ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事211〜驚愕!!200インチのリビングシアター!!/タマホーム様ご新築

P9228787.JPGドーーンと200インチ!!しかもリビングで!!奈良県はタマホームさんのご新築物件に驚愕のホームシアターが誕生しました。マンションでお住まいの時からホームシアターを楽しんでおられたオーナー様。戸建てのご新築を機にドーーンとホームシアターを構築。とにかく大きなスクリーンを入れたいとの事でしたので、シアター設計すると丁度、200インチ入りました(´・ω・`)200インチと言うと、映写面(白い生地の部分)でw4,428xh2,491mmもあります。等身大以上の大迫力です。お部屋の広さはリビングスペースで約4.9x7.5m、天井高は3.3m。この広さがあるから200インチを実現する事が出来ました。
●オーナー様とスクリーンの比較↘

P9228734.JPGシアターシステムはプロジェクターにソニーVW1100ES。200インチスクリーンに耐えうる画力を持つプロジェクターはこれしかないでしょう。スクリーンはOS 200インチ、サウンドスクリーン、シネスコマスク付き。部屋いっぱいにスクリーンを持ってくる為、スピーカーはスクリーンの裏に設置。音を透過するサウンドスクリーン生地にしました。シネスコマスクとは、通常の16:9スクリーンの前に黒マスクを垂らして、シネスコ(2.35:1)サイズにするもの。これがあると無いとではシネスコ映画の見え方が大きく変わります。メイン、センタースピーカー&ウーファーは以前から使用されていた、LINNの製品を流用。将来、B&W 802シリーズを設置できるようにスペースを開けております。

P9228712.JPGサラウンドSP、サランドバックSP、トップSPは天井埋込型でスピーカークラフトのプロファイルAIM7-FIVEを使用。ベゼルレスの見た目の美しさだけでなく、どんなスピーカーにでも合わせやすい癖の無い音質、ウーファーとツイーターの方向を可変できる仕様で人気です。AVアンプはパイオニアSC-LX88。ドルビーアトモス対応のハイスペックなアンプです。プレーヤーはパナソニックのブルーレイレコーダーとPS4を使用。機器はスクリーン右横のバックスペースに全て収納。操作はipadで一括操作ができるシステムを導入しています。シアター機器の操作はもちろん、照明、エアコン、床暖房、5か所あるバーチカルカーテン/ブラインドの操作も可能にしています。

P1256861.JPGスクリーン裏には65インチのテレビとLINNのスピーカーシステム。次回は是非ともメイン&センタースピーカー、ウーファーをアップグレードしたいですね。床から関節照明がデザインされた壁を照らしています。

P1256848.JPG
200インチスクリーンのシネスコマスクを下したところ。16:9スクリーンがシネスコスクリーン(約189インチ)に早変わりします。
写真はありませんが、キッチンの天井部には天井埋込み型ブルートゥーススピーカー、クラリオンZF160を2台、ステレオ仕様で設置しています。

P2247398-800.jpgPS4でサッカーゲームを楽しむオーナー様。写真だと小さく見えますが、200インチ!!です。

ホームシアター工房はホームシアターを導入したい!のお手伝いを致します。各ショールームにて体感もできますのでまずは、気軽にお問合せ下さい。

ホームシアター工房 大阪 
田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事210〜芦屋市の地下空間にシネスコシアター/三井ホーム様ご新築

P6298313.jpg芦屋市のご新築にホームシアターインストール(2014年施工)。3.9×5.8m、天井高2.5mの地下室に気兼ねなく映画に浸れる空間を造りたいとご依頼頂き、音響内装工事、造作工事とホームシアター工事をお受けしました。内装は建築さんよりスケルトンの状態で引き継ぎ、天井と壁全体を建築吸音部材で施工しました。w455xh1,300mmの壁に設置している吸音パネルはそれとは別にフラッターエコーなどノイズが出やすい場所のみ追加で施工しました。全体をダーク調にまとめ落ち着いた雰囲気にすると共にスピーカー等、機器の存在感も主張する、そんなイメージでまとめました。正面の壁いっぱいに設置しているパネルスクリーンはキクチ化学研究所の140インチ/シネスコです。

P6298321.jpg生地は4K対応のWAC。パネルスクリーンの良さはその平面性にあります。エアコンの風で揺れる事もありませんね。プロジェクターはソニーVW1100ESです。スピーカーはメインにJBL S3900、センターにJBL LS Center、ウーファーにJBL SUB 560を2本。サラウンド/サラウンドバック/フロントハイト/フロントワイドスピーカーにはモニターオーディオ Silver RX-FXを8本設置しました。計:11chのサラウンドシシステムです。それらを鳴らすアンプはデノンAVR-4520とメインスピーカー用パワーアンプにONKYO M-5000Rを使用。立体的な音響が視聴者を包み込みます。音響調整工事を行い、不要な反射を取り除いているので、一つ一つの音が明瞭に聴こえてきます。

P6298347.jpg音楽視聴用にHDD付ネットワークプレーヤー ソニーHAP-Z1ESも設置。リクライニングチェアはエコーネス ストレスレスチェアです。シアター機器&照明はお馴染み、ipadコントロールで一括制御。ホームシアター工房では音や映像のクオリティは勿論、使い勝手やデザインも重視していますので、コントローラーは必須ですね。もう一つ、故障の少ない機器、メンテナンス対応の充実したメーカーの製品をご提案しています。こちらもストレス無く使用するにはとても重要な事ですね。



P3047445-500.jpg柏木工さん制作の壁面造作は頑丈で仕上げがとても綺麗で、ソフト収納と機器収納を兼ねた造りにしております。機器の設置部分は空間に余裕を持ち、排熱や配線経路にもこだわり、機器やケーブルへ、ストレスが掛かりにくい構造ににしています。照明はルートロングラフィックアイで制御。お部屋の雰囲気に合わせてカバーをチョコレート色に変更。6ゾーンのグラフィックアイにお気に入りのシーンを登録して、シアターの開始や終了に連動させています。どこかの偉人が「照明を制するものはホームシアターを制する」と言ったとか言わないとか・・・



P6298344.jpgホームシアター工房では<リビングシアター>と<専用ルームシアター>のご依頼は約5:5くらいになります。どちらの空間でも経験と専門知識を持って最適なシアターをご提案させて頂きます。気軽に各ショールームにお問い合わせ下さいませ。お待ちしております。
ホームシアター工房 大阪
田中雅史


ホームシアター工房
東京・横浜・名古屋・大阪
ショールーム案内
&ご来場予約フォーム
こちら




工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事209〜キャバスのある暮らし

PA063128-800.jpg大阪市のご新築にホームシアターインストールしてきました。大建工業のプレミアム仕様の防音/調音ルームとなっております。お部屋は少しオフセットしていて、横幅が前方の広いところで約3.0m、後方の狭いところで約2.5m、縦幅は約3.4m、天井高は2.4m。そのスペースの中で最大限のシステムを構築、存分に映画や音楽を楽しめるホームシアターとなりました。




PA063132-800.jpgプロジェクター&スクリーンはソニーVPL-HW60とキクチ スタイリスト90インチ。スクリーン生地はWACでリーズナブルでありながら4k映像までカバーする人気のスクリーン。スピーカーは話題のキャバスを中心に選定。フロントスピーカーはキャバスJERSEY、センタースピーカーがキャバスCABRERA、サラウンドとトップスピーカーはキャバスEOLE3。サブウーファーはKEF Q400b。スピーカーを駆動するAVアンプはインテグラDRX-3。パワー感のあるアンプはキャバスとの相性も抜群です。天井は大建工業オトテンモダン アコースティックブロックを使用しています。




PA063140-800.jpgスピーカー裏の有孔ボードは大建工業L80。空気層を取ってグラスウールを充填して吸音をする壁になります。お洒落なグリーン系の壁紙の裏には吸音下地壁が設置されています。AVラックはサウンドマジック。AVアンプとブルーレイレコーダーとiPadコントロール用の制御用機器(クレストロン)を収納しています。フロントスピーカーのキャバスJERSEY。音質は価格イチかと思います。




IMG_1946.jpgホームシアター機器全てと照明、電動カーテンをiPadにてコントロール出来るようにしています。また、壁面に4ボタンスイッチ(クレストロン/CNX-B4W)を設置。上から<シアター開始>、<シアター終了>、<カーテン開>、<カーテン閉>となっています。(撮影後、テプラで表示を貼りました)場面によってはiPadより壁スイッチの方が便利な場合もあります。

リビングシアター、専用ルームシアターのご相談はホームシアター工房まで!!

ホームシアター工房 大阪
田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事208〜170インチスクリーンシアター

DSC_1565.jpg2015年施工の八尾市の専用ルームシアターです。戸建ての2Fにある、防音を施したお部屋の大きさは6.3×4.3m、天井高2.8m。弊社で施工した専用シアタールームの中でもかなり広い部類となっています。広さを活かした大迫力なシアタールームとなりました。スクリーンはサウンド&パネルタイプの170インチ。スピーカーをスクリーン裏に設置する事で、壁面いっぱいに映像を映す事が可能になりました。サウンドスクリーンの裏に設置したスピーカーはフロント&センター用にスピーカークラフト、プロファイルAIMCinemaThreeを3本。フロントハイト用にプロファイルAIM5Threeを2本設置。スクリーン下にはサブウーファーKEF Q400bを2台据え置きしています。

DSC_1553.jpg背面にはシアター用機材ラック、パソコンスペース、クローゼット、プロジェクター収納BOXを造作しています。機材ラックにはブルーレイレコーダーの他、AVアンプ インテグラ DTR-60.5を収納しています。サラウンド&サラウンドバックスピーカーはキャバス EOLE3。プロジェクターはソニーVPL-VW500ES。リアル4Kタイプのプロジェクターを棚を作って据え置きしています。

DSC_1541.jpg調音パネル、サウンドスフィアを壁面に設置して、フラッターエコーを抑えています。オーナー様選定のブラケットライトがお洒落です。

DSC_1514.jpgサブウーファーはKEF Q400bを2台設置。


DSC_1523.jpg
ホームシアター工房ではご新築、改築、既存のお家に限らず
ホームシアター導入の相談をお受けしております。
まずは気軽にお問合せ下さいませ。
●ショールーム案内はこちら
●来店予約はこちら
●ホームシアター無料相談はこちら

ホームシアター工房 大阪 田中雅史



工房BLOG | - | -
<< 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集