ホームシアター工房は年間施工数150件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事154〜三井ホーム 芦屋の地下シアター造作家具設置

P3047435-b500.jpg芦屋市の地下シアター現場です。造作家具の納品をしてまいりました。お馴染みのホームシアター工房&柏木工のコラボ、オリジナルAVボード。作品を重ねる度に新たな試みやノウハウをつぎ込んできましたのでより使い易く、よりデザインや質感なども満足頂ける家具になっていると思います。当初はソフト収納中心のデザインで機材収納も縦型でしたが、途中でTVを据え置くスペースをつくる形に変更。TVはスクリーンと真逆の位置になりますが、オーナー様のご要望をまとめた結果、これが最善策と言う事で採用となりました。



P3047462.jpg扉の種類も場所によって変えています。壁面全体の大きな家具になりますのでのっぺりしないような工夫もしています。左端の部分を除いて全てガラリ扉にしておりますが、これがかなり調音に貢献しているようです。通常、このような仕様の専用ルームの場合、最終調音前はフラッターエコーが盛大に多く出る事がありますが、今のところ長めの残響にも関わらずフラッターエコーは見あたらず。ガラリ部でうまく吸収されているようです。




P3047440.jpg左端の部分はLDやレコードを収納するサイズにし強度を持たしております。中段、上段はブルーレイ、DVD、CDの収納部。BOXサイズも余裕で入ります。





P3047448.jpg下段は機材収納部、ブルーレイレコーダー、AVアンプ、パワーアンプ、WiiU、PS3、LDプレーヤー、HD-DVD!、クレストロンを設置予定です。見えにくいところにインストーラーのノウハウがつぎ込まれているんですよ〜。





P3047467.jpgこちらはスクリーン面です。この壁の色好きなんですよ〜。暗すぎず、明るすぎずでシアタールームにぴったりです。映像を綺麗に観るには出来る限り暗い方が良いのですが、暗過ぎると照明効率も悪くなり、シアター以外に使えないお部屋になってしまいます。程良い暗さで質感の良いクロスもあまり無いんですよね。メーカー、品番を知りたい方はショールームで聞いて下さい〜。次回は140インチシネスコパネルスクリーンとソニー4Kプロジェクター VPL-VW1100ESの設置です。


ホームシアター工房 大阪
田中 雅史



工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事153〜三井ホーム 芦屋の地下シアターヾ霑団寛珊事完了

P2257410.jpg兵庫県は芦屋市、三井ホームさんご新築の地下室にシアター計画進行中です。地下室をスケルトンで渡して頂き内装/調音工事からシアターまでお請け致しました。写真は主な吸音工事、照明関係の施工が完了したところです。照明はルートロン・グラフィックアイ6ゾーンで調光、iPadコントロールにてシアターと連動する予定です。


*こちらはスクリーン側→
140インチパネルスクリーンを設置予定です。
(搬入が出来れば・・・)



P2257413.jpg*プロジェクター側→
ソフト収納付き造作家具を設置予定です。

シアターシステムはソニー4KプロジェクターVPL-VW1100ES&140インチシネスコパネルにスピーカーはメインをJBL S3900を別途パワーアンプにて駆動する11.2ch。さらに柏木工&ホームシアター工房の造作家具に、調音工事、ライティングシステム、ipadコントロールの見どころ満載、ノウハウ充填のフルコース。全てお任せいただけるのはインストーラー冥利に尽きます。3月の完成に向けて頑張っております。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事152〜 堺市シアターリフォーム現場Υ粟編

P2227258.jpg堺市のシアターリフォームの現場
そのΔ任后
その その その その 
その
調音工事も終わり完成致しました。初めてのご相談が2013/11/上旬ですから約3か月かかりましたが完成致しました。シアターの機器の設置だけでは無く内装や調音工事もお請けしましたので完成の喜びもひとしお。お手持ち機器が多かったので機器選択よりもクロス選びや天井の工法を検討してる時が楽しかったです。アンプやスピーカーの買い替えはしばらく後になると思いますがまたその際はお手伝いさせて頂きたいと思います。早く11.1chで再生したいですねえ。それにしても
VW500ESの画質は凄い!!

PB106399.jpg【ビフォー/スクリーン側】
元々のシアターはこんな感じでした。スクリーンは電動の4:3。当時は4:3が主流だったなあ。その他、プレゼンススピーカーのケーブルはモールにて処理、サブウーファーが邪魔になってメインスピーカーの位置もずれており、ウーファーはラインではなく、フロントSPとアンプのケーブルの間に接続されてました。せっかくの専用ルームなのに少々勿体ない感じ。ですので下見の時点で何とかしてあげたいとやる気が湧いてきてました。床のカーペットは明るい色合いですが、お部屋に合わせて特注されたとの事でそのまま使用することにしました。


P2087133.jpg【アフター/スクリーン側】
スクリーンは120インチの16:9パネルタイプに変更しました。少しでも大きなスクリーンを入れたかったのと4kプロジェクターの画質を活かす為にパネルタイプを選択。壁面もスクリーン裏をブラックにして映像が浮かびあがるような感じ(一番上の写真を参照)をイメージ。その他の3面はブラウン系でまとめました。フロントハイトもブラウン系なので目に入らないでしょう。この効果は大きいんですよ〜。天井は大建工業のオトテンを施工。天井工事は天井を落としてからが大変でした〜、、、。写真は吸音パネルを貼る前の状態です。



PB106403.jpg【ビフォー/プロジェクター側】
ソニーの三管プロジェクター ドルフィンが視聴位置の真上に。多分、サラウンドスピーカーの位置(壁際)、エアコンの位置(真後)との兼ね合いからここになったんでしょうね。エアコンホースの化粧カバーを見れば当時苦労して設置したのがわかります。サラウンドスピーカーもケーブルはモール処理。その他の配線を通す為に後から開口をしていたようで所々、ブランクプレートで目隠ししているところがありました。建築さんがあまりシアターの事を知らなかったとの事でこのような事になったらしいです。。。



P2227274.jpg【アフター/プロジェクター側】
プロジェクターはリアル4K、ソニーVPL-VW500ES。三管と比べると随分と小さくなり技術の進歩を感じますね〜。サラウンド、サラウンドバックは当初、サラウンドとフロントプレゼンスで使用していたBOSE 121。スピーカーに壁の色を合わせる事で4本天吊りしている圧迫感を軽減しています。フロントワイドも配線までしておりますのでスピーカー&アンプ待ち。吸音パネル サウンドスフィアを設置して調音も施しています。かなりの効果を感じました。
いや〜シアターリフォームってイイですね〜。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事146〜大阪市 旭化成ホームズご新築130インチ/7.1chシアター

P9296205.jpg大阪市は旭化成ホームズ様 ご新築のお家にホームシアターインストールしてきました。かなりの広さがありますが、リビングではなく個人部屋なんですね。羨ましい!!そんなオーナー様のご来場のきっかけは、弊社webサイトの<無料相談>。こちらにて導入の相談があり、何度かやりとりの末ご来場頂きました。当初は御自身で調べて建築さんにご指示される予定だったそうですが、いよいよと言う段階で、これは専門家に任せないと・・・と方向転換されたとの事。自分の好きな機器を選定する事は出来るけど、それと+お部屋+使い勝手+デザインなどをトータルで見てバランスをとり、尚且つ想定費用の中で収まるかどうかを検討する・・・経験やノウハウが無いと難しいところなんですよね。

P9296147.jpg大きなシアター家具にいっぱいいっぱいの130インチスクリーン。そこに JVC DLA-X75Rの映像を投射。フロント、センタースピーカー、ウーファーはKEF Qシリーズ。それをドライブするのはAVアンプ デノン AVR-4520、フロントバイアンプ7.1chで組んでいます。横方向に余裕のあるお部屋の造りなので音の広がりがより自然に感じられます。




P9296197.jpgTVはソニー 4K 65X9200A。4Kも随分と浸透して来ましたね。4Kだから綺麗と言うのは違いますけど、60インチ以上になるとハイビジョンの解像度では物足りないのは事実。大画面を楽しみたいのであれば4Kは大きな魅力です。
センタースピーカーも良い形に収まっています。顔を出す事で音離れもよく明瞭になります。専用ルームであれば、音質優先に検討したいところですよね。



P9296170.jpgサラウンドスピーカーはアンソニーギャロ マイクロのレッドを4本。プロジェクターは間接照明の仕込まれた天井の造作に設置。天井の仕上げは大建工業の吸音天井です。



P9296188.jpgサイズもお値段も手ごろなサブウーファー KEF Q400b。密閉タイプなので色々な使い方が出来ます。今回は側面の本棚を利用して置き場を設定。床に直接置く事で本棚との共振を軽減させています。




P9296193.jpgAVアンプはデノン AVR-4520。ハヤミ製の縦型ラックに収納しています。その他はブルーレイレコーダー ソニーBDZ-EX3000、PS3。シアター関連&照明調光はipadコントロールで制御。ワンタッチでホームシアター開始出来ます。

リビングシアターと専用ルームの良いところを合わせた感じのシアター。最近はこのタイプが流行っているんですよ。


ホームシアター工房 大阪 
田中雅史



工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事145〜 堺市シアターリフォーム現場現場調査 提案編

PC216686.jpg堺市のシアターリフォーム現場です。<前回のブログ>
さて、天井裏、壁裏を調査する為にまずはプロジェクターその他の機器、エアコンなどの取り外し、撤去を行いました。お部屋の広さは3,170x4,620mm、天井高は2,330mm。120インチのパネルスクリーンにソニー4K VW500ESの投射距離としては十分な広さはあり。しかし、プロジェクターとサラウンドバックスピーカーとエアコンとの取り合いで悩むところです。
カーペットをはがすと綺麗な木の床が出てきました。これの方が見た目もしシアター的にも良い感じです。



PC216691.jpgさて、肝心なプロジェクターを外した後の天井裏は・・・(パクパク)・・・あれ?・・・(パクパク)・・・フトコロが・・・(パクパク)・・・無いよ。オーナー様の見立てでは十分にフトコロがあるはずではありましたが、実際のフトコロ約30mm。そこにかろうじで通る配管が3本仕込まれておりました。でも、これではHDMIは通らない。HDMIを通すにはもっと径の大きなものを通す必要があります。予定とは違いますが、少し天井を下げて配管を通す事に決定。逆に壁は壁フカシをしなくても配管は通りそうな感じ。お家の施工は千差万別いろんな工法があります。見て見ないとわからない事が多いですね。



PC216698.jpg写真はプロジェクターを外した後です。細い配管が3本(黒いのも入れたら4本)見えますね。開口左端に見える水色はスタイロ、断熱材。天井仕上げ材は吸音タイプのようです。これを大建工業の吸音天井オトテンに変更、天井だけだと吸音部が少なく、響きが多く残ってしますので壁にも別途吸音パネルを施工する予定。部屋の寸法はそのままで行きたいのと費用の兼ね合いで後付パネルを検討中。シアターに音楽に楽しめる響きに調音したいと思います。
今回の調査で内装の仕様も決定。次回は来年になりますが、本格的に工事スタートします。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事144〜 堺市シアターリフォーム現場_叱編

PB106393.jpg堺市のシアターリフォーム現場です。ご新築された13年ほど前にホームシアターを導入。もともと弊社で施工をしたのではありませんが、最近、三管プロジェクターが映らなくなり、話題の4Kに興味もあり、三管プロジェクターを取り外すと補修も必要だし、それなら消費税が上がるまでに何とか思い、そんな事まで相談ができるショップををいう事でご連絡して頂いたそうです。
オーナー様のメインのご要望は三管→4Kへのリプレースとそれに合わせてスクリーンも変更。現在はヤマハのフロントプレゼンス仕様の7.1chですが、9.1ch仕様に変更。後々、の楽しみにフロントワイド(11.1ch!)が設置できるようにしておきたいなど。

PB106395.jpg当時は建築さんもシアターがわからず準備不足で後で開口を開けたり、実線配線やモールで処理する事に・・・。今回はそうならないように仕込みをしておきたいとの事でした。
上記のご希望に加えて、私の方からのご提案が、天井(現在も吸音天井になっている様子)や壁に吸音処理を施し調音する事、壁紙の色を暗めにしてより綺麗な映像を楽しめるようにする事、スクリーンはパネルタイプにして(パネルにすると画質アップはもちろんスクリーンの寿命も長くなりますもんね)、よりシアタールームらしさを出す事など。もちろん、大事な話、オーナー様のご予算もあります。そのご予算の中で上記の事が全て出来るのか・・・う〜ん、検討です。


PC216674.jpg現在のプロジェクターはソニーの三管VPH-D50HTJ、通称ドルフィンです。スクリーンは4:3。スピーカーBOSE、AVアンプはDSP-A2、DVDはデノンの3910です。当時の定番組み合わせで人気のシステムです。施工にあたり気になるのは天井、壁裏の状態。まずは、プロジェクターを下して天井裏を見て見る。オーナー様のお話しだとフトコロは十分にありそう。壁にも配管を通す必要がありますが、スペースが無ければ壁を吹かす(費用↑、、、)必要が出てきます。既存のお部屋は見て見ないとわかりませんので次回は全ての機器を取外して天井、壁の確認です。ドラマでよくあるように開腹してそのまま閉じる・・・断念・・・・なんてことの無いように願っておこう。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事142〜音楽に映画に楽しむ専用ルーム奈良積水ハウスご新築

PB096376.jpg音楽も映画もじっくり楽しみたいなら専用ルームがオススメ。明かりを暗くしたり大きな音を出しても大丈夫なお部屋で気兼ねなくシアターを楽しみたいですもんね。音質や画質がよりよくなるデザインにしたりと、リビングでは難しいような事も専用ルームならチャレンジできます。こちらは奈良県は積水ハウスさんご新築のお家。一階には5.1chのTVシアターをリビングに、iPhoneの音楽を気軽に楽しめるBGMシステムをダイニング&キッチンに導入。そして、二階には専用ルームを設け、音楽に映画に楽しめるシアタールームを造りました。天井は吸音天井、スピーカーの下は石張り、壁には吸音パネルと専用ルームならではの施しをしています。

PB096359.jpgシステムはフルハイビジョンプロジェクター&100インチスクリーン、9.1chシアターです。スピーカーは全てイギリスのKEF。フロントまわりはRシリーズを中心にサラウンドの6本はHTS3001SE。小型ですが上位機種に負けない実力と広がりのあるスピーカーでサラウンドに最適です。フロントスピーカーの足にはスーパースパイクを使用。スパイクとスパイク受けが一体になっているアイデアものの逸品。移動も楽々です。床を石張にする事で、より引き締まった音の印象となっています。



PB096337.jpgプロジェクターはJVC DLA-X30。同価格帯の中では映画向けとしての評価が高い製品です。スクリーンはキクチのスタイリスト。生地はホワイトマットアドバンスキュア。4Kにも対応した癖のないスクリーン。間違いない、定番です。
奥の棚の下に機材置き場があります。下から800mmほど空間があって、そこにADKのスオー二 シリーズのラックを二台、キャスター付きで置いています。
システムの操作はipadコントロール。ライティングも連動します。



PB096361.jpg壁には後付施工が可能な大建工業の吸音パネル オトピタを設置しました。中高域とフラッターエコーを抑えるオトピタ01と中低域を抑えるオトピタ02を使用。枚数は事前のシミュレーションにてシアターだけでなく音楽視聴の比重が高いのでライブ気味の設定から計算。元々ある吸音天井は高域メインの吸音なのでオトピタ02を多めに、オトピタ02だけだとフラッターエコーが止まりにくいので01をここぞという場所に配置しました。効果テキメン、専用ルームだから出来る音調ですね。



PB096320.jpg話題のSONY HDDオーディオプレーヤーHAP-Z1ESも導入させて頂きました。ネットワークオーディオをより快適に高音質で楽しみたい方にとってはピッタリの機器です。スマホやタブレットを使って感覚的に選曲や操作が出来るインターフェイスは便利だし、ハイレゾだけでなくスタンダードな圧縮音源にも効くど高音質機能が充実、他のネットワークプレーヤーを圧倒する商品になっています。価格もこの機能なら安いと思わせる設定になっていますよ。
左にはAVアンプ、パワーアンプ、上段にはCATVチューナーと制御用のクレストロン本体が見えます。



PB096326.jpgAVアンプは9.1ch対応のDENON AVR-4520。フロントプリアウトからONKYOのパワーアンプ M-5000Rに接続してKEF R700をドライブしております。システムで音楽視聴を重視する場合、幾つか方法がありますが、このようにフロントスピーカー用に別途パワーアンプを接続する形がシステム的にも使い易くオススメです。また、M-5000RはAVアンプの電源連動も可能ですのでiPadコントロールを導入される場合にも問題なく連動します。パワーアンプはリモコンが無いものも多いのでこれが出来ないと手動でON/OFFしないといけなかったりします。

PB096379b.jpg
魅力いっぱいの専用ルーム。何十畳ものお部屋や地下室で無くても大丈夫です。娯楽ルームとして一部屋設けて頂ければ映画に音楽に楽しめる空間をつくる事が可能です。是非ともご参考下さい。*映像はイメージ

ホームシアター工房 大阪
田中雅史



ブログ△




工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事137〜念願のリフォームシアター完成!!in鳥取県米子市

P9125995.jpg先月完成しました鳥取県は米子市のシアターです。大きな民家の増築、大改装を機にオーナー念願のシアターをリビングに導入致しました。現場が鳥取県という事で、まずは無料相談にてお問い合わせ頂きましたが、その後すぐに大阪までご来場頂きお打ち合わせ、シアターへの熱い想いに心を打たれシアター計画を請け負わせて頂く事になりました。リフォームという事で時間の余裕もあまりない中でしたができるところまでやりましょう!という事で進めて来ました。そんな感じでしたので無事完成して映像と音が出た瞬間の喜びは大きかったですね。
お部屋の方も大建工業の吸音材を使って調音。音にこだわった作りになっています。機材やセンタースピーカー、サブウーファーを収納しているローボードとフロントスピーカー KEF R900の裏のデザイン壁は柏木工&ホームシアター工房のコラボ家具。シアター向けにノウハウを詰め込んだ造作家具はスペースや使用する機材などによってサイズや仕様を変更しています。お部屋の雰囲気に合わせてカラーも選択できます。



P9126026.jpgシステムは
130インチ9.1chシアターです。

■プロジェクター
JVC DLA-X75
■スクリーン
OS 130インチ サイドテンション
■TV
ソニー KD-65x9200A
■レコーダー
ソニー BDZ-EX3000
■プレーヤー
DENON BDT-3313UD
■ネットワークプレーヤー
マランツ NA7004
■AVアンプ
DENON AVR-4520
■フロント パワーアンプ
ONKYO M-5000R
■スピーカー 
KEF Rシリーズ、Qシリーズ
スピーカークラフト AIMシリーズ
■制御機器
クレストロン
■造作家具
柏木工&ホームシター工房
■照明調光器
ルートロン 
グラフィックアイQS&子機x2

P9126028.jpg造作家具は柏木工&ホームシアター工房です。機器も綺麗に収まっております。放熱やグレードアップを加味し余裕のある作りにしました。見えていない部分にも放熱対策を施しています。右下がONKYO 渾身のパワーアンプ M-5000R。明らかにAVアンプとは違う音が出てきます。お値段も手ごろで、音楽視聴も重視したい方や既存のシアターのグレードアップにもオススメです。また、トリガーでAVアンプと連動しますので、特にiPadコントロールの導入を考えられている方にもおすすめです。視聴時にアンプを温めてから音を出したいという方にもipadを使って遠隔でウオームアップ・・・これは便利かも。


P9125978.jpgソニーKD-65X9200A 話題の4Kテレビです。サイドにスピーカーがつく事によって縦横比がお洒落になりました。薄ベゼルの16:9テレビと比べるとスマートに見えますね。フロントスピーカーのインシュレーターはスーパースパイク。スパイク部と受け皿部が一体になっているのでスピーカーの移動が楽チンでそれでいて音響的にも良いです。フロントスピーカー裏の凸凹のデザイン壁は音を拡散する効果があります。限られた空間の中でシアターを組むとどうしてもフロントスピーカーの設置位置が部屋のコーナーになってしまいます。そうすると壁裏に音が反射して音がたまるという現象が起こりノイズとなって聞こえてきます。凸凹をつくる事で音を拡散しノイズを減らす効果があります。

P9126062.jpg人が集まるリビングだからホームシアターシアターはちょっと・・・と言われる方もおられますが、人が集まるリビングだからこそホームシアターを設置してほしい!!です。シアターは映画や音楽の楽しみを倍増してくれます。大好きな映画を出来るだけ大きな感動で楽しむにはホームシアターが最適です。


ホームシアター工房 大阪
田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事136〜リビングでも9.1chシアターがしたい!!

P8265862.jpg尼崎のご新築リビングシアターが完成しました。自然素材を活かしたお家にホームシアターをインストール。以前からホームシアターを楽しまれていたお客様、ご新築を機会にリビングルームにシステムとして組込む事を考えておられたとの事でした。
設計ポイントとしては左奥に階段の登り口があり導線を確保する必要がありましたのでシアターセンターを部屋センターからズラした位置に設定。照明などもシアターセンターを基準に揃えました。
システムとしては120インチフルハイビジョンの9.1ch。それにしても7.1chは当たり前になり9.1ch以上のシステムも増えました。リビングルームでも天井埋込スピーカーを使えば本数が多くても大きくデザインを損なう事もないですもんね。最近はフランジ(枠)の無いタイプ、細いタイプも出ていますので本当カッコ良くなりました。
プロジェクターはJVC DLA-X30、スクリーンはキクチ120インチ。色が綺麗な前周りのスピーカー、ウーファーはフォステクス。アンプはパイオニア。スピーカーの色がソファに合ってて良い感じに見えますね。リビングシアターの場合、無難なカラーを選択しがちですがこの様に攻めた色もカッコ良いですよ。


P8265883.jpgリビングシアターの定番はテレビとプロジェクターの2ウェイ。テレビは壁掛けしています。据え置きするよりもお部屋が広く感じますので大型になるほど壁掛けをオススメ致します。
AVラックはADKの三連ラック。これがまたいいんです。しっかりしていて見た目の質感も良いのでホームシアターに最適です。そこそこの大きさのセンタースピーカーも収納出来ます。



P8265886.jpgプロジェクターはJVC DLA-X30を天吊りしました。
リビングでもしっかりと映画らしい映像を楽しみたいならJVCのプロジェクターがオススメ。ラインナップも豊富で4K対応タイプもあります。





P8265892.jpgサラウンド、サラウンドバック、フロントハイトスピーカーは全てスピーカークラフトのプロファイルAIM5 three。フランジレスなので塗り壁でも合いますね。




P8265880.jpg素晴らしいシアターが完成しました。
リビングでも9.1chシアターが可能なんですよ。

ホームシアター導入のご相談をホームシアター工房では随時受け付けておりますが、施主様ひとりひとり思いも違えば、こだわりポイントも違ってきます。それをまとめて形にして新たなライフスタイルの楽しみに繋げるのが私たちの役目です。
ホームシアター導入の際は是非ともお手伝いさせて下さい。

ホームシアター工房 田中



工房BLOG | - | -
<< 1 2 3 4 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集