ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事145〜 堺市シアターリフォーム現場現場調査 提案編

PC216686.jpg堺市のシアターリフォーム現場です。<前回のブログ>
さて、天井裏、壁裏を調査する為にまずはプロジェクターその他の機器、エアコンなどの取り外し、撤去を行いました。お部屋の広さは3,170x4,620mm、天井高は2,330mm。120インチのパネルスクリーンにソニー4K VW500ESの投射距離としては十分な広さはあり。しかし、プロジェクターとサラウンドバックスピーカーとエアコンとの取り合いで悩むところです。
カーペットをはがすと綺麗な木の床が出てきました。これの方が見た目もしシアター的にも良い感じです。



PC216691.jpgさて、肝心なプロジェクターを外した後の天井裏は・・・(パクパク)・・・あれ?・・・(パクパク)・・・フトコロが・・・(パクパク)・・・無いよ。オーナー様の見立てでは十分にフトコロがあるはずではありましたが、実際のフトコロ約30mm。そこにかろうじで通る配管が3本仕込まれておりました。でも、これではHDMIは通らない。HDMIを通すにはもっと径の大きなものを通す必要があります。予定とは違いますが、少し天井を下げて配管を通す事に決定。逆に壁は壁フカシをしなくても配管は通りそうな感じ。お家の施工は千差万別いろんな工法があります。見て見ないとわからない事が多いですね。



PC216698.jpg写真はプロジェクターを外した後です。細い配管が3本(黒いのも入れたら4本)見えますね。開口左端に見える水色はスタイロ、断熱材。天井仕上げ材は吸音タイプのようです。これを大建工業の吸音天井オトテンに変更、天井だけだと吸音部が少なく、響きが多く残ってしますので壁にも別途吸音パネルを施工する予定。部屋の寸法はそのままで行きたいのと費用の兼ね合いで後付パネルを検討中。シアターに音楽に楽しめる響きに調音したいと思います。
今回の調査で内装の仕様も決定。次回は来年になりますが、本格的に工事スタートします。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事144〜 堺市シアターリフォーム現場_叱編

PB106393.jpg堺市のシアターリフォーム現場です。ご新築された13年ほど前にホームシアターを導入。もともと弊社で施工をしたのではありませんが、最近、三管プロジェクターが映らなくなり、話題の4Kに興味もあり、三管プロジェクターを取り外すと補修も必要だし、それなら消費税が上がるまでに何とか思い、そんな事まで相談ができるショップををいう事でご連絡して頂いたそうです。
オーナー様のメインのご要望は三管→4Kへのリプレースとそれに合わせてスクリーンも変更。現在はヤマハのフロントプレゼンス仕様の7.1chですが、9.1ch仕様に変更。後々、の楽しみにフロントワイド(11.1ch!)が設置できるようにしておきたいなど。

PB106395.jpg当時は建築さんもシアターがわからず準備不足で後で開口を開けたり、実線配線やモールで処理する事に・・・。今回はそうならないように仕込みをしておきたいとの事でした。
上記のご希望に加えて、私の方からのご提案が、天井(現在も吸音天井になっている様子)や壁に吸音処理を施し調音する事、壁紙の色を暗めにしてより綺麗な映像を楽しめるようにする事、スクリーンはパネルタイプにして(パネルにすると画質アップはもちろんスクリーンの寿命も長くなりますもんね)、よりシアタールームらしさを出す事など。もちろん、大事な話、オーナー様のご予算もあります。そのご予算の中で上記の事が全て出来るのか・・・う〜ん、検討です。


PC216674.jpg現在のプロジェクターはソニーの三管VPH-D50HTJ、通称ドルフィンです。スクリーンは4:3。スピーカーBOSE、AVアンプはDSP-A2、DVDはデノンの3910です。当時の定番組み合わせで人気のシステムです。施工にあたり気になるのは天井、壁裏の状態。まずは、プロジェクターを下して天井裏を見て見る。オーナー様のお話しだとフトコロは十分にありそう。壁にも配管を通す必要がありますが、スペースが無ければ壁を吹かす(費用↑、、、)必要が出てきます。既存のお部屋は見て見ないとわかりませんので次回は全ての機器を取外して天井、壁の確認です。ドラマでよくあるように開腹してそのまま閉じる・・・断念・・・・なんてことの無いように願っておこう。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事142〜音楽に映画に楽しむ専用ルーム奈良積水ハウスご新築

PB096376.jpg音楽も映画もじっくり楽しみたいなら専用ルームがオススメ。明かりを暗くしたり大きな音を出しても大丈夫なお部屋で気兼ねなくシアターを楽しみたいですもんね。音質や画質がよりよくなるデザインにしたりと、リビングでは難しいような事も専用ルームならチャレンジできます。こちらは奈良県は積水ハウスさんご新築のお家。一階には5.1chのTVシアターをリビングに、iPhoneの音楽を気軽に楽しめるBGMシステムをダイニング&キッチンに導入。そして、二階には専用ルームを設け、音楽に映画に楽しめるシアタールームを造りました。天井は吸音天井、スピーカーの下は石張り、壁には吸音パネルと専用ルームならではの施しをしています。

PB096359.jpgシステムはフルハイビジョンプロジェクター&100インチスクリーン、9.1chシアターです。スピーカーは全てイギリスのKEF。フロントまわりはRシリーズを中心にサラウンドの6本はHTS3001SE。小型ですが上位機種に負けない実力と広がりのあるスピーカーでサラウンドに最適です。フロントスピーカーの足にはスーパースパイクを使用。スパイクとスパイク受けが一体になっているアイデアものの逸品。移動も楽々です。床を石張にする事で、より引き締まった音の印象となっています。



PB096337.jpgプロジェクターはJVC DLA-X30。同価格帯の中では映画向けとしての評価が高い製品です。スクリーンはキクチのスタイリスト。生地はホワイトマットアドバンスキュア。4Kにも対応した癖のないスクリーン。間違いない、定番です。
奥の棚の下に機材置き場があります。下から800mmほど空間があって、そこにADKのスオー二 シリーズのラックを二台、キャスター付きで置いています。
システムの操作はipadコントロール。ライティングも連動します。



PB096361.jpg壁には後付施工が可能な大建工業の吸音パネル オトピタを設置しました。中高域とフラッターエコーを抑えるオトピタ01と中低域を抑えるオトピタ02を使用。枚数は事前のシミュレーションにてシアターだけでなく音楽視聴の比重が高いのでライブ気味の設定から計算。元々ある吸音天井は高域メインの吸音なのでオトピタ02を多めに、オトピタ02だけだとフラッターエコーが止まりにくいので01をここぞという場所に配置しました。効果テキメン、専用ルームだから出来る音調ですね。



PB096320.jpg話題のSONY HDDオーディオプレーヤーHAP-Z1ESも導入させて頂きました。ネットワークオーディオをより快適に高音質で楽しみたい方にとってはピッタリの機器です。スマホやタブレットを使って感覚的に選曲や操作が出来るインターフェイスは便利だし、ハイレゾだけでなくスタンダードな圧縮音源にも効くど高音質機能が充実、他のネットワークプレーヤーを圧倒する商品になっています。価格もこの機能なら安いと思わせる設定になっていますよ。
左にはAVアンプ、パワーアンプ、上段にはCATVチューナーと制御用のクレストロン本体が見えます。



PB096326.jpgAVアンプは9.1ch対応のDENON AVR-4520。フロントプリアウトからONKYOのパワーアンプ M-5000Rに接続してKEF R700をドライブしております。システムで音楽視聴を重視する場合、幾つか方法がありますが、このようにフロントスピーカー用に別途パワーアンプを接続する形がシステム的にも使い易くオススメです。また、M-5000RはAVアンプの電源連動も可能ですのでiPadコントロールを導入される場合にも問題なく連動します。パワーアンプはリモコンが無いものも多いのでこれが出来ないと手動でON/OFFしないといけなかったりします。

PB096379b.jpg
魅力いっぱいの専用ルーム。何十畳ものお部屋や地下室で無くても大丈夫です。娯楽ルームとして一部屋設けて頂ければ映画に音楽に楽しめる空間をつくる事が可能です。是非ともご参考下さい。*映像はイメージ

ホームシアター工房 大阪
田中雅史



ブログ△




工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事141〜シアターリビング!!舞鶴市 セキスイハイム近畿 ご新築

1PB236450.jpg舞鶴市のシアター施工完了しました。お家の建築はセキスイハイム近畿さん。リビングだけど黒系統をあしらったスタイリッシュなお部屋。専用ルームとリビングルームの良いところを押えたシアター的に◎な感じで、まさにシアターリビング!!
真っ白なリビングに遮光カーテンだと少々重く感じますが、黒系統の色合いを積極的にインテリアに組み込む事で黒い遮光カーテンもその一部となっています。スクリーン、TVの裏の壁は黒系のエコカラットでデザイン。明かりを落とすとスクリーンもTVも映像が空中に浮いた感じになりかっこいいですね。
*映像はイメージ


PB236489.jpgプロジェクターはソニーVPL-HW55ES、スクリーンはキクチ スタイリスト120インチWAC、TVはソニー55インチ。スピーカーはB&WのCM8、CMC、M-1、ASW610、サラウンドは天井埋込型 CAV HT-62のフロントハイト7.1chシステムです。
間接照明やダウンライトを効果的に配置する事でお部屋の雰囲気がより良くなっています。シーリングライト一台だけだと 一方向からの明かりになり立体感が乏しくなります。明かりの方向、種類、などを工夫して より魅力的な配光にしたいですね。


PB236474.jpgフロントハイトスピーカーに使っているのはB&W M-1/ブラック。小型だけどお洒落なカタチとしっかりした音が特徴。フロントハイトやサラウンドに使用する事が多いいですが、シアターのメインスピーカーや小スペースの音楽視聴にも活用できます。
それにしてもスクリーン裏が暗い色合いだとプロジェクターの映像は映えます。白っぽいとどうしても少しの迷光でも明るくなってしまい、それが映像を見ていても自然と目に入ってきてしまうんですね。同じ機材でも壁の色を変えるだけで、映像の見え方は大きく変わるんですよ。


PB236478.jpgウーファーはASW610。弟分のASW608がもう一つ小型(w260xh260xd330mm)でスペースがあまりない場合や家具に収納する場合にはとても重宝するのですが、音質とパワー感、安定感は全然別物です。トリガー制御が可能ですので、AVアンプとトリガー接続をしてあげれば オートスタンバイにするよりも確実にオン、オフしてくれます。
フロントスピーカーの足はスーパースパイク。スパイクと受け皿が一体構造になっているので、スパイクの効果と移動の便利さ両方を兼ね備えた優れた商品です。


PB236483.jpg上から、CATVチューナーとアップルTV、ps3とコントローラーとHUB、ソニー ブルーレイレコーダーとクレストロン本体、AVアンプとなっています。このような赤外線リモコンが使えない木製のトビラでもipadコントロールなら簡単操作が出来てしまいます。
機材のラックをサイドに設置してTV回りを極力スッキリ。ラック下のスペースにサブウーファーを設置するのはとても良いアイデアです。


PB236496.jpg今回のシステムのリモコン達です。左からTV、ブルーレイレコーダー、AVアンプ、プロジェクター、CATV、スクリーン、アップルTV。ここにはありませんが、調光器のリモコンもあります。シアターや音楽を楽しむ際にはこれらのリモコンを取り換え、持ち替えて操作をする必要があります。また、常に手の届く場所に保管も必要ですね。。。
iPadコントロールなら上記のリモコンの主要な操作はパネルをめくるだけでできます。また、マクロ機能を使えば、メーカーの違う機器を連動して操作をする事が出来ます。


PB236497.jpg例えば、『ホームシアター・スタート』ボタンを押せば、<プロジェクター>、<レコーダー>、<AVアンプ>の電源が入って、<スクリーン>が下りてくる。また<調光器>も連動させていれば、映像が映り出すと照明がフェード(だんだん消える)してシアターシーンをつくり出してくれます。もちろん終了時も同じく連動します。ホームシアターにとって、プロジェクターやスピーカーなどと同じ位、重要な機器になっています。便利に、快適に操作する事が可能です。
ホームシアターのこけら落としには『アイアンマン3』を、また、サッカーの試合もパーティの雰囲気で楽しみたいとの事でした。ごゆっくりシアターライフ楽しんで下さい。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史


工房BLOG | - | -


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集