ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事234〜セカンドリビングに100インチ/旭化成ホームズ様ご新築

DSC_0316.jpg大阪市内の旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)様ご新築のお家にホームシアターインストール。2Fへの階段を上がったところにある約3.5x3.5mのセカンドリビングやファミリールーム的に使用されるスペースに設置させて頂きました。テレビは置かず、プロジェクター&スクリーンのみの設置という事でしたので、スクリーンはパネルタイプにしました。パネルスクリーンはその平面性、歪の少ない映像が特徴です。また、黒枠は光を吸収する生地で作られていますのでマスキング効果が高くなり、映像面でのメリットが大きいです。スピーカーやAVラック、アンプなど全て、黒系で揃え見た目の統一感を出しました。

DSC_0300.jpgホームシアターシステムはフルハイビジョン/100インチ、ドルビーアトモス/DTS:X対応、5.1.2chとなります。プロジェクターは迷光に強い、高輝度なエプソンTW6700。スクリーンは平面性の高い、グランビュー100インチパネルタイプ。メイン/センタースピーカーはモニターオーディオ BRONZEシリーズ。サラウンド&トップスピーカーの4本はスピーカークラフト プロファイルAIM5-THREE。サブウーファーはONKYO SL-A251。それらを駆動するのはインテグラ DTR-30.7。AVラックはサウンドマジック、ブルーレイレコーダーはパナソニックです。

DSC_0305.jpgモニターオーディオ BRONZE5とBRONZE CENTER。ワンランク上のホームシアター構築を狙う場合、スピーカーは国内メーカー品ではなく海外メーカー品で組みたいもの。BRONZEシリーズは音質、デザイン性、価格のバランスがよくオススメです。カラーもブラックの他に、ウォールナット、ローズナット、ホワイトがありますのでお部屋の雰囲気に合わせて選択できます。(参考例:

DSC_0304.jpgAVアンプはインテグラ DTR-30.7。旧製品になりますが、価格がお手頃になっていて、性能は劣らないのでお買い得製品です。インテグラの特徴は余計な機能を排除して音質へのこだわりに重点を置いていること。シンプルに良い音でスピーカーを鳴らすと言う事において長年評価され続けているメーカーです。小型のAVラックはサウンドマジックHS03BB。

DSC_0327.jpgもう一部屋、大広間にも設置させて頂きました。プロジェクターは同じエプソンTW6700でスクリーンは120インチ電動タイプ。約30畳あるのでイベントの際に後方からでも見えるようにスクリーンは高めに設定しています。スピーカーはマイクの使用も考慮して、ONKYOのD-PS100を4本使用。高耐圧スピーカーであり、過大入力による保護装置も付いています。アンプもシアターシステムと同じ、インテグラ DTR-30.7を使用。イベントにもホームシアター視聴にも活用できるシステムとなっています。設置チェック時はノートパソコンを繋いでYOUTUBEを視聴しました。120インチの大画面で好きな音楽プロモなどを楽しむ事も可能ですね。

ホームシアター工房 大阪 田中雅史

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事233〜浴室でも音楽を‥ クラリオンZF160を設置

DSC_0380-3.jpgホームシアター工房では、BGMシステムの設置依頼も多く頂きます。家中で音楽を流すような本格的なもの(こちら)もあれば、キッチンに一つだけブルートゥーススピーカーをつけて、スマホで簡単に音楽を流すものまでシステムは様々です。今回施工したクラリオンZF160は手軽に音楽を楽しみたい方に最適な天井埋込型ブルートゥース対応スピーカーになります。ZF160は見た目のスマート(天井埋込タイプ!)さ、使い勝手の良さ(スマホから簡単接続!)の他、音質の良さ(フルデジタルスピーカー!)、省電力(24時間連続再生で電気代 約1円程度!)も魅力です。また、防滴仕様(IPX3相当!)になっていますので、浴室や軒下での使用も可能です。今回のお宅では浴室での設置をご希望でした。既存のお家ですので、天井開口や電源の施工も行いました。

IMG_5538.jpgクラリオンZF160を開梱しました。スピーカー本体、駆動ユニット、スピーカーグリル、リモコン、取説関連が入っています。スピーカーはツイーターが2個ついており、一台でステレオ再生するタイプです。8畳間くらいの空間であれば1台でも十分です。それ以上の広い空間や、より高音質、ステレオ感を求めるのであれば、ZF160を2台使用して、Lch、Rchをそれぞれのスピーカーで鳴らす使い方も出来ます。




IMG_5475.jpg施工前の状態です。大きな点検口から天井裏を覗いてスピーカーの設置位置を決めます。
リビングやキッチンに設置する場合は出来るだけ空間の中心に設置すると満遍なく音が隅々まで行きわたります。壁の近くに設置すると反射音が多くなり、偏った響きになる場合がありますので出来るだけ壁からは離しましょう。また、照明やエアコンなどのすぐ近くも音質に影響が出る場合もありますので離した方が無難です。



IMG_5482.jpgZF160は開口サイズがφ200mmなので、フリーホルソーでサイズを合わせて開口しました。
ご新築の場合は開口や電源の取り出し、電源スイッチの取り付けを建築さんにお願いをして、ZF160の設置施工のみ弊社がするケースが多いです。先日はご新築のお家でZF160を5台設置したところもあります。




IMG_5484.jpgZF160本体を設置。ブルートゥーススピーカーは持ち運びタイプの物が普及していますが、そのサイズからどうしてもスピーカー本体は小さく(40〜80mm位)、音質は軽めか低域をブーストしたドンシャリな音傾向になりがちです。ZF160は160mmのウーファーと25mmのバランスドームツイーターx2で再生しますので、特にボーカル域が自然に聞こえてきます。



IMG_5486.jpg天井裏ではこんな感じです。スピーカーと駆動ユニットを接続。電源は浴室の照明から取りました。照明をつけるとスピーカーの電源も入るようになります。今回は問題ありませんでしたが、照明の器具や接続方法によっては接続ができない場合やノイズが出たりと正常に使用できないケースもあるので注意が必要です。本来であれば照明とは別で電源を準備し、専用のスイッチをつけるのが望ましいですね。そのよう電気工事が必要になりますので施工には電気工事の資格も必要です。



IMG_5492.jpgスピーカーグリルを設置して施工完了です。スッキリとした見た目で違和感なく設置できています。スマホとペアリングして視聴チェック。一度、ペアリングすると次からは、浴室の照明のスイッチオンでスピーカー電源が入り、スマホのブルートゥースONで接続されます。今までは防水の持ち運びタイプのブルートゥーススピーカーを浴室に持ち込んでいたとの事。充電しなくて良いし、置き場所にも困らなくなりましたね。もちろん音質も向上しています。




IMG_5495.jpgオーナー様は防水のタブレットを浴室に持ち込んでYOUTUBEなどを楽しむ事が多いそうです。音声はブルートゥースでZF160へ。これは楽しいそうですね!

ホームシアター工房ではホームシアターだけでなく、BGMシステムの導入相談もお受けしております。ライフスタイルにあったシステムのご提案を致しますので気軽に各ショールーム(東京・横浜・名古屋・大阪)、または『ZF160専用お問合せフォーム』までご相談下さいませ。

ホームシアター工房 
大阪 田中雅史

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事232〜JBLスピーカーで5.1.4chシアター

P7042883.jpg泉南郡岬町にてホームシアターインストールしてまいりました。元々は納屋(なや)だったところをリフォームしてシアタールームに。古い梁などを活かした内装で、防音/調音処理までされています。
システムはフルハイビジョン対応120インチ、5.1.4chシステム。映画館のような迫力の映像と音響を存分に楽しめるホームシアタールームです。プロジェクターはソニーVPL-HW60。スクリーンはグランビューの120インチパネルタイプ。やっぱり、専用ルームはパネルスクリーンがいいですね。昇降式には無い、平面性が魅力。平面性はかなり映像の良し悪しに影響するんですよ。専用ルームならパネルスクリーンがオススメです。


P7042885.jpgスピーカーは全て、JBLで統一しております。フロントスピーカーはS3900、センタースピーカーはLS Center、サラウンドスピーカーはSTUDIO 290 BRNをそれぞれ据え置き。4本のトップスピーカーはCONTROL Xを天吊り。ウーファーはSUB 560PCH。フロントの25センチウーファーの音圧感、音色の統一感が映画館ライク。スクリーンの上、フロントハイトの位置にあるのは、カラオケ専用スピーカー(オーディオテクニカ AT-KSP51)。Wiiを使ってカラオケができるようにセッティング。カラオケをする場合は、ホームシアターのスピーカー、アンプとは分けるのが望ましいですね。
壁面いっぱいのスクリーン、フロントスピーカーS3900の存在感が凄いです!!

P7042894.jpgプロジェクターのソニーVPL-HW60をキクチの汎用金具で天吊りしています。フルハイジョン対応タイプでは一番の画力、ソニーらしい映像美が魅力です。天井の仕上げ材は遮音と吸音を兼ねたDAIKENのオトテンを使用しています。
ホームシアターシステムをタブレットで全て制御できるipadコントロールを導入。照明との連動も可能です。




P7042903.jpg上からカラオケ用アンプとして、オンキョーA-9010。AVアンプのデノンAVR-X4200W。フロントスピーカー用パワーアンプのオンキョーM-5000Rです。ハヤミのAVラックに収納しています。

ホームシアター工房では新築、改築、既存のお部屋問わず、ホームシアターの導入のお手伝いを致します。まずはショールーム(東京・横浜・名古屋・大阪)までお問合せ下さい。

ホームシアター工房 大阪 
田中雅史


工房BLOG | - | -
1


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集