ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事219〜魅惑の変身『ホームシアターリノベ』京都市‘眩

DSC_0796 500.jpg京都市伏見区で『リノベーションxホームシアター』のお部屋が完成致しました。築数十年の2F建て戸建てのお家で、お家全体をリフォームされる計画をされておりました。2Fの洋室一室を防音仕様のホームシアタールームにする計画の際に、「ホームシアター専門に設計できるところにお願いしたい」と言う事で弊社にご相談頂きました。最終的にホームシアタールームの遮音工事及び内装、内窓設置(2か所)、シアターインストールと隣の約9畳のお部屋の内窓設置(3か所)をご依頼頂きました。
■施工前写真⇒
西側壁(スクリーンは北側)

DSC_0794 500.jpgホームシアタールームとなる、約6畳(3.06x3.59m)、天井高2.36mの洋室は窓、壁が薄く、音漏れの問題以外にも、断熱、遮熱が効いていない為、結露も酷く、夏はとても暑いようです。写真には写っていませんが、スクリーン面となる北面にも腰窓があります。窓ガラスは3mmの単板なので屋外への音漏れの配慮は低い状態です。出入り口は東隣の和室からのみとなっていますが、南側壁のクローゼットを開口して9畳の部屋との通路にされたいとご要望頂きました。

■施工前写真⇒
南側壁(プロジェクター側)

P3263874 500.jpg■施工完成写真⇒
北/西側

窓のある外壁面(北/西面)は既存壁から新たに遮音/断熱仕様の壁を造り、内窓(インナーサッシ)を施工。天井面は一度、天井を解体して遮音/断熱仕様に。仕上げにDAIKENの遮音/吸音天井材を施工。床も遮音仕様でカーペットで仕上げました。赤カーペットの赤とクロスの黒金色が妖艶な雰囲気を醸し出しています。




P3263885 500.jpg■施工完成写真⇒
南側

クローゼットを開口して通路に、南側のお部屋との境に防音ドアを設置。プロジェクターは据置が出来るBOXを南の部屋のクローゼット空間を利用して作成しました。こちらのクロスは金色。内装の仕上げのカラーはお施主様のご要望を元にご提案。赤と金色が好きと言う事と特別な空間に仕上げたいというお気持ちからこのようになりました。和のテイストもあり、まさにあなただけのお城と言う感じ、お殿様気分です。



IMG_3450 500.jpg■内窓写真⇒
AGCの最高レベルの遮音性能を誇るまどまどPlus(プラス)です。

防音室に欠かせない、内窓やシアター機器については次回。

既存のお部屋にホームシアターの設置を検討される方は多いかと思いますが、少し予算をアップして、雰囲気の良い(内装工事)、音の良い(調音工事)、気兼ねなく楽しめる(防音工事)お部屋にしてみませんか?
まずはご相談下さい。

ホームシアター工房 
大阪 田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事218〜ダンス練習室xホームシアター

P1303636-800.jpg大阪府豊中市のご新築のお家にホームシアターインストールしてきました。お部屋はDAIKENの防音仕様のダンス練習室で、壁の片面は鏡張り。もう片面は吸音壁となっています。ピアノ室の場合もそうですが、お部屋が防音仕様になっているのであれば、プラス ホームシアターで、より楽しみが広がります。オーディオはダンス練習用として、パソコンやスマホで再生した音楽を流すのをメインで設計し、それに映像機器を足すことでホームシアターを実現しました。



P1303644-800.jpgスピーカーはオーディオテクニカのAT-KSP90Bを4本にサブウーファーONKYO SL-D501をセットして4.1chとしました。アンプはプリメンアンプの採用も検討しましたが、やはりホームシアターとしてサラウンド感が味わえないのはもったいないので、AVアンプを導入。パワー感と音質で評判のインテグラ DRX-3を。プロジェクターはソニー VPL-HW60、スクリーンはOS 電動110インチ、プレーヤーとしてパナソニックのブルーレイレコーダーを導入しました。このシステムでブルーレイ/DVDソフトの再生、テレビ放送や録画番組の視聴が可能です。また、パソコンを繋いでYoutubeなども大画面で楽しめます。



P1303645-800.jpgソニー エントリークラスのフルハビジョン プロジェクターです。とにかく大画面を楽しみたい方、ホームシアター初心者の方でも安心して使える、充実したクオリティを持っています。




P1303646-800.jpgスピーカーのオーディオテクニカ AT-KSP90Bです。通常のホームシアター用スピーカーではなく、過大入力時にはリミッターがかかり、スピーカーの破損を防ぐタイプで、重低音、大音量にも耐えうる仕様です。


ホームシアター工房では新築、改築、既存に限らずホームシアター導入のお手伝いをしておりますので、ご検討されている方は気軽にお問い合わせ下さいませ。

ホームシアター工房 
大阪 田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事217〜リビングシアター完成しました!!

PC223332-500.jpg阪南市のご新築にホームシアターインストールしてまいりました。戸建てのリビングですが、TV位置が階段とクローゼットに挟まれており、据置スピーカーは設置しずらい環境。それでもしっかりとした音響でホームシアターを楽しみたいとのご要望を叶えるべく、機器の選定と配置を検討しました。スピーカーを据置するスペースが無いからホームシアターが出来ないと思っている方は是非とも参考にして頂いて、「ホームシアター工房」にご相談下さい。

■隣の和室の雰囲気が最高にお洒落です。⇒


PC223345-500.jpgプロジェクター&スクリーンはエプソンEH-TW8200とOS 110インチスクリーン。スピーカーは大人気、フランスのメーカー、キャバスでドルビーアトモス5.1.2ch(計7ch)を構築。センターはSOCOA、フロントSP、サラウンドSP、トップSPは小型でデザイン性にも優れたEOLE3を使用しました。サブウーファーはONKYOの薄型タイプ、SL-T300。省スペースでありながらパワフルな低音はクラスイチです。それらをドライブするAVアンプはインテグラDRX-3。音質はもちろん、ネットーワーク系も充実していて音楽視聴も手軽に楽しめるモデルです。

■プロジェクターも壁付近に薄型金具で設置するとそんなに圧迫感は感じませんよ。⇒

IMG_2719-500.jpgTVはソニーの65インチを壁掛け設置。階段下のデッドスペースを活かして、AVラックを設置、機材置場としました。AVラックの右に立てて設置しているのが、ONKYOのサブウーファー。ブラックで統一する事で収まりがよくなっています。

■デッドスペースを上手く活用できるとシアター設置の幅が広がります。⇒

また、これらのシステム全てを簡単に操作できるように、iPadコントロールシステムも導入しております。ホームシアター工房では、ご新築、改築、既存のお部屋に限らず、ホームシアターのプランニングから施工までをお受けしております。また、それに伴う、BGMシステムや防音工事などの内装工事などもご提案させて頂きますので、まずは気軽に各ショールームまでご相談下さい。

ホームシアター工房 
大阪 田中雅史

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事216〜心地よい音空間&デザインのテレビシアター/一条工務店様ご新築

PC273471-500.jpg和泉市の一条工務店様、ご新築のお家にホームシアターインストールしてまいりました。今回はプロジェクター&スクリーンではないTVシアターになりますが、音響とトータルデザインにこだわられたとっても素敵な空間とシステムに仕上がっています。ホワイトを基調とした壁面ですが、TV裏のみ薄いグリーンしておりお洒落。同じくグリーンの大きなラグマットにウォールナット調の床や建具にAVボード。大木のようなスピーカー。ヒーリングミュージックを奏でると、まるで森林浴をしてるような心地よさです。天井は半分、吹き抜けになっていますが、大建工業の吸音天井材クリアトーンを吹き抜け部も施工して頂いていますので、不必要な残響感のなり、心地よい響きの空間となっています。吹き抜け天井の場合、音が響きすぎて、TVの音や話し声がうるさく聞こえてしまう事がありますが、クリアトーンのおかげで、細かな音も明瞭に聴こえてきます。





PC273496-800.jpgフロントとセンタースピーカーはウォールナット色が綺麗なモニターオーディオ BRONZEシリーズ。ウーファーはONKYOの薄型ウーファーのSL-T300をAVラックの下に潜ませています。薄型で低価格とは思えない、鳴りっぷりです。天井にはトップスピーカーとして、キャバス EOLE3のホワイトを設置しております。



PC273481-800.jpgサラウンドスピーカもトップスピーカーと同じく、キャバス EOLE3を選定しております。また、写真にはありませんが、シアターとは別途、ダイニングにはEOLE3を2本とデノンのネットワークCDコンポ RCD-N9を使ったBGMシステムを導入しております。ブルートゥースやAirPlayを使ってiPadやiPhoneから簡単に音楽を楽しむ事が可能です。




PC273488-800.jpgホームシアターの要、AVアンプはインテグラ DRX-3。スピーカーをしっかり鳴らしきるパワー感はよりスピーカーの性能や個性を際立たせます。
TVシアターでお考えの方も、スピーカーやアンプをしっかりしたものを選定し、視聴位置に対して効果的な位置に配置してあげる事が出来れば、映画館や劇場、スタジアム、コンサートホールのような臨場感を楽しむ事が可能です。また、今から設計されるのであれば、ドルビーアトモス&DTS:X対応がオススメです!!最新の立体音響が楽しめます!
ご相談は「ホームシアター工房」各ショールームまで

ホームシアター工房
大阪 田中雅史

工房BLOG | - | -
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集