ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事196〜既存のお部屋でも5.1.2ch、アトモスシアター

P4222492.jpg兵庫県豊岡市の既存のお家にホームシアターインストール。しかもドルビーアトモス仕様!オーナー様のご友人宅のホームシアターを弊社が手掛けており、そのご紹介という事でご来場頂きました。既存のお家という事でまずは下見をさせて頂きました。お部屋の寸法を測り、視聴位置、スクリーン、やプロジェクター、スピーカーの設置位置を想定していきます。その際に重要なのは音や映像の効果、生活導線、使い勝手、デザイン等。それもオーナー様によって優先順位が違いますので十分に聞き取りをしてシステムを組み立てて行きます。既存の場合はスピーカーケーブル配線やコンセント、アンテナ線などの新設が必要になりますので出来るだけ配線が見えない経路も合わせて検討しています。

P4222496.jpgシステムは3.8x3.8m、天井高2.5mのお部屋をめい一杯使用してのフルハイビジョン/100インチ、5.1.2ch(計:7ch)、ドルビーアトモスシアターです。プロジェクター&スクリーンはエプソンEH-TW8200とOS電動100インチ。スピーカーはキャバスのEOLE3をフロント/センタースピーカーに、ALCYONE2をサラウンド/アトモススピーカーに使用しました。ウーファーはONYKO SL-A251。それらを駆動するホームシアターの要、AVアンプはインテグラ DTR-30.7。パワー感のある信頼のおけるアンプです。TVはソニーの49インチを壁掛け設置しました。写真の通り、条件が整えば配線を隠して施工する事も可能です。


P4222506.jpg今回の様に以前<ホームシアター工房>をご利用頂いた方からのご紹介が多く大変有り難く思います。ホームシアターの輪をどこまでも広げて行きたいと思います。
ホームシアターに興味のある方は是非とも一度、お気軽にご相談下さい。あなた様のお部屋にて、どんな楽しいホームシアターが出来るかご提案させて頂きます。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事195〜既存のお部屋でもホームシアターインストール

P4142439.jpg門真市、既存住宅でのホームシアターインストールです。既存のお部屋ですのでご新築時の様にホームシアター設置用の準備などは一切してありません。そんなお部屋でも写真のようなホームシアター空間を完成させる事が可能です。もちろん住宅によっては施工が難しい事もありますが、今までのノウハウを持ち寄ってオーナー様の夢を実現出来るように頑張っております。さて、システムですが、お部屋の広さは3.4×7.0m、天井高2.4m。そこにフルハイビジョン/120インチ/5.1chシアターを導入しました。ブルーレイレコーダーを接続して、TV放送やブルーレイ/DVD/CDソフトの視聴が出来ますので、120インチの大画面と5.1chサラウンドで映画にスポーツ、音楽が楽しめるシステムです。

P4142444.jpgプロジェクターはエプソンTW8200、スクリーンはOS 120インチ電動タイプ、スピーカーはCAV HT-62を5本とサブウーファー、AVアンプはデノンx2200Wです。大迫力なシステムが設置されている割にお部屋もすっきりまとまっております。以前はあまり有効活用が出来ていなかったスペースみたいですが、『ホームシアターを導入する事で楽しみの幅が大きく広り、素敵な空間になりました。』との事でした。最近は空いているお部屋の有効活用としてホームシアターが注目されています。今回は完全にリビングシアター風なので壁や床はそのままですが、よりホームシアター専用ルーム風に音の良い空間、映像の良い空間を内装工事を含めてご提案する事も可能です。ご相談下さいませ。

ホームシアター工房 
大阪 田中雅史

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事193〜中古物件に防音工事&ホームシアターインストール

P3062257.jpg大阪市内の防音工事&ホームシアターインストール案件、完成致しました。前回(こちら)の写真と比べてみて下さい、まさに魅惑の変身です。ホームシアター専用ルームですから、全体的にダーク調にし、迷光対策を行う事で映像がより綺麗に見えるようにしております。単に綺麗に見えるだけではなくて、没入感がアップしますので映画の感動も5割増し(弊社調べ)になります。天井はブラックに塗装しました。防音性能は約40db(開口部除く)。ドアは大建工業の製品、防音サッシはまどまどです。ホームシアターの音量、約70〜80dbを30〜40dbまでに低減する仕様となります。また、部屋の中の音の響きを調整する調音は大建の天井材オトテンと壁に施工したサウンドスフィアで行っております。

P3062280.jpgホームシアターはフルハイビジョン120インチにドルビーアトモス7.1.4ch(計:11ch)です。プロジェクターはクローゼットを利用してBOXを作りソニーHW60を収納、スクリーンは120インチ電動タイプです。フロント/センターSPはインフィニティ。サラウンド、サラウンドバック、アトモスSPはキャバスEOLE3とALCYONE2となります。AVアンプはインテグラ DTR-60.6とADM-30.1。これで11本のスピーカーを駆動します。このシステムにお手持ちのブルーレイレコーダーを接続して、ブルーレイのソフトはもちろん、TV放送も大画面で楽しむ事が出来ます。



P3062294.jpgご新築の際など防音工事を建築さんがされる事もあるかと思いますが、防音工事(内装)とホームシアターの設計、工事を同じ会社、スタッフが行う利点があります。餅は餅屋といいますが、ホームシアターはホームシアター屋におまかせ下さい。もちろんホームシアターはお部屋の環境も含めてホームシアターです。
是非とも、防音工事、ホームシアター工事について、気軽にご相談下さい。
お待ちしております。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事188〜リビングで5.1.4chアトモスシアター/エスバイエル(SXL)様ご新築

PA101446.jpg京都府はエスバイエル様、ご新築の戸建て2Fのリビングにドルビーアトモス(5.1.4ch)対応シアターをインストール致しました。壁、床、天井に建具にカーテンにホワイト系の色合いでまとめたリビングルーム。唯一、スクリーン裏の面だけはダークな色のエコカラットを配置しており、良いアクセントとなっております。リビングの場合、全てをダーク色にはしずらいのでスクリーン裏だけを黒に近い色合いにするのはオススメの手法。これだけでスクリーンに映る映像の見え方が違ってきますよ。また、前面にはスピーカーやラックなどが、ごちゃっとなりがちですが、壁の色に合わせて黒っぽくまとめれば結構スッキリ見えるものです。


PA101501.jpgスクリーンの裏にはテレビが壁掛けされています。壁面を少し掘り込んで設置していますが、その内側のクロスも黒色にしています。スクリーンは電動120インチタイプ。プロジェクターはリビングに最適なエプソン EH-TW8200。高輝度でリーズナブルなプロジェクターです。フロントとセンタースピーカーはDALI ZENSORシリーズ、サラウンドとトップミドルはスピーカークラフトAIMシリーズ、フロントハイトにキャバス、ウーファーにデノンの製品を使用しています。リビングの環境を考え、適材適所で選択しております。アンプはONKYO TX-NA1030です。


PA101471.jpgリビングと言う環境に合わせ、よりリーズナブルでいてパフォーマンスも重視したいというご要望は多いです。今までの経験を活かして実現できるように頑張っております。今回もオーナー様の御要望にお応えできたかと思います。
ご新築、ご改築、既存のお家、戸建て、マンション拘らずホームシアターのプランニングから施工まで一貫して御請け致しますので、まずはご相談下さいませ。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史




工房BLOG | - | -


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集