ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事136〜リビングでも9.1chシアターがしたい!!

P8265862.jpg尼崎のご新築リビングシアターが完成しました。自然素材を活かしたお家にホームシアターをインストール。以前からホームシアターを楽しまれていたお客様、ご新築を機会にリビングルームにシステムとして組込む事を考えておられたとの事でした。
設計ポイントとしては左奥に階段の登り口があり導線を確保する必要がありましたのでシアターセンターを部屋センターからズラした位置に設定。照明などもシアターセンターを基準に揃えました。
システムとしては120インチフルハイビジョンの9.1ch。それにしても7.1chは当たり前になり9.1ch以上のシステムも増えました。リビングルームでも天井埋込スピーカーを使えば本数が多くても大きくデザインを損なう事もないですもんね。最近はフランジ(枠)の無いタイプ、細いタイプも出ていますので本当カッコ良くなりました。
プロジェクターはJVC DLA-X30、スクリーンはキクチ120インチ。色が綺麗な前周りのスピーカー、ウーファーはフォステクス。アンプはパイオニア。スピーカーの色がソファに合ってて良い感じに見えますね。リビングシアターの場合、無難なカラーを選択しがちですがこの様に攻めた色もカッコ良いですよ。


P8265883.jpgリビングシアターの定番はテレビとプロジェクターの2ウェイ。テレビは壁掛けしています。据え置きするよりもお部屋が広く感じますので大型になるほど壁掛けをオススメ致します。
AVラックはADKの三連ラック。これがまたいいんです。しっかりしていて見た目の質感も良いのでホームシアターに最適です。そこそこの大きさのセンタースピーカーも収納出来ます。



P8265886.jpgプロジェクターはJVC DLA-X30を天吊りしました。
リビングでもしっかりと映画らしい映像を楽しみたいならJVCのプロジェクターがオススメ。ラインナップも豊富で4K対応タイプもあります。





P8265892.jpgサラウンド、サラウンドバック、フロントハイトスピーカーは全てスピーカークラフトのプロファイルAIM5 three。フランジレスなので塗り壁でも合いますね。




P8265880.jpg素晴らしいシアターが完成しました。
リビングでも9.1chシアターが可能なんですよ。

ホームシアター導入のご相談をホームシアター工房では随時受け付けておりますが、施主様ひとりひとり思いも違えば、こだわりポイントも違ってきます。それをまとめて形にして新たなライフスタイルの楽しみに繋げるのが私たちの役目です。
ホームシアター導入の際は是非ともお手伝いさせて下さい。

ホームシアター工房 田中



工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事133〜和泉市 9.2chシアター&調音&BGMシステム

P6145475.jpg先月完成しました和泉市のシアタールーム&調音&BGMシステムのお家です。斜面の土地に見事な建築をされたのは祐建築設計事務所の岡崎先生。家族の顔が見える楽しい家の造りに感銘を受けました。そんなお家のリビング周りには手軽に音楽が楽しめるBGMシステム、地下には本格的なシアタールームをつくりました。シアタールームは4.4×2.9m、プラス機材置場スペース。天井高 は 2.5 mです。シアター専用ルームと言うと20畳位の広さを思い浮かべる方もおられると思いますが、この広さでも充分と専用ルームらしさを追求する事も可能です。(120インチ/9.2chを実現!!)シアターを設計するにあたり施主様のご要望は出来るだけ大きなスクリーンと子供が突撃しても壊れない、倒れないスピーカーなど。それらを踏まえ今回はこの様なシアターになりました。一見して他にはないスタイルがマイシアターとしての価値を上げています。
空調機が見えないのもシアタールームとしてのポイントを上げていますね。床に全館空調の吹き出しが付いています。



P8245823.jpgプロジェクターはJVC DLA-X30、スクリーンは120インチ ワイド のパネルタイプ。壁面いっぱいに映るハイビジョン映像の迫力は物凄いです。スピーカー&サブウーファーは全てスピーカークラフト社の埋込タイプでウーファーは二発の9.2chです。アンプはDENON AVR-4520とインテグラ ADM-30.1。9ch分をDENONで、ウーファーの0.2chはインテグラで駆動しています。
埋込スピーカーと侮るなかれ、シネマライクな音は誰しも惹かれる事でしょう。





P8245816.jpg先日、雑誌社より掲載取材の依頼がありましたので推薦させて頂き、取材をさせて頂きました。アイデアの詰まったシアターの全貌は、9月発売の『ホームシアター ホワイエ』に掲載される予定です。

7.7畳でもこんなシアタールーム作れます!!




P8245857.jpgコントローラはお馴染みiPadコントロール。クレストロンを主にシアター機器はもちろん照明調光機器のルートロンも制御してて、ワンタッチでシアターを楽しめます。最近はiPadminiが利用される方が多いですね。

8月の末に吸音パネルを用いてルームチューニングしてきました。格段に音は良くなりました。その模様は次回〜

ホームシアター工房 大阪
田中雅史



工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事131〜大建工業の調音材を使ったシアター住友不動産ご新築

P8055695.jpg枚方市は住友不動産様ご新築のお家にホームシアターをインストールしてきました。2Fにある3.7×3.0m、天井高2.45mの専用ルームで、天井は大建工業の天井吸音材リビングトーン、床はカーペットが施工されております。システムは100インチフルハイビジョン、フロントハイト7.1chシアター。環境の効果が相まって映像も音も機器の実力を十分に発揮した素晴らしいシアターになりました。プロジェクターはJVC X30、スクリーンはOSプラスeの100インチ電動昇降タイプ。スクリーンボックスが掘れなかったので化粧パネルの付いたこちらのスクリーンを選択。スピーカーはB&WのCMシリーズ、カラーはローズナット。専用ルームなので目立つカラーにしましょうとオススメしました。お施主様もお気に入りです。サブウーファーもB&W ASW610、こちらはラックの中に収納しました。兄弟モデルのASW608と比べると余裕が違います。聴音を施したお部屋なので気持ちの良い重低音が響きます。

P8055739.jpgテレビボードはADKの三連タイプ。シアター向けとしては頑丈でセンタースピーカーが入るこのタイプは重宝します。ホームセンターやインターネットでも同じ様なラックが売っていたりしますがやはり作りが違いますね。
AVアンプはDENON X4000。AirPlayを使ってiPhoneやiPadに入ってる音楽を手軽に再生できます。施工日にデモと取扱い説明をさせて頂きましたが 娘さんなんかはAirPlayで音楽が簡単に流れる事を大変喜ばれておりました。



P8055723.jpgサラウンドスピーカーは天井埋込タイプ CAV HT-62。照明は3ゾーンに分けてリビングライコンで調光。ipadコントロールににてシアターと連動させます。このブログを書いてる本日、クレストロンを使ったiPadコントロールを納品します。今日から全自動でシアターを楽しめますね。

次回は調音のお話です。
続く


ホームシアター工房大阪 田中雅史



工房BLOG | - | -

サウンドスクリーンならではの多目的ルーム兼本格シアター 〜神奈川県藤沢市

《ホームシアター工房 東京》

  • 神奈川県藤沢市
  • 導入年月2012年4月

続きを読む>>

施工例 | - | -


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集