ホームシアター工房は年間施工数150件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事161〜約4.8畳の専用ルームで90インチ&7.1ch 大阪府松原市

PA146229.jpg松原市の専用ルーム、大建工業材を使った防音/調音仕様です。お部屋の広さが約4.8畳ほどですが、90インチ&7.1chを実現した好例です。防音工事を施す事でお部屋はワンサイズ狭くなっていますが、その空間の中でで最大限のシアターを導入させて頂きました。防音工事はもちろん吸音、調音も兼ねていますので音環境がとても良く、また遮光も迷光対策もバッチリなので映像環境的にも完璧なシアタールームとなっております。壁や床、天井を暗い色合いにする事で映像しか目に入らなくなりいます。映像に引き込まるそんな感覚を味わえますよ。


PA146255.jpgプロジェクターは三菱のLVP-HC8000。このスペースで90インチの投射が出来、専用ルームに合うプロジェクターはこの機種しかありませんでした。三菱最後のDLPプロジェクター。映画色を求めるなら三菱。三管プロジェクターの時代から言われていましたね。
背面の穴あき壁は大建工業の吸音壁 L80。L80はこのパネルだけで吸音するのではなく、壁面に空気層を取ってそこで吸音します。その空気層の深さで主に吸音する周波数帯域を変える事が出来ます。薄いと高域側に深いと低域側に可変します。天井も大建工業の天井防音/吸音材 オトテン<モダン>ソフトブラック&ボーダーです。

PA146251.jpgスクリーンはOS/ホームシアタープラスeの90インチパネルタイプ、生地はWF203。パネルタイプは電動タイプに比べ、平面性が高い(ヨレシワが少ない)ので映像がスッキリして見えます。専用ルームならパネルスクリーンをオススメします。壁面ギリギリいっぱいのサイズにしましたが、スクリーンは少しでも大きい方が楽しいです。
間接照明、お洒落ですね。良い雰囲気を醸し出しています。こんな感じのちょっとしたプラスαの効果って大きいんです。プラスαの分だけ感動は大きくなります。ライティングコントローラーはパナソニックのリビングライコン。iPadコントロールにてシアターと連動制御しています。


PA146261.jpgスピーカーは元家の方でシアターをされていた際に使用していた、赤茶の色が美しい、ヤマハ NS-525シリーズにサブウーファーはYST-SW515。それに合わせAVアンプは同じくヤマハのRX-A2030を新規導入致しました。ここまでお部屋を造るとスピーカーもブラックカラーのものにしたくなりますね。次の機会には是非!!


PA146241.jpg元々はサラウンド、サラウンドバックの7.1chで使用していたスピーカー NS-M525。今回はスペースの都合もあり、フロントハイト7.1chにさせて頂きました。サラウンドバックを加えるとスクリーン方向や背面に奥行き感が出ますが壁を背負うような視聴位置の場合、サラウンドバックよりフロントハイトの方が効果的です。フロントハイトを設置する事で空間が広く感じられるようになります。これからシアターを構築されるのであれば、7.1ch以上がオススメ。映画館のような臨場感が体感できますよ。


ホームシアター工房 大阪
田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事160〜リビングで4K/9.1ch『ホームシアターファイルVOL.73掲載』

P1196720.jpg兵庫県は御影の9.1chリビングシアター。建築施工は住友不動産株式会社様。先日発売された音元出版『ホームシアターファイル vol.73』にも<機器を美しくビルトインされたシアター>として掲載されました。オーナー様はその『ホームシアターファイル』を定期購読されている方で、今回ご縁があって、愛読誌に掲載される事となりました。リビング、ダイニングが続いている広々とした空間に本格的なシアターを導入。リビングらしさやその機能性を活かしたまま、出来るだけ音と映像のクオリティを求めたい。そんな、ご要望をまとめていきました。オーナー様はホームシアターファイルを定期購読されているだけあって色々とアイデアもお持ちでした。


P1196743.jpgそんなオーナー様の『あれがしたい』、『これがしたい』を具体的に形にしてバランスを取って、ご予算内におさめる(これ重要!)ご提案を致しました。システムは4K/120インチ&9.1chシアター。リビングシアターでもここまで出来るぞ!っという感じです。プロジェクター&スクリーンはソニーVPL-VW500ES、キクチ スタイリスト120インチ/生地はWAC。4K映像をあます事なく楽しめます。スピーカーは全てイギリスのKEFで統一。フロント&センター&ウーファーをQシリーズ、サラウンド/サラウンドバックの4本は天井埋込、フロントハイトの2本はE301を壁掛け。AVアンプ、ブルーレイ、TVは全てソニーでTA-DA5800ES、BDZ-EX3000、KDL-55W900Aとなります。

P1196734.jpgプロジェクター用収納BOXに4KプロジェクターVW500ESを設置。BOX後方には排熱&メンテナンス口を設けています。天井は大建工業の吸音天井です。
それにしても画が滑らかです。現段階では2Kソースを4Kにアップコンバートしての視聴がメインですが、十分にその効果はを感じとれます。またMastered in 4Kのブルーレイソフトであればより、4Kに近い映像を楽しむ事が可能です。これから放送も始まりますし、楽しみが尽きないですね。

P1196762.jpg造作家具はオーナー様が色々と検討をして設計され、それが形となりました。同様にライティングにもこだわりが反映されています。間接照明にダウンライト、スタンドライトと演出を考えた照明計画。パナソニックのリビングライコンも2台使用でしております。 家具、照明共に弊社や建築様で監修をしておりますが、ほとんどはオーナー様のアイデアと設計。まるでプロの仕事!お見事です。フロントスピーカー上のちょとしたソフト置き場もナイスアイデ、これは使えます。写真には写っていませんが、最後のMD付コンポ ONKYO FR-N9NXも造作家具の中に設置しております。MDも無くなってしまうんですね。時代の流れですね。。。

P1196748.jpgお馴染みのiPadコントロールです。今回はシアター以外に<電動カーテン>、<シャッター>、<照明>も制御しております。シアタースタート、オールオフ時に<電動カーテン>、<シャッター>、<照明>も連動させるかどうか選択出来ます。シュチュエーションに合わせた、このような細かい設定はiPad&クレストロンの組み合わせならではです。
HDMI信号を無線で飛ばして受けとる事ができるアダプターをノートPCとAVアンプに接続をしてノートPCの画面と音をシアターで再生できるようにもしています。Youtubeとかの動画を再生するには便利ですよ。


P1196752.jpg電動カーテンがダイニングとリビング、キッチンとリビングの間の2か所に入っています。厚手のカーテンは遮光だけでなく吸音にも効果があります。





P1196758.jpgリビングへの4K/9.1chシステムの導入はこれからどんどん増えてくる事でしょう。ご新築に導入をお考えの方。少しでも<綺麗に>、<安く>、<思い通りに>、<快適に使い易く>するのであれば、少しでも早めのご相談が良いです。設計が進むにつれて変更が出来ない箇所が増えてきますので出来るだけ早い段階でご相談下さい。東京、名古屋、大阪にホームシアター工房のショールームがございますので是非とも覗いてみて下さい。お待ちしております。

ホームシアター工房 大阪 
田中雅史



工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事159〜夢が叶った!古民家大改装を機にシアター導入 京都

P2227310.jpg京都の築180年、古民家リフォーム
シアター です。
その その その
ホームシアターシステムは100インチ/9.1chシアター。そして、それらを最大限に楽しむ為にipadコントローラーも導入頂きました。映画館に負けない映像と音響の迫力があっても使い勝手が悪いと勿体ないですもんね。手軽に快適にシアターを楽しむにはiPadコントロールが一番。今回制御しているのは、.廛蹈献Дター、▲好リーン、ブルーレイレコーダー、AVアンプ、TV、CATVチューナー、Д薀ぅ謄ング。それぞれの動作を組み合わせる事でお望みの視聴セッティングを呼び出す事が出来ます。


PC106651.jpg写真は機器それぞれのリモコンです。あれこれ持ち替え、こっち押して、あっち押して、あっ違った、、、とか、間違ったボタンを押してしまい映像が出ないとか、、、機械の苦手な人ならもうイヤ〜てなりますよね。理想は映画館のようにソファーに座っていると明かりが消えてスマートに映画が始まる感じ。またその時のワクワクドキドキする感じもホームシアターにも取り込みたいですよね。単に便利と言うだけでなく、演出も加える事でより感動が大きくなるように仕掛けをしています。
ipadコントロールは『ホームシアター工房』各ショールームで体感も出来ますので是非!


P2227298.jpgキッチンの天井に埋込スピーカーが設置されておりますが、これは普通の天井埋込スピーカーではないんです。今、流行りのブルトゥース対応の天井埋込スピーカーです。見た目はまったく普通の天井埋込・・・ですが、スマホやタブレットに入っている音楽をブルートゥース機能を使って簡単に手軽に飛ばせて、流せちゃいます。BGMの場合、超高音質と言うよりも、簡単・手軽に使えるのが最優先。キッチンの場合は奥様がサクサク使えるかどうかがポイントになりますもんね。本当にこれ人気なんですよ。キッチン以外でも寝室や子供部屋にも。また、防滴仕様なのでお風呂でも可能です。クラリオン ZF160 売れてます〜。

P2227302.jpg造作で作られたソフトラックの上にはオーナー様ご自慢アイテムが鎮座。映画への思い入れが伝わります。同世代の映画好きにはたまらない逸品ですね。

今回の案件は古民家リフォームと言う案件でしたが、もちろんご新築の際もホームシアター導入可能です。これから新築の検討をされるのであれば是非とも一度、ホームシアター工房のショールームにご来場頂きご体感下さい。
最先端の家族団欒の形がイメージできると思います!
お待ちしております。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史





工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事157〜夢が叶った!古民家大改装を機にシアター導入 京都

P2227307 500.jpg京都の築180年、古民家リフォームシアターです。
その

ホームシアター工房&柏木工のオリジナル造作家具の上にはお気に入りのブルーレイBOXセットが鎮座。写真撮影の際にオーナー様より、『片付けましょうか?』と言われましたが、雰囲気が良かったので是非ともそのままで!とお願いし撮影させて頂きました。
それにしてもお部屋全体のカラーコーディネートの感じがとてもイイ感じですねえ。落ち着いた色合いが癒されます。手前に見えてるのは<おくど(かまど)さん>。京都では食べ物とかそれに関わるものには『お・・・さん』て付けるんですって。なるほど〜『おかゆさん』とかも一緒なのかな。大阪は『・・ちゃん』ですよね。『あめちゃん』とか・・・


PC106653.jpgこちらの<おくどさん>のように昔に使っていたものを上手くリフォームの際に色々と活かして名残を楽しまれている様子。本当に素敵な空間に仕上がっています。






P2227347.jpgホームシアターのシステムはハイビジョンプロジェクターに100インチスクリーン、9.1chシアター。スピーカーはフロントSP、センターSP、フロントハイトSP、サブウーファーをB&W、サラウンド/バックはスピーカークラフトにしてます。ご新築やリフォームの際にシステムとしてホームシアターを導入する場合は、長く使っても飽きがこないモノを選択するのがキーポイント。ご予算もあると思いますが、ワンランク上の検討を是非。アンプはインテグラ DTR-60.5 。iPadコントロールとの相性の良いパワー感のあるアンプです。
ドルビートゥルーHDプレートもはまっています!


P2227342.jpgプロジェクターはエプソン EH-TW7200。リビングシアターで使い易い高輝度モデル。100インチの投射距離をかせぐ為に隣の部屋(ダイニング)の壁をまたぐように古民家の名残の梁に設置しています。リビングシアターではサラウンド、サラウンドバックスピーカーは天井埋め込みがオススメです。視聴範囲も広くとれますし何より見た目スッキリ。今やスタンダードとなった7.1ch、9.1chも構築し易いですよ。

造作家具やBGMシステム、iPadコントロールについては次回・・・


ホームシアター工房 大阪 
田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事155〜120インチパネルシアター 奈良県 三井ホームご新築

P1276888.jpg奈良県は学園前、三井ホームさんご新築のお家にシアターインストール致しました。120インチパネルスクリーンが印象的な専用ルームですが、シアター以外にもミニキッチンやワインセラーがある大人の娯楽室(素敵な響き!)のような雰囲気です。照明も調光で雰囲気バッチリです。お部屋の広さは約5.3x3.4m、天井高は約2.8m。音響的には天井高は高めが望ましいので、その他のお部屋に比べ床を一段低くする事で実現。また、遮音や調音にも気を使った音の響きの良いお部屋になっております。最初のお打ち合わせでの配置や設置のご要望として見た目的にはスッキリさせたい!だけど、音響や映像の迫力を楽しみたい!もちろん、ご予算内で・・・。当時のご予算は50〜100万位でした。

P1276893.jpgスクリーンは100インチ以上、音響は5.1chをご希望されておりました。スクリーンはお部屋の広さ、視聴ポイントの設定から120インチワイドに決定。せっかくの専用ルームですから電動などの昇降式ではなく張り込みパネルタイプをおすすめ。パネルタイプの利点はなんと言っても画質。電動など昇降式は少なからずスクリーン面に凹凸やヨレが出来、映像に歪みが出てしまいますので画質優先ならパネルですね。パネルのワクもベルベット調で光の反射が少なく映像が綺麗にトリミングされるもの効果が大きいです。



P1276897.jpg音響はフロントハイト7.1chにしました。包み込まれるようなサラウンド感を味わうなら7.1ch以上がオススメ。ミドルクラス以上のAVアンプはほぼ7.1ch対応ですし、2本のスピーカーを足すだけの効果は絶大ですのでこれからシアターを構築されるのであれば是非とも7.1ch以上で!
プロジェクターはJVC DLA-X500R。映画に引き込まれる黒の深み、色合いはJVCならでは。ミドルクラス以上ならではの実力です。


P1276895.jpg機材類は背面のワインセラースペースの上部に棚を作ってもらって設置。暗室の専用ルームの場合、前方に設置すると ちょっとしたLEDの光が気になったりしますのでサイドなり後方が望ましいですね。ブルーレイプレーヤー、AVアンプ、テレビチューナー、アップルTVを設置。AVアンプはインテグラ DTR-30.5。KEFのスピーカーもパワフルに鳴らせるミドルクラス。ブルートゥースを使ってスマホの音楽も簡単に楽しめるスグレモノです。




P1276906.jpgスピーカーはKEFのTシリーズをフロント、センター、フロントハイト、ウーファーに使用。サラウンド同じくKEFの埋込型で統一しております。KEF Tシリーズはオンウォールの薄型スピーカー。壁掛けテレビシアターで使用する事が多いですが、もちろん120インチの大画面でも不足無し。もちろんウーファーも薄くてパワフルです。オーナー様のご要望の「スッキリさせたい」にピタリとはまりました。フロント&センタースピーカーはT301、T301c。フロントハイトスピーカーはT101。サブウーファーはT-2。
感動で震えるシアターがまた一つ完成しました〜。

ホームシアター工房 大阪 
田中雅史

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事154〜三井ホーム 芦屋の地下シアター造作家具設置

P3047435-b500.jpg芦屋市の地下シアター現場です。造作家具の納品をしてまいりました。お馴染みのホームシアター工房&柏木工のコラボ、オリジナルAVボード。作品を重ねる度に新たな試みやノウハウをつぎ込んできましたのでより使い易く、よりデザインや質感なども満足頂ける家具になっていると思います。当初はソフト収納中心のデザインで機材収納も縦型でしたが、途中でTVを据え置くスペースをつくる形に変更。TVはスクリーンと真逆の位置になりますが、オーナー様のご要望をまとめた結果、これが最善策と言う事で採用となりました。



P3047462.jpg扉の種類も場所によって変えています。壁面全体の大きな家具になりますのでのっぺりしないような工夫もしています。左端の部分を除いて全てガラリ扉にしておりますが、これがかなり調音に貢献しているようです。通常、このような仕様の専用ルームの場合、最終調音前はフラッターエコーが盛大に多く出る事がありますが、今のところ長めの残響にも関わらずフラッターエコーは見あたらず。ガラリ部でうまく吸収されているようです。




P3047440.jpg左端の部分はLDやレコードを収納するサイズにし強度を持たしております。中段、上段はブルーレイ、DVD、CDの収納部。BOXサイズも余裕で入ります。





P3047448.jpg下段は機材収納部、ブルーレイレコーダー、AVアンプ、パワーアンプ、WiiU、PS3、LDプレーヤー、HD-DVD!、クレストロンを設置予定です。見えにくいところにインストーラーのノウハウがつぎ込まれているんですよ〜。





P3047467.jpgこちらはスクリーン面です。この壁の色好きなんですよ〜。暗すぎず、明るすぎずでシアタールームにぴったりです。映像を綺麗に観るには出来る限り暗い方が良いのですが、暗過ぎると照明効率も悪くなり、シアター以外に使えないお部屋になってしまいます。程良い暗さで質感の良いクロスもあまり無いんですよね。メーカー、品番を知りたい方はショールームで聞いて下さい〜。次回は140インチシネスコパネルスクリーンとソニー4Kプロジェクター VPL-VW1100ESの設置です。


ホームシアター工房 大阪
田中 雅史



工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事153〜三井ホーム 芦屋の地下シアターヾ霑団寛珊事完了

P2257410.jpg兵庫県は芦屋市、三井ホームさんご新築の地下室にシアター計画進行中です。地下室をスケルトンで渡して頂き内装/調音工事からシアターまでお請け致しました。写真は主な吸音工事、照明関係の施工が完了したところです。照明はルートロン・グラフィックアイ6ゾーンで調光、iPadコントロールにてシアターと連動する予定です。


*こちらはスクリーン側→
140インチパネルスクリーンを設置予定です。
(搬入が出来れば・・・)



P2257413.jpg*プロジェクター側→
ソフト収納付き造作家具を設置予定です。

シアターシステムはソニー4KプロジェクターVPL-VW1100ES&140インチシネスコパネルにスピーカーはメインをJBL S3900を別途パワーアンプにて駆動する11.2ch。さらに柏木工&ホームシアター工房の造作家具に、調音工事、ライティングシステム、ipadコントロールの見どころ満載、ノウハウ充填のフルコース。全てお任せいただけるのはインストーラー冥利に尽きます。3月の完成に向けて頑張っております。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事152〜 堺市シアターリフォーム現場Υ粟編

P2227258.jpg堺市のシアターリフォームの現場
そのΔ任后
その その その その 
その
調音工事も終わり完成致しました。初めてのご相談が2013/11/上旬ですから約3か月かかりましたが完成致しました。シアターの機器の設置だけでは無く内装や調音工事もお請けしましたので完成の喜びもひとしお。お手持ち機器が多かったので機器選択よりもクロス選びや天井の工法を検討してる時が楽しかったです。アンプやスピーカーの買い替えはしばらく後になると思いますがまたその際はお手伝いさせて頂きたいと思います。早く11.1chで再生したいですねえ。それにしても
VW500ESの画質は凄い!!

PB106399.jpg【ビフォー/スクリーン側】
元々のシアターはこんな感じでした。スクリーンは電動の4:3。当時は4:3が主流だったなあ。その他、プレゼンススピーカーのケーブルはモールにて処理、サブウーファーが邪魔になってメインスピーカーの位置もずれており、ウーファーはラインではなく、フロントSPとアンプのケーブルの間に接続されてました。せっかくの専用ルームなのに少々勿体ない感じ。ですので下見の時点で何とかしてあげたいとやる気が湧いてきてました。床のカーペットは明るい色合いですが、お部屋に合わせて特注されたとの事でそのまま使用することにしました。


P2087133.jpg【アフター/スクリーン側】
スクリーンは120インチの16:9パネルタイプに変更しました。少しでも大きなスクリーンを入れたかったのと4kプロジェクターの画質を活かす為にパネルタイプを選択。壁面もスクリーン裏をブラックにして映像が浮かびあがるような感じ(一番上の写真を参照)をイメージ。その他の3面はブラウン系でまとめました。フロントハイトもブラウン系なので目に入らないでしょう。この効果は大きいんですよ〜。天井は大建工業のオトテンを施工。天井工事は天井を落としてからが大変でした〜、、、。写真は吸音パネルを貼る前の状態です。



PB106403.jpg【ビフォー/プロジェクター側】
ソニーの三管プロジェクター ドルフィンが視聴位置の真上に。多分、サラウンドスピーカーの位置(壁際)、エアコンの位置(真後)との兼ね合いからここになったんでしょうね。エアコンホースの化粧カバーを見れば当時苦労して設置したのがわかります。サラウンドスピーカーもケーブルはモール処理。その他の配線を通す為に後から開口をしていたようで所々、ブランクプレートで目隠ししているところがありました。建築さんがあまりシアターの事を知らなかったとの事でこのような事になったらしいです。。。



P2227274.jpg【アフター/プロジェクター側】
プロジェクターはリアル4K、ソニーVPL-VW500ES。三管と比べると随分と小さくなり技術の進歩を感じますね〜。サラウンド、サラウンドバックは当初、サラウンドとフロントプレゼンスで使用していたBOSE 121。スピーカーに壁の色を合わせる事で4本天吊りしている圧迫感を軽減しています。フロントワイドも配線までしておりますのでスピーカー&アンプ待ち。吸音パネル サウンドスフィアを設置して調音も施しています。かなりの効果を感じました。
いや〜シアターリフォームってイイですね〜。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事150〜 堺市シアターリフォーム現場さヾ鐇瀉嵎

P2087133.jpg堺市のシアターリフォームの現場
そのい任后
その その その
先日、吸音天井を含む内装工事が終わりましたのでプロジェクターやスクリーン、スピーカーの設置やケーブル配線工事を行いました。スクリーンはパネルタイプの120インチワイド、プロジェクターは話題のリアル4k ソニーVPL-VW500ES。スピーカー関連は以前から使用されていたBOSEのスピーカーを継続して使用。フロントハイトに壁掛けスピーカーを追加、フロントワイドも設置出来る様に配線をし11.1chが実現できる環境に致しました。アンプの新規購入はまだですが、11.1ch再生を是非とも実現して圧倒的なサラウンド感を実現して欲しいですね。


P2087139.jpg以前はフロントプレゼンスとリアスピーカー(以前のアンプはヤマハでした)で使用していたBOSE121をサラウンド&サラウンドバックに移設しました。壁クロスをBOSE121の色と合わせる事で4本天吊りしていてもスッキリ見せています。地味だけど効果の大きなノウハウです。
今日はここまででタイムアップ。次回は吸音パネルを設置して調音。低価格でデザインも良いコスモプロジェクトのサウンドスフィアを使用致します。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史



工房BLOG | - | -

SmartMationを用いたリビングシアター!三菱地所ホームご新築 〜東京都渋谷区

《ホームシアター工房 東京》

  • 東京都渋谷区
  • 導入年月2013年8月

続きを読む>>

施工例 | - | -
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集