ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京・名古屋・大阪の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事238〜リノベーションを機に導入!『ホームシアターファイル84号掲載』

DSC_0613.jpg2017年9月30日発売の『ホームシアターファイル84号』掲載の物件です。建築会社にお勤めのオーナー様。以前、別の会社に居られた時に「ホームシアター工房」と仕事をさせて頂き、ご自身の家を建てられる際には必ずホームシアターの導入する!って思ってられたそうです。今回、ご実家をリフォームするにあたり、その夢を実現されました。建築士のオーナー様が仕事の合間にコツコツ作られたお部屋で、お家のあらゆるところに拘りやアイデアが取り入れられています。その一つがホームシアターです。
広いDLKスペースの内、2.9x4.9mがホームシアタースペース。そこに100インチ、5.1.2chのシアターを導入しました。

DSC_0585.jpgプロジェクターはエプソンTW8200をBOXに収納。スクリーンはグランビュー電動100インチ。AVアンプはインテグラDRX-3。フロントスピーカーはキャバスANTIGUA170、センターも同じくキャバスSOCOA170。サラウンド/トップスピーカーは天井埋込タイプのCAV HT-62を。ウーファーはKEF Q400bを採用。あまり贅沢にはせずコストパフォーマンスの良いものを中心に機器選定致しました。映画に音楽を上質に楽しめる空間となりました。

DSC_0161.jpgモデルチェンジした最新のキャバス(Cabasse) ANTIGUA170。広範囲なリスニングスポットとスムーズで繋がりの良い音の広がりが特徴。オーディオにもホームシアターにも最適なスピーカーシステムとして評判です。シアタースペースは袖壁で区切って、スクリーン裏とサイドの壁を黒系のクロスにしています。そうする事で明かりを落として、プロジェクターを投影した時に、黒い空間に映像がポンと浮かぶようになります。リビングであってもちょっとの工夫で没入感がアップする方法です。それもあってスピーカーの色も黒にしております。

DSC_0169.jpgセンタースピーカーのキャバス(Cabasse)SOCOA170、AVアンプのインテグラDRX-3、プリメインアンプのデノンPMA-390RE。SOCOAはフロントスピーカーと同じ、同軸ドライバー搭載。DRX-3は絶対の信頼とクオリティからホームシアターインストールの定番となっている製品。修理保証が3年間なのも嬉しいですね。で、PMA-390RE。『ホームシアターファイル84号』にもチラッと記載がありますが、こちらは<ボディーソニック>用です。サブウーファーの信号に合わせて、ソファーが振動します。音と映像に加えて、振動という体感が加わることでよりリアルに映画の迫力を感じる事が出来ます。*ホームシアター工房 大阪にて体感できます。

DSC_0631.jpgホームシアターシステムとボディソニックはiPadで操作ができるようにしています。ホームシアターシステムの<開始>、<終了>もワンボタンでOK。ホームシアターは機器が多く、難しいと思われている方も多いかと思いますが、このiPadコントロールシステムを導入して頂ければ誰でも簡単に使えるようになると思います。

ホームシアター工房ではご新築、改築、既存のお家に限らずホームシアター導入の相談をお受けしております。
まずは気軽にお問合せ下さいませ。
●ショールーム案内はこちら
●来店予約はこちら
●ホームシアター無料相談はこちら

ホームシアター工房 田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事236〜響きわたるJBLサラウンド!!シアター&楽器ルーム

DSC_0403.jpgドラムやパーカッション、ギターなどの演奏室兼、シアタールームです。お部屋の広さは3.7x5.1m、天井高2.4m。内装はDAKIKENの防音/調音仕様。楽器練習ルーム兼と言う事もあり、あまりダークにせずに明るめの空間となっています。床のカーペットは紺色でシアタールーム的でいいですね。映像は4K対応の120インチ大画面。音響はJBLサウンドが響きわたる5.2.4chシステム。映画も音楽ライブも大迫力で楽しめるシステムとなっています。

DSC_0204-2.jpgプロジェクターはリアル4KモデルのソニーVW535。スクリーンはパネルタイプのOS 120インチ/Wf302。やはり専用ルームは平面性の高いパネルタイプを使いたいですね。フロントスピーカーはJBL STUDIO 580、センタースピーカーはJBL STUDIO 520c、ウーファーは JBL SUB 100Pを2台。サラウンドスピーカーx2本とトップスピーカーx4本はJBL CONTROL Xを使用しました。AVアンプはインテグラ DRX-R1を使って、ドルビーアトモス/DTS:X対応、5.2.4chを実現しました。ソファーの裏にはドラムやPAがセッティングされています。

DSC_0410.jpgAVラックはADK SL-2180RO。JBLスピーカーとの並びも良く、綺麗に収まりました。デノンのプリメインアンプはボディソニック用です。映画の音に合わせてソファーがブルブル振動します。映画館にあるウィンブルシートと同じような効果を得られます。ホームシアター工房 大阪ショールームでは体感も可能です!

DSC_0423.jpgホームシアターを一括制御できる iPadコントローラーも導入して頂きました。プロジェクターやレコーダー、AVアンプはもちろん、照明操作のライコン、ボディーソニックの操作も可能です。


ホームシアター工房 田中雅史

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事234〜セカンドリビングに100インチ

DSC_0316.jpg2Fへの階段を上がったところにある約3.5x3.5mのセカンドリビングやファミリールーム的に使用されるスペースに設置させて頂きました。テレビは置かず、プロジェクター&スクリーンのみの設置という事でしたので、スクリーンはパネルタイプにしました。パネルスクリーンはその平面性、歪の少ない映像が特徴です。また、黒枠は光を吸収する生地で作られていますのでマスキング効果が高くなり、映像面でのメリットが大きいです。スピーカーやAVラック、アンプなど全て、黒系で揃え見た目の統一感を出しました。

DSC_0300.jpgホームシアターシステムはフルハイビジョン/100インチ、ドルビーアトモス/DTS:X対応、5.1.2chとなります。プロジェクターは迷光に強い、高輝度なエプソンTW6700。スクリーンは平面性の高い、グランビュー100インチパネルタイプ。メイン/センタースピーカーはモニターオーディオ BRONZEシリーズ。サラウンド&トップスピーカーの4本はスピーカークラフト プロファイルAIM5-THREE。サブウーファーはONKYO SL-A251。それらを駆動するのはインテグラ DTR-30.7。AVラックはサウンドマジック、ブルーレイレコーダーはパナソニックです。

DSC_0305.jpgモニターオーディオ BRONZE5とBRONZE CENTER。ワンランク上のホームシアター構築を狙う場合、スピーカーは国内メーカー品ではなく海外メーカー品で組みたいもの。BRONZEシリーズは音質、デザイン性、価格のバランスがよくオススメです。カラーもブラックの他に、ウォールナット、ローズナット、ホワイトがありますのでお部屋の雰囲気に合わせて選択できます。(参考例:

DSC_0304.jpgAVアンプはインテグラ DTR-30.7。旧製品になりますが、価格がお手頃になっていて、性能は劣らないのでお買い得製品です。インテグラの特徴は余計な機能を排除して音質へのこだわりに重点を置いていること。シンプルに良い音でスピーカーを鳴らすと言う事において長年評価され続けているメーカーです。小型のAVラックはサウンドマジックHS03BB。

DSC_0327.jpgもう一部屋、大広間にも設置させて頂きました。プロジェクターは同じエプソンTW6700でスクリーンは120インチ電動タイプ。約30畳あるのでイベントの際に後方からでも見えるようにスクリーンは高めに設定しています。スピーカーはマイクの使用も考慮して、ONKYOのD-PS100を4本使用。高耐圧スピーカーであり、過大入力による保護装置も付いています。アンプもシアターシステムと同じ、インテグラ DTR-30.7を使用。イベントにもホームシアター視聴にも活用できるシステムとなっています。設置チェック時はノートパソコンを繋いでYOUTUBEを視聴しました。120インチの大画面で好きな音楽プロモなどを楽しむ事も可能ですね。

ホームシアター工房 田中雅史

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事232〜JBLスピーカーで5.1.4chシアター

DSC_1692.jpg元々は納屋(なや)だったところをリフォームしてシアタールームに。古い梁などを活かした内装で、防音/調音処理までされています。システムはフルハイビジョン対応120インチ、5.1.4chシステム。映画館のような迫力の映像と音響を存分に楽しめるホームシアタールームです。プロジェクターはソニーVPL-HW60。スクリーンはグランビューの120インチパネルタイプ。やっぱり、専用ルームはパネルスクリーンがいいですね。昇降式には無い、平面性が魅力。平面性はかなり映像の良し悪しに影響するんですよ。専用ルームならパネルスクリーンがオススメです。

DSC_1696.jpgスピーカーは全て、JBLで統一しております。フロントスピーカーはS3900、センタースピーカーはLS Center、サラウンドスピーカーはSTUDIO 290 BRNをそれぞれ据え置き。4本のトップスピーカーはCONTROL Xを天吊り。ウーファーはSUB 560PCH。フロントの25センチウーファーの音圧感、音色の統一感が映画館ライク。スクリーンの上、フロントハイトの位置にあるのは、カラオケ専用スピーカー(オーディオテクニカ AT-KSP51)。Wiiを使ってカラオケができるようにセッティング。カラオケをする場合は、ホームシアターのスピーカー、アンプとは分けるのが望ましいですね。壁面いっぱいのスクリーン、フロントスピーカーS3900の存在感が凄いです!!

DSC_1713.jpgプロジェクターのソニーVPL-HW60をキクチの汎用金具で天吊りしています。フルハイジョン対応タイプでは一番の画力、ソニーらしい映像美が魅力です。天井の仕上げ材は遮音と吸音を兼ねたDAIKENのオトテンを使用しています。ホームシアターシステムをタブレットで全て制御できるipadコントロールを導入。照明との連動も可能です。

DSC_1714.jpg上からカラオケ用アンプとして、オンキョーA-9010。AVアンプのデノンAVR-X4200W。フロントスピーカー用パワーアンプのオンキョーM-5000Rです。ハヤミのAVラックに収納しています。
ホームシアター工房 田中雅史

工房BLOG | - | -
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集