ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事192〜中古物件に防音工事&ホームシアターインストール

P1152004.jpg大阪市内の防音工事&ホームシアターインストール案件です。3F建ての築18年中古物件を購入して全般的にリフォームをされたオーナー。3Fの一室だけはシアター専用ルームにすべく、防音工事とシアターインストールを弊社にご依頼頂きました。お部屋の広さは3.5x4.4mの約10畳、天井高2.4mの洋風なお部屋。出窓、FIX窓、クローゼット、所々に梁のでっぱりあり。天井裏はロフトになっているよう。オーナー様との御打合せを重ね、防音工事とホームシアターの仕様を決定。約40dbの遮音性能の防音室と120インチスクリーン、ドルビーアトモス7.1.4ch(計11ch)のシアターを造る事となりました。


P1152010.jpg写真は工事キックオフの直前です。このお部屋がどう変身していくのかは
次回・・・

ホームシアター工房ではご新築、改築、既存部屋を問わず、ホームシアターやBGMシステムなどの導入相談をお受けしております。画と音のクオリティ、デザイン、使い勝手のバランスを重視したインストールが得意です。
まずは気軽ににご連絡下さい。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史




工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事188〜リビングで5.1.4chアトモスシアター/エスバイエル(SXL)様ご新築

PA101446.jpg京都府はエスバイエル様、ご新築の戸建て2Fのリビングにドルビーアトモス(5.1.4ch)対応シアターをインストール致しました。壁、床、天井に建具にカーテンにホワイト系の色合いでまとめたリビングルーム。唯一、スクリーン裏の面だけはダークな色のエコカラットを配置しており、良いアクセントとなっております。リビングの場合、全てをダーク色にはしずらいのでスクリーン裏だけを黒に近い色合いにするのはオススメの手法。これだけでスクリーンに映る映像の見え方が違ってきますよ。また、前面にはスピーカーやラックなどが、ごちゃっとなりがちですが、壁の色に合わせて黒っぽくまとめれば結構スッキリ見えるものです。


PA101501.jpgスクリーンの裏にはテレビが壁掛けされています。壁面を少し掘り込んで設置していますが、その内側のクロスも黒色にしています。スクリーンは電動120インチタイプ。プロジェクターはリビングに最適なエプソン EH-TW8200。高輝度でリーズナブルなプロジェクターです。フロントとセンタースピーカーはDALI ZENSORシリーズ、サラウンドとトップミドルはスピーカークラフトAIMシリーズ、フロントハイトにキャバス、ウーファーにデノンの製品を使用しています。リビングの環境を考え、適材適所で選択しております。アンプはONKYO TX-NA1030です。


PA101471.jpgリビングと言う環境に合わせ、よりリーズナブルでいてパフォーマンスも重視したいというご要望は多いです。今までの経験を活かして実現できるように頑張っております。今回もオーナー様の御要望にお応えできたかと思います。
ご新築、ご改築、既存のお家、戸建て、マンション拘らずホームシアターのプランニングから施工まで一貫して御請け致しますので、まずはご相談下さいませ。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史




工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事186〜寝室で大画面ホームシアター

PA161529.jpg滋賀県高島市のご新築のお家にてホームシアターインストールしてまいりました。今回は主寝室での大画面シアターです。プロジェクター&スクリーンの大画面シアターを設置するお部屋は専用ルームかリビングが多いのですが寝室ももちろん可能です。専用ルームに適したお部屋が無い、リビングは吹き抜けで設置しずらい場合等、寝室は?と検討してみてはいかがでしょうか?実は、寝室は大画面シアターを構築するのに向いているんですよ。まずは遮光。リビングに比べて遮光カーテンを導入されているケースが多いと思います。リビングに遮光カーテンは少し重々しいく感じますが、寝室ならOKですよね。シアター鑑賞に遮光は大事です!


PA161551.jpgそれにそのカーテンを含め、ベッドや布団など音を吸収する柔らかい素材のものが多いですよね。自然と部屋の余計な響きを押えてくれてるので映画館のような吸音が効いたお部屋になっているはずです。また、照明はシーリングライトではなくダウンライトや間接照明になっていませんか?それに、調光できるようになっていませんか?これもシアターにとっては嬉しい環境。映像によって見やすい明るさがありますのでこまめに調整が出来るのがベストです。




PA161565.jpgシアター環境は98インチフルハイビジョン/5.1chシアター。投射距離からスクリーンのサイズをオーダー。天井埋込スピーカーを5本にサブウーファーの5.1ch。AVアンプはソニーSTR-DN1060を選定。このアンプには「インシーリング スピーカーモード」という機能があり、スピーカーが天井配置の場合でもDSP処理で音像を映像の位置まで下げる事が出来ます。より自然な音場になりますので天井配置の場合、今、一番オススメなAVアンプです。

紺色の天井が映える寝室シアター。
これからシアターを構築される方は
是非、ご参考下さい。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事183〜リフォームとホームシアター 明石市

P9131305.jpg明石市のリフォームとホームシアターのお部屋が(ほぼ)完成致しました。リフォーム前の状態(こちら)と比べると大きく見違えました。天井はオフィス天井をそのままにして黒に塗装しました。オフィス天井は多少ではありますが吸音効果もありますのでそのまま活かしました。また、クロスに張替るよりも、今回はお費用的にも塗装の方が安価でした。壁面はスクリーン裏は黒系クロス、その他の壁は茶系のクロスとしました。正面のクロスはマットの黒でも良かったのですが、明かりをつけた時にちょっとお洒落感を出したかったので少しデザインの入った壁紙にしています。ケーブルも全て天井内、壁内に隠蔽出来たのでスッキリと綺麗に仕上げられました。


P9131282.jpgシアターのシステムはエプソン フルハイビジョンプロジェクターに120インチのパネルスクリーン。KEFのCシリーズのスピーカー群にキャバス EOLE3をトップミドルとし、5.1.2chのドルビーアトモス環境を実現致しました。空間が広い事もあり、低音を上げ目にしても音が破たんする事なく心地よく響きます。天井、床のカーペットである程度響きは抑えられているもののオーディオ、シアター視聴用としてはまだまだ響き過多で、フラッターエコーも散見されます。最終の仕上げとしては調音パネル、サウンドスフィアを設置して音をクリアにしていきます。その作業で施工は完了となります。
ホームシアターとリフォームを同時に行うのであればホームシアター工房までご相談下さい。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史

工房BLOG | - | -
<< 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集