ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京・名古屋・大阪の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事201〜昇降機を使ったリビングシアター/積水ハウス様ご新築

P7022834.jpg西宮市の積水ハウス様のご新築のお家にホームシアターインストールしてまいりました。吹き抜けのある2FのLDKにご家族で映画やスポーツを楽しめるリビングシアターをご所望。オーナー様、建築様、とアイデアをまとめ、音/映像のクオリティにデザイン、使い勝手に妥協のない素敵なリビングシアターに仕上げました。スクリーンBOXを延長してコの字の囲いを造り、その中にシアターを納める事でまとまり良く、音質を重視したトールボーイスピーカーの収まりもイイです。吹き抜けでシアターを構築する場合の良いヒントになりますね。プロジェクターは話題の4K対応、JVC DLA-X750Rを昇降機CAV HT-70に設置、スクリーンはJVCと相性の良い、キクチのスタイリスト電動120インチを選定しました。

P7022845.jpgスクリーン裏には60インチのテレビを壁掛けしています。サラウンドシステムはドルビーアトモス7.1.2ch(計9ch)を実現しました。吹き抜けのあるリビングで、どこにスピーカーを設置すれば一番効果的かを検討し配置しました。フロント/センタースピーカー、ウーファーはモニターオーディオ/ブロンズシリーズのBronze6、BronzeCenter、BronzeW10。カラーは木目の美しいブラックオーク。AVボードとテレビ裏の化粧を濃いカラーにする事でスピーカーを馴染ませています。サラウンド/サラウンドバックにはスピーカークラフトのプロファイルAIM7-THREEを4本、トップスピーカーには同メーカーのプロファイルAIM5-THREEを2本使用しています。

P7022852.jpgそれらのスピーカーをドライブするAVアンプはDENON AVR-X7200WA。ドライブ力とクリアな音質が魅力のこのアンプはAirPlayやブルートゥースにも対応してますので手軽にスマホの音楽をシアターのスピーカーを使って鳴らす事が出来ます。また、これらのシアター機器全てをiPadで制御出来るシステムも導入しております。誰でも手軽にシステムが使えるのもシアターの重要なポイントです。
リビングシアターでも本格的な音と映像を実現することも可能です。是非とも、ホームシアター工房までご相談下さい。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事200〜こだわりのリビングシアターです!!/三井ホーム様ご新築

P3090056.jpg芦屋市の三井ホーム様、ご新築のお家にホームシアターインストールです。以前からホームシアターを楽しんでられたオーナー様。ご新築を機にシステムをグレードアップ、2Fのリビングに最大限のシアターを導入致しました。お部屋の広さは5.2x5.4m、天井高は2.6m。オーナー様のご要望としては、出来るだけ大きなスクリーンを導入したい。人が集まるリビングなので機器が目立たないようにしたい。使い勝手を良くしたい。それでいて画質、音質にこだわりたいなど・・。インストーラーとしてはとてもやりがいのある案件となりました。結果、オーナー様のご要望に沿ったイイ感じのシアターに仕上がったと自負しております。では、システムを紹介します。

P3090069.jpgプロジェクターはエプソン EH-TW8200をCAVの昇降機 HT-70を使用して設置をしています。昇降機を使う事で普段はプロジェクターを天井内に収納しておくことが可能です。スクリーンはグランビューの電動150インチ、サイドテンションタイプとなります。スピーカーは全て壁面、天井埋め込みですっきりさせました。スピーカークラフトの製品を使用していますので音質に妥協はありません。大迫力でいて高精細、映画に音楽視聴に楽しめるスピーカーです。計11本のスピーカーを使って、ドルビーアトモス7.1.4chを実現しています。AVアンプはONKYO TX-NR3030、プレーヤーはoppo BDP-103DJPです。

P3090083.jpg写真はフロントスピーカーのスピーカークラフト プロファイルAIMCinemaFive。フロントグリルを取ったところです。ケプラーコーンを採用していたり、ツイーター部だけで無く、ウーファー部も可動出来たり、バイワイヤリング対応だったりと音質へのこだわりを感じます。なによりもビルトインな感じがお洒落です。フロントグリルを取り付けているとスピーカーだと分からないかもね。センタースピーカーはAVボード内に収めておりますが、同じくスピーカークラフトのプロファイル AIM LCR3を造作BOXを造って設置しています。ウーファーは密閉型のKEF Q400bを使用しました。


P3090081.jpgホームシアターのシステムと照明はipadを使って制御しています。システムの使い勝手が大きく変わりますね。その他に、2か所あるキッチンそれぞれにクラリオン ZF160を設置して、スマホの音楽が簡単に再生できるようになっています。こちらも天井埋込タイプなので見た目スッキリ、インテリアの邪魔にならない製品となっており、とても人気です。
プロジェクター昇降機に、壁面埋込スピーカーに、ipad制御に、簡単BGMシステムに。リビングにシアターを導入しようか迷ってられる方いかがでしょうか?

ホームシアター工房 大阪
田中雅史

■三井ホーム様 ご新築案件 他にもあります。
その
その
その
その

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事147〜自然に溶け込むインビジブルシアター 滋賀県マキノ

P9246123.jpg滋賀県はマキノの別荘地に素敵なホームシアターが完成しました。建築地ほんと森の中で自然のサラウンドが心地よい癒しの空間。季節によっての変化が楽しいところでしょうね。建物の2Fのセカンドリビングをホームシアター兼、応接スペースとして計画。理想的なインビジブルシアターを導入致しました。
システムとしては100インチ、7.1chシアターですが、プロジェクターは昇降機に収納、スピーカーは天井埋め込み、サブウーファーは造作家具に収納と出来るだけ普段は機材が目に付かない設計としました。iPadで『スタート』すると何もないところから、じゃじゃじゃ〜んと映像と音があらわれるのでサプライズ感はかなり高めです。普段は自然を楽しみ、時折シアターで映画や音楽を楽しむ、このメリハリが演出となってより感動を呼ぶのだと思います。


P9246127.jpg昇降機はCAV HT-70、プロジェクターはJVC DLA-X30。シアタースタートはこの状態で、終了時には天井内に収納されます。サラウンド/サラウンドバックスピーカーも天井にスッキリと埋め込まれています。壁にはレコードジャケットが飾れるようにステイが取り付けられています。ちょっとした工夫でシアタールーム度は上がります。好きな映画やアーチストのポスターなどを飾るのもカッコいいですよ。




P9246130.jpgAVアンプとサブウーファーは造作家具の扉の中に収納しています。




P9246133.jpg『昔聴いていたレコードをもう一度聴いてみたいんです…』とのオーナー様のご希望でレコードプレーヤーをシステムの中に組み込みました。大きなジャケットを眺めながらレコードを慎重に取り出し、そっと針を乗せて…『へ〜い、じゅ〜〜』。音が鳴り出した瞬間の感動ったらなかったですね。大変喜んで頂き、また聴いていた当時の事を思い出されたようでした。アナログが好きな人からすればスマホやパソコンで音楽を聴くとどうも音が軽いと言います。アナログの音には思い出の重さが乗っかっているから重いんでしょうね。一本の映画、一曲の音楽を大切に楽しみたいですね。




P9246135.jpgスピーカーはスピーカークラフト プロファイルAIM8 Threeとプロファイル AIM 7 Three。プロファイルシリーズは枠が無いので数ある埋込スピーカーの中でもスッキリ度が高いです。




P9246139.jpgスクリーン裏には電動カーテンを設置。こちらもiPadにて操作可能。照明とともにシアターと連動させています。



P9246141.jpg電動カーテンを開けたところ。普段は大きなフィックス窓から外の景色が楽しめるようになっています。




P9246117.jpg1Fには3ゾーンに配信をするBGMシステムも構築しておりますが、3ゾーンのうち、2ゾーンはお家の玄関前と裏庭。シアター施工の際には外構がまだ出来ていなくてスピーカーの設置も出来ず。これからの季節、雪が多くなると言う事で続きの工事は暖かくなってからという事になっております。スピーカークラフトの全天候型スピーカーも早く紹介したいところです。

ホームシアター工房 田中



工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事110〜リビング昇降機シアター◆.瀬ぅ錺魯Ε晃羶恵

P1204484.jpg引き続き、高槻市の大和ハウス様ご新築のリビングシアターです。2年前に設置した昇降機にようやくプロジェクターが乗りました。そのプロジェクターは話題の4K対応、JVC DLA-X75Rです。昇降機はCAV HT-70ですが、奥行いっぱいいっぱい(笑)リビングの隣が和室になっていますので、ここにデンッと黒いプロジェクターが吊下がっている事を考えれば、昇降機で大正解でしたね。元々は普通の天吊でプロジェクターもエプソンを検討、建築さんとの打合せを進める中で昇降機の案が出てきました。新築の計画段階だからこそ実現できた案件でした。埋込スピーカーはサラウンド、サラウンドバックにCAV HT-62を4本。すっきりと収まっております。


P1204478.jpg昇降機を設置するには天井裏のフトコロがプロジェクターによりますが約350〜450mm位必要になります。こちらのリビングはおりあげ天井になっていて丁度昇降機の所はおりさげ部分でした。
本当にすっきりしてます。リビングにプロジェクターを吊るのが嫌だって方もこれでならどうでしょうか?



P1204480.jpg昇降機は赤外線リモコンが付いておりますので簡単に昇降できます。こちらのシアターはiPadコントロールを導入させて頂いておりますので、iPadにて<ホームシアター スタート ボタン>をタッチして昇降させます。




P1204482.jpgゆっくりと降りてきます。一番ワクワクする時ですね。




P1204477.jpg自動的にプロジェクターの投射位置で止まります。天井が高い場合はもっと低い位置まで下ろす事も可能です。この昇降機 CAV HT-70ですが、一般のユーザー様 宅にへの導入はもちろん、商業施設へ導入されているケースが結構あるんです。どこかのお店などで出会うかもしれませんね。


ホームシアター工房 大阪 
田中雅史




工房BLOG | - | -
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集