ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

リビングでも本格派!大画面ホームシアター 〜神奈川県相模原市

《ホームシアター工房 東京》

  • 神奈川県相模原市
  • 導入年月2011年7月

続きを読む>>

施工例 | - | -

柏木工の壁面収納家具L.Formを導入したリビングシアター 〜東京都文京区

《ホームシアター工房 東京》

  • 東京都文京区
  • 導入年月2011年6月

続きを読む>>

施工例 | - | -

トータルデザインのお手本!リフォームでの導入事例 〜東京都三鷹市

《ホームシアター工房 東京》

  • 東京都三鷹市
  • 導入年月2011年10月

続きを読む>>

施工例 | - | -

くつろぎリビングシアター〜大阪府茨木市

《ホームシアター工房 大阪》

  • 大阪府茨木市
  • 導入年月2011年1月
  • インストーラー:田中 雅史

続きを読む>>

施工例 | - | -

リビングでも最高のシアターを楽しむ 〜兵庫県神戸市北区

《ホームシアター工房 大阪》

  • 兵庫県神戸市北区
  • 導入年月2011年6月
  • インストーラー:田中 雅史

続きを読む>>

施工例 | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事58〜スクリーン設置工事

PB271006.jpg枚方市でスクリーンの設置をして来ました。昨年、新築をされた際にTV、サラウンドスピーカーを設置。少し間が空きましたが年末に向け プロジェクター、スクリーン、アンプ、スピーカー、3D対応ブルーレイプレーヤーの追加導入を検討して頂いております。さて、今日はスクリーンのみ設置。。。同時施工でも良かったのですが、間取りの関係もあって、まずはスクリーンを設置してスペースのイメージを確認したかったのと、スクリーンはBOXではなく、キクチのフローティングマウントを使っての施工と言う事もあり、先行で工事を行いました。


スクリーンは100インチ。
大画面ですね。




PB030528.jpgスクリーン設置前の状態です。
TVが壁掛けされています。パナソニックの少し前のモデルですが、壁掛け出幅が160mmもあります。



PB271029.jpgスクリーンを支えているのがフローティングマウント。
これで、TVをかわしてスクリーンを降ろします。
フローティングマウントは今回の様にスクリーンBOXが設置出来ない場合に活躍しますが、元々は学校の教室で使用する際に黒板や黒板消し置き(?)をかわす為にあるらしい・・です。なるほど。



PB271008.jpg次はプロジェクター、スピーカーなどなどの設置です。
ダンボールで形紙を作って設置場所を決めました。
前後にずらして、視聴ポジションから見て、スクリーンと被らない位置を探す。入るかな〜、どうかな〜。。
スピーカーはKEF Q700で決まりです。

PB271000.jpg早く100インチスクリーンで、
映画を見たいですね。


ホームシアター工房 大阪 田中雅史




工房BLOG | - | -

映画が好きなら こんな部屋を作りたい 〜大阪府

《ホームシアター工房 大阪》

  • 大阪府
  • 導入年月2011年5月
  • インストーラー:田中 雅史

続きを読む>>

施工例 | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事52〜京都でテレビシアターの施工

PB060609.jpg京都で施工してきました。建築はエスバイエル様。サラウンドスピーカーとAVアンプの設置工事をご依頼頂きました。お手持ちのヴェロダインのスピーカーを壁や天井に設置するにはお家のデザイン上合わないとの事で新規でプランさせて頂きました。目立たないスピーカーが良いとの事でしたが、お部屋の形状が左右非対称で片側が吹き抜けと言う事もあり、埋込スピーカーは天井、壁と共に設置が難しい状況。そこで出番はアンソニーギャロ・マイクロ。φ102mmの小さな筺体から出るナチュラルなサウンドはサラウンドスピーカーにはもちろん、ちょっとしたBGMからメインスピーカーにと利用幅が広く、愛嬌のある形から愛されるスピーカーです。一見そのデザインからデンマークなどヨーロッパな雰囲気を漂わせますが、実はアメリカのメーカーなんですね。


PB060605.jpgサラウンドスピーカーを同じ高さに設置するには無理があり片方が吹き抜けと言う事でサラウンドバックを1本付けて6.1ch仕様にしました。そうする事でバランスもとり易くなりました。新築にしても既存のお部屋にしてもまずはお部屋のデザインありきであり、その状況で最大のパフォーマンスが出るシステムを検討をしています。お家のデザイン上、シアター的に厳しい事もありますが、そんな状況でも建築さんとのお打合せを行い建築部分を変更してもらったりする事で、改善する事は良くあります。今回の場合はそこまでの苦労もありませんでしたし、結果、とっても良いバランスでサラウンドしています。
あ、今回は壁の色に合わせてホワイトを選択しましたが、カラバリが多いのもマイクロの人気の一つです。
ご参考下さい・・・
<カラバリ設置例>

PB060612.jpgAVアンプはオンキョーTX-SA609。価格に似合わず(笑)パワー感バツグンのアンプです。これは好みによりますが、私はCDの視聴も色々なサラウンドモードをかけて視聴するのが好きです。もちろん、ピュアオーディオ モードでCDを視聴したらとてもクリアに鳴っていました。これはこれでイイ感じです。wiiも接続したので是非サラウンドで楽しんで欲しいですね。





PB060595.jpg最後に施主様とお話をしましたが、次のステップアップはフロント、センタースピーカーのグレードアップですね。お部屋のスペースは十分にありますので、選択肢も色々あります。お引っ越しも終わってひと段落、、、新生活が始まりますね。これからのライフスタイルにホームシアターをご活用下さい。


ホームシアター工房 大阪 田中雅史




工房BLOG | - | -
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集