ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事243〜奈良/旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)様ご新築

DSC_0843.jpg奈良県は旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)さんのご新築にてホームシアターインストールしてきました。2Fにある、専用ルームです。お部屋の広さは3.6x4.4m、天井高2.4m。室内の雰囲気は落ち着いたトーンでまとめられています。ホームシアターのシステムは4K120インチ、5.1.2chシステムとなります。音も映像も大迫力の空間となりました。スクリーンはオーエスプラスeのパネルタイプの120インチ!!歪みの無い、平面性の高いスクリーンが、4K画像の映像美を余す事無く映し出してくれます。

DSC_0857.jpg短辺になる前後の壁面はブラック、長辺となるサイドの壁面はブラウン。天井面はより濃いめのブラウン、床はグレー系。ソファー類をブラック、テーブルをブラウンとお洒落にまとめられています。前後のブラックの壁紙も真っ黒の中にキラキラが光るデザインでお洒落です。プロジェクターはエプソンの大ヒットモデル 4K対応のEH-TW8300を天吊りしております。天井にはサラウンドスピーカー、トップミドルスピーカーとして、LINN UNIKを設置。ユニークなフォルムとサイズ以上の音質でサラウンド(トップ)スピーカーとして重宝しております。

DSC_0482.jpgフロントスピーカーはLINN MAJIK140。黒バックにウォールナットは映えます!!LINNのスピーカーは立ち姿がイイんです。モダンなリビングでも、日本風のお部屋でも、凛とした姿は風景に溶け込んで収まります。音質の良さはもう語りつくされておりますね。音の躍動感をそのまま伝えるそんなスピーカーです。センタースピーカーも同じシリーズのMAJIK112。サブウーファーはKEF Q400bです。パネルスクリーン裏をブラックにする事で映像だけが目に飛び込んでくるような感覚になります。TVシアターでは実現できない領域です。

DSC_0502.jpgエプソン 4K対応プロジェクター EH-TW8300です。このモデルはリビングシアターでも活躍できる光量を持ちながら、色合いもフォーカスもしっかり出せる優れものです。プロジェクター選定に迷ったなら、これでOKです。また、金具はエプソン純正の薄型金具。天井に吸い付く様に設置ができます。

DSC_0512.jpgソファー横に据え付けの機材棚を造ってもらいました。ブルーレイレコーダーはウルトラブルーレイも再生できる、パナソニックDMR-UBX4030。AVアンプはインテグラ DRX-3.1です。LINN MAJIKクラスを鳴らすのであれば、もっと高額なAVアンプをセットする場合もありますが、それらと遜色のないパワーと音質が魅力のドルビーアトモス/DTS:X対応の7chアンプです。
また、これらのシアターシステム&照明のコントロールをipadで操作できるシステムを導入しています。手軽に簡単なシアター操作が可能です。

ホームシアター工房ではご新築、改築、既存のお家に限らず
ホームシアター導入の相談をお受けしております。
まずは気軽にお問合せ下さいませ。
●ショールーム案内はこちら
●来店予約はこちら
●ホームシアター無料相談はこちら

ホームシアター工房 大阪 田中雅史



工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事241〜『ホームシアター工房 大阪』ショールーム

DSC_1053.jpg2015年末にショールームを引越した際に新設したホームシアタールーム。量販店さんなど沢山の視聴用スピーカーを設置されているブースではベストな視聴は難しいくなります。「ホームシアター工房 大阪」ではできるだけ実際のシアタールームに近い状態で視聴していただける空間を造りました。映像、音響はもちろん、シアタールーム造りのキモとなる、遮光や迷光対策、ライティング、吸音対策、オートメーションの体感も可能です。もちろん、専用ルームでありますがリビングシアターを造る際の参考になると思います。
専門知識をもったスタッフが分かり易くホームシアターの導入についてご説明し、あなたに最適なプランを提案致します。
新築、改築、既存限らず、ホームシアター導入をお考えの方は気軽にご相談下さい。

<主要機器>
■プロジェクター:ソニー VPL-VW500ES
■スクリーン:キクチ シネスコ140インチ/WAC/パネルスクリーン
■ブルーレイレコーダー:パナソニック DMR-UBZ1020
■AVアンプ:インテグラ DRX-R1
■パワーアンプ:アキュフェーズ
■スピーカー/フロントSP:Pioneer S-1EX
センターSP:Pioneer S-7EX
サラウンドSP:KEF XQ30
トップSP:Cabasse EOLE3x4
ウーファー:Pioneer S-W1EX
*5.1.4ch

■一括制御システム:iPadコントローラー/クレストロン
*ホームシアター機器はもちろん、照明、電動カーテン、電動シェードも機器と連動して制御しています。

●ホームシアター工房 大阪
〒550-0005
大阪府大阪市西区西本町1-7-1 信濃橋FJビル5F
TEL : 06-6535-0770  FAX : 06-6535-0772 
営業時間:10:00〜19:00
定休日:毎週水曜日
*ショールームへのご来場の際は事前のご予約(来店予約フォームかお電話にて)をお願い致します。

●ショールーム案内はこちら
●来店予約はこちら
●ホームシアター無料相談はこちら
『ホームシアター工房 横浜』の紹介はこちら

ホームシアター工房 大阪 田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事240〜宮津市に誕生した麗しのシアタールーム/住友林業ご新築

DSC_0338.jpg京都府宮津市の住友林業様ご新築のお家にホームシアターインストールしてまいりました。天橋立を望む海岸沿いのお家の楽器演奏室(ピアノ)兼ホームシアタールーム。大建工業仕様の防音、調音の効いた素敵なお部屋です。専用室にしては明るめのお部屋となっていますが、それはピアノ演奏室との兼用の為。遮光は完璧で外光は完全シャットアウト出来ていますのでホームシアター視聴も快適です。お部屋の広さは4.1x5.8mに天井高2.4m。スクリーンはめいいっぱい大きくという事で、シネスコ140インチを導入しました。落ち着いたトーンのお洒落感のあるシアタールームとなりました。

DSC_0362.jpgシステムは4K対応、シネスコ140インチ、5.1.4ch(計9ch)。機器はプロジェクター&スクリーンがソニーVPL-VW535、OS STP/シネスコ140インチ/WF302。AVプリアンプにインテグラDRC-R1、CD再生とフロントパワーアンプ用にデノン プリメインアンプPMA-2000RE、その他のスピーカー用パワーアンプにマランツMM8003。フロントスピーカーはDALI HELICON 800 MK2、センタースピーカーにDALI EPICON VOKAL、サラウンドスピーカーにハイランドオーディオ ORAN4305。トップスピーカーはキャバスEOLE3、サブウーアーはオーディオプロ B2.27など。新旧の機器が入り混じっていますが、オーナー様の長いオーディオ&ホームシアター歴を表しています。次回はプリメインアンプとCDプレーヤーをグレードアップされたいとの事でした。

DSC_0363.jpgホームシアターでは最新のサラウンド(アトモスなど)の音場感を、ピュアオーディオでは2chのクオリティを突き詰めたいのであれば、パワーダイレクト付のプリメインアンプをフロントスピーカー用に使用する方法があります。ピュアオーディオとホームシアターを融合されたい方にお勧めのセッディングです。AVラックはお洒落なクアドラスパイア。

DSC_0366.jpgセンタースピーカーのDALI EPICON VOKAL。受注生産で納期に三か月かかりました。センタースピーカー台もクアドラスパイアです。

DSC_0368.jpgクアドラスパイア風の吊り棚にプロジェクターを据え置きしております。プロジェクターはVPL-VW535、4K対応プロジェクターは数あれど、リアル4Kパネルの解像感はやはり違いますね。

ホームシアター工房ではご新築、改築、既存のお家に限らず
ホームシアター導入の相談をお受けしております。
まずは気軽にお問合せ下さいませ。
●ショールーム案内はこちら
●来店予約はこちら
●ホームシアター無料相談はこちら

ホームシアター工房 大阪 田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事238〜リノベーションを機に導入!『ホームシアターファイル84号掲載』

DSC_0613.jpg2017年9月30日発売の『ホームシアターファイル84号』掲載の物件です。和歌山で建築会社にお勤めのオーナー様。以前、別の会社に居られた時に「ホームシアター工房」と仕事をさせて頂き、ご自身の家を建てられる際には必ずホームシアターの導入する!って思ってられたそうです。今回、ご実家をリフォームするにあたり、その夢を実現されました。建築士のオーナー様が仕事の合間にコツコツ作られたお部屋で、お家のあらゆるところに拘りやアイデアが取り入れられています。その一つがホームシアターです。
広いDLKスペースの内、2.9x4.9mがホームシアタースペース。そこに100インチ、5.1.2chのシアターを導入しました。

DSC_0585.jpgプロジェクターはエプソンTW8200をBOXに収納。スクリーンはグランビュー電動100インチ。AVアンプはインテグラDRX-3。フロントスピーカーはキャバスANTIGUA170、センターも同じくキャバスSOCOA170。サラウンド/トップスピーカーは天井埋込タイプのCAV HT-62を。ウーファーはKEF Q400bを採用。あまり贅沢にはせずコストパフォーマンスの良いものを中心に機器選定致しました。映画に音楽を上質に楽しめる空間となりました。

DSC_0161.jpgモデルチェンジした最新のキャバス(Cabasse) ANTIGUA170。広範囲なリスニングスポットとスムーズで繋がりの良い音の広がりが特徴。オーディオにもホームシアターにも最適なスピーカーシステムとして評判です。シアタースペースは袖壁で区切って、スクリーン裏とサイドの壁を黒系のクロスにしています。そうする事で明かりを落として、プロジェクターを投影した時に、黒い空間に映像がポンと浮かぶようになります。リビングであってもちょっとの工夫で没入感がアップする方法です。それもあってスピーカーの色も黒にしております。

DSC_0169.jpgセンタースピーカーのキャバス(Cabasse)SOCOA170、AVアンプのインテグラDRX-3、プリメインアンプのデノンPMA-390RE。SOCOAはフロントスピーカーと同じ、同軸ドライバー搭載。DRX-3は絶対の信頼とクオリティからホームシアターインストールの定番となっている製品。修理保証が3年間なのも嬉しいですね。で、PMA-390RE。『ホームシアターファイル84号』にもチラッと記載がありますが、こちらは<ボディーソニック>用です。サブウーファーの信号に合わせて、ソファーが振動します。音と映像に加えて、振動という体感が加わることでよりリアルに映画の迫力を感じる事が出来ます。*ホームシアター工房 大阪にて体感できます。

DSC_0631.jpgホームシアターシステムとボディソニックはiPadで操作ができるようにしています。ホームシアターシステムの<開始>、<終了>もワンボタンでOK。ホームシアターは機器が多く、難しいと思われている方も多いかと思いますが、このiPadコントロールシステムを導入して頂ければ誰でも簡単に使えるようになると思います。

ホームシアター工房ではご新築、改築、既存のお家に限らずホームシアター導入の相談をお受けしております。
まずは気軽にお問合せ下さいませ。
●ショールーム案内はこちら
●来店予約はこちら
●ホームシアター無料相談はこちら

ホームシアター工房 大阪 田中雅史


工房BLOG | - | -
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集