ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

既存宅でもここまでできる 〜群馬県前橋市

《ホームシアター工房 東京》

  • 群馬県前橋市
  • 導入年月2012年12月

続きを読む>>

施工例 | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事110〜リビング昇降機シアター◆.瀬ぅ錺魯Ε晃羶恵

P1204484.jpg引き続き、高槻市のリビングシアターです。2年前に設置した昇降機にようやくプロジェクターが乗りました。そのプロジェクターは話題の4K対応、JVC DLA-X75Rです。昇降機はCAV HT-70ですが、奥行いっぱいいっぱい(笑)リビングの隣が和室になっていますので、ここにデンッと黒いプロジェクターが吊下がっている事を考えれば、昇降機で大正解でしたね。元々は普通の天吊でプロジェクターもエプソンを検討、建築さんとの打合せを進める中で昇降機の案が出てきました。新築の計画段階だからこそ実現できた案件でした。埋込スピーカーはサラウンド、サラウンドバックにCAV HT-62を4本。すっきりと収まっております。


P1204478.jpg昇降機を設置するには天井裏のフトコロがプロジェクターによりますが約350〜450mm位必要になります。こちらのリビングはおりあげ天井になっていて丁度昇降機の所はおりさげ部分でした。
本当にすっきりしてます。リビングにプロジェクターを吊るのが嫌だって方もこれでならどうでしょうか?



P1204480.jpg昇降機は赤外線リモコンが付いておりますので簡単に昇降できます。こちらのシアターはiPadコントロールを導入させて頂いておりますので、iPadにて<ホームシアター スタート ボタン>をタッチして昇降させます。




P1204482.jpgゆっくりと降りてきます。一番ワクワクする時ですね。




P1204477.jpg自動的にプロジェクターの投射位置で止まります。天井が高い場合はもっと低い位置まで下ろす事も可能です。この昇降機 CAV HT-70ですが、一般のユーザー様 宅にへの導入はもちろん、商業施設へ導入されているケースが結構あるんです。どこかのお店などで出会うかもしれませんね。


ホームシアター工房 大阪 
田中雅史




工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事108〜HDMIロック

PA145644.jpgホームシアターのスタンダードケーブルのHDMI。出はじめの頃はトラブルも多くコンポーネントケーブルでの接続の方が良いって事で敬遠されていたショップも多々ありましたがもうそんな事を言われてる所ないかと思います。4Kや3DやARCやリンクなどHDMIでしか実現できない仕様もありますし、何よりブルーレイの高画質、高音質をそのまま伝えるのが魅力です。しかし〜狭いラックの中で複雑なワイヤリングを行うとどうしても緩みやすく、抜けやすいのいが欠点です。きっちり、接続しても 機器を押しこんで行くと 奥の方ではヘンなテンションが掛って 外れかけしまう事もあるでしょう。HDMIのトラブルの多くがこの緩みによる接触不良が多く、それが元で端子が壊れてしまう事もあります。そうなると交換するしか無く、泣く泣くプロジェクター用のロングケーブルを買い替える事にもなりかねません。そこで、インストーラー達はこんな部品を使用しています。

PC224351.jpgアンプのHDMI端子の上にネジが付いています。




PC224350.jpgネジ 緩めます。




PC224349.jpgHDMIロックを付けます。





PC224352.jpgHDMIを接続します。




PC224353.jpg結束バンドで固定します。
HDMIロックの完成です。
緩みなどのトラブルが激減します。
D端子にも同じようにネジがあれば使えます。


ホームシアター工房 大阪 
田中雅史



工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事106〜リビングシアター完成 三井ホーム御新築

PC074274.jpg
門真市のリビングシアターが完成致しました。建築様は三井ホームさん。広々としたリビングに120インチシアターをインストール致しました。こちらのリビングは本当に三井ホームさんらしいテイストがちりばめられたお洒落な御家です。御施主様はもちろん、設計士さん、コーディネーターさんのセンスの良さがうかがえます。施工でお伺いした際には奥様に全部屋をご案内頂きその部屋毎の御説明までして頂きました。それそれのお部屋にテーマがあって本当にこれからのライフスタイルを夢描いて建てた御家なんだなあと思いました。リビングのTVボードもホームシアター工房&柏木工のコラボで作製させて頂きました。仕上げも良くバックのエコカラット、床材のカラーとのマッチングも非常に良いですね。素敵なインテリアにも負けていないかと、、、思います。ホームシアターはJVCのプロジェクター DLA-X55に120インチスクリーン。KEF Q900とDENON AVR-4520を中心にした9.1chシアターです。最近はリビングでも9.1chが増えてきました。音も映像もハイレベルです。コントロールはもちろんipad&クレストロン。シアター開始や終了に合わせての照明との連動も感動レベルです。リクライニングチェアはエコーネスのストレスレスチェア。ホームシアター用としては人気ナンバーワンです。

PC074305.jpg
プロジェクターもサラウンド&サラウンドバックスピーカーも良く馴染んでいます。プロジェクターはJVCの新型 DLA-X55です。非常に良いプロジェクターです。120インチ以上のスクリーンに場合は4Kテクノロジーはより効果的、X30よりワンランク価格は上がりますが納得のクオリティです。

リビングシアターのお手本のようなシステム、
本当に素敵なリビングシアターが完成致しました。

<ホームシアター工房&柏木工家具の詳細>

ホームシアター工房 大阪 田中雅史



工房BLOG | - | -
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集