝イチ番にチェックさせて頂いております。
そんな中でいつも面白いなあと思いながら楽しみに読んでいる一つが、

DENON official Blog

オーディオの基礎知識を中心にオーディオ、ホームシアターを楽しむ為に役に立つ情報を非常に分かりやすく伝えてくれます。オーディオ関連のブログはマニアックになりがちですが、このブログは初心者の方にとっても為になると思います。もちろんデノン製品の紹介などもありますよ。一度、見てみて下さい。

→DENONライフスタイルシリーズのブルートゥースヘッドホンを愛用してます。昔はデンオンでしたねぇ。

ホームシアター工房 大阪 田中雅史

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事115〜奈良市 漫画部屋シアター完成なり

P3104859.jpg奈良県 奈良市の専用室シアターです。お部屋の広さは約5,300x3,500mmですが、造作本棚が2面あり、その中にはビッシリと漫画、漫画、漫画。一部ブルーレイなどのソフトもありますが、漫画の多さに圧倒です。「これでもまだまだ棚が足りないんです(≧∇≦)」とオーナーの娘さん。こちらのシアターを実際に視聴されるのはその娘さんがメインで、今回のご新築するまでも一体型、簡易型プロジェクターを使っていたとの事。ただ「綺麗に映らなかったんです…」と。要はいくらプロジェクターで大画面で写しても綺麗に観える環境を整えないとダメだっと言う事ですね。そんな事があったのでお家の設計段階からホームシアター工房に相談に来てくれたものと思います。今回は防音、吸音、遮光に気を配り映像、音響が最大限にいかせるお部屋の完成となりました。
映像はEPSON TW8100とキクチ 90インチ WAC。スピーカーは本棚を邪魔しない様にアンソニーギャロ マイクロ/ホワイトを五本天井吊り。サブウーファーも同じくアンソニーギャロ、AVアンプはDENON AVR-2113。それらをiPadコントロール/クレストロン タイプにて制御。アンプやレコーダーなどの主要機器はキッチンの収納の中に設置しておりますが操作はiPadがあれば機器が隠れていても問題ないのです。DENON 2113はAirPlay対応、同じiPadから無線で音楽を飛ばす事が出来ます。メインのシアター、iPadコントロール、AirPlay、3D映像をご体感頂きましたら「私、この部屋から出ない(笑)」との事でした。とっても感動的なシアター完成しました。


P3104879.jpg
エプソン TW8100を天吊設置。明るく見やすい映像が人気です。もちろん、3D対応、DVD等の2Dソフトを2D→3D変換可能です。DVDソフトも沢山あるので「今からもう一度全ての映画を見直します!」との事でした。iPad上で<2D→3D>ボタンを付けましたので、ワンタッチで変換出来ます。天井仕上げは大建工業のオトテンです。



P3104872.jpg
操作はiPadコントロール。ワンタッチでシアター開始します。右手の壁にキッチン。その収納の中に機材は収めています。AirPlayで音楽を無線で再生できる事に感動されていました。手軽に音楽再生するにはAirPlayが一番ですね。




P3104883.jpg
スクリーンが上がると漫画部屋。こんな部屋に一日居れたら楽しいでしょうね。写真には全て写りきっていませんが、何冊あるんでしょうね?棚が深く、2重に入っております。



72618_328073903979194_1036365998_n.jpg
サブウーファーもアンソニーギャロ TR-1D。アンソニーギャロはスピーカーもウーファーもデザイン重視のメーカーに見えますが、音はとてもいいんですよ。お値段も手ごろなのでオススメです。



ホームシアター工房 大阪 田中雅史




工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事114〜パワーアンプ追加で11.1chシアター完成!!◆

P2264758.jpg神戸市の防音シアタールームの続きです。防音室のドアを二重にする事で開口部の音漏れを軽減する手法はよく使われておりますが、こちらではそのドアとドアの空間を機材置き場スペースとして活用しております。流石にソフトの入れ替えは機材本体を触らなければなりませんがそれ以外はiPadで操作をするので機材が部屋内にある必要はありません。機材を部屋外に持って行く事でシアタールームも広々と使えて快適です。さて、この造作家具も設計から製作までさせて頂いておりますが、アイデアが沢山詰まっておりスペースも有効利用していてかなりポイントが高いと思います。
1番上にはモニターテレビを設置。その下の扉のところはクレストロンなどの制御装置を収納しています。その下は主要な機材置き場として使用。配線、放熱、振動対策に余裕を持った作りとなっております。1番下の段は段差のデッドスペースを生かして配線の溜まりを作りました。左列はオーナーの希望からソフト収納を作りました。表にお気に入りのソフトをデイプレイ出来るようになっております。

ブルーレイレコーダー、DENON AVアンプ、ONKYO パワーアンプ2台を置いても余裕のある収納力! パワーアンプの針の雰囲気がカッコ良いです。



P2264779.jpg
お気に入りのソフトの面で展示しましょう!
ちょっとした工夫ですがいい雰囲気になりますね。
昔のレコードのジャケットを飾る感じです。



P2264777.jpg
奥にもスペースがありますので一ヶ所で約18枚収納、それが5段と面が5枚で約95枚収納可能になっています。



P4282787.jpg
防音室は天井高を確保する為に床側は一段低くしています。アンプの下の部分が配線溜りです。扉を外すと・・・



P4282788.jpg
こうなります。
防音室内の配線、電源などが集中しています。配線溜りを造る事で機材裏はスッキリ余裕ができています。機器裏に配線が溜ると放熱にも影響がありますので出来るだけスッキリさせる事が必要です。


ホームシアター工房 大阪 田中雅史


工房BLOG | - | -
1 2 3 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集