ホームシアター工房は年間施工数150件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

防音工事がわかる26〜ホームシアターリフォーム&防音工事 堺市マンション〇斗誉澤

0412-2.jpg堺市のご新築マンションにて防音&シアターリフォーム工事をスタートする事になりました。以前のお住まいではオーナー様ご自身でシアターを組んで楽しんでおられました。今回のお引越しを機会に防音を完備したシアター&オーディオ(&娯楽室)ルームを作りたいとご依頼がありました。お部屋の広さは現状約3.0x3.7mmの約6.9畳。天井高は2.45m。開口部は共用の廊下側に面した腰窓が一つと引き戸の出入り口。腰窓との反対面に壁面クローゼットがあり、こちらを取り壊してお部屋を延長されたいとの事。

0412.jpg防音工事の仕様を決めるポイントは<何をする為の防音工事か?>、<どれくらいの防音の性能が必要か?>。<何をする為の・・・か?>はシアター&オーディオルームとなりますので、遮音だけでなく、内装の意匠や調音工事も重要になります。また、シアター機器の設置位置に応じて、工事内容も検討する必要があります。<どれくらいの・・・か?>は、オーナー様の視聴音量を弊社の大阪ショールームにて計測するとで約70〜75db(500Hz帯)ほどでした。

0412-3.jpg使用される時間帯などから遮音性能は40〜42db(500Hz帯/開口部以外)の大建工業さんで言う、スタンダードプラスに決定。引き戸は防音ドアに、腰窓部は旭硝子のインナーサッシまどまどを選択。まどまどはハイエンドタイプにして防音性能レベルを高めます。腰窓部は屋外への音漏れポイントとなりますし、開口部は壁面、床、天井に比べ、防音性能が落ちてしまいますのでワンランク上位のケアが効果的となります。仕様は決定しました。シアター&オーディオの価値が高めれる特別な空間を目指します。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史

工房BLOG | - | -

■ホームシアター工房 6月休館日のお知らせ

ホームシアター工房 6月休館日のお知らせ

東京・名古屋・大阪ショールームとも

4日(水)
11日(水)
18日(水)
25日(水)

毎週水曜日が休館日となります。

東京ショールームのみ

24日(火)

臨時休館日となりますのでご注意ください。

皆様のご来館お待ちしております。

ニュース | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事163〜4K&9.1chシアター スウェーデンハウスご新築 京都府

P3187515.jpg京都府木津川市スウェーデンハウスご新築のお家に4K&JBLシアターをインストールしてきました。2Fの個室を専用スペースとして使い、こだわりのホームシアターを完成させました。お部屋の雰囲気はまさに映画館。迫力ある映像と音響に酔いしれる空間です。
システムは110インチ4K&9.1ch。映画に音楽にゲームにトコトンのめり込んで楽しめるシアターです。また、iPadコントロールにて機器を制御、映像、音響のクオリティだけでなく使い易いシステムとなっております。


P3187539.jpgプロジェクター&スクリーンはソニーVPL-VW500ES、キクチSE110HD/WAC。4K映像を余す事なく投影できる組み合わせです。フロント/センター/フロントハイトスピーカー、サブウーファーはJBL。フロントのS3900はオーディオ向けにも評判の良いスピーカーです。サラウンド&バックはCAVの埋込タイプを天井の色にに合わせ黒塗りしております。ブルーレイはパナソニックBZT9600、AVアンプはインテグラDTR-60.5。さらに別途パワーアンプONKYO M-5000RをフロントSP用に接続。オーディオ視聴も重視される場合は別途パワーアンプ接続がコスト的にも◎です。M-5000Rはトリガー連動も可能ですのでiPadコントロール制御も問題ありません。

P3187524 ps 500x374.jpg遮光用の電動ロールスクリーンもiPadにて制御しております。シアタースタート時に機器の電源ONと共に連動にてロールスクリーンを降ろす事が可能です。また、黒い壁紙は迷光対策に効果的。光は黒→白にかけて、反射効率が高くなります。室内の光の反射を出来るだけ抑える事でプロジェクター本来の映像美を観る事が出来ます。
照明はルートロン グラフィックアイでシーンプログラムを行い、iPadでシーン呼び出しを行っています。シアターのシーンに合わせて、照明のシーンを連動させております。


P3187538.jpg機材用ラックはADK。さすが、オーディオ用のラックは造りがしっかりしており、重量級のアンプも楽々設置出来ます。AVアンプとパワーアンプはモンスターケーブルのRCAケーブルで接続、フロント、センター用のスピーカーケーブルはブレイド構造のキンバーケーブル4VS。後方に機材を設置する場合など、ケーブルが長くなる場合はノイズの受けにくい構造のケーブルを選択するのもポイントです。プロジェクター側の壁面は木調のデザインクロス。一面だけ変えるだけでも高級感が出ますね。機材用ラックとの色調も良い感じです。



P4107656.jpgシアター機器にTV、照明(ルートロン)、ロールカーテンをiPadにてコントロール。シアターの『開始』、『終了』からそれぞれの機器の操作まで楽々できます。写真はiPadとiPadミニ。ブルートゥースを使って手軽に音楽再生をする事も可能です。
日本語表記が見やすい、使い易いで評判のipadコントロールはホームシアター工房各ショールームで体感頂けます。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史



工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事162〜自然に溶け込むインビジブルシアター 滋賀県マキノ

P5097919ps pi.jpg滋賀県はマキノの別荘地に素敵なホームシアターが完成しました〜その◆今回は1F部分のBGMシステムの紹介です。シアターは冬前に完成したのですが、雪が降ると屋外のスピーカー工事が出来なくなるとの事で春になるまで待機。ようやく完成となりました。それにしてもロケーション最高の別荘地です。ホームシアターと一緒にBGMシステムを導入される方が多いのですが、稼働率はBGMシステムの方が高いと言われます。シアターは『映画がみたい』『見たい放送がある』からスクリーンを下ろす・・・・、と言う感じですが、BGMは毎日、朝昼晩と気軽に使われています。色々なシーン(モーニング、ランチ、ディナー、くつろぎ、パーティーなどなど)によって音楽を変えるとかとても良いですね。自然の緑を見ながらヒーリングミュージックを流してのお昼寝は心地いいだろうなあ。朝はボサノバでパンとカフェオレかなあ。


P5097908 pi.jpgBGMシステムの主役はDENON RCD-N8。CDの再生はもちろん、インターネットラジオやiPhone、iPadとのAirPlay接続も可能です。




P5097905ps pivi.jpgキッチンの壁面部に各ゾーンのボリュームスイッチを設置。鳴らしたいゾーンのボリュームをONしてあげるだけ。このボリュームスイッチがあるので複数のスピーカーが設置できるんです。



P5097923 pivi.jpgゾーンAはキッチン。天井埋込スピーカーを設置。スピーカークラフトのProfile AIM7 DT THREE。1本でステレオ再生をしてくれる優れものです。





P5097877ps 500x374のコピー pi.jpgゾーンBは裏庭のBBQスペース。アウトドア用スピーカーを2台設置しました。燻製をつくるところがあったりとかなり本格的なスペースです。芝生が生え揃うと一面綺麗な緑になるんでしょうね。




P5097882 pivi.jpgアウトドア用スピーカー
スピーカークラフト社 OG-THREEです。土の中に差し込んで設置です。




P5097890 pivi.jpg芝生を一旦めくって 設置しました。




P5097864 pi.jpgゾーンCは玄関側のウッドデッキ。シンボルツリーの下にはライトアップ用の照明と一緒にスピーカーを設置。天気の良い日はここで音楽を流しながらお昼寝ですねぇ。




P5097847 ps pivi.jpg配線も綺麗に隠れました。知らない人が見れば照明に見えるのかなあ。




P9246117 pivi.jpg右の写真は2Fのセカンドリビングに設置されたシアターです。サプライズ感満載のシアターとなっております。
詳細はこちらその
ご新築の際のホームシアターやBGMシステム導入はホームシアター工房までご相談下さいませ。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史



工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事161〜約4.8畳の専用ルームで90インチ&7.1ch 大阪府松原市

PA146229.jpg松原市の専用ルーム、大建工業材を使った防音/調音仕様です。お部屋の広さが約4.8畳ほどですが、90インチ&7.1chを実現した好例です。防音工事を施す事でお部屋はワンサイズ狭くなっていますが、その空間の中でで最大限のシアターを導入させて頂きました。防音工事はもちろん吸音、調音も兼ねていますので音環境がとても良く、また遮光も迷光対策もバッチリなので映像環境的にも完璧なシアタールームとなっております。壁や床、天井を暗い色合いにする事で映像しか目に入らなくなりいます。映像に引き込まるそんな感覚を味わえますよ。


PA146255.jpgプロジェクターは三菱のLVP-HC8000。このスペースで90インチの投射が出来、専用ルームに合うプロジェクターはこの機種しかありませんでした。三菱最後のDLPプロジェクター。映画色を求めるなら三菱。三管プロジェクターの時代から言われていましたね。
背面の穴あき壁は大建工業の吸音壁 L80。L80はこのパネルだけで吸音するのではなく、壁面に空気層を取ってそこで吸音します。その空気層の深さで主に吸音する周波数帯域を変える事が出来ます。薄いと高域側に深いと低域側に可変します。天井も大建工業の天井防音/吸音材 オトテン<モダン>ソフトブラック&ボーダーです。

PA146251.jpgスクリーンはOS/ホームシアタープラスeの90インチパネルタイプ、生地はWF203。パネルタイプは電動タイプに比べ、平面性が高い(ヨレシワが少ない)ので映像がスッキリして見えます。専用ルームならパネルスクリーンをオススメします。壁面ギリギリいっぱいのサイズにしましたが、スクリーンは少しでも大きい方が楽しいです。
間接照明、お洒落ですね。良い雰囲気を醸し出しています。こんな感じのちょっとしたプラスαの効果って大きいんです。プラスαの分だけ感動は大きくなります。ライティングコントローラーはパナソニックのリビングライコン。iPadコントロールにてシアターと連動制御しています。


PA146261.jpgスピーカーは元家の方でシアターをされていた際に使用していた、赤茶の色が美しい、ヤマハ NS-525シリーズにサブウーファーはYST-SW515。それに合わせAVアンプは同じくヤマハのRX-A2030を新規導入致しました。ここまでお部屋を造るとスピーカーもブラックカラーのものにしたくなりますね。次の機会には是非!!


PA146241.jpg元々はサラウンド、サラウンドバックの7.1chで使用していたスピーカー NS-M525。今回はスペースの都合もあり、フロントハイト7.1chにさせて頂きました。サラウンドバックを加えるとスクリーン方向や背面に奥行き感が出ますが壁を背負うような視聴位置の場合、サラウンドバックよりフロントハイトの方が効果的です。フロントハイトを設置する事で空間が広く感じられるようになります。これからシアターを構築されるのであれば、7.1ch以上がオススメ。映画館のような臨場感が体感できますよ。


ホームシアター工房 大阪
田中雅史


工房BLOG | - | -
1


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集