ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京・名古屋・大阪の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事155〜120インチパネルシアター 奈良県 三井ホームご新築

P1276888.JPG奈良県は学園前、三井ホームさんご新築のお家にシアターインストール致しました。120インチパネルスクリーンが印象的な専用ルームですが、シアター以外にもミニキッチンやワインセラーがある大人の娯楽室(素敵な響き!)のような雰囲気です。照明も調光で雰囲気バッチリです。お部屋の広さは約5.3x3.4m、天井高は約2.8m。音響的には天井高は高めが望ましいので、その他のお部屋に比べ床を一段低くする事で実現。また、遮音や調音にも気を使った音の響きの良いお部屋になっております。シアターシステムとしては、見た目的にはスッキリさせたい!だけど、音響や映像の迫力を楽しみたい!とオーナー様からのご要望。もちろん、ご予算内で・・・とも。当時のご予算は50〜100万位でした。

P1276893.JPGスクリーンは100インチ以上、音響は5.1chをご要望されておりました。スクリーンはお部屋の広さ、視聴ポイントの設定から120インチワイドに決定。せっかくの専用ルームですから電動などの昇降式ではなく張り込みパネルタイプをおすすめ。パネルタイプの利点はなんと言っても画質。電動など昇降式は少なからずスクリーン面に凹凸やヨレが出来、映像に歪みが出てしまいますので画質優先ならパネルですね。パネルのワクもベルベット調で光の反射が少なく映像が綺麗にトリミングされるもの効果が大きいです。

P1276897.JPG音響はフロントハイト7.1chにしました。包み込まれるようなサラウンド感を味わうなら7.1ch以上がオススメ。ミドルクラス以上のAVアンプはほぼ7.1ch対応ですし、2本のスピーカーを足すだけの効果は絶大ですのでこれからシアターを構築されるのであれば是非とも7.1ch以上で!プロジェクターはJVC DLA-X500R。映画に引き込まれる黒の深み、色合いはJVCならでは。ミドルクラス以上ならではの実力です。

P1276895.JPG機材類は背面のワインセラースペースの上部に棚を作ってもらって設置。暗室の専用ルームの場合、前方に設置すると ちょっとしたLEDの光が気になったりしますのでサイドなり後方が望ましいですね。ブルーレイプレーヤー、AVアンプ、テレビチューナー、アップルTVを設置。AVアンプはインテグラ DTR-30.5。KEFのスピーカーもパワフルに鳴らせるミドルクラス。ブルートゥースを使ってスマホの音楽も簡単に楽しめるスグレモノです。

P1276906.JPGスピーカーはKEFのTシリーズをフロント、センター、フロントハイト、ウーファーに使用。サラウンド同じくKEFの埋込型で統一しております。KEF Tシリーズはオンウォールの薄型スピーカー。壁掛けテレビシアターで使用する事が多いですが、もちろん120インチの大画面でも不足無し。もちろんウーファーも薄くてパワフルです。オーナー様のご要望の「スッキリさせたい」にピタリとはまりました。フロント&センタースピーカーはT301、T301c。フロントハイトスピーカーはT101。サブウーファーはT-2。
感動で震えるシアターがまた一つ完成しました〜。

ホームシアター工房 大阪 
田中雅史

工房BLOG | - | -

SmartMationを用いたリビングシアター!三菱地所ホームご新築 〜東京都渋谷区

《ホームシアター工房 東京》

  • 東京都渋谷区
  • 導入年月2013年8月

続きを読む>>

施工例 | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事142〜音楽に映画に楽しむ専用ルーム奈良積水ハウスご新築

PB096376.jpg音楽も映画もじっくり楽しみたいなら専用ルームがオススメ。明かりを暗くしたり大きな音を出しても大丈夫なお部屋で気兼ねなくシアターを楽しみたいですもんね。音質や画質がよりよくなるデザインにしたりと、リビングでは難しいような事も専用ルームならチャレンジできます。こちらは奈良県は積水ハウスさんご新築のお家。一階には5.1chのTVシアターをリビングに、iPhoneの音楽を気軽に楽しめるBGMシステムをダイニング&キッチンに導入。そして、二階には専用ルームを設け、音楽に映画に楽しめるシアタールームを造りました。天井は吸音天井、スピーカーの下は石張り、壁には吸音パネルと専用ルームならではの施しをしています。

PB096359.jpgシステムはフルハイビジョンプロジェクター&100インチスクリーン、9.1chシアターです。スピーカーは全てイギリスのKEF。フロントまわりはRシリーズを中心にサラウンドの6本はHTS3001SE。小型ですが上位機種に負けない実力と広がりのあるスピーカーでサラウンドに最適です。フロントスピーカーの足にはスーパースパイクを使用。スパイクとスパイク受けが一体になっているアイデアものの逸品。移動も楽々です。床を石張にする事で、より引き締まった音の印象となっています。



PB096337.jpgプロジェクターはJVC DLA-X30。同価格帯の中では映画向けとしての評価が高い製品です。スクリーンはキクチのスタイリスト。生地はホワイトマットアドバンスキュア。4Kにも対応した癖のないスクリーン。間違いない、定番です。
奥の棚の下に機材置き場があります。下から800mmほど空間があって、そこにADKのスオー二 シリーズのラックを二台、キャスター付きで置いています。
システムの操作はipadコントロール。ライティングも連動します。



PB096361.jpg壁には後付施工が可能な大建工業の吸音パネル オトピタを設置しました。中高域とフラッターエコーを抑えるオトピタ01と中低域を抑えるオトピタ02を使用。枚数は事前のシミュレーションにてシアターだけでなく音楽視聴の比重が高いのでライブ気味の設定から計算。元々ある吸音天井は高域メインの吸音なのでオトピタ02を多めに、オトピタ02だけだとフラッターエコーが止まりにくいので01をここぞという場所に配置しました。効果テキメン、専用ルームだから出来る音調ですね。



PB096320.jpg話題のSONY HDDオーディオプレーヤーHAP-Z1ESも導入させて頂きました。ネットワークオーディオをより快適に高音質で楽しみたい方にとってはピッタリの機器です。スマホやタブレットを使って感覚的に選曲や操作が出来るインターフェイスは便利だし、ハイレゾだけでなくスタンダードな圧縮音源にも効くど高音質機能が充実、他のネットワークプレーヤーを圧倒する商品になっています。価格もこの機能なら安いと思わせる設定になっていますよ。
左にはAVアンプ、パワーアンプ、上段にはCATVチューナーと制御用のクレストロン本体が見えます。



PB096326.jpgAVアンプは9.1ch対応のDENON AVR-4520。フロントプリアウトからONKYOのパワーアンプ M-5000Rに接続してKEF R700をドライブしております。システムで音楽視聴を重視する場合、幾つか方法がありますが、このようにフロントスピーカー用に別途パワーアンプを接続する形がシステム的にも使い易くオススメです。また、M-5000RはAVアンプの電源連動も可能ですのでiPadコントロールを導入される場合にも問題なく連動します。パワーアンプはリモコンが無いものも多いのでこれが出来ないと手動でON/OFFしないといけなかったりします。

PB096379b.jpg
魅力いっぱいの専用ルーム。何十畳ものお部屋や地下室で無くても大丈夫です。娯楽ルームとして一部屋設けて頂ければ映画に音楽に楽しめる空間をつくる事が可能です。是非ともご参考下さい。*映像はイメージ

ホームシアター工房 大阪
田中雅史



ブログ△




工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事138〜リビングでも9.1chシアターがしたい!!

P8265867.jpg先日、ご紹介させて頂きました尼崎のご新築リビングシアターのオーナー様より、ホームシアター導入するにあたってのコメントを頂きましたので紹介させて頂きます。
実際に導入されたオーナー様の声、参考になります!


ご紹介した施工写例はこちら↓↓↓
リビングでも9.1chシアターがしたい!!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
オーナー様より
・・・スクリーンは120と110インチで最後まで迷いましたが、部屋に入るギリギリの120インチにして正解でした。120インチだとうちの視聴距離は、3.4m(2.3H)くらいで、近すぎないかと心配していましたが、全然問題ありませんでした。前の家では、簡易な80インチのロールスクリーンを使う時だけ出して、2m(2.5H)の距離から観ていましたが、迫力が全く違います。特に「オズ はじまりの戦い 3D」の気球で滝を落ちるシーンは、本当に自分が落ちていくみたいで大迫力でした。シネスコサイズの映画ならもっと大きなスクリーンでもいいくらいです。(うちは無理ですが)使い勝手は、もちろん全くの別物です。音響面では、フロントスピーカーと同じものをサラウンドに使い、同じ高さに置いていた(前の家)ときの方が、5.1chでもサラウンド感は上だったように思いますが、それはある程度仕方ないかなと思います。リビングでするにはスマートさも大事なので満足しています。 当初、サラウンドバックの7.1chにするつもりでしたが、田中さんに9.1chを勧められ、9.1chにしてよかったと思います。もうすぐ子供が生まれますが、子供が小さいうちは、転倒による怪我等防止のため、今のフロントを片付けてしまって、フロントハイトをフロントにするという使い方もできると思います。まだ9.1chの効果が完全には実感できていませんが、これからもっと色々なソフトを観て、アンプの設定を色々いじってうまく調整すればもっとよくなると思います。プロジェクターも綺麗に設置していただきありがとうございました。当初、もっと前に設置する予定でしたが、一番奥にして、こっちの方がスマートでよかったと思います。コントローラーも全ての機器がばっちり動作しています。全体的にとてもスマートなシアターとなり大変満足しています。家族親戚が集まったときに、「塔の上のラプンツェル」を少し上映しましたが、姪らが大喜びしていました。それを見た親戚らが、本気でシアターの導入を考えている様子でしたので、そのときはホームシアター工房さんをご案内させていただきます。(^^)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
とても詳しく、詳細にありがとうございます。とくに『子供が小さいうちは、転倒による怪我等防止のため、今のフロントを片付けてしまって、フロントハイトをフロントにするという使い方もできると思います。』なんて、とても面白いアイデアです。φ(..)メモメモ。。。まだまだ、使い込んではいないという事ですが、もうすでに家族団らんのアイテムとして活用頂いてているようで大変嬉しく思います。
これからも豊かなホームシアターライフを楽しんで下さい!!
ありがとうございました。

ホームシアター工房 大阪 田中雅史


工房BLOG | - | -
<< 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集