ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京・名古屋・大阪の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事125〜リフォームシアター Jホームスタイルコラボ造作家具導入

P2264666.jpg三木市の大規模リフォームシアターです。リフォーム前も大きな家具にTVを設置、シアターシステムも導入されておられましたが、今回のリフォームを機にシステムを一新される事になりました。リフォームの場合は工事をするところとしないところ(天井は触らない等)があるので新築に比べて制約がでる場合がありますが今回はほぼ全面改装な感じでしたので問題無く計画を進める事が出来ました。ただリフォームは工期が短いので新築の倍の倍の倍のスピードで計画を進めないと間に合いません、、、


P2264687.jpg柏木工コラボの造作家具に130インチスクリーン、フロントハイトの7.1chシステムです。造作家具はスクリーンボックス付きの壁面家具としました。フロントスピーカー裏は柏木工のモザイクと言う化粧板を使用しています。大建工業の音響拡散板と同様の効果を狙って設置をしました。フラットな板だと音の反射がブーミングなどのノイズとなって音質低下を招きます。フロントスピーカーの裏は特に音がこもりやすいので対策すると効果的です。デザイン的にもアクセントが付いて良い感じになりました。



P2264684.jpg<主要機器>
・プロジェクター エプソン TW8100
・スクリーン キクチ 130インチ/WAC
・ブルーレイレコーダー パナソニック
・AVアンプ デノン AVR-4520
・フロントスピーカー JBL LS80
・センタースピーカー JBL LS Center
・サブウーファー JBL L8400P
・サラウンドスピーカー モニターオーディオ RX-FX
・フロントハイトスピーカー モニターオーディオ RX-FX
・照明調光器 ルートロン グラフィックアイ
・その他 iPad&クレストロン、クレストロンキーパッド

センタースピーカー、サブウーファー、レコーダー、アンプは造作家具に収納です。すっきりしますね。

P2264706.jpg本当に広いリビングです。プロジェクター側には暖炉があり、プロジェクターはクアドラスパイアのラックを使って設置を致しました。サラウンドスピーカーの下のブラケット照明は御施主様のナイスアイデアです!プロジェクター側のあかりのアクセントになっています。光源の高さ、種類、角度など、違う特性のあかりを使う事でお部屋が立体的に見え、魅力的な空間になります。実用的な明るさだけを求めるのであればシーリングライト1個で十分でありますが、様々なシーンを演出するあかりがあるとライフスタイルが劇的に変ると思います。お洒落だなあと思う空間、高級感のあるホテルなどはあかりに凝っているのがわかると思います。


P1244559.jpg
130インチ 大迫力のシアターの完成です。
映画にスポーツに音楽に楽しんで下さい〜。


ホームシアター工房 大阪 田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事124〜Jホームスタイルにて造家具&壁面デザインの打合せ

960073_371356026319248_893498884_n.jpg堂島にある柏木工Jホームスタイル大阪に造作家具と壁面のデザインの打合せに行って来ました。Jホームスタイル大阪は柏木工の家具の販売はもちろん、ご新築のインテリア相談も対応してくれるショップです。最近は弊社とのコラボが増えてますのでホームシアター関連のインテリア、ファブリック関連にも詳しくなって来た様子。弊社のショールームから車で10分掛からない所にありますので、インテリアをお考えの方は是非一度寄ってみて下さい。


943171_371360459652138_313721673_n.jpgホームシアターのバイブルと言うべき「ホームシアター・ファイル」vol.69の表紙のシアターを手掛けさせて頂きましたが、正面のローボードはJホームスタイル&ホームシアター工房のコラボ作です。こちらの雑誌を見て ご来場される方が増えました。


946891_371356159652568_2141695554_n.jpg実際のサンプルを並べて色々な組み合わせを検討してます。普段の明かりでの見え方、シアター向けに明かりを落とした時の見え方。馴染ませるのか、主張させるのか。癒しの空間にもしたいけど、ドキッとする驚きも欲しい。自分の部屋の様にのめり込んでしまってます〜。


933905_371356122985905_1973769132_n.jpg最後はお施主様の『これで!』で決定。近いトーンでまとめてとってもいい感じじゃないですか〜。想定しているソファの色はレッド!十分驚きもありでした。



945593_371356049652579_2107615997_n.jpg8月上旬に納品予定。暑く楽しみな夏が待ち遠しいです。。。


ホームシアター工房 大阪 
田中雅史



工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事121〜B&Wスピーカーが美しいシアター ミサワホーム御新築

画像 053.jpg京都府中部は丹波地方のミサワホームさんご新築のお家にホームシアター導入してきました。建築造作、家具、シアター機器が一体となってデザインされているのがとても印象的なシアタールームです。フロントスピーカー上部の収納やスピーカー裏のグレーの壁紙など、随所に御施主様、設計士様のアイデアや工夫が感じられます。同じトーンでまとまっているのが良い存在感を醸し出していますね。



画像 062.jpgスクリーンの裏には明り取り用の窓が。スクリーンで遮光も兼ねてるんですね。

<主要機器>
・プロジェクター
エプソン EH-TW8100
・スクリーン
グランビュー GEA-100HDW
・AVアンプ
マランツ SR6007
・スピーカー
B&W 684x2/HTM62/686x4
・サブ ウーファー
ASW608x2!



画像 043.jpgプロジェクターはエプソンTW8100。特徴であるレンズシフトを最大限に活かしての設置です。サラウンド/サラウンドバックスピーカーはB&W 686で7.1ch仕様です。ブルーレイが視聴ソフトの中心になる今は是非とも7.1ch以上のサラウンドでシステムを組んで欲しいです。5.1chでは味わえない音の奥行きを感じる事が出来ます。



画像 015.jpgB&W 684とASW608。グレーの壁紙がシアター全体のグレードをワンランクアップさせていますね。ブラックのスピーカーが引き立つ色合いです。ASW608はw260xh260xd330mmと超小型ですが、パワー感とスピード感が魅力のサブウーファーです。ウーファーをダブルにする事でお部屋の影響などによる周波数帯域の落ち込みを補う事ができるので音圧感が増し気持ちの良い低音を楽しめます。



画像 017.jpgセンタースピーカーもピッタリ収まっています。ケブラーコーンの黄色とのコントラストが綺麗です。スピーカーは表のサランネットを外した方が音は断然良いです。ネットは基本スピーカーの破損保護用なので外しても大丈夫であれば外してみては如何でしょうか。音が変わりますよ。

それにしてもバランスの取れた
アイデア満載の素敵なシアターです。

ホームシアター工房 大阪 
田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事118〜無垢の木と自然素材でつくる家にシアター導入

お施主様より完成後にコメント頂きましたので掲載させて頂きます。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
「快適」です。
リビングシアターなので、晩ご飯食べた後にプロジェクターで映画を見ても、TVを見る感覚で気軽に大画面かつ迫力ある映像を楽しめるのが、とっても快適です。朝は、ネットワークオーディオやFMをかければ、天井埋込スピーカーから流れる音楽が、まるでカフェのような雰囲気で気持ちの良い1日が始まります。休日の昼間にJAZZをかければ、オシャレな雰囲気がただよいます。こんな感じで、家にいる時間が楽しくなって、良いのかどうか分りませんが、家で過ごす時間も増えています。
家族みんなで楽しめているので、本当に頼んで良かったです。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ありがとうございました。
ホームシアター工房 大阪 田中雅史


P4014967.jpg兵庫県尼崎市のリビングシアターの施工例です。建築さんは無垢材と自然素材を使った家のフィールフォレストさん。木と漆喰の仕上げが優しい雰囲気を醸し出しています。天井の化粧梁や床材が印象的で建具やテーブルなど共に統一した雰囲気を感じます。これぞトータルコーディネートですね。施主様と造り手の想いが重なった結果かなと思います。
そんなお家の中へのシアター導入、リビングの定番、2wayシアターとなっております。シアターは100インチスクリーンを中心とした7.1ch。フロントスピーカーはブックシェルフを造作家具内に収納するスタイル。トールボーイスピーカーだとラック横のスペースを使ってしまうのでラック周りをスッキリさせたスタイルがお好みの方にオススメです。無垢の造作ラックの意匠がより綺麗に見えリビング全体のイメージも保ってますね。B&W CMシリーズとの見た目の相性は勿論、音質もグッドです。




P4014985.jpg7.1chの要、4本のサラウンドスピーカーは天井埋込タイプです。サラウンドバックを設置する事で前後の奥行き感がアップします。5.1chでは得られないより立体的なサラウンドに包まれます。プロジェクターはJVC DLA-X30。このプロジェクターは他のプロジェクターより少し大きめなのでリビングに設置する場合、見た目が気になるところですが、サラウンドスピーカーを埋込にする事で後ろ周りもスッキリしてます。Blu-rayが視聴ソフトのメインになった今は5.1chではなく7.1ch〜9.1chのシステムが多くなってきておりますのでリビングシアターの場合は特に意匠的にも埋込が有利になります。最近の埋込スピーカーはシアター向け製品もあり音も良いですから。



P4014987.jpgプロジェクターと埋込スピーカー。
とても良い収まり具合です。JVCプロジェクターの天吊は低天井なら純正品が一番いいですね。

<主要機器>
・プロジェクター
JVC DLA-X30
・スクリーン
グランビュー GEA-100HDW
・AVアンプ 
ONKYO TX-NA626 new!
・スピーカー
B&W CM1&CMC
CAV HT-62
ONKYO SL-A250


P4015000.jpgAVアンプは今月発売したばかりのONKYO TX-NA626。低価格ながらパワー感のあるアンプです。他メーカーと競合する価格帯ですが音質、機能共に一歩抜き出た感があります。無垢材を使った造作家具と機材がマッチしてますね。B&W CM1の色合いも綺麗です。

造作ラックへの機器の収まりは施主様が中心になってご検討されましたが、バッチリでしたね。

ホームシアター工房 大阪 
田中雅史



工房BLOG | - | -
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集