ホームシアター工房は年間施工数150件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事102〜9.1chリビングシアター&柏木工造作家具

P7073340.jpg奈良県は法隆寺近くの新築リビングシアターの施工例です。建築会社は栗原工務店さん。大きなリビングに120インチスクリーンとKEF 9.1chシアターを導入致しました。それにしても9.1chのシステムが増えてきました。基本システムである5.1chと比べるとサラウンドバックによるスクリーン方向の奥行き感、フロントハイトによる高さの表現が各段に違ってきます。言うなればお部屋の広さ天井の高さが何倍にも大きくなったような響きが得られます。映画館の様な大きな箱で得られるナチュラルなリバーブに近づきますのでオススメです。



P7073360.jpgスクリーン裏には55インチのプラズマを壁掛け設置しています。サイドには間接照明を持ってきています。これは施主様のアイデアですが、のっぺりしてしまいがちな面に照明を入れる事でアクセントが付いて立体的に見え印象的なリビングになりますね。エコカラットなどを設置されているお家も多いですね。一番最初に御来場頂いた時は奥様がマイケルジャクソンの大ファンとの事で<ディス・イズ・イット>をご視聴頂きました。初めて見る大画面でダンスするマイケルに感動頂いたと思います。あの時視聴頂いた以上の感動をこれから何時でも楽しめますね。こけら落としはもちろん<ディス・イズ・イット>だったのかな〜。


P7073355.jpgスピーカーは全てKEFでまとめました。人気のQシリーズです。Q500の脚はスーパースパイクを使用しています。スパイク受けだと移動する際がとても面倒、、、スーパースパイクならスパイク部と受け部が一体になっているので移動も楽ちんです。それでいて音がかっちり締るので重宝してます。アンプはデノン AVR-4311。パワー感も抜群でKEFとの相性もいいです。造作家具は柏木工さん&ホームシアター工房のコラボにて造作致しました。最近インターネットで買われた家具を見る事も多いのですが比べるとやっぱり作りがしっかりしています。年月を重ねるにつれ愛着が湧いてくるそんな家具です。飛騨で職人さんが製作しています。


P7073343.jpgプロジェクターは画力について定評のあるJVC/ビクターのDLA-X30、天井埋込スピーカーはKEF Ci130QRを4本設置。壁面にはルートロンも見えますね。将来はipadコントロール制御をされたいとの事。準備はしておりますので何時でもできますよ。それにしても立派な梁ですね。お招きされた方も印象に残るんじゃないでしょうか。


P7073358.jpgフロントハイトにはKEF KHTシリーズを壁掛けしました。ホワイトグロスの本体が綺麗ですね。楕円形なのでブックシェルフより小さく感じるのでリビングシアターにピッタリです。音質もしっかりしていますのであっちこっちで活躍しています。お部屋全体が白黒茶でまとまっています。リビングでスクリーンBOXの黒もありです。シアターを使って映画はもちろん音楽番組やスポーツ、ゲームも思う存分楽しめます。


P6293255.jpgこちらのダイニングテーブルと椅子も柏木工さんの製品です。既製品ですが、造作家具の打合せの際にショールームで見られてご購入頂きました。大阪のショールームは堂島にあります。家具やテーブル、椅子、ソファーなどお探しの方は是非一度覗いてみて下さい。木のぬくもりを感じられる品物ばかりです。飛騨の家具ですが、それでいて結構リーズナブルです。

■ダイニングテーブル  
サイズ/W1800×D950×H700
天板/タモ3枚接ぎ WO色
脚/オーク材パネル脚 BB色
     
■椅子x4
JDC21 ザゼン サイドチェア
塗装/WO色   


柏木工さんwebサイトは
こちら

ホームシアターシステムはもちろん
造作家具のご相談も是非お待ちしております。

ホームシアター工房 大阪 田中雅史

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事101〜JBL S3900とTHXサウンドスクリーン シアター

PA274045.jpg大阪は八尾市。新築戸建ての3Fに憧れのJBLシアターが完成しました。部屋いっぱいに広がるスクリーンとJVC DLA-X30のコンビ、JBL S3900をメインの据えたサラウンドシステムが特徴です。元々はこちらも定評のあるJBL LS80をメインにシステムの検討をしておりましたが、グッドなタイミングでJBL S3900の発表があり、お客様から何とか導入できないかとご相談頂きました。部屋幅が2,585mmで、また100インチも譲れないとの事で今回は(も?)サウンドスクリーンを採用する事にしました。サウンドスクリーンの施工例は今までも結構多く、部屋幅が充分に取れない場合に活躍します。サウンドスクリーンとはスクリーンに穴が空いていて音が抜けるようになっているんです。

PA274047.jpg映画館の様にスクリーン裏にスピーカーを置く事で映像と音の一体感が増します。また、音がスクリーンを透過する事によって少し高域が柔らかくなるんですね。それがまた 映画館らしい音に近づき、聞き疲れしない音になりますから積極的にサウンドスクリーンの導入をされるケースも多いんです。
お部屋の寸法は2,585x4,428mm、天井高2,600mm。流石、JBL S3900 迫力があります。ブルーレイとAVアンプにデノン3313UD&4520、ラックはADK、スクリーンはイーストン100インチ、センタースピーカー、サラウンド&バック&フロントハイトの6本、サブウーファーもJBLでコーディネート。


PA274052.jpgリクライニングチェアはシアター&オーディオ視聴用としてはこれ以上無い、エコーネス ストレスレスチェア ディプロマットです。座りごこちの快適さはもちろんの事、とても良い色しています。カラーはバーガンディーです。
照明はシーン調光タイプを使用。壁紙も少しトーンを抑えた色合いにしています。

現状、調音は何もしていないので、大建のオトピタ等でフラッターエコーやブーミングを取り除いてあげればより良くなると思います。是非、次のグレードアップの際に導入致しましょう。

ホームシアター工房 大阪 
田中雅史


工房BLOG | - | -

吹き抜けシアターの造り方 〜大阪府枚方市

《ホームシアター工房 大阪》

  • 大阪府枚方市
  • 導入年月2011年12月
  • インストーラー:田中 雅史

続きを読む>>

施工例 | - | -

BAR&HOME THEATER 〜奈良県

《ホームシアター工房 大阪》

  • 奈良県
  • 導入年月2011年7月
  • インストーラー:田中 雅史

続きを読む>>

施工例 | - | -

シアターと音楽にが溢れる住まい 〜兵庫県姫路市

《ホームシアター工房 大阪》

  • 兵庫県姫路市
  • 導入年月2011年4月
  • インストーラー:田中 雅史

続きを読む>>

施工例 | - | -

柏木工造作家具とリビングシアター 〜奈良県奈良市

《ホームシアター工房 大阪》

  • 奈良県奈良市
  • 導入年月2012年2月
  • インストーラー:田中 雅史

続きを読む>>

施工例 | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事100〜大阪ショールーム模様替え シネスコスクリーン導入

P9013860.jpg6月頃から2Fシアタールームの模様替えを行っておりようやく完成に近づいて来ました。2Fのシアタールームはシアター専用ルームでこれまではワイド120インチをメインスクリーンとしてきましたが、今回は最近色々と問合せの多いシネスコスクリーンを入れました。シアタールームの横幅は3,540mm。それでMAXサイズを入れたかったので今回はキクチ スタイリスト140インチシネスコ パネルスクリーンを導入させて頂きました。



P9013885.jpgプロジェクター側もすっきりしました。今回、アナモフィックレンズは使用せずにプロジェクターのレンズメモリー機能を使ってシネスコとワイドサイズの切り替えを行っています。付属リモコンだと幾つかボタンを押して選択が必要ですが、DLA-X70を232C制御、iPadコントロールなら、ワンボタンで変更できますので手間要らずです。


P9013878.jpgシネスコスクリーンの良さはシネスコサイズの映画を見る際に威力を発揮します。今まで当たり前と思っていた 上下の黒帯が無くなるだけでこんなにも違うものかと皆さん驚愕されます。ブルーレイソフトであれば字幕もシネスコの中に入るので問題ないです。ワウワウやテレビ番組、ビスタサイズの映画等の場合は上記したレンズメモリを使って、小さくして見る事になります。140インチシネスコのHが1,392mmなので、110ワイド位の大きさになります。映画好きでブルーレイソフトで見るのがメインであればシネスコスクリーンはお薦めです。



P9013881.jpg是非、ショールームにて
体感してみて下さい。
お待ちしております。

ホームシアター工房 大阪 
田中雅史



工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事99〜楽しさ満載!!リビングシアター iPadにBGMに

画像 073.jpg大阪市のリビングシアターです。お洒落な外観、内装がとても素敵で『こんな家に住みたい』っと思わせてくれるお家です。先日、雑誌の取材がありましたので同行させて頂き写真撮影させて頂きました。2Fのリビングシアターはもちろん、3か所のロールスクリーン、ライティングのコントロール、4部屋へのBGM配信、iPadでのカラオケなどなど、、、、iPadシアターと呼んでいいほどiPadでのコントロールを活用している楽しいシアターとなっております。

*9月発売の
『ホームシアターファイル』に
掲載予定です。

画像 083.jpgライティング計画は建築さんが行いましたが非常に凝った演出が組み込まれています。高中低それぞれに効果の違う照明器具を配置して部屋が立体的に見えるように工夫、それらを調光器でまとめ、iPad&クレストロンでコントロール、シアターのシーンと連動させています。
リビングシアターは100インチスクリーンにエプソンの3D対応プロジェクター。スクリーン裏には50インチの液晶テレビが壁掛けされています。スピーカーは天井埋込タイプを選択、サブウーファーは機材置場に収納しました。



画像 066.jpgここにブルーレイレコーダー、AVアンプ、ゲーム機、サブウーファーその他機材は納めています。



画像 062.jpgウーファーの音を出す為に工夫をしています。




画像 067.jpgBGMは<キッチン><デッキ><トイレ><ガレージ>に配信。スピーカー天井埋込、壁面にボリュームスイッチを付けていますので、聴きたい場所で聴きたい音楽を気軽に楽しめます。AirPlayが出てきてからBGMシステムの要望が急激に増えました。こんなに便利になっているので奥様やお子様でも使えますね。




画像 029.jpg<デッキ>も埋込スピーカーでBGM。煙草休憩の際に使われるそうです。




画像 042.jpg3か所のロールスクリーンもiPadで制御してます。



画像 101.jpgiPadでカラオケを行うアプリ、スマカラも導入済。もうiPadが生活の一部になっていますね。
ホームシアターはオーナー様によってシステムについて重要視する部分、優先する部分は違います。機器のクオリティの違いなどはホームシアターのほんの一部に過ぎません。それ以外にももっとこだわると楽しい部分も沢山あります。新しい生活のはじまりに合わせ、ライフスタイルがガラリと変わるようなプランニングをホームシアター工房は致します〜。

ホームシアター工房 大阪 
田中雅史

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事98〜大建オトピタ設置して来ました

P8243705.jpg奈良は法隆寺近くのシアタールームにお邪魔致しました。建築様で防音工事をされたお部屋に弊社でホームシアターインストールをさせて頂いた案件でありますが完成後、音をだしてみるとフラッターエコーと低域のブーミングが目立っている様子。天井には大建工業のオトテン、壁面はオトカベS-3での吸音仕様としていますが、カーテンも無く物が少ない専用ルームと言う事でフラッターエコーは出やすい状況にあり、スピーカーも中低域のボリュームが豊かなJBLスピーカーをコーナー付近に設置している為、ブーミングがおこり低域が暴れてしまっています。大建工業の残響音シミュレーションでも適正値上限を250ヘルツをピークに超えぎみ、中高域もシアターで適正とされるデッドな環境の値を大きく超えていました。

*オトピタ設置前の様子→

P8243702.jpg今回の課題はそれらをシアター環境としてより適正値近くにもって行くのに最小限のコストで行いたいと言う事で、まずは盛大に鳴いている(どこで手を叩いてもビンビンしていました)フラッターエコーを止める事と低域のブーミングを軽減する事を目標にプランをしました。大建工業の製品で後付け、音響調整用の製品が色々とありますのでその中から選択をしました。

*設置前のチェックでビョーン、ビヨーンと奇妙な音が鳴るなあと思ってた原因はヤイリのアコースティックギターでした。共振してたんですね。→


P8243698.jpgフラッターエコーを止めるには 大建工業のオトピタ01を、低域のブーミングを軽減するのにオトピタ02と03を使用しました。オトピタ03はコーナー設置タイプ。スピーカー裏の反射を抑えてくれます。コーナーは音が溜り易いのでこの処置は効果が高いでしょう。オトピタ02は01と同じ壁面設置タイプですが構造が01と違い中低域の吸音に長けています。大建工業の性能評価では125〜250ヘルツに高い吸音効果が出ています。弱いながら高域の吸音にもするのでフラッターエコーにも効果がある事でしょう。

*スクリーンを出来るだけ大きくするとスピーカーはどうしてもコーナー付近に設置するしかない状況ってありますよね。→


P8243753.jpg設置しました。結果、大成功でした。フラッターエコーは完全に止まり、ブーミングも軽減できました。まず気にならないレベルまでもっていく事ができました。ここまで見事に改善するとはオトピタ流石です。
いつものソフトで視聴してみると音が明瞭で聴き易くなり、音が暴れる事無く締りのある気持ちの良い低音が前に出てくるようになりました。
オーナーも満足です。やったね。

*施工後の写真。あえて照明を変えてビフォー、アフターぽくしました。→



P8243752.jpg今回は、
オトピタ01を8枚、
オトピタ02を4枚、
オトピタ03を2枚、
使用しました。
本体のみで約16万円ほどの費用と
音質改善グレードアップとしてはお手頃ですね。

*施工費は別です。。。




P8243754.jpgよく見て頂くと壁面に設置しているオトピタの位置が均一で無いのが解ると思います。単にデザインでそのような設置を行っているので無くフラッターエコーを止める為により有効な位置に設置をしています。設置位置によっては同じ枚数であってもフラッターエコーが止まらなかったり、響きに偏りが出たりする場合があると思います。どこに設置すると効果的かはそのお部屋によって違うと思いますがある程度法則があるようです。



P8243759.jpgスピーカー裏もオトピタ03はこんな感じです。設置した上部がMDFむき出しだったので別途、吸音材をカットして貼り付けてみました。



P8243768.jpgさらにオトピタを追加してよりシアターとしてベストなデッドな環境にもって行く事も可能です。今回はひとまずと言う事で・・・



良いシアターが出来ました〜。

ホームシアター工房 大阪 田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事96〜iPadで音楽も映画も楽しむ マンションシアター

P8043434.jpg大阪府高槻市の新築マンション施工例です。
パート
パート
楽しみがどんどん広がる素敵なシアターが完成致しました。


オーナー様より コメントを頂けましたのでご紹介致します。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
『ホームシアターがやりたい』!!
マンションを買うことが決まったとき、まず一番にしたいことがこれでした。どうせやるなら、ビデオをスクリーンで見るだけでなく、PS3でゲームをしたり、PC内の音楽を聴いたり、radikoを聴いたりと色々リクエストを出しました。タイミング的にも、無線LANの速度アップ、各家電のDLNAの適応、USB3.0の広がりなど家庭内ネットワークを作りやすい環境が整ってきた時期でし たので、あれこれやりたいことが出来たと思います。想像以上だったのは、iPadとクレストロンを用いたオートメーションコントロールです。今ではiPad一台で全てのAV機器が操作出来ていますが、とにかく素晴らしいです。動作も安定していますし、望めばエアコンや照明まで管理できます。
これも最新の知識と技術をもったホームシアター工房ならではと思います。
気軽に、しかし本格的なホームシアターを望まれるなら、絶対おすすめできます・・・
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
嬉しいお言葉ありがとうございます。そうですね、これからシアターを構築するのであれば
ネットワーク関連のインフラを整えておけば色々と楽しみも増えますね。喜んで頂いて良かったです。
マンションであれ戸建てであれ 最初から計画をしておかないと出来る事も出来なくなります。
『ホームシアターしたい』と思ったら是非ともご相談下さい。

P8043461.jpgシアターするにあたりとても参考になるアイテムがありましたので紹介します。
高層マンションの場合、景色を楽しむと言う事もあり、窓が広く大きく取られている場合が多くあります。今回のリビングではハンターダグラスのブラインドと遮光率の高いロールスクリーンを組み合わせる事でシーンを切り替え、シアターを楽しんでいます。




P8043460.jpgブラインドの操作で光の取り入れ量を変化させれます。
ハンターダグラスのブラインドは優れものです。



P8043459.jpgロールスクリーンを下ろしてシアターモードにしています。
遮光カーテンだと見た目の雰囲気が重くなりがちで嫌だなと言う方は遮光率の高いロールスクリーンがお薦め。昼間でもシアターが楽しめます。

色々と工夫する事でお洒落にホームシアター環境を造る事ができますよ。

ホームシアター工房 大阪 
田中雅史


工房BLOG | - | -
<< 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集