ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事123〜御新築マンション 大建吸音天井の効果は・・・

P4095161.jpg吹田市の新築マンションでシアター施工を行いました。マンションの場合、新築であってもシアター導入の成功の要である、準備工事を建築さん側でどこまで出来るかで完成に差が出てきます。今回はほぼ、出させて頂いたご要望は通りましたので施主様の望まれる完成形に近いものになったと思います。戸建に比べるとホームシアターを導入するにあたり制約は多いですが、早目に打合せを行って、施主様の要望、建築さんの出来る事、出来ない事を明確にする事で今回の様な素敵なシアターを作る事が出来ます。ですので早目のご相談が吉ですね。

床の間の機材がいいでしょ!
サイズもぴったりな感じです。

P4095186.jpgシアター機器はJVC プロジェクターに120インチスクリーン。スクリーンボックスは構造上作製出来なかったので前面に化粧パネルの付いたOS/ホームシアターのスクリーンを選択。スピーカーはKEF Ci160 QR をサラウンドバック含め7本天井に設置しました。アンプはインテグラ。マンションの構造を活かして上手くインストールできている好例だと思います。

サブウーファーの横にAVボードとTVが来ます。


P4095191.jpg天井は大建工業のリビングトーン(天井吸音材)を施工しています。通常、お引越し前のマンションの場合、音が響きすぎる傾向にありますが、適度に吸音が効いています。パンパンと手を叩いても嫌なフラッターエコーも少なく良い音のお部屋になります。こうする事でスピーカーやアンプの本来の性能が発揮されるんですね。シアターや音楽を聴く時だけでなく、普段のTVの音や日常の会話も聞き取りやすくなります。吸音をするには先ずは天井と言われます。それは天井面は面積が広い事と新築やリフォームの際じゃないと出来ないからです。反射した音を効率良く捉えるにはある程度の面積が必要になってくるんですね。専用ルームでなくてもリビングトーンならデザイン的もスマートにシアターに適した吸音が出来ますのでオススメですよ。

和室からリビングに向けて投影。
投射距離をかせいでいます。
サラウンド、サラウンドバックスピーカーが綺麗には位置されています。
天井埋込7.1chシステムです。


P4095213.jpg埋込スピーカーを中心としたシアターにはパワー感のある インテグラがオススメ。インストーラー御用達です。


ホームシアター工房 大阪 
田中雅史



工房BLOG | - | -

ホームオートメーションの話05〜壁スイッチで照明、BGM、ユカダン、カーテンをコントロール

602163_336511379803713_1081406990_n.jpg三木市のリフォームシアターの現場です。ホームオートメーション用にiPadコントロールを導入しておりますが、壁にもこのようなスイッチを付けさせて頂きました。左列は照明用ルートロン・グラフィックアイの操作パネル、右列は上段がBGMボタン、中段が床暖房ボタン、下段の小ボタン二列が電動カーテンの操作となっています。iPadはiPadで便利なのですが例えば朝など部屋に入ってすぐにカーテンを開けたい時などiPadを取り出して操作をするより、ドアを開けた所にあるボタンを押す方が何倍も早いですよね。要は使い分け、生活導線や状況によって便利な方を選択するのが良い使い方です。床暖房のボタンはオン/オフのみですがスイッチが広いリビングの端にありリモコンも無いのでここにあると便利です。BGMも同じですがオンの状態では赤いランプが点くので消し忘れもわかります。カーテンはオープン、クローズのみですが五ヶ所もあるのでワンボタンでの操作は便利です。

563545_336511369803714_366752161_n.jpgBGMボタンを押すとアンプに接続しているUSBメモリの音楽を再生をします。今回は朝のリラックスタイムをイメージして波の音とピアノが心地よいヒーリングミュージックが流れる様にしています。季節や気分によって複数のメモリを用意してもイイですね。BGM、カーテン、床暖房、照明の操作を連動させる事で〈おはよう〉や〈お出掛け〉モードを作る事が出来ます。もちろん、<ホームシアター>スタートボタンを設定する事もできますし、プロジェクターやアンプの電源を早めに入れてのウォームアップも可能です。機械に詳しくないのでホームオートメーションはしたいけどiPadにも抵抗がある・・・と言う方にはこの形が良いかもしれませんね。また、施設などでも活躍しますね。

ホームシアターと言うと主要な機器に目が行きがちですが、使い勝手を向上させるこのような商品の注目度も高まってきていますよ。

ホームシアター工房 大阪 田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事111〜家具&BGMシステム納品してきました。

P1244521.jpg大型リフォームの案件です。雪がちらつく中、年明け早々に納品してまいりました。リビング用のL型収納家具で、柏木工&ホームシアター工房のコラボです。シアター用の家具だけでは無くこの様な収納家具も作っております。収納部分タップリ、壁面ピッタリ、スペースも有効的に使えます。写真左側にエコカラットで仕上げた壁が見えますがこちらにはTVを壁掛けしております。




P1244537.jpg木材の質感をいかした落ち着きのあるイイ色合いです。こちらにひじかけて中庭をマッタリ眺めていたい気になります〜。最近、家具の設計ばかりしてる気がしますなぁ。





P1244539.jpgBGM用のネットワークコンポを中に設置しています。こちらのコンポ、CDの再生やラジオの受信も可能ですが、今の主流はネットワーク関連を使用しての視聴。iPhoneやiPadをお持ちであればAirPlay機能を使って、ブルートゥース対応のスマホならオプションを使用する事で無線で音楽を飛ばして再生する事が可能です。また、NASに保存した音楽データの再生やPCでitunesを立ち上げて再生した音をコンポを通じて鳴らすなんて事も出来ちゃいます。





PC284430.jpgコンポからの音を3系統に分けてそれぞれにボリュームスイッチと天井埋込スピーカーを設置しています。左から<リビング>、<ダイニング>、<キッチン>用です。同じスピーカーを設置する事でシームレスに音楽を流す事ができます。BGM視聴の場合はどこでも適度(ここが重要)な音量で音楽が流れているのが理想。2chステレオよりスピーカーは多めで、音量低めで鳴らすととても良い感じになります。スピーカーはCAV HT-62を6本。



PC284425.jpg2Fの寝室とお風呂場にも同じマランツのコンポをセットしています。お風呂場にはお風呂用のスピーカーを設置しておりますが、2Fのお部屋は他のお部屋より良い音をと言う事でスピーカークラフトAIM7-FIVEをチョイス。やわらかで心地よい音を奏でます。フランジレスの見た目が美しいです。それにしても最近お風呂場にBGMシステムの導入が増えて来ました。

ホームシアター工房 大阪 
田中雅史




工房BLOG | - | -

防音工事がわかる24〜神戸市西区の現場ぁ疎定してきました

神戸市西区の防音工事現場です。
丁度ブログを書き上げた時にオーナー様より、
メールにてレビューを頂きましたので一部引用させて頂きます。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
・・・測定結果の数値の上でも、防音効果のレベルが高い状態になっているようで、自宅周辺に及ぼす騒音被害を心配することなく、音楽や映像を楽しめることができるようになり、スタッフの皆様に、お礼申し上げる次第です。私自身がイメ−ジしていたとおりのホ−ムシアタ−に仕上げて頂き喜んでいます。毎晩、内外のミュ−ジシャンのコンサ−トDVD、映画、またYou Tubeからも、特に、「 H D 」配信の音楽サイトを楽しんでいます。半分以上の時間 ” BEATLES ” を観ています。今後もオ−ディオなどに関するアドバイスを頂く機会があるかもしれませんが、その折は、よろしくご教示ください。ホ−ムペ−ジへの掲載は、いささか恥ずかしいものがありましたが(皆さんたいそう立派なHTを作られているので・・・・)客観的に自分の部屋を観れて良かったです。田中様はじめ、スタッフの皆様、また大建工業の関係者の皆様には、これからも、力を発揮され素晴らしいホ−ムシアタ−創造のためにご活躍ください・・・
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
とても励みになる御言葉頂戴しました。
本当にありがとうございました。


さて、
PC064162.jpg先日、性能測定を行ってきました。今回は大建工業のスタンダード防音を基準にして500ヘルツ帯で40db+αの遮音性能の防音施工を行いました。αと言うのは材料や施工方法を工夫する事でそれ以上の効果を狙います。音の特性を踏まえて施工を行う事で性能を上げる事ができます。防音性能の測定の方法は簡単に言うと部屋の中で音を出して部屋内と外で測定をします。そのギャップが遮音性能と言う事になります。測定は6か所で行いました。結果40db+α以上の遮音性能を出す事ができ、場所によっては45db以上の所もありました。今回は御新築のお家にリフォームと言う形で防音工事を致しましたが、非常に優秀な性能が出た要因としては既存のお家の構造が非常にしっかりしていたと言う事が上げられます。


図1.jpg防音ドアは大建工業のA00タイプを使用。ドア部(B)遮音性能が39dbと他の箇所と比べ低く感じますが、大建工業の参考値で約37db位なので充分性能が出ていますね。屋内への音漏れを配慮するなら、一つ上位のランクの防音ドアを使用したり、前室を造って二重ドアにするとより効果的です。二重サッシの部分は46dbとなっています。この部分の性能は外側の既存サッシの性能、内外のサッシの空間幅、サッシ自体の大きさによって性能が変わります。防音工事の際はいつも旭硝子のまどまどを使用しています。まどまどについてはまた別途紹介致します。


残響音測定の結果ですが、今回のオーナー様はホームシアターよりオーディオ指向なので残響音はライブ気味(響き長め)に設定して吸音/調音を行っています。ホームシアターの場合は逆にデッド気味(響き短め)の調整をします。オーディオの場合はより自然な響きを付加する為、サラウンドの場合は細かな音や効果を長い響きによって不明瞭になる事を防ぐ為にそのような調整をします。測定結果は元々のシミュレーションの通りほぼライブラインに沿っていました。低域の125〜250ヘルツ辺りだけが少し長めになっているようです。スピーカー裏のコーナーとフラッターエコーポイントに吸音パネルを設置すれば完璧になりそうです。今の状態でも十分良い環境とも言えますのでこのままで楽しんで頂き、次のグレードアップの際に施すのも良いかと思います。

防音工事は御部屋の広さ、求める遮音性能にもよりますが、そこそこの金額が掛ります。単に壁を厚くしても音は止まりません。
音を止めるには音の性質を理解している事とその場所にあった適切な材料、工法を行う事が必要です。
ホームシアター&防音工事をご検討される方はホームシアター工房まで御相談下さいませ。

ホームシアター工房 大阪 田中雅史

工房BLOG | - | -
<< 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集