ホームシアター工房は年間施工数150件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事199〜青い壁が印象的なドルビーアトモス 7.1.4chシアター

P4270443pi.jpg大阪府の新築物件にホームシアターインストールしてまいりました。建築はエスバイエル様です。シアタールームを造るのが夢だったオーナー様。今回もお家を建てる決断をされたのはホームシアタールームを造りたいからとの事。一番最初にご相談を頂いたときはまだ、建築様も決まっていない状態でした。お部屋の広さは2.6x4.4m、天井高は2.4mですが後方は一段高くなっており、その段差に腰かけて視聴するお洒落なスタイル。その段差にはFIXガラスが入っており、1Fのリビングが覗けるようになっています。どちらから見ても開放感があるナイスな建築アイデアです。それに青い壁紙がとても印象的ではないですか?

P4270484pi.jpg他のお部屋やリビングはホワイトを基調とした落ち着いたデザインですが、この部屋に入った瞬間にスイッチが入りますね。SFなどの映画が大好きなオーナー様のイメージにピッタリです。プロジェクター&スクリーンはソニーVW500ES&キクチ スタイリスト 100インチ電動で生地はWAC。それに垂れ壁の様に見えるスクリーンパネルを付けました。スピーカーはキャバス EOLE3をフロントとセンターに3本、ALCYONE2をサラウンド&サラウンドバックとアトモスのトップスピーカーに8本使用しています。ドルビーアトモス7.1.4ch(計11ch)です。ウーファーは小型スピーカーの低音をきちっと補ってくれるONKYO D501を使用しております。

P4270492pi.jpgこの11本のスピーカーを鳴らすAVアンプはインテグラ DTR-60.6とADM-30.1。パワー感のあるアンプでブンブン鳴らします。
スクリーンが壁一杯まで来るのでフロントスピーカーは横の壁に設置しています。キャバスだから出来る設置方法ですね。スクリーン裏にはTVも壁掛け設置しております。


P6050600pi.jpgシアターのシステムは全て、ipadで操作が出来るようにしております。照明も連動出来ますので、シアタースタートと共に照明も消える演出となっています。



P6050596pi.jpg後日、吸音用パネル、サウンドスフィアを設置しにお伺いして際には、お持ちのソフトや色々なアイテムが飾られて、オリジナルなシアタールームになっていました。
とってもいい感じに仕上がってきてますね。

ホームシアター造りのご相談は
ホームシアター工房まで
気軽にご相談下さい。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事198〜テレビシアターからスクリーンシアターにアップグレード!!

P6122683.jpg明石市の関西住宅販売様、ご新築のお家にインストールしてまいりました。今までテレビシアターを楽しまれていたオーナー様。ご新築をきっかけにプロジェクター&スクリーンシアターにアップグレードをされたいとご要望。スペースが決まっており、お持ちのB&Wのスピーカーを使用する前提なのでスクリーンは電動の80インチにしました。プロジェクターはリビングシアターでは定番のエプソン EHTW8200をキクチの壁掛け金具を使って設置しました。80インチの見やすい高さで視聴するにはプロジェクター位置を少し下げ目にする必要がありますが、長い天吊り金具ではどうしても見た目が商業施設よりになってしまいますのでこちらを選択しました。吹き抜けなどの場合も活躍する金具です。

P6122704.jpgサラウンドスピーカーとドルビーアトモス用のトップスピーカーにはスピーカークラフト社のプロファイルAIM THREEを4本使用。こちらもホームシアターインストールでは定番のスピーカーとなります。従来の商業施設向けの天井埋込スピーカーではなく、ホームシアターにBGMシステムにと音質を問われるホーム用途に適したスピーカーです。ツイーターを視聴位置に合わせて可変出来るモデルは他にもありますが、ウーファーコーンまで可変させることが出来るスピーカーはまれです。標準となりつつあるドルビーアトモスでのトップスピーカーに最適です。

P6122718.jpgプロジェクターを壁掛け金具で設置するとこんな感じです。

ご新築に限らず、既存のお家でもリフォームの際にでもホームシアターインストールさせて頂きます。
映画館のある生活スタイルを楽しみませんか?

ホームシアター工房 大阪
田中雅史



工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事197〜リビングアトモスシアター7.1.4ch

P1179667.jpgSF映画にでも出てきそうな雰囲気のシアターは吹田市のご新築リビングシアターです。見事なまでにホワイト&ブラックで統一された、スタイリッシュなお部屋はモデルルームのようにお洒落で正直、カッコいい!!そのイメージを崩さずにプランニングし、大迫力の大画面、ドルビーアトモスのシアターを完成させる事が出来ました。また、ipadコントロールを利用して、シアターの操作はもちろん、照明や電動のカーテン、シェード、シャッターもコントロールもしており、音・映像・デザインへのこだわりだけでなく、使い勝手もフォローしております。



P1179691-500.jpgプロジェクターはソニー4K対応 VW500ESを天井設置。壁面いっぱいのスクリーンは電動140インチです。フロントスピーカー、センタースピーカーはKEF Rシリーズを選定。グロスホワイトがお部屋のイメージにぴったりです。フロントスピーカーのインシュレーターはスーパースパイクを、ウーファーは家具の中に収納しますので密閉型のKEF Q400bを使用てしています。サラウンド/バックスピーカーの4本とアトモススピーカーの4本は、スピーカークラフトの天井埋め込型スピーカー、プロファイルAIM7-THREEです。背面側もスッキリしています。



P1179679-500.jpgそれらのスピーカーを駆動するのは、インテグラDTR-60.6&ADM-30.1の計11chアンプ。これでドルビーアトモス7.1.4chを実現しています。シンプル機能でパワー感のあるアンプ。余裕のあるサウンドが大迫力であり、心地よいです。プレーヤーはパナソニックのブルーレイレコーダーにoppoのユニバーサルプレーヤーです。下に写真が出てきますが、スクリーンの裏には65インチのテレビが壁掛けされている2WAYタイプとなっております。普段はテレビで映画やスポーツ、音楽ライブを見るときはプロジェクター&スクリーンで楽しめますね。


P1179699-500.jpgリビングのシアターとは別にキッチン&ダイニングには奥様の為のBGMシステムを導入しております。スマホに入っている音楽をブルートゥースでシステムに接続すれば、手軽に素早く音楽を流す事が出来ます。シーンに合わせてジャンルを選定すると食事もより一層楽しくなりますね。BGMシステムは様々なパターンがありますが、オーナー様によっては音楽だけでなく、川のせせらぎや波の音を流されている方もおられます。



P1179653-500.jpgご新築の際には新しい生活を色々と想像される事でしょう。その中に映像と音があればよりアクティブに、豊かな生活になる事は間違いないです。今までホームシアターを体感された事がない方も多いかと思います。そんな方は是非一度、弊社のショールームにてご体感下さい。もちろん、初心者の方、大歓迎です。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史



工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事196〜既存のお部屋でも5.1.2ch、アトモスシアター

P4222492.jpg兵庫県豊岡市の既存のお家にホームシアターインストール。しかもドルビーアトモス仕様!オーナー様のご友人宅のホームシアターを弊社が手掛けており、そのご紹介という事でご来場頂きました。既存のお家という事でまずは下見をさせて頂きました。お部屋の寸法を測り、視聴位置、スクリーン、やプロジェクター、スピーカーの設置位置を想定していきます。その際に重要なのは音や映像の効果、生活導線、使い勝手、デザイン等。それもオーナー様によって優先順位が違いますので十分に聞き取りをしてシステムを組み立てて行きます。既存の場合はスピーカーケーブル配線やコンセント、アンテナ線などの新設が必要になりますので出来るだけ配線が見えない経路も合わせて検討しています。

P4222496.jpgシステムは3.8x3.8m、天井高2.5mのお部屋をめい一杯使用してのフルハイビジョン/100インチ、5.1.2ch(計:7ch)、ドルビーアトモスシアターです。プロジェクター&スクリーンはエプソンEH-TW8200とOS電動100インチ。スピーカーはキャバスのEOLE3をフロント/センタースピーカーに、ALCYONE2をサラウンド/アトモススピーカーに使用しました。ウーファーはONYKO SL-A251。それらを駆動するホームシアターの要、AVアンプはインテグラ DTR-30.7。パワー感のある信頼のおけるアンプです。TVはソニーの49インチを壁掛け設置しました。写真の通り、条件が整えば配線を隠して施工する事も可能です。


P4222506.jpg今回の様に以前<ホームシアター工房>をご利用頂いた方からのご紹介が多く大変有り難く思います。ホームシアターの輪をどこまでも広げて行きたいと思います。
ホームシアターに興味のある方は是非とも一度、お気軽にご相談下さい。あなた様のお部屋にて、どんな楽しいホームシアターが出来るかご提案させて頂きます。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事193〜中古物件に防音工事&ホームシアターインストール

P3062257.jpg大阪市内の防音工事&ホームシアターインストール案件、完成致しました。前回(こちら)の写真と比べてみて下さい、まさに魅惑の変身です。ホームシアター専用ルームですから、全体的にダーク調にし、迷光対策を行う事で映像がより綺麗に見えるようにしております。単に綺麗に見えるだけではなくて、没入感がアップしますので映画の感動も5割増し(弊社調べ)になります。天井はブラックに塗装しました。防音性能は約40db(開口部除く)。ドアは大建工業の製品、防音サッシはまどまどです。ホームシアターの音量、約70〜80dbを30〜40dbまでに低減する仕様となります。また、部屋の中の音の響きを調整する調音は大建の天井材オトテンと壁に施工したサウンドスフィアで行っております。

P3062280.jpgホームシアターはフルハイビジョン120インチにドルビーアトモス7.1.4ch(計:11ch)です。プロジェクターはクローゼットを利用してBOXを作りソニーHW60を収納、スクリーンは120インチ電動タイプです。フロント/センターSPはインフィニティ。サラウンド、サラウンドバック、アトモスSPはキャバスEOLE3とALCYONE2となります。AVアンプはインテグラ DTR-60.6とADM-30.1。これで11本のスピーカーを駆動します。このシステムにお手持ちのブルーレイレコーダーを接続して、ブルーレイのソフトはもちろん、TV放送も大画面で楽しむ事が出来ます。



P3062294.jpgご新築の際など防音工事を建築さんがされる事もあるかと思いますが、防音工事(内装)とホームシアターの設計、工事を同じ会社、スタッフが行う利点があります。餅は餅屋といいますが、ホームシアターはホームシアター屋におまかせ下さい。もちろんホームシアターはお部屋の環境も含めてホームシアターです。
是非とも、防音工事、ホームシアター工事について、気軽にご相談下さい。
お待ちしております。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事192〜中古物件に防音工事&ホームシアターインストール

P1152004.jpg大阪市内の防音工事&ホームシアターインストール案件です。3F建ての築18年中古物件を購入して全般的にリフォームをされたオーナー。3Fの一室だけはシアター専用ルームにすべく、防音工事とシアターインストールを弊社にご依頼頂きました。お部屋の広さは3.5x4.4mの約10畳、天井高2.4mの洋風なお部屋。出窓、FIX窓、クローゼット、所々に梁のでっぱりあり。天井裏はロフトになっているよう。オーナー様との御打合せを重ね、防音工事とホームシアターの仕様を決定。約40dbの遮音性能の防音室と120インチスクリーン、ドルビーアトモス7.1.4ch(計11ch)のシアターを造る事となりました。


P1152010.jpg写真は工事キックオフの直前です。このお部屋がどう変身していくのかは
次回・・・

ホームシアター工房ではご新築、改築、既存部屋を問わず、ホームシアターやBGMシステムなどの導入相談をお受けしております。画と音のクオリティ、デザイン、使い勝手のバランスを重視したインストールが得意です。
まずは気軽ににご連絡下さい。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史




工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事191〜マンションでTVシアターとBGMシステム

PC141775.jpg大阪市内の高層マンションにホームシアターインストールをしてまいりました。ソニーの85インチ液晶TVをメインにドルビーアトモス対応のサラウンドシステム、それにシアターとは別に3部屋へ音楽を配信するBGMシステムを導入させて頂きました。お部屋が広いのでTVの大きさの感覚がわかりずらいのですが、85インチ(横幅約2m)あります。TVもこれくらいの大きさになると大迫力です。機材類は全てインビジブル。普段は目につかないように収納しています。



PC141780.jpgサラウンドスピーカーとアトモススピーカーにスピーカークラフト社のプロファイルAccuFit CRS7 THREEを2本づつ。マンションのように天井フトコロの浅いところでも埋込設置を可能にしてくれます。




PC141786.jpg
ブルーレイレコーダーはソニー BDZ-ET2200、AVアンプはインテグラ DTR-60.6です。ホームシアターの操作は全てipadで出来るシステムとなっております。システムの使い勝手を重視すると欠かせません。




PC141788.jpg
フロントスピーカー用のパワーアンプは抜群のコストパフォーマンスを誇る、ONKYO M-5000R。AVアンプとの駆動力の違いが確実に音に出ます。



PC141795.jpg
フロントスピーカーはイギリス王室 御用達、LINN AKUBARIKのパッシブタイプ。センタースピーカーとサブウーファーはお部屋のデザイン上、無しに。その分、LINN AKUBARIKが大活躍しています。




PC141791.jpg
音楽配信用のメインコンポはマランツ M-CR611。小さいながらに多機能、高音質です。寝室、お風呂、プレイルームの3部屋に音楽を届けています。各お部屋にボリュームスイッチを付け、お部屋ごとにボリューム調整も可能。お風呂用のスピーカーは防滴仕様のパイオニア S-ICH200Dです。



PC141803.jpg寝室のBGM用のスピーカーはスピーカークラフト社のプロファイルAIM7-THREE。フランジレスなので見た目すっきり、それでいて高音質です。ツイーターやウーファーコーンの角度を変えれるのでホームシアターのスピーカーとしても最適です。

ホームシアター工房ではご新築、改築、既存部屋を問わず、ホームシアターやBGMシステムなどの導入相談をお受けしております。画と音のクオリティ、デザイン、使い勝手のバランスを重視したインストールが得意です。
まずは気軽ににご連絡下さい。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事188〜リビングで5.1.4chドルビーアトモスシアター

PA101446.jpg京都府はエスバイエル様、ご新築の戸建て2Fのリビングにドルビーアトモス(5.1.4ch)対応シアターをインストール致しました。壁、床、天井に建具にカーテンにホワイト系の色合いでまとめたリビングルーム。唯一、スクリーン裏の面だけはダークな色のエコカラットを配置しており、良いアクセントとなっております。リビングの場合、全てをダーク色にはしずらいのでスクリーン裏だけを黒に近い色合いにするのはオススメの手法。これだけでスクリーンに映る映像の見え方が違ってきますよ。また、前面にはスピーカーやラックなどが、ごちゃっとなりがちですが、壁の色に合わせて黒っぽくまとめれば結構スッキリ見えるものです。


PA101501.jpgスクリーンの裏にはテレビが壁掛けされています。壁面を少し掘り込んで設置していますが、その内側のクロスも黒色にしています。スクリーンは電動120インチタイプ。プロジェクターはリビングに最適なエプソン EH-TW8200。高輝度でリーズナブルなプロジェクターです。フロントとセンタースピーカーはDALI ZENSORシリーズ、サラウンドとトップミドルはスピーカークラフトAIMシリーズ、フロントハイトにキャバス、ウーファーにデノンの製品を使用しています。リビングの環境を考え、適材適所で選択しております。アンプはONKYO TX-NA1030です。


PA101471.jpgリビングと言う環境に合わせ、よりリーズナブルでいてパフォーマンスも重視したいというご要望は多いです。今までの経験を活かして実現できるように頑張っております。今回もオーナー様の御要望にお応えできたかと思います。
ご新築、ご改築、既存のお家、戸建て、マンション拘らずホームシアターのプランニングから施工まで一貫して御請け致しますので、まずはご相談下さいませ。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史




工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事185〜ドルビーアトモス 9.1.6ch

IMG_7907.jpg2015年度のドルビーデモディスク。
裏面に収録されているソースが書いてありますが・・・???


IMG_7908.jpgテストトーンの中に9.1.6ch!?の信号が!!多分、一般的な5.1chにサラウンドバックとフロントワイド、それにフロント、ミドル、バックのトップ(もしくはハイト)の全部入りですよね〜。これが対応したAVアンプが登場する前触れなのかな??待ち遠しいですなあ〜(^^♪

ホームシアター工房 大阪
田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事183〜リフォームとホームシアター 明石市

P9131305.jpg明石市のリフォームとホームシアターのお部屋が(ほぼ)完成致しました。リフォーム前の状態(こちら)と比べると大きく見違えました。天井はオフィス天井をそのままにして黒に塗装しました。オフィス天井は多少ではありますが吸音効果もありますのでそのまま活かしました。また、クロスに張替るよりも、今回はお費用的にも塗装の方が安価でした。壁面はスクリーン裏は黒系クロス、その他の壁は茶系のクロスとしました。正面のクロスはマットの黒でも良かったのですが、明かりをつけた時にちょっとお洒落感を出したかったので少しデザインの入った壁紙にしています。ケーブルも全て天井内、壁内に隠蔽出来たのでスッキリと綺麗に仕上げられました。


P9131282.jpgシアターのシステムはエプソン フルハイビジョンプロジェクターに120インチのパネルスクリーン。KEFのCシリーズのスピーカー群にキャバス EOLE3をトップミドルとし、5.1.2chのドルビーアトモス環境を実現致しました。空間が広い事もあり、低音を上げ目にしても音が破たんする事なく心地よく響きます。天井、床のカーペットである程度響きは抑えられているもののオーディオ、シアター視聴用としてはまだまだ響き過多で、フラッターエコーも散見されます。最終の仕上げとしては調音パネル、サウンドスフィアを設置して音をクリアにしていきます。その作業で施工は完了となります。
ホームシアターとリフォームを同時に行うのであればホームシアター工房までご相談下さい。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史

工房BLOG | - | -
<< 1 2 3 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集