ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

防音工事がわかる33〜書斎防音工事&リビングシアター 豊中市マンション々事スタートです

P8298596 pi.jpg豊中市のマンション、書斎工事&リビングシアター工事始まりました。本日は工事前の現場確認、打合せに行ってまいりました。メゾネットタイプのマンションでその全体をリフォームされるとの事。ホームシアター工房がお請けしております工事は、『書斎の防音工事とリビングのホームシアター工事のプランニング及び施工』となります。リビングは吹き抜けになっており広さは約3650×4220mm。4K/100インチ、5.1chシステム導入予定です。吹き抜けの為にシステムに制限もありますが、空間をいっぱいに使って素晴らしいシアターを完成させます。シアター以外に、照明や天窓の電動シェード、掃き出し部の電動カーテンもコントロールするホームオートメーションも導入予定です。

P7108375.jpgリフォーム工事前の書斎です。こちらでご主人様はお仕事をされますので、その際にお部屋の外の音を出来る限りシャットアウトされたいとの事。大きな音を出すから防音工事を行うだけでなく、今回の様に静かな空間を造りたいから防音工事を行うケースもあります。防音工事の遮音性能は40〜42dbを基準にインナーサッシと防音ドアのグレードをワンランク上げて設計しました。また、適度に吸音が必要になりますので吸音壁、吸音天井&布クロス仕上げで行います。クローゼットもありますので、防音工事はもちろんの事、クローゼットの中まで行います。

P8298600.jpg既存の壁、床、天井をめくった状態、いわゆるスケルトン状態です。こうやってみると何故ここに梁があったのか解ります。パイプは途中までしかないので梁は小さく出来そうですね。床はフローリングじか貼りでした。この上に床組をして床方面の防音をする為、ローカ側と段差が出来てしまいますが、遮音するには必要なんです。写真の裏側も色々と配管が沢山。あれこれ交わして天井を組まないといけないです。遮音性能を持たせたまま出来るだけ空間を広く残す為にアイデアと工夫が必要です。エアコン、換気扇、ドア設置で悩みました・・・。
さてさて
本工事は9月からとなります。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史

工房BLOG | - | -

防音工事がわかる32〜ホームシアターリフォーム&防音工事 堺市マンションД轡▲拭軸粟

DSC_1425.jpg堺市のご新築マンションにて防音&シアターリフォーム工事の現場そのГ任后K媛珊事を経て、内装完了後、シアターの設置工事を行いました。90インチ/6.1ch(センターSP無し)システムです。以前から使用されていた機器をそのまま使用されておりますが、全体的な収まりも良く、とってもイイ感じのシアタールームとなりました。それにしてもフロントSPのソナスファベールの存在感は圧倒的ですね。サラウンドSP、フロントハイトSPはフランスのキャバスEOLE3。小型では今一番のオススメスピーカーです。スクリーン裏だけを黒にしたのも正解。映像へのプラスも大きいですが、空間として引き締まっています。

DSC_1435.jpgプロジェクターはソニー。金具を長めにして最適な高さに投射できるように調整しています。調音パネルはサウンドスフィア。価格も手ごろで効果も高く使い易いです。今回は1350x450mmのブラウンを使用しましたが、サイズもカラーも揃っていますのでお部屋のイメージや必要な効果に合わせて選択出来ます。数枚の使用で響きが落ち着き、音が明瞭になります。これで工事は全て完了しました。元々のお部屋から想像できないような、防音完備の完璧なシアタールームとなりました。こんなお部屋があると映画や音楽を視聴する前からテンションも上がりますよね。楽しみ100倍です。
次回は総括を・・・

ホームシアター工房 大阪 
田中雅史
続きを読む>>

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事167〜ドルビーーアトモス!アトモス!アトモス!

10557332_588264784628370_518276427856113356_n.jpgオンキヨーさんより、『アトモスの視聴、体感ができますが・・』と連絡がありましたので、オンキヨーマリンシアターに行ってきました。そのマリンシアターが入っているビルに、オンキョー、ギブソン、ティアックのショールームが先日オープンしました。ギブソンで演奏して、ティアックで録って、オンキョーで聴く事が体感できるショールームとの事です。さて、その地下にあるマリンシアター。今までも幾度となくこちらで新製品の視聴をしてきたので見慣れた感もありましたが、『あっ、天井にスピーカーが増えてる』、そうアトモス用のトップスピーカーが新たに設置されていました。視聴のシステムはONKYO D-509Eをメインに509Cをセンター、サラウンドには309Eを2本、サブウーファーはSL-D501。と5.1chで定価だと約32万ほど、家庭用シアターとしてはびっくりするほど高価なものではないシステム。それにトップスピーカーとしてスピーカークラフトのプロファイルAIM 7FIVEが3セット/6本がセットされています。3セットとは視聴位置の真上をトップミドル、少し前方をトップフロント、少し後ろをトップリアと呼びそれぞれ2本一組で(ステレオで?)設置されています。この位置関係も定義があり、推奨位置が決まっています。アトモスの効果を最大限に得るならこの推奨位置に出来るだけ合わす事が前提になりそうです。

10488013_597186643736184_3391586317550731473_n.jpgAVアンプはミドルクラスのテスト機、hiviに載ってたNR3030になるのかな?。それでドルビーアトモスのデモディスクを視聴させて頂きました。空から雨粒が降り注ぐシーン、落ち葉が風に揺られてヒラヒラと舞い落ちるシーンなどアトモスの効果が分かり易いソフト。今までも頭上とは言わないが、耳より高い位置にスピーカーを設置する事はありました。フロントハイトしかり、THX推奨のサラウンドの位置であったり、天井埋込スピーカーを設置した場合であったり。それでも移動感や音が上方向から包囲するような効果は十分に感じられました。でもアトモスはそれとは次元が違う。アトモスは音がシームレスに生き物のようにムーブするんです。


10485839_597186597069522_7705013148275095449_n.jpgスピーカーの位置や本数を感じさせずに床面の除いた上半球の空間の中で、立体的に移動しているように感じます。例えばセミが鳴きながら目の前まで飛んでくると音は目の前まで来ますよね。そこまで明確ではないですがそれに近いような事が出来るフォーマットなんだなと思います。ここに<アトモス=トップスピーカー>だけではない部分がありまして、この効果を造りだしているのはトップスピーカーを付けたからだけではなく、音声の造り方、収録の仕方、再生の仕方が今までとは大きく違う事によります。どうしてるのか?っとこの辺りの詳しいところはhiviやAVレビュー、メーカーのwebサイトなどで確認して下さい〜。
ではでは
次回・・・

ホームシアター工房 大阪 田中雅史

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事166〜ドルビーーアトモス!アトモス!アトモス!



ドルビーアトモス!アトモス!アトモス!

今年のホームシアターシーン、最大の話題はドルビーアトモス!!ですよね!!対応の劇場が日本に導入されてから、いずれは家庭用シアターへ移行されるだろうと期待してましたが、結構早かったですね〜。今年の秋〜冬にはアトモス対応のホームシアターが各地でインストールされると思います。さて、そのアトモスシアターの効果のほどは如何に??先月末から対応AVアンプのアナウンスがあったり、hiviやAVレビューに特集記事が掲載されていますが、表に出ている情報はまだまだ少なく、その全貌を理解するに至らないのが現状です。それでも、ドルビーアトモスがサラウンドの大革命と呼ばれる片鱗は見て取れますし、これからホームシアターを導入される方にとっては見逃せないところですよね!さて、実は先月末にアトモスを聴いてきました!!体感してきました!!もちろん、劇場ではなく、対応アンプを使ったホームシアターです!!色々と情報も仕入てきましたのでこれからシアター計画する方にこっそり教えますよ!!(笑)
では次回!

ホームシアター工房 大阪 田中 雅史

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事165〜クラシカルで美しいシアター 三井ホームご新築 西宮市

P8028504.jpg兵庫県西宮市 三井ホームさんご新築のお家にてホームシアターをインストールしてきました。3Fにあるシアター専用ルームでお隣にはバーカウンター、3F全体を娯楽ルームとして活用されるようです。ドレクセルのリクライニングチェアーや松の腰壁(フシが入ると高くなるんですって)や造作棚がクラシカルな雰囲気を素敵に演出しています。お部屋の広さは3.5m×5.3m、天井高は2.4m。120インチ、7.1chシアターを導入しました。シアターのご提案時にJBL LSシリーズのフォルムを凄く気に入って頂いておりました。クラシカルな雰囲気にぴったりでしたね。



P8028486.jpgプロジェクター&スクリーンはJVC DLA-X500R、キクチ スタイリスト120インチ ホワイトマットアドバンスキュア。4Kに、映画に強い組み合わせです。スピーカーは全てJBLで統一、LS60をメインにセンターはLSCenter、サラウンド、フロントハイトはControlone、ウーファーはSUB 560PCHとしました。ブルーレイレコーダー、AVアンプはSONY BDZ-ET2100とDENON AVR-4520を側面の造作家具内に収めております。




P8028519.jpgシアター機器全てと照明はipadにて操作が出来るシステムを導入しております。大きなタッチパネルで簡単に使えますので機械が苦手な方でもホームシアターを楽しむ事が可能です。主要なボタンが<日本語表示>なのも特徴です。
隣の部屋のバーカウンターにはBGMが気軽に楽しめるシステムを導入しました。DENONのネットワークCDコンポ RCD-N8をスピーカークラフト ProfileAIM7THRE2本
で鳴らしています。



P8028537.jpgスクリーン裏にはソニーの60インチテレビを壁掛けしております。

ご新築にてホームシアター導入を検討されている方は<ホームシアター工房>にご相談下さい。各ショールームではシアターの体感やプランイングを行っております。お近くの方は是非ともご来場下さい。

ホームシアター工房ショールーム
(東京・横浜・名古屋・大阪)
ご来場予約はこちら


ホームシアター工房 大阪 
田中 雅史


工房BLOG | - | -
1


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集