ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事217〜リビングシアター完成しました!!

PC223332-500.jpg阪南市のご新築にホームシアターインストールしてまいりました。戸建てのリビングですが、TV位置が階段とクローゼットに挟まれており、据置スピーカーは設置しずらい環境。それでもしっかりとした音響でホームシアターを楽しみたいとのご要望を叶えるべく、機器の選定と配置を検討しました。スピーカーを据置するスペースが無いからホームシアターが出来ないと思っている方は是非とも参考にして頂いて、「ホームシアター工房」にご相談下さい。

■隣の和室の雰囲気が最高にお洒落です。⇒


PC223345-500.jpgプロジェクター&スクリーンはエプソンEH-TW8200とOS 110インチスクリーン。スピーカーは大人気、フランスのメーカー、キャバスでドルビーアトモス5.1.2ch(計7ch)を構築。センターはSOCOA、フロントSP、サラウンドSP、トップSPは小型でデザイン性にも優れたEOLE3を使用しました。サブウーファーはONKYOの薄型タイプ、SL-T300。省スペースでありながらパワフルな低音はクラスイチです。それらをドライブするAVアンプはインテグラDRX-3。音質はもちろん、ネットーワーク系も充実していて音楽視聴も手軽に楽しめるモデルです。

■プロジェクターも壁付近に薄型金具で設置するとそんなに圧迫感は感じませんよ。⇒

IMG_2719-500.jpgTVはソニーの65インチを壁掛け設置。階段下のデッドスペースを活かして、AVラックを設置、機材置場としました。AVラックの右に立てて設置しているのが、ONKYOのサブウーファー。ブラックで統一する事で収まりがよくなっています。

■デッドスペースを上手く活用できるとシアター設置の幅が広がります。⇒

また、これらのシステム全てを簡単に操作できるように、iPadコントロールシステムも導入しております。ホームシアター工房では、ご新築、改築、既存のお部屋に限らず、ホームシアターのプランニングから施工までをお受けしております。また、それに伴う、BGMシステムや防音工事などの内装工事などもご提案させて頂きますので、まずは気軽に各ショールームまでご相談下さい。

ホームシアター工房 
大阪 田中雅史

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事216〜心地よい音空間とデザイン 一条工務店様 ご新築

一条工務店和泉市の一条工務店様、ご新築のお家にホームシアターインストールしてまいりました。今回はプロジェクター&スクリーンではないTVシアターになりますが、音響とトータルデザインにこだわられたとっても素敵な空間とシステムに仕上がっています。ホワイトを基調とした壁面ですが、TV裏のみ薄いグリーンしておりお洒落。同じくグリーンの大きなラグマットにウォールナット調の床や建具にAVボード。大木のようなスピーカー。ヒーリングミュージックを奏でると、まるで森林浴をしてるような心地よさです。天井は半分、吹き抜けになっていますが、大建工業の吸音天井材クリアトーンを吹き抜け部も施工して頂いていますので、不必要な残響感のなり、心地よい響きの空間となっています。吹き抜け天井の場合、音が響きすぎて、TVの音や話し声がうるさく聞こえてしまう事がありますが、クリアトーンのおかげで、細かな音も明瞭に聴こえてきます。フロントとセンタースピーカーはウォールナット色が綺麗なモニターオーディオ BRONZEシリーズ。ウーファーはONKYOの薄型ウーファーのSL-T300をAVラックの下に潜ませています。薄型で低価格とは思えない、鳴りっぷりです。天井にはトップスピーカーとして、キャバス EOLE3のホワイトを設置しております。

PC273481-800.jpgサラウンドスピーカもトップスピーカーと同じく、キャバス EOLE3を選定しております。また、写真にはありませんが、シアターとは別途、ダイニングにはEOLE3を2本とデノンのネットワークCDコンポ RCD-N9を使ったBGMシステムを導入しております。ブルートゥースやAirPlayを使ってiPadやiPhoneから簡単に音楽を楽しむ事が可能です。




PC273488-800.jpgホームシアターの要、AVアンプはインテグラ DRX-3。スピーカーをしっかり鳴らしきるパワー感はよりスピーカーの性能や個性を際立たせます。
TVシアターでお考えの方も、スピーカーやアンプをしっかりしたものを選定し、視聴位置に対して効果的な位置に配置してあげる事が出来れば、映画館や劇場、スタジアム、コンサートホールのような臨場感を楽しむ事が可能です。また、今から設計されるのであれば、ドルビーアトモス&DTS:X対応がオススメです!!最新の立体音響が楽しめます!
ご相談は「ホームシアター工房」各ショールームまで

ホームシアター工房
大阪 田中雅史

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事213〜神戸市の『ホームシアターリノベ』完成!!

PA103181-500.jpg神戸市の『ホームシアターリノベ』物件が完成しました。中古の戸建てをご購入されたオーナー様。その地下の空間をホームシアタールームにされたいという事でお話を頂きました。地下倉庫の状態から内装の計画を行い、ホームシアター施工まで、約2年掛りましたが(通常はそんなに掛かりません!)、オーナー様はもちろん、我々も大満足のシアタールームが完成しました。お部屋の広さ、4.1x6.0m、天井高は2.2mで色々と制約もありましたが、4K対応/150インチ、ドルビーアトモス5.1.4ch(9ch)シアターを実現する事が出来ました。オーナー様は通信カラオケを以前から楽しんでおられたのでホームシアターとカラオケを融合するシステムとなりました。

PC253389-500.jpgプロジェクターはソニーVPL-VW535。リアル4Kパネルを搭載した人気機種。スクリーンはキクチ ドレスティ4Kのパネルタイプ。オーナー様のご要望で優先順位の高かった150インチの実現。天井高や投射距離を調整して何とか!実現出来ました。ブレーレイレコーダーにパナソニックUBZ1、AVアンプはインテグラ DTR-60.6。フロント&サラウンドのパワーアンプ用にマランツPM-11S3を2台。SACDにSA-11S3を使用。スピーカーはフロント/B&W 802-Diamond、センター/B&W HTM4-Diamond。サラウンドSP/B&W Signatur805。トップスピーカー/LINN UNIKx4、ウーファー/AudioPro AVANTEK SUB。


PC253379-500.jpgお馴染みのipadコントールを導入。(ipadPro12.9です!)ホームシアター機器&照明、バーチカルカーテンをipadで制御していますので、ホームシアター開始&終了ボタンで照明、カーテンと機器が連動します。写真はありませんが、壁に押しボタンでの<シアター開始・終了>パネルも設置しています。タブレットよりも物理ボタンの方が使い勝手が良い場合もあります。シーンによって使い分けをしています。照明はルートロン・グラフィックアイで制御しています。



PA103252-800.jpgAVラックはサウンドマジックHFシリーズ。高剛性でいてエレガントなデザイン、豊富な収納力はホームシアターインストールの定番です。2台のPM-11S3はホームシアター用にパワーダイレクト、カラオケ機からはラインインで入力しています。パワーダイレクト&ラインインの切替もipadで行えます。
左のラックには通信カラオケのシステムを収納。通常、カラオケのシステムはB&W 802Dなどのハイエンドスピーカーには接続しないのですが(壊れます・・・)、、オーナー様、達ての希望でカラオケも802Dで鳴らしてます。
今までに聴いた事ない、上品なカラオケの音が出ています。。。




PA103205-800.jpgちょっとしたパーティや集会にも使われるという事で普段はバーチカルカーテンをクローズ。あえて、明るめの色合いを選定して、雰囲気が暗くなり過ぎないようにしています。
シアターやカラオケをする時にはプロジェクターの起動に合わせてオープン。ご来客様から歓声が上がる瞬間だそうです。しばらくして、照明が落ち、映画が始まると、皆一様に音と映像に没入されるそうです。


PA103202-800.jpgホームシアター工房ではご新築でのホームシアター導入だけでなく、
ホームシアター+リノベーション=
『ホームシアターリノベ』もお受けしております。
リノベーションのレベルは様々で、壁紙の張替のみから、本格的な防音工事まで対応しております。既存のお部屋をホームシアターが楽しめるお部屋に模様替えしましょう!
今回の案件のリノベーション部分の説明は
こちら!!

ホームシアター工房 
大阪 田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事212〜KEF Tシリーズを使った専用ルームシアター

P8291062-800.jpg大阪市内のご新築物件にホームシアターインストールしてまいりました。お部屋の広さは3.5x4.4mの専用ルーム。その中に120インチ/ドルビーアトモスシアターを導入致しました。調音パネルも設置して、音の響きも整え、じっくりと大迫力のシアターが楽しめるシステムとなっております。
プロジェクターはソニーHW55ES、スクリーンはグランビュー120インチパネルタイプ。パネルタイプのスクリーンは昇降タイプに比べ、平面性が高いので画質的に有利。また、エアコンの風でなびく事もありませんので、専用ルームシアターであれば、是非ともパネルスクリーンを検討して欲しいですね。フロント/センター/サラウンドスピーカーはKEFのTシリーズ。

P8090964-500.jpg薄型でありながら、厚みのあるサウンドが特徴のスピーカーです。実はフロントライトスピーカーのすぐ右にドアがあり、ドアの開閉、出入りを考えると据え置きスピーカーや厚みのあるスピーカーの設置は難しいと言う問題がありましたが、Tシリーズで解決しました。トップスピーカーには定番のキャバス ALCYONE2を天吊り、トップミドルスピーカーとして設定しております。ウーファーはKEF Q400b。AVアンプはインテグラ DTR-30.6。KEFスピーカーとの相性もよく、パワー感もあるアンプです。パワー感はスピーカーを鳴らし切り、ホームシアターの迫力のキモとなります。AVラックはヤマハDLC-AV1300。センタースピーカーもすっきり設置ができる優れものです。

P8291103.jpg調音パネルはサウンドスフィア 1,300x450のタイプを設置。床がフローリングで壁面がビニールクロスや建具など、音が跳ねやすい状況の場合は、調音パネルを設置すると、音が明瞭に聞こえるようになります。ホームシアタールームとしてはお部屋自体の響きはできるだけ少ない方が望ましいとされますので、調音対策も重要です。
ホームシアター工房では、ご新築、改築の機会はもちろん、既存のお部屋でのホームシアターインストールも実施しております。ホームシアターの導入をお考えの方は、各ショールームにお問合せ下さいませ。

ホームシアター工房 
大阪 田中雅史

工房BLOG | - | -
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集