ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京・名古屋・大阪の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事258〜既存マンションでのアップグレードシアター

DSC_2328.JPG3.7x3.5mのリビングスペースで55インチテレビとヤマハのシアターバー、ミニコンポを使い映画や音楽を楽しんでおられたオーナー様。年末に御来場頂き「スクリーンを設置したい」とご要望。既存マンションでの導入と言う事なので、現場調査にお伺いさせて頂きご提案⇒施工をさせて頂きました。
【↑↑施工前です】【↓↓施工後です】(なんという事でしょう!!)

DSC_2534.JPGプロジェクターはエプソン TW6700W。スクリーンはOS 90インチ/WF302です。プロジェクター選定は投射距離、設置位置、ワイヤレス対応、明るさ重視から、TW6700Wを選定しました。スクリーンは前面パネル付きタイプを選定。サラウンドシステムはセンターレスの4ch。スピーカーのメーカーは全てフランスのキャバス。フロントにブックシェルフタイプのANTIGUA170/ブラック(ケーブルはゾノトーン6NSP-Granster2200α)。サラウンドにはALCYONE2/ホワイトを使用。ANTIGUA170はブックシェルフの中でも大型のタイプで。中低域の厚みが凄く映画視聴はもちろん、音楽視聴にも耐えうるクオリティを持っています。

DSC_2539.JPGAVアンプはソニーのSTR-DN1080です。サウンドバーと比べるまでもなく、大きく音質アップしましたし、リアルサラウンドの効果は絶大かと思います。映画ソースに入っている音声を活かそうと思えば、やはり、リアルサラウンドがオススメです。DN1080は音楽視聴もブルートゥースを使って手軽にできます。また、後々のシステムアップとして、センタースピーカー、トップスピーカー、ウーファーの増設が出来るようにしております。

DSC_2552.JPGテレビはプロジェクターの投射距離を稼ぐためにハヤミの壁寄せスタンド(KF-670)を使用。テレビの高さも好みに合わせられるスグレモノ。簡単に壁掛け風に設置も出来ますので既存マンションなどの設置には重宝します。フロントスピーカースタンドもハヤミ製(SB-304)です。

DSC_2548.JPGプロジェクターのエプソン EH-TW6700W。フルハイビジョンタイプではありますが、手軽にホームシアターを造りたい方にとってはベストマッチかと。明るさもあり、リビングシアターにも向いています。また、TW6700Wはフルハイビジョン映像をワイヤレスで送受信できますのでHDMIを長く引き回す必要がありません。既存でのホームシアター設置には助かりますね。
続きを読む>>

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事257〜大迫力のシネスコ140インチ

DSC_1774.jpg半地下にある4.4x4.4mの専用ルーム。弊社のショールームに設置しているパネルタイプの140インチシネスコスクリーンを気に入って頂き、それを中心にシステムプランを進めました。導入したのはキクチ化学研究所の140インチシネスコ/パネルタイプ。生地はホワイトマットアドバンスキュア/WAC。発色、コントラスト感、フォーカス感に定評があり、4Kにも対応するスクリーン。ソニーのプロジェクターとの相性も抜群です。スピーカーは英国のKEFで統一。音楽再生、映画鑑賞においても高いオーディオ品質を誇る(見た目もカッコイイ!!)Rシリーズをフロント(R700)/センター(R200c)/ウーファー(R400b)に使用。

DSC_1784-Edit.JPGトップスピーカーやサラウンドスピーカーはTHX仕様のインストールスピーカーCi200RR-THX(黒塗装)を4本、天井に埋込設置。KEFの特長である、リアルで自然な音響空間を実現する事が出来ております。プロジェクターはフル4K仕様のソニーVPL-VW535。投射距離を稼ぐためにクローゼットの上部に据置設置としました。ピクチャーポジションモードを使えば、シネスコタイプと16:9タイプの画角を自動で簡単に切替が可能です。照明はダイコーのシーンライコンを使って細かな調光シーンを作っています。

DSC_1800.jpgサウンドマジックのAVラックにパナソニック ウルトラブルーレイレコーダーとAVアンプを収納。AVアンプはインテグラ DRX-R1。音質重視の造りからホームシアターインストールでは定番となっている製品です。30cmドライバーのスピーカーも朗々と鳴らすドライブ力はスピーカーのキャラクターを問わず、最高の音響空間を創造してくれます。ホームシアター機器と照明をipadコントロールにて制御しています。ワンタッチでのシアター開始、終了も可能となっております。

DSC_1838.jpgダイニングキッチンにはブルートゥース接続で音楽が視聴できる、クラリオン ZF160を設置。天井の意匠に合わせ 黒塗装しております。

ホームシアター工房ではご新築、改築、既存のお家に限らず
ホームシアター導入の相談をお受けしております。
プロジェクターシアターはもちろんですが、
TVメインのTVシアターや家中で音楽を流すBGMシステムも!
防音工事、調音工事、内装工事も!
全てを含めたホームシアターリノベーションも!!
ご提案致します!!

まずは気軽に各ショールームの
ホームシアターインストーラーまで
お問合せ下さいませ。
●ショールーム案内はこちら
●来店予約はこちら
●ホームシアター無料相談はこちら
お待ちしております!
ホームシアター工房 インストーラー 田中雅史

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事256〜プロジェクターランプ交換

DSC_2477.JPG以前導入させて頂いたお客様からプロジェクターランプの交換の依頼がありましたので訪問してまいりました。4年前にインストールさせて頂いたホームシアター。JVCプロジェクターに120インチパネルスクリーン、KEFの薄型スピーカーTシリーズを中心にしたシステムです。AVアンプはインテグラ DTR-30.5で、当時はドルビーアトモス誕生前夜で、フロントハイトの7.1chシステムとなります。

DSC_2468.JPGプロジェクターはJVC DLA-X500Rです。ランプ交換を推奨するメッセージが出ていてプロジェクターのインフォを見るとランプ使用時間は3,000時間。4年で3,000時間と言うことは、1日約2hほど視聴して頂いていたようです。ありがとうございます。

DSC_2472.JPG

ランプ交換をすると明るさが戻り、色合いも綺麗になりました。設置から日が経つとどうしても画面ずれやフォーカスずれが発生します。それらを再調整し、合わせて音響関連も再調整し、完了です。
ランプ交換のメッセーが出ましたら、ご依頼下さいませ。

続きを読む>>

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事254〜システムメンテナンスにオーナー様宅へ

DSC_0660.JPG2005年からのお付き合いになるオーナー様。数年に一度、システムのグレードアップをし続けて頂いております。一昨年にはアナログレコードを楽しみたいとのことで、アナログプレーヤーと真空管アンプ、スピーカーのセットを導入しました。(その時の模様はこちら)今回はホームシター用に組んでいる、iPadコントロールのプログラムの修正にお伺いさせていただきました。どの機器も大切にお使い頂いているので、特別不具合などはないようですが、最新の4K事情も気になっておられるようで。オリンピックイヤーまでには(私の希望ですが!)4Kシステム&ドルビーアトモス/DTS:X対応機器で再構築させて頂きたいところです。

DSC_0664.JPGアナログプレーヤー&真空管アンプでレコードを聴くと1曲、1曲を大切に聴いている自分がいます。いいねえぇ(しみじみ)
いつお伺いしても、こんな趣味の部屋欲しい!!って思わせるお部屋です。ワクワクします。
続きを読む>>

工房BLOG | - | -
<< 1 2 3 4 5 6 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集