ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

防音工事がわかる30〜ホームシアターリフォーム&防音工事 堺市マンションゼ弉惨偉

P6228165.jpg堺市のご新築マンションにて防音&シアターリフォーム工事の現場そのイ任后K媛珊事も最終段階に入ってきました。配管や電気配線を仕込み、吸音ウールや遮音パネルを使って遮音層を作り、補強板やプラスターボードを貼ったクロス前の状態です。防音ドアの設置も完了しています。後は吸音天井、クロスを貼り、電気工事の後処理、インナーサッシを設置すれば防音室として完成します。部屋寸はほぼほぼ予定通り、最終の仕上げで約4,060x2,760mm 天井高 2,260mmに収まりそうです。防音室が完成後、調音パネルの設置、シアター機器の設置を行います。吸音パネルはサウンドスフィアにて調整します。


P6228174.jpgライティングはスポットライトをゾーン分けして、リビングライコンにてコントロール。元々のお部屋にはシーリング用のコンセントが1個付いていただけでしたが、ホームシアターをするにはそれでは寂しいので調光も出来るタイプにしております。エアコン位置も変更しました。元々はプロジェクター予定位置の真裏でしたが補強部、コンセント位置を変更して向かって左スミに移動します。ラストスパートです。

ホームシアター工房 大阪 
田中雅史

以前のブログ
●ホームシアターリフォーム
&防音工事 堺市マンション
その〇斗誉澤
その現場調査
その2鯊隆偉
そのて眩決定






工房BLOG | - | -

防音工事がわかる29〜ホームシアターリフォーム&防音工事 堺市マンションて眩決定

P6178158.jpg堺市のご新築マンションにて防音&シアターリフォーム工事の現場そのい任后さて、防音室/部屋を作るという事はその内装も請け負い、工事を行います。壁紙や床などの材料はもちろんカラーコーディネートも。シアタールームの内装は映像や音響効果に大きく関わりますので、プロジェクターやスピーカーを選定するのと同じくらい重要です。同じシアタールームであっても、お部屋の使い方、イメージ、好み、お費用など、どこにプライオリティを置くかによって方向性も変わってきます。こちらのオーナー様はお若いご夫婦。何度となく聞き取りを行い、方向性を定めてきました。選定して頂いたのは、(写真の左から右へ)<床材/ブラウン系>、<スクリーン裏の壁クロス/ブラック系>、

P6158125.jpg<その他の壁クロス/ブラウン系>、<吸音材のクロス/下から三番目のブラウン系>となりました。他のお部屋とは雰囲気が全く違う特別な空間となり、ホームシアター&オーディオをじっくりと楽しめるお部屋となりそうです。さて現場は壁、天井組が終わり、これから電気配線などの工事になります。ケーブル用の配管やコンセント用のスイッチボックスの設置、照明用の配線などです。このスイッチボックスなどの処理の仕方で防音工事に手慣れた方かどうかを見極める事が出来ます。要は遮音をする遮音パネルを開口しますので遮音性能が落ちない処理をしなければならなんですね。防音工事のポイントの一つです。


P6158126.jpg電気工事が終われば、吸音層、遮音層を作り仕上げに入っていきます。丁度折り返し地点と言う所です。

ホームシアター工房 大阪 
田中雅史

以前のブログ
●ホームシアターリフォーム
&防音工事 堺市マンション
その〇斗誉澤
その現場調査
その2鯊隆偉


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事163〜4K&9.1chシアター スウェーデンハウスご新築 京都府

P3187515.jpg京都府木津川市スウェーデンハウスご新築のお家に4K&JBLシアターをインストールしてきました。2Fの個室を専用スペースとして使い、こだわりのホームシアターを完成させました。お部屋の雰囲気はまさに映画館。迫力ある映像と音響に酔いしれる空間です。
システムは110インチ4K&9.1ch。映画に音楽にゲームにトコトンのめり込んで楽しめるシアターです。また、iPadコントロールにて機器を制御、映像、音響のクオリティだけでなく使い易いシステムとなっております。


P3187539.jpgプロジェクター&スクリーンはソニーVPL-VW500ES、キクチSE110HD/WAC。4K映像を余す事なく投影できる組み合わせです。フロント/センター/フロントハイトスピーカー、サブウーファーはJBL。フロントのS3900はオーディオ向けにも評判の良いスピーカーです。サラウンド&バックはCAVの埋込タイプを天井の色にに合わせ黒塗りしております。ブルーレイはパナソニックBZT9600、AVアンプはインテグラDTR-60.5。さらに別途パワーアンプONKYO M-5000RをフロントSP用に接続。オーディオ視聴も重視される場合は別途パワーアンプ接続がコスト的にも◎です。M-5000Rはトリガー連動も可能ですのでiPadコントロール制御も問題ありません。

P3187524 ps 500x374.jpg遮光用の電動ロールスクリーンもiPadにて制御しております。シアタースタート時に機器の電源ONと共に連動にてロールスクリーンを降ろす事が可能です。また、黒い壁紙は迷光対策に効果的。光は黒→白にかけて、反射効率が高くなります。室内の光の反射を出来るだけ抑える事でプロジェクター本来の映像美を観る事が出来ます。
照明はルートロン グラフィックアイでシーンプログラムを行い、iPadでシーン呼び出しを行っています。シアターのシーンに合わせて、照明のシーンを連動させております。


P3187538.jpg機材用ラックはADK。さすが、オーディオ用のラックは造りがしっかりしており、重量級のアンプも楽々設置出来ます。AVアンプとパワーアンプはモンスターケーブルのRCAケーブルで接続、フロント、センター用のスピーカーケーブルはブレイド構造のキンバーケーブル4VS。後方に機材を設置する場合など、ケーブルが長くなる場合はノイズの受けにくい構造のケーブルを選択するのもポイントです。プロジェクター側の壁面は木調のデザインクロス。一面だけ変えるだけでも高級感が出ますね。機材用ラックとの色調も良い感じです。



P4107656.jpgシアター機器にTV、照明(ルートロン)、ロールカーテンをiPadにてコントロール。シアターの『開始』、『終了』からそれぞれの機器の操作まで楽々できます。写真はiPadとiPadミニ。ブルートゥースを使って手軽に音楽再生をする事も可能です。
日本語表記が見やすい、使い易いで評判のipadコントロールはホームシアター工房各ショールームで体感頂けます。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史



工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事161〜約4.8畳の専用ルームで90インチ&7.1ch 大阪府松原市

PA146229.jpg松原市の専用ルーム、大建工業材を使った防音/調音仕様です。お部屋の広さが約4.8畳ほどですが、90インチ&7.1chを実現した好例です。防音工事を施す事でお部屋はワンサイズ狭くなっていますが、その空間の中でで最大限のシアターを導入させて頂きました。防音工事はもちろん吸音、調音も兼ねていますので音環境がとても良く、また遮光も迷光対策もバッチリなので映像環境的にも完璧なシアタールームとなっております。壁や床、天井を暗い色合いにする事で映像しか目に入らなくなりいます。映像に引き込まるそんな感覚を味わえますよ。


PA146255.jpgプロジェクターは三菱のLVP-HC8000。このスペースで90インチの投射が出来、専用ルームに合うプロジェクターはこの機種しかありませんでした。三菱最後のDLPプロジェクター。映画色を求めるなら三菱。三管プロジェクターの時代から言われていましたね。
背面の穴あき壁は大建工業の吸音壁 L80。L80はこのパネルだけで吸音するのではなく、壁面に空気層を取ってそこで吸音します。その空気層の深さで主に吸音する周波数帯域を変える事が出来ます。薄いと高域側に深いと低域側に可変します。天井も大建工業の天井防音/吸音材 オトテン<モダン>ソフトブラック&ボーダーです。

PA146251.jpgスクリーンはOS/ホームシアタープラスeの90インチパネルタイプ、生地はWF203。パネルタイプは電動タイプに比べ、平面性が高い(ヨレシワが少ない)ので映像がスッキリして見えます。専用ルームならパネルスクリーンをオススメします。壁面ギリギリいっぱいのサイズにしましたが、スクリーンは少しでも大きい方が楽しいです。
間接照明、お洒落ですね。良い雰囲気を醸し出しています。こんな感じのちょっとしたプラスαの効果って大きいんです。プラスαの分だけ感動は大きくなります。ライティングコントローラーはパナソニックのリビングライコン。iPadコントロールにてシアターと連動制御しています。


PA146261.jpgスピーカーは元家の方でシアターをされていた際に使用していた、赤茶の色が美しい、ヤマハ NS-525シリーズにサブウーファーはYST-SW515。それに合わせAVアンプは同じくヤマハのRX-A2030を新規導入致しました。ここまでお部屋を造るとスピーカーもブラックカラーのものにしたくなりますね。次の機会には是非!!


PA146241.jpg元々はサラウンド、サラウンドバックの7.1chで使用していたスピーカー NS-M525。今回はスペースの都合もあり、フロントハイト7.1chにさせて頂きました。サラウンドバックを加えるとスクリーン方向や背面に奥行き感が出ますが壁を背負うような視聴位置の場合、サラウンドバックよりフロントハイトの方が効果的です。フロントハイトを設置する事で空間が広く感じられるようになります。これからシアターを構築されるのであれば、7.1ch以上がオススメ。映画館のような臨場感が体感できますよ。


ホームシアター工房 大阪
田中雅史


工房BLOG | - | -


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集