ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事118〜無垢の木と自然素材でつくる家にシアター導入

お施主様より完成後にコメント頂きましたので掲載させて頂きます。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
「快適」です。
リビングシアターなので、晩ご飯食べた後にプロジェクターで映画を見ても、TVを見る感覚で気軽に大画面かつ迫力ある映像を楽しめるのが、とっても快適です。朝は、ネットワークオーディオやFMをかければ、天井埋込スピーカーから流れる音楽が、まるでカフェのような雰囲気で気持ちの良い1日が始まります。休日の昼間にJAZZをかければ、オシャレな雰囲気がただよいます。こんな感じで、家にいる時間が楽しくなって、良いのかどうか分りませんが、家で過ごす時間も増えています。
家族みんなで楽しめているので、本当に頼んで良かったです。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ありがとうございました。
ホームシアター工房 大阪 田中雅史


P4014967.jpg兵庫県尼崎市のリビングシアターの施工例です。建築さんは無垢材と自然素材を使った家のフィールフォレストさん。木と漆喰の仕上げが優しい雰囲気を醸し出しています。天井の化粧梁や床材が印象的で建具やテーブルなど共に統一した雰囲気を感じます。これぞトータルコーディネートですね。施主様と造り手の想いが重なった結果かなと思います。
そんなお家の中へのシアター導入、リビングの定番、2wayシアターとなっております。シアターは100インチスクリーンを中心とした7.1ch。フロントスピーカーはブックシェルフを造作家具内に収納するスタイル。トールボーイスピーカーだとラック横のスペースを使ってしまうのでラック周りをスッキリさせたスタイルがお好みの方にオススメです。無垢の造作ラックの意匠がより綺麗に見えリビング全体のイメージも保ってますね。B&W CMシリーズとの見た目の相性は勿論、音質もグッドです。




P4014985.jpg7.1chの要、4本のサラウンドスピーカーは天井埋込タイプです。サラウンドバックを設置する事で前後の奥行き感がアップします。5.1chでは得られないより立体的なサラウンドに包まれます。プロジェクターはJVC DLA-X30。このプロジェクターは他のプロジェクターより少し大きめなのでリビングに設置する場合、見た目が気になるところですが、サラウンドスピーカーを埋込にする事で後ろ周りもスッキリしてます。Blu-rayが視聴ソフトのメインになった今は5.1chではなく7.1ch〜9.1chのシステムが多くなってきておりますのでリビングシアターの場合は特に意匠的にも埋込が有利になります。最近の埋込スピーカーはシアター向け製品もあり音も良いですから。



P4014987.jpgプロジェクターと埋込スピーカー。
とても良い収まり具合です。JVCプロジェクターの天吊は低天井なら純正品が一番いいですね。

<主要機器>
・プロジェクター
JVC DLA-X30
・スクリーン
グランビュー GEA-100HDW
・AVアンプ 
ONKYO TX-NA626 new!
・スピーカー
B&W CM1&CMC
CAV HT-62
ONKYO SL-A250


P4015000.jpgAVアンプは今月発売したばかりのONKYO TX-NA626。低価格ながらパワー感のあるアンプです。他メーカーと競合する価格帯ですが音質、機能共に一歩抜き出た感があります。無垢材を使った造作家具と機材がマッチしてますね。B&W CM1の色合いも綺麗です。

造作ラックへの機器の収まりは施主様が中心になってご検討されましたが、バッチリでしたね。

ホームシアター工房 大阪 
田中雅史



工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事112〜パワーアンプ追加で11.1chシアター完成!!

P2264818.jpg去年、御新築時に施工させて頂きました神戸市の防音シアタールームです。AVアンプのリプレースとパワーアンプの追加で11.1chシステムを構築してきました。現行のAVアンプは11ch分のパワーアンプを積んだ機種は無く9chアンプ搭載がMAX。DENON AVR-4520も9chアンプ搭載なので別途パワーアンプ2ch分を追加する事で11.1ch再生を可能にします。AVアンプの機種によってはパワーアンプを追加しても11.1ch再生が出来ないタイプもあるので注意が必要です。パワーアンプの追加はフロントハイトにも設定出来ますが、こちらのシアタールームのメインスピーカーがB&W 802Diamondなので今回はフロントに設定します。パワーアンプはONKYO 渾身のパワーアンプ M-5000Rを選択。今回はパワーアンプを2台使用しています。M-5000Rは1台でも十分なパフォーマンスを発揮しますが、2台使用する事でさらにパフォーマンスがアップします。


P2264794.jpg2台使用ではバイアンプ、ブリッジ接続などが一般的ですが、今回はアクティブコントロール グランド接続にしました。これは実際、ONKYOさんがオーディオショーなどで実践してきた接続との事。バイアンプもブリッジもそれぞれ良さはありますが、グランドを安定させる事で音の明瞭度と定位感が向上します。この接続はどんなパワーアンプでも効果があると言うわけでは無いそうで、トランスが2器使用している事、発熱が増えても大丈夫な用に余裕をもった設計にしてる事でこの接続が可能との事です。それだけM-5000Rは基本設計が凄いんです。後、今やホームシアターのスタンダード、iPadコントロールも導入しておりますので、AVアンプと連動できるDCトリガーがあるのもポイント高いです。今回は11.1ch再生用でしたが、5.1ch/7.1ch/9.1chシアターのメインスピーカーの音のグレードアップ用に最適です。音楽CDの再生も重視される方には特にお勧めです。


P2264755.jpg機材類は全て前室の造作家具にスッキリ収まっております。こちらの造作家具も御新築の際に作成させて頂きました。ソフトも収まる多機能な家具となっております。

造作家具の詳細に付きましては次回!!

ホームシアター工房 大阪 田中雅史



工房BLOG | - | -

ホームシアター工房名古屋ショールーム 移転オープンのお知らせ

3月1日より、ホームシアター工房名古屋ショールームが

移転オープンしております。

2月より移転のためシアター体験出来なかったお客様

お待たせいたしました。

下記住所にて営業しておりますので、皆様のご来館お待ちしております。

なお、名古屋ショールームは平日完全予約制となっておりますので

ご来館ご希望のかたはこちらもしくはお電話にてご予約いただけますよう

よろしくお願いいたします。


<ホームシアター工房 名古屋 新ショールーム>
〒464-0858
愛知県名古屋市千種区千種3丁目35−8
HP吹上ビル5階
TEL:052-880-9996 FAX:052-880-9997

ショールーム地図

大きな地図で見る

ショールーム詳細はこちらよりご覧ください。

ニュース | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事103〜既存マンションでのホームシアター施工例

P6093160.jpg大阪市内、既存マンションでのシアター施工例です。120インチ、3D対応フルハイビジョン、iPadコントロール、5.1chシステム(1ケ月後、フロントハイトを設置して7.1chにグレードアップ!!)です。既存マンションでの施工では如何に配線を隠せるか、目立たせなく出来るかがポイントになります。戸建てと違って構造上の制約も多いので現場の調査を行いどの様な施工をするのかをじっくり検討する事が必要になります。
今回はサラウンドスピーカーのケーブルとiPadでプロジェクターをコントロールする際の配線をお部屋の前後にあったエアコン用の穴を使ってベランダを経由させて配線しました。おかげで部屋内はモール処理も少なくてすみました。


P6093187.jpgお部屋の真ん中に大きな梁がありますが120インチの投射距離をとると梁の後ろにプロジェクターを設置する必要があり、必然的に梁の下から顔を出すような形にしなければなりませんでした。キクチの汎用金具を用いて設置しています。また、プロジェクター位置がかなり低くなったのでプロジェクターのレンズシフトを利用してスクリーンのセンターでは無く左端から投射をする事にしました。シアターを使用していない時に生活導線を邪魔しないかなども設計のポイントになります。
左の梁にそっているモールがベランダからきた配線です。




P6093181.jpg120インチ電動スクリーンはOSのPセレクションです。新築の場合は建築工事にてスクリーンBOXやタレカベを造る事が多いのでBOXが小型であるキクチ スタイリストがオススメですが、既存のお部屋の場合は前面にパネルが付いているこのスクリーンが活躍します。今回はシアター機器をブラック&ホワイトでまとめましたのでスクリーンパネルはブラックにしました。リビングでもブラックは合いますね。とても良いアクセントになっています。
右端のモールにスクリーンのコントロールとフロントハイト用のケーブルが通っています。



P6093167.jpgハヤミのAVラックにデノンAVR-3313、パナソニックブルーレイレコーダー、KEF HTC3001SE、プロジェクターのワイヤレス送信機、iPadコントロールの本体(クレストロン)を収納。オーディオ用ラックなので機器もゆったり入ります。エプソンのワイヤレスタイプの送信機は時間が経つと電源のオン/オフをしてあげないと上手く認識しない場合があります。iPadで一括連動させる際に赤外線でのコントロールが出来ないので今回は電源自体を連動させて解決しました〜。




プロジェクター エプソン EH-TW8000W
スクリーン OS SEP-120HM-MRK2-BU202
ブルーレイ パナソニック DMR-BWT620
AVアンプ デノン AVR-3312
スピーカーシステム KEF KHT3000シりーズ(7.1ch)
AVラック ハヤミ B-3572
コントローラー iPad&クレストロン制御システム

ホームシアター工房 大阪 田中雅史

工房BLOG | - | -
<< 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集