ホームシアター工房は年間施工数150件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事121〜B&Wスピーカーが美しいシアター ミサワホーム御新築

画像 053.jpg京都府中部は丹波地方のミサワホームさんご新築のお家にホームシアター導入してきました。建築造作、家具、シアター機器が一体となってデザインされているのがとても印象的なシアタールームです。フロントスピーカー上部の収納やスピーカー裏のグレーの壁紙など、随所に御施主様、設計士様のアイデアや工夫が感じられます。同じトーンでまとまっているのが良い存在感を醸し出していますね。



画像 062.jpgスクリーンの裏には明り取り用の窓が。スクリーンで遮光も兼ねてるんですね。

<主要機器>
・プロジェクター
エプソン EH-TW8100
・スクリーン
グランビュー GEA-100HDW
・AVアンプ
マランツ SR6007
・スピーカー
B&W 684x2/HTM62/686x4
・サブ ウーファー
ASW608x2!



画像 043.jpgプロジェクターはエプソンTW8100。特徴であるレンズシフトを最大限に活かしての設置です。サラウンド/サラウンドバックスピーカーはB&W 686で7.1ch仕様です。ブルーレイが視聴ソフトの中心になる今は是非とも7.1ch以上のサラウンドでシステムを組んで欲しいです。5.1chでは味わえない音の奥行きを感じる事が出来ます。



画像 015.jpgB&W 684とASW608。グレーの壁紙がシアター全体のグレードをワンランクアップさせていますね。ブラックのスピーカーが引き立つ色合いです。ASW608はw260xh260xd330mmと超小型ですが、パワー感とスピード感が魅力のサブウーファーです。ウーファーをダブルにする事でお部屋の影響などによる周波数帯域の落ち込みを補う事ができるので音圧感が増し気持ちの良い低音を楽しめます。



画像 017.jpgセンタースピーカーもピッタリ収まっています。ケブラーコーンの黄色とのコントラストが綺麗です。スピーカーは表のサランネットを外した方が音は断然良いです。ネットは基本スピーカーの破損保護用なので外しても大丈夫であれば外してみては如何でしょうか。音が変わりますよ。

それにしてもバランスの取れた
アイデア満載の素敵なシアターです。

ホームシアター工房 大阪 
田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアター工房オリジナルiPadオートメーションシアター 〜神奈川県横浜市

《ホームシアター工房 東京》

  • 神奈川県横浜市
  • 導入年月2012年12月

続きを読む>>

施工例 | - | -

ホームオートメーションの話05〜壁スイッチで照明、BGM、ユカダン、カーテンをコントロール

602163_336511379803713_1081406990_n.jpg三木市のリフォームシアターの現場です。ホームオートメーション用にiPadコントロールを導入しておりますが、壁にもこのようなスイッチを付けさせて頂きました。左列は照明用ルートロン・グラフィックアイの操作パネル、右列は上段がBGMボタン、中段が床暖房ボタン、下段の小ボタン二列が電動カーテンの操作となっています。iPadはiPadで便利なのですが例えば朝など部屋に入ってすぐにカーテンを開けたい時などiPadを取り出して操作をするより、ドアを開けた所にあるボタンを押す方が何倍も早いですよね。要は使い分け、生活導線や状況によって便利な方を選択するのが良い使い方です。床暖房のボタンはオン/オフのみですがスイッチが広いリビングの端にありリモコンも無いのでここにあると便利です。BGMも同じですがオンの状態では赤いランプが点くので消し忘れもわかります。カーテンはオープン、クローズのみですが五ヶ所もあるのでワンボタンでの操作は便利です。

563545_336511369803714_366752161_n.jpgBGMボタンを押すとアンプに接続しているUSBメモリの音楽を再生をします。今回は朝のリラックスタイムをイメージして波の音とピアノが心地よいヒーリングミュージックが流れる様にしています。季節や気分によって複数のメモリを用意してもイイですね。BGM、カーテン、床暖房、照明の操作を連動させる事で〈おはよう〉や〈お出掛け〉モードを作る事が出来ます。もちろん、<ホームシアター>スタートボタンを設定する事もできますし、プロジェクターやアンプの電源を早めに入れてのウォームアップも可能です。機械に詳しくないのでホームオートメーションはしたいけどiPadにも抵抗がある・・・と言う方にはこの形が良いかもしれませんね。また、施設などでも活躍しますね。

ホームシアターと言うと主要な機器に目が行きがちですが、使い勝手を向上させるこのような商品の注目度も高まってきていますよ。

ホームシアター工房 大阪 田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事118〜無垢の木と自然素材でつくる家にシアター導入

お施主様より完成後にコメント頂きましたので掲載させて頂きます。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
「快適」です。
リビングシアターなので、晩ご飯食べた後にプロジェクターで映画を見ても、TVを見る感覚で気軽に大画面かつ迫力ある映像を楽しめるのが、とっても快適です。朝は、ネットワークオーディオやFMをかければ、天井埋込スピーカーから流れる音楽が、まるでカフェのような雰囲気で気持ちの良い1日が始まります。休日の昼間にJAZZをかければ、オシャレな雰囲気がただよいます。こんな感じで、家にいる時間が楽しくなって、良いのかどうか分りませんが、家で過ごす時間も増えています。
家族みんなで楽しめているので、本当に頼んで良かったです。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ありがとうございました。
ホームシアター工房 大阪 田中雅史


P4014967.jpg兵庫県尼崎市のリビングシアターの施工例です。建築さんは無垢材と自然素材を使った家のフィールフォレストさん。木と漆喰の仕上げが優しい雰囲気を醸し出しています。天井の化粧梁や床材が印象的で建具やテーブルなど共に統一した雰囲気を感じます。これぞトータルコーディネートですね。施主様と造り手の想いが重なった結果かなと思います。
そんなお家の中へのシアター導入、リビングの定番、2wayシアターとなっております。シアターは100インチスクリーンを中心とした7.1ch。フロントスピーカーはブックシェルフを造作家具内に収納するスタイル。トールボーイスピーカーだとラック横のスペースを使ってしまうのでラック周りをスッキリさせたスタイルがお好みの方にオススメです。無垢の造作ラックの意匠がより綺麗に見えリビング全体のイメージも保ってますね。B&W CMシリーズとの見た目の相性は勿論、音質もグッドです。




P4014985.jpg7.1chの要、4本のサラウンドスピーカーは天井埋込タイプです。サラウンドバックを設置する事で前後の奥行き感がアップします。5.1chでは得られないより立体的なサラウンドに包まれます。プロジェクターはJVC DLA-X30。このプロジェクターは他のプロジェクターより少し大きめなのでリビングに設置する場合、見た目が気になるところですが、サラウンドスピーカーを埋込にする事で後ろ周りもスッキリしてます。Blu-rayが視聴ソフトのメインになった今は5.1chではなく7.1ch〜9.1chのシステムが多くなってきておりますのでリビングシアターの場合は特に意匠的にも埋込が有利になります。最近の埋込スピーカーはシアター向け製品もあり音も良いですから。



P4014987.jpgプロジェクターと埋込スピーカー。
とても良い収まり具合です。JVCプロジェクターの天吊は低天井なら純正品が一番いいですね。

<主要機器>
・プロジェクター
JVC DLA-X30
・スクリーン
グランビュー GEA-100HDW
・AVアンプ 
ONKYO TX-NA626 new!
・スピーカー
B&W CM1&CMC
CAV HT-62
ONKYO SL-A250


P4015000.jpgAVアンプは今月発売したばかりのONKYO TX-NA626。低価格ながらパワー感のあるアンプです。他メーカーと競合する価格帯ですが音質、機能共に一歩抜き出た感があります。無垢材を使った造作家具と機材がマッチしてますね。B&W CM1の色合いも綺麗です。

造作ラックへの機器の収まりは施主様が中心になってご検討されましたが、バッチリでしたね。

ホームシアター工房 大阪 
田中雅史



工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事115〜奈良市 漫画部屋シアター完成なり

P3104859.jpg奈良県 奈良市の専用室シアターです。お部屋の広さは約5,300x3,500mmですが、造作本棚が2面あり、その中にはビッシリと漫画、漫画、漫画。一部ブルーレイなどのソフトもありますが、漫画の多さに圧倒です。「これでもまだまだ棚が足りないんです(≧∇≦)」とオーナーの娘さん。こちらのシアターを実際に視聴されるのはその娘さんがメインで、今回のご新築するまでも一体型、簡易型プロジェクターを使っていたとの事。ただ「綺麗に映らなかったんです…」と。要はいくらプロジェクターで大画面で写しても綺麗に観える環境を整えないとダメだっと言う事ですね。そんな事があったのでお家の設計段階からホームシアター工房に相談に来てくれたものと思います。今回は防音、吸音、遮光に気を配り映像、音響が最大限にいかせるお部屋の完成となりました。
映像はEPSON TW8100とキクチ 90インチ WAC。スピーカーは本棚を邪魔しない様にアンソニーギャロ マイクロ/ホワイトを五本天井吊り。サブウーファーも同じくアンソニーギャロ、AVアンプはDENON AVR-2113。それらをiPadコントロール/クレストロン タイプにて制御。アンプやレコーダーなどの主要機器はキッチンの収納の中に設置しておりますが操作はiPadがあれば機器が隠れていても問題ないのです。DENON 2113はAirPlay対応、同じiPadから無線で音楽を飛ばす事が出来ます。メインのシアター、iPadコントロール、AirPlay、3D映像をご体感頂きましたら「私、この部屋から出ない(笑)」との事でした。とっても感動的なシアター完成しました。


P3104879.jpg
エプソン TW8100を天吊設置。明るく見やすい映像が人気です。もちろん、3D対応、DVD等の2Dソフトを2D→3D変換可能です。DVDソフトも沢山あるので「今からもう一度全ての映画を見直します!」との事でした。iPad上で<2D→3D>ボタンを付けましたので、ワンタッチで変換出来ます。天井仕上げは大建工業のオトテンです。



P3104872.jpg
操作はiPadコントロール。ワンタッチでシアター開始します。右手の壁にキッチン。その収納の中に機材は収めています。AirPlayで音楽を無線で再生できる事に感動されていました。手軽に音楽再生するにはAirPlayが一番ですね。




P3104883.jpg
スクリーンが上がると漫画部屋。こんな部屋に一日居れたら楽しいでしょうね。写真には全て写りきっていませんが、何冊あるんでしょうね?棚が深く、2重に入っております。



72618_328073903979194_1036365998_n.jpg
サブウーファーもアンソニーギャロ TR-1D。アンソニーギャロはスピーカーもウーファーもデザイン重視のメーカーに見えますが、音はとてもいいんですよ。お値段も手ごろなのでオススメです。



ホームシアター工房 大阪 田中雅史




工房BLOG | - | -

既存宅でもここまでできる 〜群馬県前橋市

《ホームシアター工房 東京》

  • 群馬県前橋市
  • 導入年月2012年12月

続きを読む>>

施工例 | - | -

ホームオートメーションの話04〜iPadでオートメーション 何が出来る!?

485383_333997570055094_730429783_n.jpgiPadでシアターをオートメーションをする場合、大きく分けて二つの動作があります。一つは機器の<個別操作>、もう一つは<マクロ操作>。二つを織り交ぜ使い分ける事によってシアターを自在に操る事が出来ます。大阪ショールームのiPadコントロール(クレストロンタイプ)の画面を見ながら説明致します。


大阪ショールームのシアタールームです。→
デモでiPadコントロールを体感する事ができます。



487301_333997640055087_897951635_n.jpg<個別操作>はそれぞれの機器の操作を致します。例えばブルーレイの操作、アンプのボリューム操作、スクリーンを降ろしたり、プロジェクターの電源を入れたり。部屋の照明を消したり、電動シャッター、電動カーテンの操作もこれにあたります。ホームシアター視聴中に操作をするのはプレーヤーかアンプのボリュームがほぼでその他はそんなに常に操作すると言う感じではないです。それでもシアター視聴中は明りが落ちている事が多いと思いますので明るく大きなディスプレイの方が操作がし易いのは言うまでもないですね。それぞれの機器のリモコンをテーブルの上に並べなくてもよくなりますね。

ブルーレイレコーダーの操作画面です。→



379366_333997606721757_1710884039_n.jpg<マクロ操作>とは簡単に言うと連動操作です。一つのボタンを押すと連続して動作を行います。例えば、『シアタースタート』ボタンであれば
.ーテンが閉まる
▲廛蹈献Дターの電源がON
スクリーンが降りてくる
ぅ屮襯譟璽い療展擦入る
AVアンプの電源が入る
照明が消える・・・など

<個別操作>の動作を連続して行い、シアターを見る準備をしてくれます。とっても便利でしょう?
映画館にならポップコーンを買って、、椅子に座ったら映画は勝手に始まりますよね。そんな感覚です。これぞホームシアター!!!って思います。



267806_333997623388422_737674718_n.jpg<マクロ操作>の良い所は、楽ちん〜!映画館のような雰囲気が味わえる!友達に自慢できる!などもありますが、オーナー様のお声で一番聞くのが、機械に詳しくない方でもシアターが使える!見れる!っと言う事。ホームシアターと言うと機械が多く操作が難しいそう、、、と思われている方が多いかと思いますが、この<マクロ操作>が出来れば使える〜と言う方は多いはず。女性の方は特に喜んで頂けています。日本語表記が基本なのも良いですよね。

ここだけの話、これからホームシアターを導入される方は奥様にも使えるシステムにした方が、ご予算が上がるとか、、、後、キッチン、ダイニングにBGM用のスピーカーを設置するのも効果的だそうです!!よ

ホームシアター工房 大阪 
田中雅史

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事110〜リビング昇降機シアター◆.瀬ぅ錺魯Ε晃羶恵

P1204484.jpg引き続き、高槻市のリビングシアターです。2年前に設置した昇降機にようやくプロジェクターが乗りました。そのプロジェクターは話題の4K対応、JVC DLA-X75Rです。昇降機はCAV HT-70ですが、奥行いっぱいいっぱい(笑)リビングの隣が和室になっていますので、ここにデンッと黒いプロジェクターが吊下がっている事を考えれば、昇降機で大正解でしたね。元々は普通の天吊でプロジェクターもエプソンを検討、建築さんとの打合せを進める中で昇降機の案が出てきました。新築の計画段階だからこそ実現できた案件でした。埋込スピーカーはサラウンド、サラウンドバックにCAV HT-62を4本。すっきりと収まっております。


P1204478.jpg昇降機を設置するには天井裏のフトコロがプロジェクターによりますが約350〜450mm位必要になります。こちらのリビングはおりあげ天井になっていて丁度昇降機の所はおりさげ部分でした。
本当にすっきりしてます。リビングにプロジェクターを吊るのが嫌だって方もこれでならどうでしょうか?



P1204480.jpg昇降機は赤外線リモコンが付いておりますので簡単に昇降できます。こちらのシアターはiPadコントロールを導入させて頂いておりますので、iPadにて<ホームシアター スタート ボタン>をタッチして昇降させます。




P1204482.jpgゆっくりと降りてきます。一番ワクワクする時ですね。




P1204477.jpg自動的にプロジェクターの投射位置で止まります。天井が高い場合はもっと低い位置まで下ろす事も可能です。この昇降機 CAV HT-70ですが、一般のユーザー様 宅にへの導入はもちろん、商業施設へ導入されているケースが結構あるんです。どこかのお店などで出会うかもしれませんね。


ホームシアター工房 大阪 
田中雅史




工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事109〜リビング昇降機シアター .瀬ぅ錺魯Ε晃羶恵

P1204467.jpg高槻市のリビングシアターです。建築様はダイワハウスさん。実は2年前に新築は完了しておりまして(先日2年点険を受けられたとの事)、その際にはTVシアターでプロジェクターは後々にと言う事で昇降機だけ設置しておりました。それで今回、2年越しになりましたが念願のプロジェクターの設置とiPadコントロールの導入となりました。iPadでシアターはもちろん照明、電動シャッターもコントロール。照明を間接、スタンドライト、ダウンライトとバリエイションをつけてルートロンで調光。立体的な演出が可能になっています。


P1204472.jpgプロジェクターは昇降機で設置。サラウンドスピーカーの4本も埋込なので見た目もスッキリ。おりあげ天井の意匠を崩さずにインストールされています。プロジェクターの一番最初のお見積もりはエプソンTW3500。それからJVCのX30〜X70Rとランクアップされ冬の新製品X75Rの納品となりました。




P1204485.jpgAVアンプはインテグラDTR-40.3、ブルーレイプレーヤーにデノンDBP-1611UD。




P1204486.jpgネットワークプレーヤーはパイオニア N-50。こちらもiPadにて操作できます。wiiでゲームも。100インチでのwiiは楽しいですよ。





P1204488.jpgスピーカーはKEF Qシリーズ。Q900、Q600c、Q400bを家具内に収納。サラウンドはCAV HT-62です。




P1204489.jpg御馴染、ホームシアター工房のiPadコントロール(クレストロンバージョン)のディスプレイ。ボタンは大きく、見やすく、日本語メインが使い易いです。シアタースタートの際、シャッターや照明との連動をするか、しないかの選択ができるなんてちょっとした小技が効いていると使い勝手が違いますね。

ホームシアター工房 大阪 
田中雅史



工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事108〜HDMIロック

PA145644.jpgホームシアターのスタンダードケーブルのHDMI。出はじめの頃はトラブルも多くコンポーネントケーブルでの接続の方が良いって事で敬遠されていたショップも多々ありましたがもうそんな事を言われてる所ないかと思います。4Kや3DやARCやリンクなどHDMIでしか実現できない仕様もありますし、何よりブルーレイの高画質、高音質をそのまま伝えるのが魅力です。しかし〜狭いラックの中で複雑なワイヤリングを行うとどうしても緩みやすく、抜けやすいのいが欠点です。きっちり、接続しても 機器を押しこんで行くと 奥の方ではヘンなテンションが掛って 外れかけしまう事もあるでしょう。HDMIのトラブルの多くがこの緩みによる接触不良が多く、それが元で端子が壊れてしまう事もあります。そうなると交換するしか無く、泣く泣くプロジェクター用のロングケーブルを買い替える事にもなりかねません。そこで、インストーラー達はこんな部品を使用しています。

PC224351.jpgアンプのHDMI端子の上にネジが付いています。




PC224350.jpgネジ 緩めます。




PC224349.jpgHDMIロックを付けます。





PC224352.jpgHDMIを接続します。




PC224353.jpg結束バンドで固定します。
HDMIロックの完成です。
緩みなどのトラブルが激減します。
D端子にも同じようにネジがあれば使えます。


ホームシアター工房 大阪 
田中雅史



工房BLOG | - | -
<< 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集