ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事170〜高天井のリビングシアター 大阪市

PA148951.jpg大阪市は浪速区、通天閣と阿倍野ハルカスが屋上から並んで見える場所にあるご新築のお家。3Fのリビングにてシアターインストールをさせて頂きました。開放感のある高天井と柔らかい色調が特徴的なお部屋です。リビングのスペースとしては約3.6x4.5m、天井は3.7mあります。高天井の場合、スクリーン、プロジェクター、スピーカーをどう配置、設置するかがポイントになります。結果、シアターのクオリティを落とす事なく完成する事ができました。プラン初期は、ブックシェルフスピーカーをローボードに収納するパタンも検討しましたが、前方を出来るだけスッキリさせたいとのご要望からスピーカーは全て壁掛け設置で再検討しました。

PA148968.jpgそんなプランのタイミングに代理店から発売となったのがフランスのキャバススピーカー。サイズが手ごろで何より音がいい。とても広がりがあって解像度の高い音。シアターとのマッチングもイイし、120インチを超える大画面でも対応できそう。雑誌で評論家の先生方が絶賛してるのもうなずける。何よりこの価格。真ん中サイズのEOLE3で一本40,000円。お値段以上のパフォーマンスとはこの事か。。。スクリーンBOXを造作し、そこにEOLE3をフロント&センター用に、サラウンドはワンサイズ小さい、ALCYONE2を2本設置しました。スピーカーシステムは5.1chです。


PA148994.jpgプロジェクターは壁面に設置しました。(⇒)写真だけ見るとどう設置してるか?わからないかもしれませんね。今まででしたら天井から長いポールの伸ばしてプロジェクターを吊っていましたが、このように壁面に設置する方法もあります。高天井の場合はオススメです。
天井面の仕上げは吸音仕様となっております。高天井や吹き抜けの場合、通常より音が良く響きます。適度に吸音を施すとシアター視聴の場合のみならず、TVの音や、普段の会話が聞き取り易くなりますよ。




PA148982.jpgプロジェクターはエプソン EH-TW8200。高輝度なのでリビングシアターには最適ですね。明るく、元気な絵作りは映画、スポーツ問わず見やすくて評判です。スクリーンは電動の120インチを設置。スクリーンサイズの選定は悩むところではありますが、設置可能であれば出来るだけ大きなスクリーンの導入をオススメ致します。





PA149011.jpg出来るだけ正面をスッキリさせたいとの事でしたので、機材はローボードではなく、縦型ボードをサイドに寄せて設置しました。最下段には密閉型のサブウーファー、KEF Q400bを収納しております。AVアンプはインテグラDTR-30.6、キャバスとの相性もバッチリです。放熱経路も確保してありますので、熱暴走などのトラブルも発生しにくい造りになっております。




PA149013.jpgスクリーンの裏にはテレビが壁掛けされ、2WAYシアターとなっております。写真にはありませんが、その他、寝室に32インチテレビの壁掛け、キッチンにはスマホの音楽を飛ばせるブルートゥーススピーカーも設置しました。音に映像にエンターテイメント満載のお家となりましたね。
ホームシアター工房ではご新築、リフォーム、既存部屋問わず、ホームシアターの導入相談をお受けしております。まずは、東京、横浜、名古屋、大阪の各ショールームまでお問い合わせ下さい。お待ちしております。
ホームシアター工房 大阪
田中雅史


工房BLOG | - | -

■テレビ大阪木曜深夜「シネマクラブ」内 ★ホームシアター工房CM 『スマホで簡単!』 放送中!!



ホームシアター工房 コマーシャル『スマホで簡単!』完成!!
弊社「アシベ電機」がスポンサーをしている、
テレビ大阪木曜深夜「シネマクラブ」内にて絶賛放送中です!!

ホームシアター工房のコマーシャルが完成致しました。
伝えたい事が、とてもシンプルでわかりやすく表現されています。
何度か見ると『スマホで簡単!』が耳から離れなくなります。

ホームシアター工房 田中雅史

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事159〜夢が叶った!古民家大改装を機にシアター導入 京都

P2227310.jpg京都の築180年、古民家リフォーム
シアター です。
その その その
ホームシアターシステムは100インチ/9.1chシアター。そして、それらを最大限に楽しむ為にipadコントローラーも導入頂きました。映画館に負けない映像と音響の迫力があっても使い勝手が悪いと勿体ないですもんね。手軽に快適にシアターを楽しむにはiPadコントロールが一番。今回制御しているのは、.廛蹈献Дター、▲好リーン、ブルーレイレコーダー、AVアンプ、TV、CATVチューナー、Д薀ぅ謄ング。それぞれの動作を組み合わせる事でお望みの視聴セッティングを呼び出す事が出来ます。


PC106651.jpg写真は機器それぞれのリモコンです。あれこれ持ち替え、こっち押して、あっち押して、あっ違った、、、とか、間違ったボタンを押してしまい映像が出ないとか、、、機械の苦手な人ならもうイヤ〜てなりますよね。理想は映画館のようにソファーに座っていると明かりが消えてスマートに映画が始まる感じ。またその時のワクワクドキドキする感じもホームシアターにも取り込みたいですよね。単に便利と言うだけでなく、演出も加える事でより感動が大きくなるように仕掛けをしています。
ipadコントロールは『ホームシアター工房』各ショールームで体感も出来ますので是非!


P2227298.jpgキッチンの天井に埋込スピーカーが設置されておりますが、これは普通の天井埋込スピーカーではないんです。今、流行りのブルトゥース対応の天井埋込スピーカーです。見た目はまったく普通の天井埋込・・・ですが、スマホやタブレットに入っている音楽をブルートゥース機能を使って簡単に手軽に飛ばせて、流せちゃいます。BGMの場合、超高音質と言うよりも、簡単・手軽に使えるのが最優先。キッチンの場合は奥様がサクサク使えるかどうかがポイントになりますもんね。本当にこれ人気なんですよ。キッチン以外でも寝室や子供部屋にも。また、防滴仕様なのでお風呂でも可能です。クラリオン ZF160 売れてます〜。

P2227302.jpg造作で作られたソフトラックの上にはオーナー様ご自慢アイテムが鎮座。映画への思い入れが伝わります。同世代の映画好きにはたまらない逸品ですね。

今回の案件は古民家リフォームと言う案件でしたが、もちろんご新築の際もホームシアター導入可能です。これから新築の検討をされるのであれば是非とも一度、ホームシアター工房のショールームにご来場頂きご体感下さい。
最先端の家族団欒の形がイメージできると思います!
お待ちしております。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史





工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事155〜120インチパネルシアター 奈良県 三井ホームご新築

P1276888.JPG奈良県は学園前、三井ホームさんご新築のお家にシアターインストール致しました。120インチパネルスクリーンが印象的な専用ルームですが、シアター以外にもミニキッチンやワインセラーがある大人の娯楽室(素敵な響き!)のような雰囲気です。照明も調光で雰囲気バッチリです。お部屋の広さは約5.3x3.4m、天井高は約2.8m。音響的には天井高は高めが望ましいので、その他のお部屋に比べ床を一段低くする事で実現。また、遮音や調音にも気を使った音の響きの良いお部屋になっております。シアターシステムとしては、見た目的にはスッキリさせたい!だけど、音響や映像の迫力を楽しみたい!とオーナー様からのご要望。もちろん、ご予算内で・・・とも。当時のご予算は50〜100万位でした。

P1276893.JPGスクリーンは100インチ以上、音響は5.1chをご要望されておりました。スクリーンはお部屋の広さ、視聴ポイントの設定から120インチワイドに決定。せっかくの専用ルームですから電動などの昇降式ではなく張り込みパネルタイプをおすすめ。パネルタイプの利点はなんと言っても画質。電動など昇降式は少なからずスクリーン面に凹凸やヨレが出来、映像に歪みが出てしまいますので画質優先ならパネルですね。パネルのワクもベルベット調で光の反射が少なく映像が綺麗にトリミングされるもの効果が大きいです。

P1276897.JPG音響はフロントハイト7.1chにしました。包み込まれるようなサラウンド感を味わうなら7.1ch以上がオススメ。ミドルクラス以上のAVアンプはほぼ7.1ch対応ですし、2本のスピーカーを足すだけの効果は絶大ですのでこれからシアターを構築されるのであれば是非とも7.1ch以上で!プロジェクターはJVC DLA-X500R。映画に引き込まれる黒の深み、色合いはJVCならでは。ミドルクラス以上ならではの実力です。

P1276895.JPG機材類は背面のワインセラースペースの上部に棚を作ってもらって設置。暗室の専用ルームの場合、前方に設置すると ちょっとしたLEDの光が気になったりしますのでサイドなり後方が望ましいですね。ブルーレイプレーヤー、AVアンプ、テレビチューナー、アップルTVを設置。AVアンプはインテグラ DTR-30.5。KEFのスピーカーもパワフルに鳴らせるミドルクラス。ブルートゥースを使ってスマホの音楽も簡単に楽しめるスグレモノです。

P1276906.JPGスピーカーはKEFのTシリーズをフロント、センター、フロントハイト、ウーファーに使用。サラウンド同じくKEFの埋込型で統一しております。KEF Tシリーズはオンウォールの薄型スピーカー。壁掛けテレビシアターで使用する事が多いですが、もちろん120インチの大画面でも不足無し。もちろんウーファーも薄くてパワフルです。オーナー様のご要望の「スッキリさせたい」にピタリとはまりました。フロント&センタースピーカーはT301、T301c。フロントハイトスピーカーはT101。サブウーファーはT-2。
感動で震えるシアターがまた一つ完成しました〜。

ホームシアター工房 大阪 
田中雅史

工房BLOG | - | -
<< 1 2 3 4 5 6 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集