ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事233〜浴室でも音楽を‥ クラリオンZF160を設置

DSC_0380-3.jpgホームシアター工房では、BGMシステムの設置依頼も多く頂きます。家中で音楽を流すような本格的なもの(こちら)もあれば、キッチンに一つだけブルートゥーススピーカーをつけて、スマホで簡単に音楽を流すものまでシステムは様々です。今回施工したクラリオンZF160は手軽に音楽を楽しみたい方に最適な天井埋込型ブルートゥース対応スピーカーになります。ZF160は見た目のスマート(天井埋込タイプ!)さ、使い勝手の良さ(スマホから簡単接続!)の他、音質の良さ(フルデジタルスピーカー!)、省電力(24時間連続再生で電気代 約1円程度!)も魅力です。また、防滴仕様(IPX3相当!)になっていますので、浴室や軒下での使用も可能です。今回のお宅では浴室での設置をご希望でした。既存のお家ですので、天井開口や電源の施工も行いました。

IMG_5538.jpgクラリオンZF160を開梱しました。スピーカー本体、駆動ユニット、スピーカーグリル、リモコン、取説関連が入っています。スピーカーはツイーターが2個ついており、一台でステレオ再生するタイプです。8畳間くらいの空間であれば1台でも十分です。それ以上の広い空間や、より高音質、ステレオ感を求めるのであれば、ZF160を2台使用して、Lch、Rchをそれぞれのスピーカーで鳴らす使い方も出来ます。




IMG_5475.jpg施工前の状態です。大きな点検口から天井裏を覗いてスピーカーの設置位置を決めます。
リビングやキッチンに設置する場合は出来るだけ空間の中心に設置すると満遍なく音が隅々まで行きわたります。壁の近くに設置すると反射音が多くなり、偏った響きになる場合がありますので出来るだけ壁からは離しましょう。また、照明やエアコンなどのすぐ近くも音質に影響が出る場合もありますので離した方が無難です。



IMG_5482.jpgZF160は開口サイズがφ200mmなので、フリーホルソーでサイズを合わせて開口しました。
ご新築の場合は開口や電源の取り出し、電源スイッチの取り付けを建築さんにお願いをして、ZF160の設置施工のみ弊社がするケースが多いです。先日はご新築のお家でZF160を5台設置したところもあります。




IMG_5484.jpgZF160本体を設置。ブルートゥーススピーカーは持ち運びタイプの物が普及していますが、そのサイズからどうしてもスピーカー本体は小さく(40〜80mm位)、音質は軽めか低域をブーストしたドンシャリな音傾向になりがちです。ZF160は160mmのウーファーと25mmのバランスドームツイーターx2で再生しますので、特にボーカル域が自然に聞こえてきます。



IMG_5486.jpg天井裏ではこんな感じです。スピーカーと駆動ユニットを接続。電源は浴室の照明から取りました。照明をつけるとスピーカーの電源も入るようになります。今回は問題ありませんでしたが、照明の器具や接続方法によっては接続ができない場合やノイズが出たりと正常に使用できないケースもあるので注意が必要です。本来であれば照明とは別で電源を準備し、専用のスイッチをつけるのが望ましいですね。そのよう電気工事が必要になりますので施工には電気工事の資格も必要です。



IMG_5492.jpgスピーカーグリルを設置して施工完了です。スッキリとした見た目で違和感なく設置できています。スマホとペアリングして視聴チェック。一度、ペアリングすると次からは、浴室の照明のスイッチオンでスピーカー電源が入り、スマホのブルートゥースONで接続されます。今までは防水の持ち運びタイプのブルートゥーススピーカーを浴室に持ち込んでいたとの事。充電しなくて良いし、置き場所にも困らなくなりましたね。もちろん音質も向上しています。




IMG_5495.jpgオーナー様は防水のタブレットを浴室に持ち込んでYOUTUBEなどを楽しむ事が多いそうです。音声はブルートゥースでZF160へ。これは楽しいそうですね!

ホームシアター工房ではホームシアターだけでなく、BGMシステムの導入相談もお受けしております。ライフスタイルにあったシステムのご提案を致しますので気軽に各ショールーム(東京・横浜・名古屋・大阪)、または『ZF160専用お問合せフォーム』までご相談下さいませ。

ホームシアター工房 
大阪 田中雅史

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事229〜シンプルリビングにPlus!!/関西住宅販売/KANJU様ご新築

DSC_0136-690.jpg明石市のご新築にホームシアターインストール。建築は関西住宅販売/KANJUさん。シンプルで落ち着いた雰囲気のリビングの中心に大画面の100インチ。天井には埋込スピーカー。ホームシアターと言うと大きなスピーカーを沢山据え置く必要があると思っている方もおられると思いますが、こちらもリビングシアターの定番のスタイルのひとつなんです。映画やスポーツ、TV番組を楽しむには十分な大迫力な映像と音響のクオリティをもったシステムです。

DSC_0152-690.jpgプロジェクターはエプソンの高輝度フルハイビジョンモデルTW6700。スクリーンはキクチ/グランビューの電動100インチ。ホームシアター初心者にとっては十分過ぎる映像美です。スピーカーはパイオニアの天井埋込タイプを7本。サブウーファーはONKYOの薄型ウーファーSL-T300。AVアンプはインテグラ DRX-3。スピーカーとAVアンプはBGMを気軽に楽しむにも適しています。スマホをブルートゥースで接続するのはもちろん、ラジコやインターネットラジオも楽しめます。

DSC_0155-690.jpgホームシアター工房はプランニングから施工まで行う、ホームシアターインストール専門ショップです。ご新築、改築、既築を問わず、ホームシアター導入のお手伝いを致しますので導入をご検討されている方は是非とも、一度、ご相談下さい。

ホームシアター工房 大阪 田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事218〜ダンス練習室xホームシアター

P1303636-800.jpg大阪府豊中市のご新築のお家にホームシアターインストールしてきました。お部屋はDAIKENの防音仕様のダンス練習室で、壁の片面は鏡張り。もう片面は吸音壁となっています。ピアノ室の場合もそうですが、お部屋が防音仕様になっているのであれば、プラス ホームシアターで、より楽しみが広がります。オーディオはダンス練習用として、パソコンやスマホで再生した音楽を流すのをメインで設計し、それに映像機器を足すことでホームシアターを実現しました。



P1303644-800.jpgスピーカーはオーディオテクニカのAT-KSP90Bを4本にサブウーファーONKYO SL-D501をセットして4.1chとしました。アンプはプリメンアンプの採用も検討しましたが、やはりホームシアターとしてサラウンド感が味わえないのはもったいないので、AVアンプを導入。パワー感と音質で評判のインテグラ DRX-3を。プロジェクターはソニー VPL-HW60、スクリーンはOS 電動110インチ、プレーヤーとしてパナソニックのブルーレイレコーダーを導入しました。このシステムでブルーレイ/DVDソフトの再生、テレビ放送や録画番組の視聴が可能です。また、パソコンを繋いでYoutubeなども大画面で楽しめます。



P1303645-800.jpgソニー エントリークラスのフルハビジョン プロジェクターです。とにかく大画面を楽しみたい方、ホームシアター初心者の方でも安心して使える、充実したクオリティを持っています。




P1303646-800.jpgスピーカーのオーディオテクニカ AT-KSP90Bです。通常のホームシアター用スピーカーではなく、過大入力時にはリミッターがかかり、スピーカーの破損を防ぐタイプで、重低音、大音量にも耐えうる仕様です。


ホームシアター工房では新築、改築、既存に限らずホームシアター導入のお手伝いをしておりますので、ご検討されている方は気軽にお問い合わせ下さいませ。

ホームシアター工房 
大阪 田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事203〜素敵なリビングシアターin京都/旭化成ホームズ様ご新築

P6192764.jpg京都市のご新築のリビングにシアターインストールしてまいりました。建築は旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)さん。2世帯住宅の2F分部のリビングでスペースは約3.7×4.4m、天井高2.4m。明るい木目を基調としたやわらかい印象のお部屋です。1階からの階段と3階へ階段の出入り口の間に(約2.86m)にシアタースペースを設けました。ホームシアターのシステムはプロジェクターがエプソン EH-TW8200、スクリーンはキクチ スタイリスト電動90インチ。スクリーン裏には東芝の42インチTVが壁掛けされています。スピーカーはフロントがKEF C7、センターはKEF Q200c、サラウンドとトップスピーカーはKEF Ci160CR。ウーファーはユニソニック AHT-80Sです。


P6192790 500.jpgAVアンプは先日、モデルチェンジをしてパワーアップした、インテグラ DRX-3を選択。映画の迫力を再現するパワー感はクラスイチかと思います。シアター機器全てと照明をipadでコントロールしています。<ホームシアタースタート>のワンボタンで全ての機器が連動。それに合わせて照明も消えます。ipadのコントロールはまるで映画館のような演出で評判も良いのですが、機器に詳しくない方でも、簡単に使って頂けるので喜んで頂いております。

写真はサラウンド、アトモススピーカーに使用しております、
KEF Ci160CRです。薄いベゼルがお洒落な埋込スピーカーです。
KEFのロゴもブランド感がアップしてますね。⇒

P6192794.jpgまた、リビング隣のダイニングキッチンには、一体型ブルートゥーススピーカー クラリオン ZF160を設置。スマホやノートパソコンをブルートゥース接続して、手軽に音楽を鳴らす事が可能です。

新生活を映像と音と共にスタート致しましょう!

ホームシアター工房 大阪
田中雅史



工房BLOG | - | -
1 2 3 4 5 6 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集