ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京・名古屋・大阪の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事176〜豊中市マンション 吹き抜けリビングシアター

P1129598.jpg豊中市のマンションのリフォームシアター。(書斎のお部屋は防音工事をさせて頂きました。⇒(こちら))メゾネットタイプのマンションの一室。リビングのスペースは吹き抜けになっており開放感のある空間となっています。大きな本棚兼シアターボードがとても印象的。カフェや雑貨屋さんのお洒落感が漂っています。
防音仕様の書斎を造る為に訪れた「大建工業 大阪ショールーム」にて、ホームシアターと出会い、そのショールームのシアターをインストールしたのが「ホームシアター工房」だと紹介をうけ、弊社にご来場頂きました。ご相談頂いた際にはほぼリフォームプランは決まっておりました。

P1129570.jpgシアターをするのであれば理想的な間の取り方がありますで、できる限り理想に近づくよう、アイデアを出しながら打合せを進めて行きました。4Kシアター、LINNのスピーカーシシテムと音も画も上質でありながら意匠的にも魅力的なシステムとなっております。また、シアター機器はもちろん、カーテンや照明もiPadにて制御。使い易さも考慮しました。非常に高いレベルでバランスの取れたリビングシアターになっていると思います。本棚にスクリーンボックスを追加で作って頂きました。スクリーンはOS テンション付スクリーン 105インチ。生地は4K映像も耐えうるWF203です。テンション付はヨレシワが少ないのが特徴ですが、見た目がカッコイイんですよね。

PC069465.jpgプロジェクターはソニー リアル4K VW1100ES。家庭用のプロジェクターの中でダントツ一番の画力を持っています。少々筐体は大きいですが、この大きさのおかげでこの映像美と思えば許せる範囲かなと。出来るだけ後方に持ってきて投射距離も稼いでいます。金具もブラックに塗装して仕上げています。テーブルにはiPadが。これ一台シアター、照明、カーテンの操作が楽々出来ます。



PC069476.jpgスピーカーは全てLINNで統一しています。MAJIKシリーズを中心にサラウンドは天井埋込のDISKREET。MAJIKのカラーはローズナット。ウォルナット系の家具の色合いより少し赤目にする事で、その存在感が出来てきます。カラーを合わせて同調させるかどうかは好みかと思います。AVアンプはパイオニアSC-LX88でフロントのみ別途パワーアンプ ONKYO M-5000Rで鳴らしております。プレーヤーはOPPO 103DJP。お手頃価格で音質、画質ともにしっかりしたプレーヤーで人気です。その他、ブルーレイレコーダー、PS4、光テレビも接続しております。



PC069473.jpgサラウンドスピーカーはLINN DISKREET。ワイドレンジ再生により、スイートスポットも広くとる事が出来ます。LINNのマークが高級感を醸し出しています。



PC069495.jpgカーテンは電動タイプを二か所、照明は2種類のシーンコントローラーを設置しており、それぞれipadにて制御しております。



PC069500.jpgウォールナットの家具に壁紙がブラックと言うのが良い感じ。ラックは排熱や使いが使い勝手を考えてオープンタイプに。

ホームシアターを導入する機会は色々とありますが、ご新築やリフォーム時だとより理想的なシアターを造る事が可能です。それは映像や音響の質だけではなく、意匠的なところや使い勝手のところも工事の制限が少ないほど幅広く検討する事が可能です。是非とも一度、「ホームシアター工房」各ショールーム(新宿/横浜/名古屋/大阪)にてシアターのご体感&ご相談をしてみて下さい。お待ちしております。
ホームシアター工房 大阪
田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事175〜ピアノ教室&シアタールーム

P1259747.jpg東大阪市のピアノ教室兼シアタールームの施工例です。ピアノ教室に100インチ、5.1chシアターを導入。防音、調音が効いたお部屋なので音響効果バッチリ、気兼ねなく楽しめるシアターとなっております。ピアノ教室時に邪魔にならないように機器類は天井吊り、収納設置を基本としています。スクリーン下の木製ベンチは実はレコーダー、AVアンプ、サブウーファーも収納しております。造作でベンチとしての強度を持たせ、扉もあえて開けにくい構造にしてたりと実に凝ってます。弊社がよく施工するダークなシアタールームとは違う、柔らかな雰囲気のお部屋がいいですね。

P1259757.jpgプロジェクターはエプソン EH-TW7200。2000ルーメンの高輝度の性能を持ちながら低価格とコストパフォーマンスのよい製品です。ホワイトのボディーと薄型天吊り金具で非常にスッキリとした見た目になっております。天井の凸凹は大建工業のオトテンモダン アコースティックブロック。遮音性能、吸音性能に長けた天井音響材です。



P1259760.jpgスクリーンはグランビュー100インチ。ボックスいっぱいいっぱいギリギリで設置出来ました。やっぱり、100インチと95インチではイメージも違ってきますからね。スピーカーはアンソニーギャロ マイクロ/ホワイト。サラウンドも同じタイプを使用しております。この柔らかな雰囲気には球体のこのスピーカーが正解でした。


P1259762.jpgベンチの扉の中にはAVアンプ、レコーダー、ウーファーを収納。シアター時は扉を開けての使用となります。AVアンプはインテグラ DTR-30.6。小型スーカーのドライブ感は抜群ですし、ブルートゥースにてスマホに入っている音楽を再生する事も可能です。



P1259766.jpgご新築の際にピアノ教室や楽器練習室で防音工事をされる事があると思います。せっかく防音をして音環境を整えるのであれば是非ともプラスシアターしてみませんか?まずは、ホームシアター工房 各ショールーム(新宿/横浜/名古屋/大阪)にて体験視聴してみて下さい。音楽が大好きな方であればこの楽しさを解って頂けると思います。お待ちしております。
ホームシアター工房 大阪 
田中雅史



工房BLOG | - | -

ホームシアターファイルvol.75発売!!

10440699_641696699285178_5451348637189946691_n.jpgホームシアターをこれから造ろうとする人にとってはバイブル的な『ホームシアターファイルVol.75』が発売されました。先日、取材させて頂いた、元サッカー日本代表の柳本啓成さん、奥様でタレントの岡元あつこさん夫妻ご新居のリビングシアターも掲載されています。200インチスクリーンにソニー4K VW1100ESプロジェクターの映像美。iPadコントロールを使ったホームオートメーションなど見どころ満載のシアターとなっております。また、ホームシアターファイルではリビングシアターで200インチの掲載は初めてとのことでした。専用室特集なのに専用室を超えるリビングシアターの登場となっております。





10404071_641696702618511_6080617963581307884_n.jpgシアターにホームオートメーションとボリューム満載なのですが、その中で一番稼働率が高いのが、<ブルートゥースBGMシステム>だそうです。常にやわらかな音楽が流れています。iPadのインターネットラジオを使って、シーンに合わせた音楽をチョイスしているようです。音楽で来客をおもてなすなんて素敵ですね〜。

『ホームシアターファイル VOL.75』
書店にて発売中です。
是非ともご覧ください。


ホームシアター工房 大阪
田中雅史




工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事170〜高天井のリビングシアター 大阪市

PA148951.jpg大阪市は浪速区、通天閣と阿倍野ハルカスが屋上から並んで見える場所にあるご新築のお家。3Fのリビングにてシアターインストールをさせて頂きました。開放感のある高天井と柔らかい色調が特徴的なお部屋です。リビングのスペースとしては約3.6x4.5m、天井は3.7mあります。高天井の場合、スクリーン、プロジェクター、スピーカーをどう配置、設置するかがポイントになります。結果、シアターのクオリティを落とす事なく完成する事ができました。プラン初期は、ブックシェルフスピーカーをローボードに収納するパタンも検討しましたが、前方を出来るだけスッキリさせたいとのご要望からスピーカーは全て壁掛け設置で再検討しました。

PA148968.jpgそんなプランのタイミングに代理店から発売となったのがフランスのキャバススピーカー。サイズが手ごろで何より音がいい。とても広がりがあって解像度の高い音。シアターとのマッチングもイイし、120インチを超える大画面でも対応できそう。雑誌で評論家の先生方が絶賛してるのもうなずける。何よりこの価格。真ん中サイズのEOLE3で一本40,000円。お値段以上のパフォーマンスとはこの事か。。。スクリーンBOXを造作し、そこにEOLE3をフロント&センター用に、サラウンドはワンサイズ小さい、ALCYONE2を2本設置しました。スピーカーシステムは5.1chです。


PA148994.jpgプロジェクターは壁面に設置しました。(⇒)写真だけ見るとどう設置してるか?わからないかもしれませんね。今まででしたら天井から長いポールの伸ばしてプロジェクターを吊っていましたが、このように壁面に設置する方法もあります。高天井の場合はオススメです。
天井面の仕上げは吸音仕様となっております。高天井や吹き抜けの場合、通常より音が良く響きます。適度に吸音を施すとシアター視聴の場合のみならず、TVの音や、普段の会話が聞き取り易くなりますよ。




PA148982.jpgプロジェクターはエプソン EH-TW8200。高輝度なのでリビングシアターには最適ですね。明るく、元気な絵作りは映画、スポーツ問わず見やすくて評判です。スクリーンは電動の120インチを設置。スクリーンサイズの選定は悩むところではありますが、設置可能であれば出来るだけ大きなスクリーンの導入をオススメ致します。





PA149011.jpg出来るだけ正面をスッキリさせたいとの事でしたので、機材はローボードではなく、縦型ボードをサイドに寄せて設置しました。最下段には密閉型のサブウーファー、KEF Q400bを収納しております。AVアンプはインテグラDTR-30.6、キャバスとの相性もバッチリです。放熱経路も確保してありますので、熱暴走などのトラブルも発生しにくい造りになっております。




PA149013.jpgスクリーンの裏にはテレビが壁掛けされ、2WAYシアターとなっております。写真にはありませんが、その他、寝室に32インチテレビの壁掛け、キッチンにはスマホの音楽を飛ばせるブルートゥーススピーカーも設置しました。音に映像にエンターテイメント満載のお家となりましたね。
ホームシアター工房ではご新築、リフォーム、既存部屋問わず、ホームシアターの導入相談をお受けしております。まずは、東京、横浜、名古屋、大阪の各ショールームまでお問い合わせ下さい。お待ちしております。
ホームシアター工房 大阪
田中雅史


工房BLOG | - | -


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集