ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事178〜約5.5畳のシアタールーム

PA048930.jpg一戸建てのご新築にシアターインストールしてきました。お部屋のサイズは2.60x3.46mに天井高2.3mと約5.5畳の専用ルーム。このスペースでホームシアター出来るのかな?と思われるかもしれませんが、充分に大画面が楽しめるシアターを造る事が可能です。ホームシアターをする場合、<専用室>か、<リビング>かと、お部屋の選択をしますが、一般的にTVの延長上で広いスペースを活かせる<リビング>と、内装などもシアター向けにする事でトコトコンのめり込む事が出来る<専用ルーム>。それぞれメリットがありますので導入予定の方はじっくり検討致しましょう。もちろん、両方共導入も可能ですよ。


PA048933.jpgスクリーンはキクチ化学研究所のスタイリストパネルタイプで97インチ。投影距離から100インチはどうしても難しかったので特注対応にて97インチにしました。それなら100インチのスクリーンで97インチを映してもいいのでは?と思われる方もいるかと思いますが、これが全然違うのです。この辺りは弊社スタッフにお問い合わせ下さいね。フロントSP、センターSP、サブウーファーはB&W。高級感漂う仕上がりと解像度の高い音質はホームシアターも音楽視聴も高いクオリティで再生します。サラウンド、サラウンドバック、フロントハイトSPはキャバスALCYONE2。小型でありますが、広がりのある音はホームシアター向けです。

PA048937.jpgプロジェクターは三菱 LVP-HC8000。三菱らしい、DLPらしい、映画色が楽しめます。投射距離の関係もあってこの機種がピッタリでした。壁面に貼っているのはサウンドスフィアと言う調音パネルです。不必要な反射音を軽減する事で音は明瞭になり迫力が出てきます。お部屋の響きって思っている以上に影響しています。ちょっと手を掛けるだけで見ちがえるように音が生き生きとしてきます。サウンドスフィアはこの手の製品の中でも低価格で効果的なのでよく使用しています。



PA048939.jpg機材は視聴位置のサイドにラックを設置。パナソニックのブルーレイレコーダーとデノン AVR-4520が収納されています。
ご新築、リフォーム、既存、問わず、約6畳位の空いているお部屋がありましたら、シアタールームにしてみてはいかがでしょうか?映画はもちろん、音楽ライブやサッカーなどのスポーツ観戦、ゲームなど大画面で、大迫力のサウンドで楽しんでみませんか?ご相談は<ホームシアター工房 各ショールーム(新宿/横浜/名古屋/大阪)>まで。気軽にお問い合わせ下さい。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史



工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事177〜シアター付き建売住居完成

10991379_705930236195157_3983555736637085071_n.jpg吹田市にシアター付き新築建売住宅が完成しました。シアターはもちろん「ホームシアター工房 プロデュース」。本格的な映像/音響でありながら、意匠的に、使い勝手的にこだわったシステムとなっております。映画好き、音楽好きな方はもちろん、今までシアターに縁が無かった方にこそ楽しんで頂きたいです。ご新居と共に新しいライフスタイルをスタートしましょう。お家の方はこれから売り出しとの事ですのでご興味のある方は下記ハウジングまで。

株式会社千里ホーム
http://www.senrihome.jp/



10950691_705929022861945_1458461275421364617_n.jpg電動100インチスクリーンを降ろしたところ。普段は天井のスクリーンボックスに収納されていてシアター視聴の時だけ昇降させます。スクリーンの下にはTVボードを設置。ブルーレイプレーヤーやAVアンプを収納。TVボード横に低音を鳴らす為のサブウーファーも据え置き設置しています。スピーカーは天井埋込み。CAVの小型スピーカーを5本設置していますが、見た目は結構スッキリ、それでいて迫力十分なサラウンドを再生してくれます。


10940622_705929026195278_1007087925241722374_n.jpgプロジェクターはエプソンのリビング向け高輝度タイプEH-TW8200。明るい色合いのお部屋でも十分綺麗に投射出来る優れ物。ニッチを掘って据え置きしております。サラウンドスピーカーが2本、天井にスッキリ取り付けされています。照明のシーン調光はパナソニックのリビングライコン。スマホでシアター環境をコントロール出来るホームシアター工房オリジナル「スマホリモコン」で照明も操作出来ます。




10001453_705930182861829_6512460303028385221_n.jpgハヤミのTVボードにパイオニア AVアンプ VSA-1124とブルーレイプレーヤーBDP-3130を設置。シンプルにブラックで統一。よくあるシアターが付いてます!住居に比べると意匠的にもシステムバランスもかなり考えられています。




スマリモ TOP&TV.jpgスマホでシアター環境をコントロール出来る「スマホリモコン」。常に手元にあるスマホだからより手軽で便利を可能にしてくいれます。従来のiPadのタイプに比べ価格も抑える事が可能になったので、総額100万円未満のリーズナブルなシステムでも導入しやすい価格帯です。これからは「スマホリコン」が主流になりますよ。また、「スマホリモコン」は別途費用にて音声認識操作も可能です。<テレビつけて>や<あかりを消して>、<シアター開始>など、音声にて機器やシアターの操作が可能です。「スマホリモコン」の便利さをホームシアター工房 ショールームにてご体感下さい。


P2179857.jpgキッチンにはブルートゥース対応のBGMスピーカーを設置。スマホ内の音楽を無線で飛ばす事ができるので簡単、手軽に使う事が出来ます。


10985508_705929032861944_4370386342329266445_n.jpgシアター抜きにしてもこのお家に住まれる方がうらやましい!そんな素敵なお家です。このシアターシステムがより豊かなライフスタイルのきっかけになればと思います。

ご新築、リフォームの際にホームシアターシステムの導入を検討してみませんか?「ホームシアター工房」各ショールーム(新宿/横浜/名古屋/大阪)にてシアターのご体感&ご相談を承っております。スタッフ一同お待ちしております。


ホームシアター工房 大阪
田中雅史



工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事176〜豊中市マンション 吹き抜けリビングシアター

P1129598.jpg豊中市のマンションのリフォームシアター。(書斎のお部屋は防音工事をさせて頂きました。⇒こちら)メゾネットタイプのマンションの一室。リビングのスペースは吹き抜けになっており開放感のある空間となっています。大きな本棚兼シアターボードがとても印象的。カフェや雑貨屋さんのお洒落感が漂っています。
防音仕様の書斎を造る為に訪れた「大建工業 大阪ショールーム」にて、ホームシアターと出会い、そのショールームのシアターをインストールしたのが「ホームシアター工房」だと紹介をうけ、弊社にご来場頂きました。ご相談頂いた際にはほぼリフォームプランは決まっておりました。


P1129570.jpgシアターをするのであれば理想的な間の取り方がありますで、できる限り理想に近づくよう、アイデアを出しながら打合せを進めて行きました。4Kシアター、LINNのスピーカーシシテムと音も画も上質でありながら意匠的にも魅力的なシステムとなっております。また、シアター機器はもちろん、カーテンや照明もiPadにて制御。使い易さも考慮しました。非常に高いレベルでバランスの取れたリビングシアターになっていると思います。本棚にスクリーンボックスを追加で作って頂きました。スクリーンはOS テンション付スクリーン 105インチ。生地は4K映像も耐えうるWF203です。テンション付はヨレシワが少ないのが特徴ですが、見た目がカッコイイんですよね。

PC069465 jjjgg500x374.jpgプロジェクターはソニー リアル4K VW1100ES。家庭用のプロジェクターの中でダントツ一番の画力を持っています。少々筐体は大きいですが、この大きさのおかげでこの映像美と思えば許せる範囲かなと。出来るだけ後方に持ってきて投射距離も稼いでいます。金具もブラックに塗装して仕上げています。テーブルにはiPadが。これ一台シアター、照明、カーテンの操作が楽々出来ます。



PC069476.jpgスピーカーは全てLINNで統一しています。MAJIKシリーズを中心にサラウンドは天井埋込のDISKREET。MAJIKのカラーはローズナット。ウォルナット系の家具の色合いより少し赤目にする事で、その存在感が出来てきます。カラーを合わせて同調させるかどうかは好みかと思います。AVアンプはパイオニアSC-LX88でフロントのみ別途パワーアンプ ONKYO M-5000Rで鳴らしております。プレーヤーはOPPO 103DJP。お手頃価格で音質、画質ともにしっかりしたプレーヤーで人気です。その他、ブルーレイレコーダー、PS4、光テレビも接続しております。



PC069473.jpgサラウンドスピーカーはLINN DISKREET。ワイドレンジ再生により、スイートスポットも広くとる事が出来ます。LINNのマークが高級感を醸し出しています。



PC069495.jpgカーテンは電動タイプを二か所、照明は2種類のシーンコントローラーを設置しており、それぞれipadにて制御しております。



PC069500.jpgウォールナットの家具に壁紙がブラックと言うのが良い感じ。ラックは排熱や使いが使い勝手を考えてオープンタイプに。

ホームシアターを導入する機会は色々とありますが、ご新築やリフォーム時だとより理想的なシアターを造る事が可能です。それは映像や音響の質だけではなく、意匠的なところや使い勝手のところも工事の制限が少ないほど幅広く検討する事が可能です。是非とも一度、「ホームシアター工房」各ショールーム(新宿/横浜/名古屋/大阪)にてシアターのご体感&ご相談をしてみて下さい。お待ちしております。
ホームシアター工房 大阪
田中雅史


工房BLOG | - | -

防音工事がわかる36〜書斎防音工事&リビングシアター 豊中市マンション遮音測定の巻

PB139115.jpgマンションリフォームでの書斎防音工事&リビングシアターです。防音工事を施したお部屋は書斎兼仕事部屋。天井、床、壁面の6面全て防音工事を行い、開口部除く面で40〜42dbの遮音性能をターゲットに工事を行いました。お部屋に入ると、ほんとシーンと言う音が聴こえる位、静かな部屋となりました。外の騒音がほとんど気になりません。お施主様にも気に入って頂きました。状況から遮音は十分とされていると思いますが、これは感覚での話なので大建工業さんに依頼をしてきちんと遮音測定(有償です)をして頂きました。測定ポイントは4か所。(A)間仕切壁隣の寝室、(B)二重サッシ外のバルコニー、(C)防音換気扇裏の洗面所、(D)防音ドア外の廊下となります。

シンプルプラン 木村邸 シアター図 0807.jpg部屋内に大音量(90db)のノイズ音を発生させ測定ポイントで漏れている音を計測。そのギャップが遮音性能となります。以下が結果です。
(A)寝室 54db
(B)バルコニー 39db*測定不能
(C)洗面所 46db
(D)廊下 44db
まず(A)は寝室部は間仕切壁の部分ですの一番無垢な工事の性能がでるところで、40〜42db設定で結果が54dbなので十分な遮音性能が出ていると言えます。

PB139131.jpg(C)、(D)についても大建工業さんの性能参考値が37db、42db位なので十分と言えます。(B)については39dbとしておりますが、実は測定不能と言う状態でした。遮音性能とは発生音と漏れた音のギャップを言うのですが、元々のバルコニーでの暗騒音(外のざわざわ音)が51dbあり、測定音も51dbと変化なしで、遮音性能としては39db以上あるがそれ以上の測定は出来ませんでした。既成サッシとインナーサッシの性能、その空間の寸法、実際のサッシの開け閉めでの漏れ音の差からみると経験上、40〜42db以上の性能は充分と出ていると思われます。また、書斎内の暗騒音を計測すると19db。「録音スタジオ」並の非常に静かなお部屋であると言えます。

PB139145.jpgお施主様にご説明をして全工程完了しました。

⇒測定ポイント(C)
洗面所、防音換気扇フード部

音を止めるには質量の高い材料を使用する必要がありますが、その組み方、使い方で大きく防音の性能は変わります。防音工事&リフォームのご相談はホームシアター工房まで

ホームシアター工房 大阪
田中 雅史

以前のブログ
その
その







工房BLOG | - | -

防音工事がわかる35〜書斎防音工事&リビングシアター 豊中市マンション∨媛珊事完了!!

PB139140.jpgマンションリフォームでの書斎防音工事&リビングシアターです。まずは防音工事が完了致しました。こちらは書斎兼お仕事部屋。ですので外の騒音を遮音されたいとの事で工事を依頼頂きました。今回の工事は少し変則的でリフォーム工事屋さんがお部屋の解体をして、スケルトンの状態から弊社が防音工事。その後にリフォーム工事屋さんが仕上げやインテリアの納品を行いました。防音工事は防音材料を使えばよいのではなくて、どう組むか、貼るかの工事の部分で性能が変わります。世間での防音工事でのクレームの多くは防音材料を使っているのに音が漏れるとの事。ですの音の性質を理解し経験があって責任を持って施工するスタッフが絶対必要になります。

PB139120.jpg遮音以外のお施主様のご要望として『あまり音に神経質にならないような響きにして欲しい』という事がありました。吸音を効かせすぎるとちょとした音が綺麗に聴こえ過ぎてしまう場合もありますから。シアタールームの場合は出来るだけ吸音をしますが、音が鳴っている状態であればその他の音はあまり気にならないので問題はないです。完成後、お施主様に体感してもらいましたが、とても気に入ってもらいました。他の部屋とは静かさが全然違うのにビックリ。それでいて、神経質にならない響きになっている、ご要望通りとお褒め頂きました。
さて次回は遮音測定の結果です。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史

以前のブログ
豊中市 書斎防音工事&リビングシアター




工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事170〜高天井のリビングシアター 大阪市

PA148951.jpg大阪市は浪速区、通天閣と阿倍野ハルカスが屋上から並んで見える場所にあるご新築のお家。3Fのリビングにてシアターインストールをさせて頂きました。開放感のある高天井と柔らかい色調が特徴的なお部屋です。リビングのスペースとしては約3.6x4.5m、天井は3.7mあります。高天井の場合、スクリーン、プロジェクター、スピーカーをどう配置、設置するかがポイントになります。結果、シアターのクオリティを落とす事なく完成する事ができました。プラン初期は、ブックシェルフスピーカーをローボードに収納するパタンも検討しましたが、前方を出来るだけスッキリさせたいとのご要望からスピーカーは全て壁掛け設置で再検討しました。

PA148968.jpgそんなプランのタイミングに代理店から発売となったのがフランスのキャバススピーカー。サイズが手ごろで何より音がいい。とても広がりがあって解像度の高い音。シアターとのマッチングもイイし、120インチを超える大画面でも対応できそう。雑誌で評論家の先生方が絶賛してるのもうなずける。何よりこの価格。真ん中サイズのEOLE3で一本40,000円。お値段以上のパフォーマンスとはこの事か。。。スクリーンBOXを造作し、そこにEOLE3をフロント&センター用に、サラウンドはワンサイズ小さい、ALCYONE2を2本設置しました。スピーカーシステムは5.1chです。


PA148994.jpgプロジェクターは壁面に設置しました。(⇒)写真だけ見るとどう設置してるか?わからないかもしれませんね。今まででしたら天井から長いポールの伸ばしてプロジェクターを吊っていましたが、このように壁面に設置する方法もあります。高天井の場合はオススメです。
天井面の仕上げは吸音仕様となっております。高天井や吹き抜けの場合、通常より音が良く響きます。適度に吸音を施すとシアター視聴の場合のみならず、TVの音や、普段の会話が聞き取り易くなりますよ。




PA148982.jpgプロジェクターはエプソン EH-TW8200。高輝度なのでリビングシアターには最適ですね。明るく、元気な絵作りは映画、スポーツ問わず見やすくて評判です。スクリーンは電動の120インチを設置。スクリーンサイズの選定は悩むところではありますが、設置可能であれば出来るだけ大きなスクリーンの導入をオススメ致します。





PA149011.jpg出来るだけ正面をスッキリさせたいとの事でしたので、機材はローボードではなく、縦型ボードをサイドに寄せて設置しました。最下段には密閉型のサブウーファー、KEF Q400bを収納しております。AVアンプはインテグラDTR-30.6、キャバスとの相性もバッチリです。放熱経路も確保してありますので、熱暴走などのトラブルも発生しにくい造りになっております。




PA149013.jpgスクリーンの裏にはテレビが壁掛けされ、2WAYシアターとなっております。写真にはありませんが、その他、寝室に32インチテレビの壁掛け、キッチンにはスマホの音楽を飛ばせるブルートゥーススピーカーも設置しました。音に映像にエンターテイメント満載のお家となりましたね。
ホームシアター工房ではご新築、リフォーム、既存部屋問わず、ホームシアターの導入相談をお受けしております。まずは、東京、横浜、名古屋、大阪の各ショールームまでお問い合わせ下さい。お待ちしております。
ホームシアター工房 大阪
田中雅史


工房BLOG | - | -

防音工事がわかる34〜ホームシアターリフォーム&防音工事 堺市マンション┘咼侫ー/アフター

P5278019.jpg
堺市のご新築マンションにて防音&シアターリフォーム工事の現場その┐任后L技、全工程完了致しました。新築のマンションでの防音&シアター工事。映画や音楽鑑賞を思う存分楽しめる特別な空間が完成しました。

■リフォーム工事前:
元々は約3.0x3.7mmの約6.9畳、天井高は2.45mの洋室。大きなクローゼットがありました。ドアも引き戸でどうしても音は漏れてしまいます。

DSC_1425.jpg■リフォーム工事後:
クローゼットを解体して防音工事、シアター設備を施工。クローゼット分奥行きが広く、ドアも防音ドアを設置しました。内装の雰囲気もシアター&音楽鑑賞に適したものにしました。また、防音工事後の寸法は約2.76x4.06mm、天井高2.26mmです。



P5278023 ps.jpg■リフォーム工事前:
共用の廊下に面したサッシ。外部の音漏れ対策では一番ネックになるところです。また、マンション特有の梁ガタがちこちに目立ちます。



DSC_1435.jpg■リフォーム工事後:
梁ガタを無くしスッキリさせました。カーテンで隠れていますが、サッシは二重サッシにて遮音効果をあげてます。部屋内に調音パネルを設置して残響やフラッターエコーを調整。エアコン位置も大きく移動しました。

ホームシアター工房では
リフォーム工事、防音工事、調音工事をお受けしております。
まずはショールームにてご相談下さい。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史



以前のブログ
●ホームシアターリフォーム
&防音工事 堺市マンション
その〇斗誉澤
その現場調査
その2鯊隆偉
そのて眩決定
そのゼ弉惨偉
そのζ眩完成
そのД轡▲拭軸粟
その┘咼侫ー/アフター

工房BLOG | - | -

防音工事がわかる33〜書斎防音工事&リビングシアター 豊中市マンション々事スタートです

P8298596 pi.jpg豊中市のマンション、書斎工事&リビングシアター工事始まりました。本日は工事前の現場確認、打合せに行ってまいりました。メゾネットタイプのマンションでその全体をリフォームされるとの事。ホームシアター工房がお請けしております工事は、『書斎の防音工事とリビングのホームシアター工事のプランニング及び施工』となります。リビングは吹き抜けになっており広さは約3650×4220mm。4K/100インチ、5.1chシステム導入予定です。吹き抜けの為にシステムに制限もありますが、空間をいっぱいに使って素晴らしいシアターを完成させます。シアター以外に、照明や天窓の電動シェード、掃き出し部の電動カーテンもコントロールするホームオートメーションも導入予定です。

P7108375.jpgリフォーム工事前の書斎です。こちらでご主人様はお仕事をされますので、その際にお部屋の外の音を出来る限りシャットアウトされたいとの事。大きな音を出すから防音工事を行うだけでなく、今回の様に静かな空間を造りたいから防音工事を行うケースもあります。防音工事の遮音性能は40〜42dbを基準にインナーサッシと防音ドアのグレードをワンランク上げて設計しました。また、適度に吸音が必要になりますので吸音壁、吸音天井&布クロス仕上げで行います。クローゼットもありますので、防音工事はもちろんの事、クローゼットの中まで行います。

P8298600.jpg既存の壁、床、天井をめくった状態、いわゆるスケルトン状態です。こうやってみると何故ここに梁があったのか解ります。パイプは途中までしかないので梁は小さく出来そうですね。床はフローリングじか貼りでした。この上に床組をして床方面の防音をする為、ローカ側と段差が出来てしまいますが、遮音するには必要なんです。写真の裏側も色々と配管が沢山。あれこれ交わして天井を組まないといけないです。遮音性能を持たせたまま出来るだけ空間を広く残す為にアイデアと工夫が必要です。エアコン、換気扇、ドア設置で悩みました・・・。
さてさて
本工事は9月からとなります。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史

工房BLOG | - | -
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集