ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事237〜『ホームシアター工房 横浜』ショールーム

DSC_0677.jpg先日、D&Mの新製品発表会に行った際に、ホームシアター工房 横浜ショールームに寄ってきました。写真はシアター専用ルームのブースです。こちらは調音、遮光の効いたお部屋で最高の映像と音響が体験できます。関東方面の方で、ホームシアターの導入を検討されてる方は是非とも一度、こちらのショールームにてご体感頂きたいと思います。専用ルームシアターを希望の方はもちろん、リビングシアターを希望の方も体感頂ければホームシアターの神髄を理解頂けると思います。
専門知識をもったスタッフが分かり易くホームシアターの導入についてご説明し、あなたに最適なプランを提案致します。
新築、改築、既存限らず、ホームシアター導入をお考えの方は気軽にご相談下さい。

<主要機器>
■プロジェクター:エプソン EH-LS10500
■スクリーン:キクチ シネスコ140インチ/パネルスクリーン
■ブルーレイプレーヤー:OPPO UDP-203
■ブルーレイレコーダー:パナソニック BRT260
■AVアンプ:インテグラ DRX-R1
■スピーカー/フロントSP:LINN EXAKT AKUBARIK
センターSP:LINN Akurate225
サラウンドSP:LINN Classik Unikx2
サラウンドバックSP:LINN Classik Unikx2
トップSP:LINN Classik Unikx2
ウーファー:LINN Akurate226
*7.1.2ch

■一括制御システム:iPadコントローラー/クレストロン
*ホームシアター機器はもちろん、照明も機器と連動して制御しています。

●ホームシアター工房 横浜
〒231-0003
神奈川県横浜市中区北仲通3-36-2 YLCビル4F
TEL : 045-263-8797 FAX:045-263-8798
営業時間:10:00〜19:00
定休日:毎週水曜日
*ショールームへのご来場の際は事前のご予約(来店予約フォームかお電話にて)をお願い致します。

●ショールーム案内はこちら
●来店予約はこちら
●ホームシアター無料相談はこちら
『ホームシアター工房 大阪』の紹介はこちら

ホームシアター工房 大阪 田中雅史

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事235〜地下シアターをリフォーム ダイケンホーム&サービス様とのコラボ

DSC_0652-690.jpg神戸市の住宅街にある戸建てのお家。地下にある楽器演奏兼、オーディオルームをリフォームされるという事で、ダイケンホーム&サービス様とコラボでお仕事をさせて頂きました。約10年前のご新築時には布団張りと言う工法で壁面を施工されていたので吸音力が高く、楽器演奏時には響きが少なく音も伸びない状況であったとの事。ホームシアターを主に考えると響きが少ない方が映画館らしくなり、シーンの変化による音響の変化を再現し易いのですが、楽器練習が主にするには少し響きがもの足りなかったそうです。30畳と広い空間のわりに響きは少なく、ピアノを弾いても手元でしが音が鳴らない状況であったそうです。今回のリフォームでは壁面での吸音処理せず、反射と拡散をメインに。天井面では吸音処理をしてバランスをとってます。また、背面部分にカーテンを設置して、ホームシアター視聴の際に遮光と吸音の効果を高める工夫をされています。オーナー様曰く、以前に比べ音が伸びるようになったとの事。今後はコンサートホールの様な響きを楽しめる事でしょう。

DSC_0650-690.jpgリフォーム工事に際し、設置されている機器の取り外しと再設置が必要になりますが、その際にシステムのグレードアップもご提案させて頂きました。元々、スピーカーはB&Wの天井埋込で6ch設置されていましたが、ホームシアターの音質向上を狙いたいとの事でしたので、フロアタイプのスピーカー(B&W CM8s2とCMCenters2)を追加し、6chのスピーカー位置を変更して、7.1.2chにグレードアップ。スピーカーケーブルもグレードを上げて全て入れ替えております。AVアンプもデノンAVC-3920をインテグラ DRX-R1に変更。フロントバイアンプ設定で鳴らしています。プロジェクターも同じエプソンですが、フルHDのTW1000から4K対応のTW8300に。HDMIケーブルも4K対応のものに入れ替えました。また、それらのホームシアター機器を一括制御する為のipadコントローラーを導入。機器の他、照明や電動カーテンもシアターに連動して制御しています。
ホームシアター工房では新築、改築、既存に限らず、ホームシアター導入のお手伝いを致します。まずは気軽にご相談下さいませ。お待ちしております。

ホームシアター工房 大阪 田中

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事224〜天井埋込スピーカーで5.1.2ch

DSC_0129-690.jpg枚方市の新築リビングにホームシアターインストールしてまいりました。リビングシアターの場合、専用ルームシアターと違い、よりデザインやリビングとしての機能を求められます。でも、ホームシアターのクオリティも譲りたくない。。。そんな場合にオススメなのが、インシーリングスピーカー。所謂、埋込スピーカーです。こちらの施工例は天井に7本、埋込スピーカーを設置、ドルビーアトモス5.1.2ch仕様としております。本来、アトモスはフロアスピーカーとトップスピーカーの高さのギャップによってより立体的でリアルな音響空間を作るのですが、オール天井スピーカーの場合でも、通常のサラウンドバックありの7.1ch設定にするより、トップスピーカーありの5.1.2ch設定の方が効果的かと思っています。お家の建築は新栄建設様。シンプルであり、モダンなデザインがお洒落です。

DSC_0118-690.jpgその天井埋込スピーカーはスピーカークラフト プロファイルAIM5-THREEを7本。サブウーファーはONKYOの薄型タイプSL-T300をラックの下段に収納。AVアンプはインテグラ DRX-3。鳴らしにくい埋込スピーカーをドライブするにはパワー感があるアンプが必要です。プロジェクターはエプソン EH-TW6700、スクリーンはOS 120インチです。

DSC_0124.jpgエプソン TW6700は高輝度で低価格なホームシアター用プロジェクターです。フルハイビジョン仕様ですが、これからホームシアターを始められる方には使い易くオススメです。エプソンには上位機種でTW8300がありますが、こちらは4K対応となり。高コントラスト、高精細。よりダイナミックな映像美はより、映画愛が強く、コンテンツを深く味わいたい方や専用ルームシアターにオススメです。
お洒落な間接照明に被らないようにプロジェクター位置を調整しております。

DSC_0120-690.jpgAVラックはノールストーンのESSE HIFI。かなりお洒落なスチール系ラックです。上から、PS4、ブルーレイレコーダー、AVアンプ、サブウーファーを設置しています。

ご新築、改築、既存のお部屋に限らず、ホームシアターの導入を
お考えの方は、是非ともホームシアター工房にご相談下さい。
より豊かなホームシアターライフのお手伝いを致します。

ホームシアター工房 大阪 田中雅史


工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事205〜ドルビーアトモス&DTS:X対応にアップグレード!

P2227347.jpg2013年の改築の際にホームシアターインストールさせて頂いた、京都のお客様。先日、ご連絡を頂き、ドルビーアトモス&DTS:X対応にグレードアップされたいとの事で訪問して来ました。以前導入のシアターは、プロジェクター&TVの2WAY、サラウンドバック&フロントハイトスピーカーを入れた9.1chシアター。AVアンプは9chパワーアンプ搭載のインテグラDTR-60.5。それを、2016年9月末に発売されたばかりのインテグラ DRX-R1へアップグレード。オンキョーとパイオニアの技術を融合した大注目のAVアンプです。DRX-R1は11chパワーアンプ搭載ですのでフロントハイトをそのままトップスピーカーに7.1.2ch。そしてフロントスピーカーはバイアンプに設定して11ch全てを使っています。

PA103148 500.jpg●DTR-60.5→
AVアンプでは不足しがちなパワー感や力強さが魅力。これはこれで良いアンプなんです。
●DRX-R1↘
見た目あまり変わってませんが・・・中身は大きく変わってます。オンキョーとパイオニアの技術が融合された事で、これまでに無い、高みに上りつめたAVアンプの最高峰となっています。メーカー曰く、パワー感や力強さに加え、繊細さやスピード感も兼ね備えましたとの事です。
*インテグラ製品のメーカー修理保証はお買上げから3年間です。メーカーの製品への自信がもしもの安心に繋がります。我々がユーザー様へオススメする一つの理由でもあります。

PA103160 500.jpg実際に視聴すると、オーナー様曰く「全然違います!!」と。基本的なアンプの能力の違いによる、音質アップはもちろん、今までアトモス収録のソフトでもその恩恵を得られてませんでしたので、その差に驚愕!!という感じでした。
また、その他、独自の音場補正機能やネットワークオーディオの使い勝手もかなり良くなっています。
今後、DRX-R1はもちろん、AVプリタイプのDRC-R1、ミドルクラスAVアンプのDRX-3がホームシアターインストールの中心になること間違いなしです。

ホームシアター工房 大阪 
田中雅史
続きを読む>>

工房BLOG | - | -
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集