ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

防音工事がわかる25〜神戸市の防音室 性能測定してきました。

P7305573.jpg先日、神戸市の防音ルームを雑誌の取材でお伺い致しましたがその際に防音性能測定も一緒に行いました。こちらのルームは1年半前に防音室とホームシアターを施工させて頂いたお部屋で、防音工事は大建工業さんのプレミアムと言う仕様をもとに設計しており、カタログ値では500Hz帯で約45〜50dbの遮音性能があります。窓、ドア、換気扇などの開口部は仕様上、それよりも性能が落ちてしまいますので今回の測定結果では開口部以外で45〜50db以上の遮音性能が出ていれば満足の行く性能結果が出ていると言えます。測定の方法は部屋内で雑音発生器にて音を出し、部屋内外での音量差を周波数ごとに測定、そのギャップが遮音性能という事になります。


シダ邸 防音性能.jpg右図の測定結果となりました。
まず、A(廊下)、B(隣室)は開口部の無い壁でそれぞれ59db、63db、C(防音サッシ)、D(換気扇)は開口部となりますが52db、51dbとなっております。防音サッシは旭硝子のまどまどのT-5を使用しております。w2,800xh1,400mmという大きな開口にもかかわらず52dbもの性能が出ているのには驚きです。E(防音ドア)はカタログ数値と同じ42dbとなっております。こちらは2重ドアで前室を作りそこを機器置き場としておりますが、その空間が狭い為、少し共鳴している感じです。本来測定はポイントから1m離れて行いますが、その距離も取れずという感じでした。それらが無ければもう少し性能は上がっていたと思います。


P7305610.jpgF(ドア)位置での測定では57dbです。こちらのドアは一般的なドアですが、防音ドアと2重にして、前室を作る事で開口部でもこれだけ性能を持たせることができました。
総評としましては大建工業プレミアム仕様の遮音レベル基準が約45〜50dbという事を考えると基準以上の優秀な性能が出ていると言えます。ホームシアターの音の大きさは500Hz帯で約70〜85dbと言われています。遮音性能が50dbあれば気兼無く楽しめますね。


写真は防音サッシ部
インナーサッシはまどまどT-5です。
測定時、シャッターは全開です。


P7305588.jpgでは、なぜ基準以上の性能が出るのかということをよく聞かれますが、そこは防音施工経験とノウハウそれにお家本来の遮音性能がポイントとなります。同じ材料を使用しても組み方や処理の仕方によって違いが出ます。音を漏らさない、響かせないには細かな工夫が必要なんです。ですので音の性質を理解していないと性能は上がらないです。また、オーディオやホームシアターの場合は音を止めるだけではダメで吸音や音調も重要です。それらをトータルで考える必要もあります。防音室はオーディオやホームシアターを楽しむためのものですから、オーディオやホームシアターの事を知らないと良い防音室は作れないんです。。。
こちらのお部屋の全貌は10月発売の『ホームシアターファイル』に掲載予定です。お楽しみに!!

ホームシアター工房 大阪 田中雅史




工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事132〜大建工業の調音材を使ったシアター住友不動産ご新築

P8055697.jpg大建工業のオトピタを使って聴音しました。聴音前の状況は吸音天井が大建リビングトーン、床にはカーペットが施工されてます。後、吸音を計算できる所はソファー位です。壁面はビニールクロスなのでほぼ吸音はしません。窓がありますがロールスクリーンを窓内に設置していますのでこちらも同様です。一般的に専用ルームはモノが少ない為、積極的に吸音処理を行わないとオーディオやシアターをするには響き過ぎる部屋になってしまいます。響き過ぎると…、簡単に言うとカラオケのエコーを掛けた状態で映画を見ているような感じになります。それでは映画の感動もどこれやら・・・です。


P8055698.jpgさて、何も調音処理をしていない状況では、話し声でさえ響いているのが解るほど。事前に現状を残響シミュレーションするとかなりライブな感じ。高域はリビングトーンとカーペットで抑えられていますが、中低域(250〜500Hz)が大きく盛り上がった状態。フラッターエコーも盛大に出てます。フラッターエコーは向き合う広く平らな面があると発生します。




P8055700.jpgこのままではこもった音が前に出て音量を上げれない、迫力が出ない、セリフも明瞭には聞こえない状態になります。対策としては高域はあまり落とさずに中低域を中心に吸音を行い、それと同時にフラッターエコーを止める。そこで今回は大建工業のオトピタ01/中高域吸音用8枚とオトピタ02/中低域吸音用14枚使用しました。




P8055717.jpg
適当に貼ってる(笑)ように見えますが、ソコソコ計算してます。フラッターエコーは高域のノイズなので01が効果的なのですが今回は01の枚数が少ない(増やすと高域を必要以上に落としてしまいます)ので貼る位置が非常にシビアです(≧∇≦)オトピタ01と02は縦横の大きさは同じですが厚みと構造が違い、それによって吸音する周波数帯が違ってきます。




P8055719.jpgカーテンなど薄い生地のものは高域は吸音しますが中低域は弱いです。吸音を狙って壁面全体にカーテンを設置した場合、効果は高域だけで中低域は吸音しないので、艶がなくこもった音になってしまいます。吸音するにもバランスが大事です。

ライティングは3ゾーンに分けて調光。ipadコントロールにてシアター共々一括制御しております。映像、音響機器を置くだけではシアタールームとは呼ばない。環境(音調/調光/使い勝手などなど)も整えてこそシアタールーム。感動が何倍も違ってきます。


P8055723.jpgフラッターエコー対策で面白いのは1番派手に響いているところに取付けて確認をしたら今度は反対側の壁面から明瞭な(笑)フラッターエコーが出現したり、、、何カ所ものフラッターエコーが重なっていたんだなぁと解り、一カ所づつ退治していきました。最後の一カ所、向って左後方の4枚はピンポイントでここじゃ無いとダメな位置になりました。




P8055716.jpg視聴にはドルビーの2012デモディスクのトレーラーを使いましたが、とてもいい感じ。かなりボリュームを上げても持ちこたえる部屋となりました。迫力のあるアクション映画を堪能出来る専用ルームの聴音完了しました。


ホームシアター工房 田中雅史




工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事131〜大建工業の調音材を使ったシアター住友不動産ご新築

P8055695.jpg枚方市は住友不動産様ご新築のお家にホームシアターをインストールしてきました。2Fにある3.7×3.0m、天井高2.45mの専用ルームで、天井は大建工業の天井吸音材リビングトーン、床はカーペットが施工されております。システムは100インチフルハイビジョン、フロントハイト7.1chシアター。環境の効果が相まって映像も音も機器の実力を十分に発揮した素晴らしいシアターになりました。プロジェクターはJVC X30、スクリーンはOSプラスeの100インチ電動昇降タイプ。スクリーンボックスが掘れなかったので化粧パネルの付いたこちらのスクリーンを選択。スピーカーはB&WのCMシリーズ、カラーはローズナット。専用ルームなので目立つカラーにしましょうとオススメしました。お施主様もお気に入りです。サブウーファーもB&W ASW610、こちらはラックの中に収納しました。兄弟モデルのASW608と比べると余裕が違います。聴音を施したお部屋なので気持ちの良い重低音が響きます。

P8055739.jpgテレビボードはADKの三連タイプ。シアター向けとしては頑丈でセンタースピーカーが入るこのタイプは重宝します。ホームセンターやインターネットでも同じ様なラックが売っていたりしますがやはり作りが違いますね。
AVアンプはDENON X4000。AirPlayを使ってiPhoneやiPadに入ってる音楽を手軽に再生できます。施工日にデモと取扱い説明をさせて頂きましたが 娘さんなんかはAirPlayで音楽が簡単に流れる事を大変喜ばれておりました。



P8055723.jpgサラウンドスピーカーは天井埋込タイプ CAV HT-62。照明は3ゾーンに分けてリビングライコンで調光。ipadコントロールににてシアターと連動させます。このブログを書いてる本日、クレストロンを使ったiPadコントロールを納品します。今日から全自動でシアターを楽しめますね。

次回は調音のお話です。
続く


ホームシアター工房大阪 田中雅史



工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事130〜7年目のシステムアップ

969115_411590332295817_346284673_n.jpg西脇市でホームシアターの施工をしてまいりました。7年前の御新築を機にシアターライフを楽しんでおりましたが昨今のホームシアター事情をかんがみシステムアップのご依頼を頂きました。導入当時は今考えると色々とシステムが様変わりしている途中で配線なんかも色々と工夫していた様子。配線が複雑になると使い勝手も悪くなりがちでそのバランスをとるのが大変だった記憶があります。今はHDMI一本で映像も音も繋がりますししかもハイクオリティ。リンクやオーディオリターンも出来て本当に便利、ラック裏もスッキリです。今回のシステムアップのご要望はiPadコントローラー、テレビ、Blu-rayレコーダー、お風呂テレビの買い換え及び導入でした。変更に伴いAVアンプの買い換えとケーブルTVチューナーの変更もご提案いたしました。

998895_411590212295829_1095659895_n.jpg当時導入したコントローラーNEVOをiPadコントロールに変更。やはり画面の大きさが違います。動作は同じでも画面やボタンが大きいと操作もし易いですね。

972083_411590245629159_1016460807_n.jpgAVアンプは同じインテグラでDTR-7.8からDTR-70.4にグレードアップ。HDMI出力2系統になりネットワーク機能も充実、音質はよりクリアでより力強くなっております。TVも最新のものになりましたのでオーディオリターンも使えるようになりました。



971426_411726035615580_915009114_n.jpgスピーカーケーブルもグレードアップ。元々はシングルワイヤー接続でしたが今回のアンプは9ch対応なのでフロントバイアンプ接続にしました。もちろんケーブルもダブルです。スピーカーシステムは7.1chでも9.1chアンプを使用する事でこんな事も出来ます。




1011198_411590238962493_1975638602_n.jpg防水タイプのお風呂テレビです。ポータブルなので持ち運び可能。同じパナソニックのテレビやレコーダーから放送を転送したりジャンプリンクを使って録画した番組を見る事が出来ます。お風呂テレビと言うととても高価で工事が大変なイメージがありますがこれなら手軽で手軽に使えます。もちろん持運び可能なのでキッチンなどでも使用出来ます。

時代と共にホームシアター環境も大きく変わって来ています。システムアップする事で 楽しみが広がりますよ。

ホームシアター工房 大阪 田中雅史

工房BLOG | - | -
1 2 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集